男はつらいよ 柴又より愛をこめて 【第36作】

男はつらいよ 柴又より愛をこめて 【第36作】の画像・ジャケット写真
男はつらいよ 柴又より愛をこめて 【第36作】 / 渥美清
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

6

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「男はつらいよ 柴又より愛をこめて 【第36作】」 の解説・あらすじ・ストーリー

国民的人気シリーズ「男はつらいよ」の第36弾がデジタルリマスター版で復活。タコ社長の娘・あけみが嫁ぎ先から家出し、寅次郎は連れ戻し役を頼まれる。実家に帰りたくないと駄々をこねるあけみの機嫌を何とか取ろうとする寅次郎だが…。

「男はつらいよ 柴又より愛をこめて 【第36作】」 の作品情報

製作年: 1985年
製作国: 日本

「男はつらいよ 柴又より愛をこめて 【第36作】」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

男はつらいよ 柴又より愛をこめて 【第36作】のシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

男はつらいよ 柴又より愛をこめて

  • 旧作

タコ社長の娘、あけみが嫁ぎ先から家出し、連れ戻し役に寅さんが伊豆下田へ派遣される。帰りたくないと駄々をこねるあけみの機嫌を取るため、ふたりは船で式根島へ渡る。ところが島の小学校の美人先生に寅は一目ぼれ。 JAN:4988105941557

収録時間: 字幕: 音声:
105分 日本語 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DA9536 2004年12月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
10枚 1人 0人

男はつらいよ 柴又より愛をこめて HDリマスター版 【第36作】

  • 旧作

国民的人気シリーズ「男はつらいよ」の第36弾がデジタルリマスター版で復活。タコ社長の娘・あけみが嫁ぎ先から家出し、寅次郎は連れ戻し役を頼まれる。実家に帰りたくないと駄々をこねるあけみの機嫌を何とか取ろうとする寅次郎だが…。

収録時間: 字幕: 音声:
105分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
2:ドルビーデジタル/モノラル/日(音声ガイド)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DB8536 2008年11月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
4枚 1人 1人

1〜 2件 / 全2件

関連作品

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

第36作ネタバレ

投稿日:2007/12/08 レビュアー:ケチケチ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

サブタイトルは、007の第2作「ロシアより愛をこめて」からの引っかけですね。オープニングの夢もそのストーリーの"ロケットの軌道妨害"というところに引っかけてでしょうか。でも、なぜ1985年という時期に、リバイバル公開でさえ1972年の「ロシアより愛をこめて」なのかと頭を捻るところですが、最後までこの映画を見ると、なるほどと理解できたりします。

この作品のもう一つの引用は「二十四の瞳」ですね。この引用は満男(吉岡秀隆)や、今回のマドンナ・真知子(栗原小巻)の台詞でも語られますしハッキリとしています。真知子を囲んでの小学校の同窓会、自転車のプレゼント、「七つの子」の合唱は、すべて「二十四の瞳」からの引用です。
真知子は「二十四の瞳」の小石先生に憧れ、式根島で15年を過ごし満たされてはいますが、女性としての一生に疑問も持っています。あまりにも穏やかな生活が、アバンチュールを求めさせるのでしょう。
また本作は真知子の心情を表現するのに、あけみ(美保純)の家出というエピソードを利用しています。彼女もまた、平穏無事すぎる生活と実直すぎて面白みの欠片もない生活に嫌気がさし、夫の愛さえ確かめられない疑心暗鬼に陥っています。家を飛び出すことが出来るのは彼女の性格ですね。誰かに覗かれるかもしれない露天風呂のシーンなどは、彼女の性格と現在の気持ちを表す上手い表現部分だと思います。
しかしそんなあけみも、島の青年・茂(田中隆三)に告白されると、今の生活を捨てて彼の元へ走るほど火遊びを求めてなどいないんですね。結婚生活の中での彼女の感情の起伏が呼んだ行動が、今回の家出という行動だと思います。茂の気持ちを傷つけたことを後悔する所など、噴出した彼女の感情に対する反省じゃないでしょうか。

一方真知子も、酒井(川谷拓三)のプロポーズを受けて揺らぎます。女性としてのときめきは当然あったでしょうが、その先の結婚生活に見える平穏が、彼女を躊躇させるんですね。しかしその躊躇も、前半のあけみの行動が表すように、決して平穏無事なものではないと思えますね。いくら仲良くしていても継母という立場もあれば、親友であった先妻への想いも引きずっているわけですから。あけみのように直接行動として噴出することはなくても、彼女の心の中に押さえ込まなければならない波風は、常時訪れるんじゃないかと思えます。

