男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎 【第33作】

男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎 【第33作】の画像・ジャケット写真
男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎 【第33作】 / 渥美清
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

7

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎 【第33作】」 の解説・あらすじ・ストーリー

国民的人気シリーズ「男はつらいよ」の第33弾がデジタルリマスター版で復活。霧深い北海道の釧路で出会った美容師・風子と意気投合した寅次郎は、サーカスのオートバイ乗りをしているという彼女の恋人から引き離そうと孤軍奮闘するが…。

「男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎 【第33作】」 の作品情報

製作年: 1984年
製作国: 日本

「男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎 【第33作】」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎 【第33作】のシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎

  • 旧作

霧深い釧路で出会った渡り鳥美容師の小暮風子と意気投合した寅さん。彼女を恋人であるサーカスのオートバイ乗りから引き離そうとする。”とらや”の隣人・タコ社長の娘役で美保純が初登場。 JAN:4988105941526

収録時間: 字幕: 音声:
102分 日本語 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DA9533 2004年12月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
10枚 0人 0人

男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎 HDリマスター版 【第33作】

  • 旧作

国民的人気シリーズ「男はつらいよ」の第33弾がデジタルリマスター版で復活。霧深い北海道の釧路で出会った美容師・風子と意気投合した寅次郎は、サーカスのオートバイ乗りをしているという彼女の恋人から引き離そうと孤軍奮闘するが…。

収録時間: 字幕: 音声:
102分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
2:ドルビーデジタル/モノラル/日(音声ガイド)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DB8533 2008年11月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
4枚 0人 0人

1〜 2件 / 全2件

関連作品

ユーザーレビュー:7件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全7件

第33作ネタバレ

投稿日:2007/12/03 レビュアー:ケチケチ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

シリーズも30作を超え、ネタの困窮が見える前作や前々作でしたが、寅に年をとらせることで打開を狙う本作じゃないでしょうかね。今回はマドンナ・風子(中原理恵)に『寅さんがもう少し若かったら、私、寅さんと結婚するのに。』とまで、面と向かって言わせてしまいます。
寅が自らの年を感じることで、ヤクザ渡世の我が道を振り返り、そんな自分であっても優しく包み込んでくれる「故郷」をクローズアップさせる本作です。また前年からのブームでもある「積木くずし」を意識した、親と子の関係を見直す側面もありそうです。冒頭から中学生となった満男のフルートのエピソードや、進学祝いの地球儀、さらにはシリーズとして新たな役所を担う社長の娘・あけみ(美保純)の結婚のエピソードで語られるものは、「故郷」と同時にどんな形にせよ誰もが持つ「生い立ち」の描写でしょうね。

また、本作はちゃんと「絵で語る」ということを意識していますね。タイトルバック、そして寅のテキ屋のシーンなど、地方地方の祭りの風景を賑やかに見せる方向で取り入れているのも、故郷の暖かみの描写だと思います。
堅気の生活に満たされない気持ちの風子(中原理恵)も、その背景にある彼女の生い立ちがサラリと語られますが、実際に心に響いてくるのは、雨に煙る中を赤い傘をさして歩くなど、悶々とした彼女の心理を描く秀逸なカットなんですよね。
また一方では、派手に見えるヤクザ渡世の実態として、祭りの後の寂しさのように雨の中のテントや、取り壊されていくサーカスのセットが描かれもしていますね。

そんな情景から察していくと、コミカルな要素が満載の栄作(佐藤B作)のエピソードも、風子の心理を語っています。風子にとってはまさに最も毛嫌いする冴えない堅気の代表としての栄作だったんでしょうし、逃げた女房が寂しい牧場で暮らす光景などは、その時の風子にとっては、不幸せな女の代表として目に映ったんじゃないでしょうか。唯一憧れがあったとしたら、好きな男と結ばれるという事じゃないですかね。
しかしこのシーンが、全く描かれないクライマックス後の風子の心の変化を物語ってもいると思います。栄作の逃げた女房は、その場で新たな故郷を作り出していたんじゃないでしょうか。好きな男の元へ走り満たされていたでしょうし、背に負った子供にとっては、確実な堅気の生活がある故郷として、その子にとっての新たな生い立ちを作り始めていたんだと思います。

