プロフェッショナル 仕事の流儀 ハイパーレスキュー部隊長 宮本和敏の仕事 隊長は背中で指揮をとる

プロフェッショナル 仕事の流儀 ハイパーレスキュー部隊長 宮本和敏の仕事 隊長は背中で指揮をとるの画像・ジャケット写真

プロフェッショナル 仕事の流儀 ハイパーレスキュー部隊長 宮本和敏の仕事 隊長は背中で指揮をとる / 茂木健一郎

全体の平均評価点:(5点満点)

2

全体の平均評価点:

DVD

シリーズ

「プロフェッショナル 仕事の流儀 ハイパーレスキュー部隊長 宮本和敏の仕事 隊長は背中で指揮をとる」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

シリーズ

解説・ストーリー

ドキュメント映像とインタビューで、その道のプロの“仕事”に迫るシリーズのハイパーレスキュー部隊長・宮本和敏出演の回を収録。困難な災害現場に急行するハイパーレスキュー。最先端の機器と冷静な判断力で人命救助に挑む緊迫の現場に迫る。

「プロフェッショナル 仕事の流儀 ハイパーレスキュー部隊長 宮本和敏の仕事 隊長は背中で指揮をとる」 の作品情報

作品情報

製作年: 2008年
製作国: 日本

「プロフェッショナル 仕事の流儀 ハイパーレスキュー部隊長 宮本和敏の仕事 隊長は背中で指揮をとる」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

プロフェッショナル 仕事の流儀 公務員 木村俊昭の仕事 “ばかもの”が、うねりを起こす

プロフェッショナル 仕事の流儀 盲導犬訓練士 多和田悟の仕事

プロフェッショナル 仕事の流儀 編集者 石原正康の仕事

プロフェッショナル 仕事の流儀 がん看護専門看護師 田村恵子の仕事 希望は、必ず見つかる

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

オレンジ

投稿日:2010/05/27 レビュアー:ビンス

オレンジ。
ハイパー・レスキュー。
生と死の境目に立つ仕事。
人を救う。
人を救えない。
それを積み重ねて、刻みながら前に進む仕事。
日々鍛錬。
日々訓練。
自分達の技術とチームワークを磨く。
自分たちの職業の技術、必殺技をどこまでも向上させる。
どこまでも、どこまでも。
しかし、その必殺技は使われない事が本当の「幸せ」。
磨き、研ぎ澄まし、備える。
いつ起こりうるかわからない「必殺技を使うとき」のために。
起こってほしくない「必殺技を使わなければならないとき」のために。
それって凄いなぁ。
自分の最高の技術、自分たちの最高の技術が使われない世界こそが幸せだなんて。
実力を現場で発揮する事などないことが最良。
それでも怠けることなく。
ただひたすら前へ、上へ。
きっと備えていなければ「最高の力」は発揮できない。
備え続けることの崇高さというか美しさというか・・・兎に角、心が震える。
隊長として部下の上に立つなら、背中で隊を率いなければならない。
だから誰よりも鍛錬、訓練、精進。
そうじゃなければ部下は命を預けてはくれない。
部下を信用する事。
部下から信頼されること。
決してあきらめないこと。
彼らが諦めた時、代わりは誰もいないのだから。
この職業の凄さと尊さがビシバシ伝わってきて、自然と涙が流れます。
本当のプロフェッショナルってどの職業でもやはり素晴らしい。

レスキュー隊の着用する服や使用するアイテムのことも知ることが出来ます。
装備品やマシンのハイテクさにビックリ。
特に服の重量には一番驚き、かつ改めて「凄い」と感じます。
親しみやすさの中にも厳しさや男気がある宮本隊長。
男が男に惚れる・・・そんな感じです。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

背中で隊を率いる

投稿日:2020/08/01 レビュアー:ホラーは観ないKEN

レスキュー部隊の中でも、精鋭ぞろいのハイパーレスキュー。
管轄は東京都内ですが、大災害時には日本国内だけでなく 時には海外にも出動します。

レスキューの現場では、隊員の方たちも命懸けです。(普段の訓練ですら、命懸けです)
皆、部隊長である宮本さんに命を預けています。

宮本さんは 圧倒的な知識と技術を持ち、背中で隊を率います。
ヘルメットを被っている時の宮本さんは、本当に格好良いです。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 2件 / 全2件

プロフェッショナル 仕事の流儀 ハイパーレスキュー部隊長 宮本和敏の仕事 隊長は背中で指揮をとる

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:2件

オレンジ

投稿日

2010/05/27

レビュアー

ビンス

オレンジ。
ハイパー・レスキュー。
生と死の境目に立つ仕事。
人を救う。
人を救えない。
それを積み重ねて、刻みながら前に進む仕事。
日々鍛錬。
日々訓練。
自分達の技術とチームワークを磨く。
自分たちの職業の技術、必殺技をどこまでも向上させる。
どこまでも、どこまでも。
しかし、その必殺技は使われない事が本当の「幸せ」。
磨き、研ぎ澄まし、備える。
いつ起こりうるかわからない「必殺技を使うとき」のために。
起こってほしくない「必殺技を使わなければならないとき」のために。
それって凄いなぁ。
自分の最高の技術、自分たちの最高の技術が使われない世界こそが幸せだなんて。
実力を現場で発揮する事などないことが最良。
それでも怠けることなく。
ただひたすら前へ、上へ。
きっと備えていなければ「最高の力」は発揮できない。
備え続けることの崇高さというか美しさというか・・・兎に角、心が震える。
隊長として部下の上に立つなら、背中で隊を率いなければならない。
だから誰よりも鍛錬、訓練、精進。
そうじゃなければ部下は命を預けてはくれない。
部下を信用する事。
部下から信頼されること。
決してあきらめないこと。
彼らが諦めた時、代わりは誰もいないのだから。
この職業の凄さと尊さがビシバシ伝わってきて、自然と涙が流れます。
本当のプロフェッショナルってどの職業でもやはり素晴らしい。

レスキュー隊の着用する服や使用するアイテムのことも知ることが出来ます。
装備品やマシンのハイテクさにビックリ。
特に服の重量には一番驚き、かつ改めて「凄い」と感じます。
親しみやすさの中にも厳しさや男気がある宮本隊長。
男が男に惚れる・・・そんな感じです。

背中で隊を率いる

投稿日

2020/08/01

レビュアー

ホラーは観ないKEN

レスキュー部隊の中でも、精鋭ぞろいのハイパーレスキュー。
管轄は東京都内ですが、大災害時には日本国内だけでなく 時には海外にも出動します。

レスキューの現場では、隊員の方たちも命懸けです。(普段の訓練ですら、命懸けです)
皆、部隊長である宮本さんに命を預けています。

宮本さんは 圧倒的な知識と技術を持ち、背中で隊を率います。
ヘルメットを被っている時の宮本さんは、本当に格好良いです。

1〜 2件 / 全2件

同シリーズ作品を借りる