平穏無事に見える生活も小さな波風は絶えず起こるものです。小さな波風が立った時にその感情を押さえて維持する努力をするからこそ、その生活は継続されますが、この作品のテーマは実はそこにあるんじゃないでしょうかね。平和を維持するにも努力が必要です。ちょうど戦後40年といういう時期でもありますし、平和の有り難さに目を向けた作品じゃないでしょうか。「二十四の瞳」で分教場の男先生を演じていた笠智衆は、英語で外国人に案内をしますし、ロシア料理だっていつでも食べられる今の時代です。また極めつけはラストシーンで、「二十四の瞳」では戦死していった男の卒業生たちが、この作品では平和に観光案内をして暮らしているんですね。ラストシーンの浜名湖は平和の象徴じゃないかと思えます。
「柴又より愛をこめて」のサブタイトルも、「ロシアより愛をこめて」のタイトルが二つの意味を含んでいたように、「柴又から」という意味と、「柴又以上に」という意味が込められてるのではと思います。「柴又以上に(平和に)愛をこめて」でしょうか。

長々と作品の解釈を書いて来ちゃったので、あまり字数が無くなってきましたけど、この作品は寅の絡みが非常に薄いんですよね。真知子は寅に対して恋愛感情がありませんし、寅が真知子の悩みを知るのもクライマックスにおいてです。もっとも、今回のマドンナの悩みは寅が知ったとしても、寅に葛藤を生み出させるには難しい題材ではあるんですよね。
表面的にはこのシリーズの初期の頃に戻ったようなお決まりの展開で、あまり面白くもありません。作品としては、ちょっと頭でっかちになりすぎて、本来のドラマ展開の醍醐味が全く希薄という作品だと思います。そもそも「二十四の瞳」を覚えていないと、どこまでこの作品が伝わるのだろうかと非常に疑問に思えますね。

ただ一つ印象に残るのは、下田であけみを捜す寅と長八(笹野高史)のシーンです。短いシークエンスですが、ヤクザ渡世の危なさと言うかナイフのような危険な感じが臭います。これが堅気に対するヤクザ、同時に平和に対する戦時とも考えられます。またそれがクライマックス後の寅の釣り竿と魚籠にも重なっていて、単に失恋の寂しさだけではなく、安物っぽいというか、風が吹き抜けるというか、そんな堅気ではない(平和ではない)生活の寂しさも感じられるんですよね。
40点。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

マドンナは美保純でしょう。ネタバレ

投稿日:2007/09/26 レビュアー:ホワイト

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

一応、栗原小巻がマドンナとなってますが、
この作品は、私の大好きな美保純がマドンナと言っても良いのではないでしょうか。

今回の「男はつらいよ」は「結婚とは?」と言うことが
テーマとなっている。

家族愛に目を向ける山田洋次監督の視点が冴えている。

美保純演じる、あけみは結婚生活に疑問を持ち、家出をする。
寅次郎が探しに出かけ、見つけたのは良いのだが、
今度は寅次郎がマドンナ役の栗原小巻に恋に落ちる。

その過程で、「結婚とは?」と深く問いかけてくる。

美保純が「愛って何だろう」と寅次郎に聞く。

監督の「それを聞いちゃあ、お終いよ。みんなそこは触れないで生きているの・・・愛だとか、恋だとか、忘れちゃっているのに、制度にこだわって夫婦は成り立っているのよ」

との声が聞こえてきそうだ。

美保純・・・良い女優です。
バラエティーになどでなくて良いのになぁ。
85点必見です。
今回も高羽さんのカメラワークは絶品です。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

第36作

投稿日:2005/08/18 レビュアー:

笑いと涙、出逢いと失恋。
ご存知、“フーテンの寅さん”の映画シリーズです。

マドンナ 栗原小巻
ロケ地  伊豆七島・式根島
  

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

新キャラは古いファンに受け入れられたか?――たぶん 32.4km地点

投稿日:2013/02/12 レビュアー:みなさん

嫁に行った娘のあけみが失踪し、動揺しっぱなしのタコ社長。TVの“たずね人のコーナー”に出演して全国に恥をさらす始末。とらやの面々も気が気ではない。
そこへ、寅さんが旅の空から帰って来る。事情を知った寅さんは、みんなの頼みであけみを連れ戻しに下田へ行くことになる。さくらに架かってきた電話で下田にいることが分かったからだ。しかし、そこから先は、どう捜したらいいのか分からない。アテがあると言う寅さんに託すしかなかったのだ。
寅さんは下田に着いて早々、古い友人のツテで、あけみをみつける。彼女は、夫婦の会話もなく、何の楽しみもない毎日から逃げて来たのだ。
彼女の気持ちをくんで、暫く一緒に旅をすることにした寅さん。2人は色根島に渡る船に乗り込む。……というお話し。