一方寅も、風子に『寅さんがもう少し若かったら…』と言い放たれ、自分の年を改めて噛みしめますが、寂しさを癒すのは故郷の柴又です。寅が風子と分かれた後に描かれるあけみ(美保純)の結婚式は、下町で育つ彼女の生い立ちを物語ると共に、故郷柴又の暖かさを感じさせます。
また寅にとってのジレンマは、自らが年をとり、風子の恋の相手になり得ないと言うことでしょうね。風子の生い立ちから想像できるのは、彼女が結婚を望んでいることでもあります。ヤクザ渡世のトニー(渡瀬恒彦)の元に走る風子を見る寅は、彼女の親のような役割しか果たすことが出来ず、まるで親が自分の果たせなかった夢を子に期待して過剰な夢を託すように、堅気の生活を夢見るしかないんですね。たとえ寅が風子とトニーとの仲を遮ったとしても、その後に残る風子の虚無感を寅はどうしてやることも出来ないことに気づかずにいます。あるいは気づいていたのかもしれませんが、目を背けたい現実だったんじゃないでしょうか。

その他にも、ヤクザ渡世の儚い世界を描写する東品川の光景なども秀逸な本作です。寅がトニーと渡り合うシーンなどは、緊張感がヤクザ渡世の刺々しい道のりを物語りますし、澱んだ川の臭いが漂ってきそうな光景は、ヤクザ渡世のうらぶれた彷徨を感じさせます。

これまでのシリーズでも、親子の関係のような寅とマドンナの関係がありましたが、今回はマドンナから一方的に恋愛対象でない年齢であることを告げられる寅です。そしてマドンナは恋の相手を求めているというやるせなさに加え、恋敵は自らを映すことにもなるヤクザ渡世の同業者なんですね。自分に対するジレンマと年をとってしまった寅のやるせなさが共感を誘う作品です。

しかし、いただけないのはラストシークエンスの長さですね。シリアスなトーンを明るいコメディーのトーンに変えるにしても、こんなに時間を掛けて描写する必要など無かったと思えます。熊が出るような山の中の村でも、風子にとっては暖かな故郷です。それだけさえ描写していれば事足りたと思うのですが、無理矢理にでも寅にドタバタ喜劇をやらせなければならなかったんですかね。
ラストカットは空撮で山の中の小さな村を描写しますが、これだけ時間が離れてしまうと、あえて描かなかった風子のクライマックス後の描写も効果を無くしてしまいます。
40点。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

相変わらず女性に優しい寅さんでしたネタバレ

投稿日:2006/11/05 レビュアー:ベイトン

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

寅さんシリーズをそんなにたくさん観ているわけではないが、今回ちょっと引っ掛かった事があって・・・

寅さんって自分の生き方をどう思っているのだろう。

自らを渡世人と呼び、他人には「こんな暮らしをしてはいけない」、と諭す寅さん。「堅気」になった昔の仲間から自宅に招待され酒を飲もうと言われても、「お前は堅気になったんだ。お前に迷惑ですから帰って下さいと言われても、俺は文句は言えない」と説教したり・・・。彼は心のどこかで自分の生き方に引け目を感じているみたい。

だけど、寅さんの生き方だって立派なひとつの生き方だと思うよ。だから、フーテンの風子に「寅さんと一緒に行ってもいい?」と聞かれたら、胸を張って「俺と一緒に行くか」と言ってほしかったのです。きっと、女性に優しい寅さんには、彼女が苦労すると解っていて彼女を連れて行くことはできなかったのでしょうね。

でも、寅さんと風子のハチャメチャな旅を見てみたかったな・・・


ちょっと小ネタの突込みを
他の男と駆け落ちした妻を連れ戻しにきたサラリーマン。ところが、妻には男との間に子供があり、幸せそう。その姿を見た寅さんはサラリーマンに「男らしく身を引くべきだ」と諭し、サラリーマンも黙って妻の前から去っていく。うんうん、感動的なエピソードだ・・・・・、って、これで良いんですか?離婚だって成立していないし、夫との間には子供もいるし・・・

そんな細かい事には全く無頓着な寅さんが大好きです。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

脇役が面白い!

投稿日:2013/07/15 レビュアー:涼風マヨネーズ

木暮風子(中原理恵さん)久々に見るとスケートの安藤ミキティを思わせるお顔立ち。欽ちゃんの番組や1曲だけのヒット曲だったけど人気のあったタレントさんだったね。

今回は寅さんとトニー(渡瀬恒彦さん)の二人が風子に恋をするんだが、最終的に結ばれない。(ハッピーエンドではあるが)

この作品は、登(秋野太作さん)がまじめに所帯をもって飲食店を経営している姿も見もの。

もう一人、社長の娘の桂あけみ(美保純さん)のバカっぷりのいい演技を見て女版寅さんを思わせる。

しかし佐藤B作さんだけは全然今と変わってないのがびっくりだね〜。(昔から老けてたってことだね。)

