ゴッド・アーミー/悪の天使

ゴッド・アーミー/悪の天使の画像・ジャケット写真
ゴッド・アーミー/悪の天使 / イライアス・コティーズ
全体の平均評価点:
(5点満点)

8

  • DVD
ジャンル:

「ゴッド・アーミー/悪の天使」 の解説・あらすじ・ストーリー

「バックドラフト」の脚本家G・ワイデンの監督デビュー作。イライアス・コテーズ扮する刑事は、かつて神の存在を疑い神学校を中退した経歴がある。その彼の前に聖痕のある殺害死体が……。しかも、それは地球にない元素から構成されている、という科学分析がでた。キリスト教の古代文献を調べる彼のもとに、天使ミカエルが警告に現われた。天使の軍を率いて大天使ガブリエルが、人類を断罪しにやってくるというのだ。そして刑事は、小学校の女教師とただ二人、天使の企てを阻もうと挑む……。

「ゴッド・アーミー/悪の天使」 の作品情報

製作年: 1994年
製作国: アメリカ
原題: GOD’S ARMY/THE PROPHECY

「ゴッド・アーミー/悪の天使」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ゴッド・アーミー/悪の天使の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
98分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BCDR2449 2009年03月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
6枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:8件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全8件

安心して死ねないです。ネタバレ

投稿日:2009/05/31 レビュアー:ナナメ歩き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「こえ〜よ!、クリストファー・ウォーケン」
本作、内容がどうのと言う前にこれだけでも価値ありです(笑

物語は「ガブリエル」や「ミカエル」に「ルシファー」など
あの世のスター達勢揃いで、人間を虐める内容なのだが
天使までもが、エゴの為に人類を滅ぼそうというのだからたまりません
その理由を聞いても今一ピンと来ない
神が天使より人間を愛したから滅ぼすって言われても
神の代弁者がそれを言っちゃうのか?、って感じだ

また、ハルマゲドン級の事態なのに、今一緊張感が感じられず
序盤のなかなかなオカルトな雰囲気は直ぐに消え去り
いつの間にかクライムサスペンスにすり替わった感があり
ラストなども、そこだけ観ればカルト教祖の最後にしか映らない

どうしても粗が目立つので書いてしまったが
十分観賞に耐えうる作品だと思うのは
やはり、俳優陣のがんばりが全てではないでしょうか。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

天使ウォーケンvs.堕天使モーテンセンネタバレ

投稿日:2009/03/29 レビュアー:よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 これは一部でカルトと言われているみたいですが、演出があまりよくないので、すごく面白いわけではありません。でも妙に心に残ってしまうことは確かです。
 ジャンルは一応、オカルトなホラーアクションってことになるでしょうか。のんびり観ているだけでは、イントロダクションのようなお話だとは気づきません(というかほんとうにそんな話なの?)。監督は『ハイランダー』にもかかわっていたそうで、ちょっと感じが似ています。ああ、『デビルマン』なんかもちょっと。
 ――天界で神の愛をめぐって、神の戦士である天使同士の戦争が起きている。地上におりた天使シモン(エリック・ストルツ)と反乱軍の大天使ガブリエル(クリストファー・ウォーケン)の戦い。両者の狙いはかつて朝鮮戦争で中国兵を大量虐殺した元大佐の魂を奪うことだった。人間界でもっとも残虐な魂は天界の戦士としてはもっとも強力になるから……。元神父の刑事が事件を追いかけ、やがて堕天使ルシファー(ヴィゴ・モーテンセン)が絡んでくる、という展開。
 それほど激しいアクションもんさいのですが、面白いのは飄々とした天使たちのキャラクターです。みんな登場するときに、椅子の背や墓石などの狭いところに、鳥のようにちょこんと止まっている。彼らは見えない羽をもっているのでしょう、その座り方がなんとも言えず印象的です。また、天使は相手の口の中を覗いて魂を見つけ、ディープなキスで吸い取るのですが、当然、魅力的な男性陣の、男性同士のキスシーンが行われることになり、その方面に期待されてもよいかもしれません(ヴィゴは……内緒です)。
 死んだ(?)天使のぽっかり空いた眼窩が真っ黒で恐ろしかったり、その身体を焼き尽くす炎の描写がいいですね。また、虐殺大佐の魂を吹き込まれた少女が急にガンガン銃をぶっ放すとか、死者を使い魔として操るガブリエルになんともトボけたユーモアがあって、この作品を印象深いものにしています。
 けっこう受けたらしく、二作目三作目と続編が作られたらしいのですが、そちらは観ていません。60点。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

残るものがなかったです

投稿日:2012/04/28 レビュアー:蒼生



神が天使より人間を愛したからってそんな無茶な。
一方的すぎ(笑)
神も愛してるわりには特に護ってくれるわけでもないし。
持ってる力が違うんだから、少しくらい助けてくれてもいいのでは?
分が悪すぎです。
それでもがんばる姿に、感じるものがなくはないんですが。

それに、壮大そうなわりに意外とスケールが狭っこいのもチグハグな気がしました。

そんなこんなで、
総括しますと、あまり楽しめませんでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

天使戦争☆☆ネタバレ

投稿日:2009/06/29 レビュアー:カメラ湯ミカミラ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

神の愛を奪われた天使が人間を妬み滅ぼそうと画策する・・・。

神の愛は差し下げます・・・と、頭を下げてしまいそうですが・・・。

盛り沢山で壮大なストーリーなはずなのに、普通のサスペンスにできあがってるのは何故だろう。

クリストファー・ウォーケンの不気味な存在と髪型は、見事だけれど・・・
ものすごいパワーを持ってるのに、あっけなくやられてしまうのは何故だ。

シリーズ化されているようなのに他の作品がリストにないのは何故だ。
ついでに、クリストファー・ウォーケンの「アディクション」がリストにないのは何故だ。

ディスカス!!

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ふふふ・・

投稿日:2009/05/02 レビュアー:Plan_B

なんとも独創的なストーリー展開に個性的なキャラクターたち。。
マニア受けしそうな要素が満載だね。好きよ、こういうの。
しかし上記のイントロダクションは、かなりいい加減だなぁ。勝手にお話を作っちゃいかんよ(笑)

ここに出てくる天使たちは、純白の羽も無ければ神々しくもない。両膝そろえてしゃがみ込む (“天使座り” と言うらしい・・) 妙なおっさん達です。ウォーケン様のガブリエル一派に至っては、もはや死神に近いもんがありますし、、、なまじ妖術?が使えるだけに、ワルさし放題で困ったもんです。まぁ、そこが面白いんだけどさ(笑)

しかし天使といえども心は人間並み。情念むき出しにして人間界をさまよう姿は、可笑しくもあり哀れでもあり。。愛すべきガブちゃんの運命やいかに。

・・本作の続編2,3もぜひ観てみたいね。はやくDVD化しておくれやす。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全8件

ゴッド・アーミー/悪の天使

月額課金で借りる

都度課金で借りる