この後、同窓会で島に戻る若者グループと意気投合した寅さんは、あけみをほったらかしにして盛り上がる。然も、島で彼らの恩師の真知子先生と出会うやひと目惚れ。のこのこ同窓会について行ってしまう。(笑)
この真知子先生役を栗原小巻さんが演じる。シリーズ2度目の登板だが、前回とは違い、匂い立つような女性の色香を発している。学校を卒業して直ぐに島に赴任して来て以来十数年、女としての焦りや欲望を抑えながらも、時折り隠し切れない様子をのぞかせる。下品にならず、さりとて誤魔化しもせず、栗原さんはキチンと演じていた。さすがの貫禄、ほかの女優さんでは、こうは行かなかっただろう。

そんな栗原さんに恋心を抱く“男やもめ”に川谷拓三さん。ロシア語の辞書の編集者という気弱なインテリを演じている。今にして思うと、コレって肉食系女子と草食系男子の組み合わせじゃん。凄いキャスティングだなぁ。(笑)
でも、単純な図式に終わらせなかったのは、川谷さんの独特なお芝居のなせる業。さすが、大部屋俳優“希望の星”である。出番は少ないながら、引き算のお芝居が強いインパクトを残している。
いい役者さんだった。亡くなった時は、とても悲しかった。まるで『蒲田行進曲』を地でいくような方で、もっと主演作品を観たかったと思ったものだ。桃井かおりさんと共演した『ダウンタウン物語』は、個人的に好きなTVドラマの一本として挙げられる。脚本が市川森一さんだったので、連ドラとしては最後の方はグズグズだし、視聴率の低迷で放送回数をカットされてしまったが、桃井かおりさんの歌う主題歌とともに忘れ得ぬ作品となっている。

本作品の前半は、タコ社長の娘“あけみ”をクローズアップしている。演じるのは、美保純さん。いよいよレギュラか、と思われたが、残念なことに“前振り”に使われるに止まり、彼女の心情を掘り下げるところまでは至っていない。結婚しても、なかなか腰の落ち着かないキャラクタは面白いと思うんだけどなぁ。(笑) 下町育ちでガサツだが、中小零細企業でも社長令嬢だけあって世間知らずで幼い。そんなキャラクタを美保純さんが、のびのびと演じていて好感が持てる。寅さんに振り回され、旅館の息子に告白されてアタフタし、結局は自分から柴又に帰ろうと頭を下げることになる。勝手をしたツケは、自分のところに戻って来るってコトだろうな。(笑)

シリーズ第36作品目。フルマラソンなら32.4km地点。
オススメ!

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

源公ネタバレ

投稿日:2008/11/14 レビュアー:二男

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

@御前様と源公が門の掃除をしている。
 さくらが自転車で通りかかり、タコがテレビに出ることを伝える。
 さくらが9時半からだと言うと、源公が腕時計を見せる。
 御前様がテレビを見に行くと、源公は腹巻のなかから携帯テレビを持ち出す。

A寅が帰ってきて帝釈天をのぞくと源公が出てくる。
 「アニキー!」 とらやまで一緒についてくる。
 寅とタコの話を外に立ってずっと見ている。
 寅があけみ探しで出かけることになり、駅まで送っていく。

B帝釈天に外人の親子連れ三人が柴又駅への道を尋ねにくる。
 御前様がめがねをかけて本を片手に英語で道案内している。
 わかったようなわからないような外人たち。
 さくら「まあ、御前様、素晴らしい英語。」
 御前様「はあ、通じたかどうか。ハアハアハア。」
 そばにいた源公、通じてませんというジェスチャー。
 さくらと寅の話をしていた御前様「もうそろそろ卒業しないとなあ、恋愛のほうは。」
 源公、思わず笑う。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全6件

男はつらいよ 柴又より愛をこめて 【第36作】

月額課金で借りる

都度課金で借りる

同シリーズ作品を借りる