VS騎士ラムネ&40 炎

VS騎士ラムネ&40 炎の画像・ジャケット写真

VS騎士ラムネ&40 炎 / 草尾毅

全体の平均評価点:(5点満点)

3

全体の平均評価点:

DVD

「VS騎士ラムネ&40 炎」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

アニメ界の最強タッグ・あかほりさとる&ねぎしひろしが放つ、熱血ロボットアニメ第6巻。ゲームから出現した美少女に導かれ、ゲーマー少年・ラムネードは異世界・ドキドキスペースへと旅立つ。第19話「勇者様は3歳児!?」から第22話を収録。

「VS騎士ラムネ&40 炎」 の作品情報

作品情報

製作年: 1996年
製作国: 日本

「VS騎士ラムネ&40 炎」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

東京大学物語「仮面浪人編」

アイドル プロジェクト

みかん絵日記

メジャー The Best Games 友ノ浦vs三船東

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

炎シリーズ通しての感想 ネタバレ

投稿日:2011/10/19 レビュアー:ぶぶたん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

バーサスラムネアンドフォーティの炎(ファイヤー)を見た。
いや懐かしいねえ。
テレビ版のラムネの子供、ラムネードが今回のラムネスになるストーリー。
ヒロイン達もココア、ミルクからかわったんだよねえ。
カカオとパフェか。
前はコインでロボット出してたけど。
時代はかわってCDでロボットを出すのが時代を写してる。
なにげにプレステ時代っぽい。
相変わらずのギャグのセンスがいい感じ。
砂時計が大時計にかわってた。
キメゼリフも「俺は猛烈に熱血してる!照れるぜ」となってるし。
おったまゲートとかネーミングも面白いんだよねえ。
「俺のDNAが」というのも口癖っぽい。

ガンダムやマクロス見て無いからロボットものって見て無いかと思ったら。
こっち系統は結構見てるんだねえ。
今回2人の勇者が1体の機体を操縦するというのが面白い。
ラムネスとダサイダー、仲がいいのか悪いのかが色濃く出てるな。
ミトっていう人型の犬族王様が印象的。
面白いキャラクター多いなあ。
ドラム達とのからみもすごく楽しく切なく悲しかった。
後半のステージクリア式のバーサスフィールド、ステージクリア型が印象的。
すごく遊んでる感じが楽しい。
ギャグのノリなのに結構シリアスな運命せおってたりして面白い。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

懐かしさ

投稿日:2013/08/23 レビュアー:赤居庵光

以前直接見たのは,一巻,二巻くらいだったので,最後の締めまでは見てませんでしたが,改めて全部見てみると,初代の話しに対してちゃんと対となる話しとなっていて,まとまっている内容でした。
惜しむらくは,最後の締めが,ちょっと中途半端だったなぁと言う感じもします。
尤も,話数が二十六回(二クール)だったので,無理矢理まとめたと言うのが本音だと思いますが,ちょっと勿体ない感じもしないでもないです。
話し全体的には,ちゃんとまとまっているので,後日譚っぽいもので余韻に浸りたい話しが好きと言う人には,少し物足りないかもしれませんが,あかほりっぽくて面白いです。ただ,二〇年近く前のものなので,ノリは古いです。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

新世代ラムネ&40

投稿日:2010/11/23 レビュアー:K

新世代のラムネ&40である。
名前が示すとおりこの作品は1990〜1991年にかけてテレビ東京で放映された『NG騎士ラムネ&40』の続編である。
しかしながらほぼ前作にあたる『NG騎士ラムネ&40』との関連性(ごく一部のキャラクターを除く)はあまりないので前作『NG騎士ラムネ&40』を知らないとでも十分に楽しめる。
ジャンルとしてはファンタジーロボットアクションコメディ。
ストーリーは異世界に連れてこられた少年が世界を脅かす悪を倒すために旅をしていくという王道的ファンタジー。
基本的にはギャグパート⇒戦闘シーンの1話完結形式で話がすすんでいく。

監督のねぎしひろし氏・脚本のあかほりさとる氏は前作『NG騎士ラムネ&40』制作に携わっていたので、前作ファンや『NG騎士ラムネ&40』見たことある人もすんなりと受け入れられる作りになっている。
ただし前作『NG騎士ラムネ&40』ファンにとっては前作登場キャラクターの扱いや守護騎士の登場がないなどビミョーに感じる点がある。(私個人の意見ですが…)
ロボットアクションとしてはデフォルメロボ「守護騎士」が主体だった前作と異なり「神霊騎士」と呼ばれるリアル等身のスーパーロボットとなり、必殺技演出が増えたことでアクションレベルは高いものとなっている。