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

第33作

投稿日:2005/08/11 レビュアー:

笑いと涙、出逢いと失恋。
ご存知、“フーテンの寅さん”の映画シリーズです。

マドンナ 中原理恵
ロケ地 岩手県・盛岡
     北海道・根室、釧路、中標津

*寅さんの弟分だった登(津坂匡章)が久々の登場*  

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

キャスティングの失敗――たぶん 29.7km地点

投稿日:2013/01/20 レビュアー:みなさん

寅さん映画の第33作品目。フルマラソンに換算して29.7km地点。そろそろキツくなって来る頃だ。
本作品の寅さんも、何だかキツそうだった。表情も強張って、動きが鈍い。そもそも、あまり動いていない。(笑)
そのせいか、あまり厳しいことは言いたくないのだが、作品としての出来映えはイマイチだった。(大人の映画だから?)

北海道に渡った寅さんは、自称“フーテンの風子”と出会う。働いていた美容室でのトラブルが原因で失業中の彼女は、仕事を探して流浪していた。話しをすると、お互い似たような境遇で直ぐに意気投合する。けれど、寅さんは「このまま一緒に旅を続けたい」という風子を説得して実家に帰らせる。風子は、叔母さんの尽力で、地元の美容室で働き始める。
風子に別れを告げて旅の空に戻った寅さんは、商売をしながら本州を南下し、柴又に戻って来る。しかし、寅さんを待っていたのは、風子が東京に来ている、という情報だった。然も、知り合いに借金のお願いし、相当やつれていたと言う。何とか風子を探し出そうと躍起になる寅さんだが、そう簡単に見つかるわけがない。
そこへ、北海道でオートバイ・サーカスをやっていたトニーが、寅さんを訪ねて柴又にやって来る。……というお話し。

マドンナ役は中原理恵さん。役者さんなのか歌手なのか不明。昔、萩本欽一さんがゴールデンを賑わしていた頃、コントに出ていたのを見た記憶がある。本作品に出演している佐藤B作さんも一緒だったような気がする。あまりお芝居が上手でもなさそうなので、タレントさんなのかも知れない。
佐藤B作さんもそうだが、コントから派生した軽演劇出身の方は、映画や舞台の俳優さんとは、根本的に演技の質が異なる。五感の記憶から感情を呼び起こす演技ではない。コントの芸人さんは、戯画化された動作や表情を求める。そこに感情は伴わない。芸人さんが、どんなに説得力のあるお芝居をしても、心に訴えるものがないのは、そのためだ。これは、タレントさんにも言える。
舞台や撮影現場で叩かれて育った役者さんの演技は、やはり素晴らしいと思う。“とらや”のおばちゃんを演じる三崎千恵子さんだけを追って見ると、それがよく分かる。日常の動作を再現しながら絶妙なタイミングでセリフを繰り出す。座っているだけでサマになるおいちゃんもいいが、やはりおばちゃんは最高だ。

本作品のマドンナは、たぶん史上一番だらしがない。そういうキャラクタのはずなのだが、中原理恵さんに、それを体現する力量がなかった。そのため、寅さんの怒りや哀しみ、安堵と言ったものが伝わって来なかった。だから、最後のクマ騒動もとってつけたようで、蛇足の印象が強い。明るくカラッと映画を終わらせたかったのだろうが、作品のクオリティを下げたのは確かだ。それまで、大人向けの物語だったのに、いきなりお子様向けになってしまう。「なんだかなぁ」である。正直、フラストレーションが残った。

思うに、キャスティングの失敗だろう。時代を考慮しなければ、佐藤B作さんではなく下條アトムさんを起用したい。私がキャスティングディレクタなら、中原理恵さんではなく、若い頃の宮本信子さんを選んだろう。彼女なら、明るく元気な姿も、ボロボロになって床に伏せてる姿も演じられる。
トニー役は渡瀬恒彦さんが演じていた。一種の“凄み”のようなものが感じられ、こちらは良いキャスティングだと思った。オートバイのスタントで全国を巡業する男もまた渡世人である。だから、寅さんは、一歩も引かない。そこに、渡世人としての寅さんの矜持を見たような気がした。これは、シリーズで初めてではなかろうか。

キャスティングの失敗はあるものの、山田洋次監督らしいストーリー展開は見応えがあった。叶わぬ夢だが、ちゃんとした役者さんでリメイクして欲しい作品である。オススメ!

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全7件

男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎 【第33作】

月額課金で借りる

都度課金で借りる

同シリーズ作品を借りる