新しい「ラムネ&40」として前作が好きな人やコメディーアニメが好きな人にはお勧めの作品である。(ただし前作の思い入れが深すぎる人は…。)

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

VS騎士ラムネ&40 炎

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:3件

炎シリーズ通しての感想

投稿日

2011/10/19

レビュアー

ぶぶたん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

バーサスラムネアンドフォーティの炎(ファイヤー)を見た。
いや懐かしいねえ。
テレビ版のラムネの子供、ラムネードが今回のラムネスになるストーリー。
ヒロイン達もココア、ミルクからかわったんだよねえ。
カカオとパフェか。
前はコインでロボット出してたけど。
時代はかわってCDでロボットを出すのが時代を写してる。
なにげにプレステ時代っぽい。
相変わらずのギャグのセンスがいい感じ。
砂時計が大時計にかわってた。
キメゼリフも「俺は猛烈に熱血してる!照れるぜ」となってるし。
おったまゲートとかネーミングも面白いんだよねえ。
「俺のDNAが」というのも口癖っぽい。

ガンダムやマクロス見て無いからロボットものって見て無いかと思ったら。
こっち系統は結構見てるんだねえ。
今回2人の勇者が1体の機体を操縦するというのが面白い。
ラムネスとダサイダー、仲がいいのか悪いのかが色濃く出てるな。
ミトっていう人型の犬族王様が印象的。
面白いキャラクター多いなあ。
ドラム達とのからみもすごく楽しく切なく悲しかった。
後半のステージクリア式のバーサスフィールド、ステージクリア型が印象的。
すごく遊んでる感じが楽しい。
ギャグのノリなのに結構シリアスな運命せおってたりして面白い。

懐かしさ

投稿日

2013/08/23

レビュアー

赤居庵光

以前直接見たのは,一巻,二巻くらいだったので,最後の締めまでは見てませんでしたが,改めて全部見てみると,初代の話しに対してちゃんと対となる話しとなっていて,まとまっている内容でした。
惜しむらくは,最後の締めが,ちょっと中途半端だったなぁと言う感じもします。
尤も,話数が二十六回(二クール)だったので,無理矢理まとめたと言うのが本音だと思いますが,ちょっと勿体ない感じもしないでもないです。
話し全体的には,ちゃんとまとまっているので,後日譚っぽいもので余韻に浸りたい話しが好きと言う人には,少し物足りないかもしれませんが,あかほりっぽくて面白いです。ただ,二〇年近く前のものなので,ノリは古いです。

新世代ラムネ&40

投稿日

2010/11/23

レビュアー

K

新世代のラムネ&40である。
名前が示すとおりこの作品は1990〜1991年にかけてテレビ東京で放映された『NG騎士ラムネ&40』の続編である。
しかしながらほぼ前作にあたる『NG騎士ラムネ&40』との関連性(ごく一部のキャラクターを除く)はあまりないので前作『NG騎士ラムネ&40』を知らないとでも十分に楽しめる。
ジャンルとしてはファンタジーロボットアクションコメディ。
ストーリーは異世界に連れてこられた少年が世界を脅かす悪を倒すために旅をしていくという王道的ファンタジー。
基本的にはギャグパート⇒戦闘シーンの1話完結形式で話がすすんでいく。

監督のねぎしひろし氏・脚本のあかほりさとる氏は前作『NG騎士ラムネ&40』制作に携わっていたので、前作ファンや『NG騎士ラムネ&40』見たことある人もすんなりと受け入れられる作りになっている。
ただし前作『NG騎士ラムネ&40』ファンにとっては前作登場キャラクターの扱いや守護騎士の登場がないなどビミョーに感じる点がある。(私個人の意見ですが…)
ロボットアクションとしてはデフォルメロボ「守護騎士」が主体だった前作と異なり「神霊騎士」と呼ばれるリアル等身のスーパーロボットとなり、必殺技演出が増えたことでアクションレベルは高いものとなっている。

新しい「ラムネ&40」として前作が好きな人やコメディーアニメが好きな人にはお勧めの作品である。(ただし前作の思い入れが深すぎる人は…。)

1〜 3件 / 全3件