男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日 【第40作】

男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日 【第40作】の画像・ジャケット写真
男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日 【第40作】 / 渥美清
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

10

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日 【第40作】」 の解説・あらすじ・ストーリー

国民的人気シリーズ「男はつらいよ」の第40弾がデジタルリマスター版で復活。寅次郎は信州で女医さんに一目惚れ。柴又に戻った彼は大学に通う彼女の姪を訪ねるが…。当時ベストセラーとなった俵万智原作「サラダ記念日」にヒントを得て作られた一編。

「男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日 【第40作】」 の作品情報

製作年: 1988年
製作国: 日本

「男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日 【第40作】」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日 【第40作】のシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日

  • 旧作

寅さんは信州で出会った美しい女医さんにひと目惚れ。柴又に戻った寅はさっそく早稲田大学に通う彼女の姪を訪ねる。短歌好きの女子大生に三田寛子が扮し、俵万智の作品を詠んでいる。 JAN:4988105941595

収録時間: 字幕: 音声:
100分 日本語 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DA9540 2004年12月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
11枚 0人 0人

男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日 HDリマスター版 【第40作】

  • 旧作

国民的人気シリーズ「男はつらいよ」の第40弾がデジタルリマスター版で復活。寅次郎は信州で女医さんに一目惚れ。柴又に戻った彼は大学に通う彼女の姪を訪ねるが…。当時ベストセラーとなった俵万智原作「サラダ記念日」にヒントを得て作られた一編。

収録時間: 字幕: 音声:
100分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
2:ドルビーデジタル/モノラル/日(音声ガイド)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DB8540 2008年11月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
4枚 0人 0人

1〜 2件 / 全2件

関連作品

ユーザーレビュー:10件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全10件

第40作ネタバレ

投稿日:2007/12/11 レビュアー:ケチケチ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

今回もオープニングの夢は無く、寅がさくらに語る反省の言葉です。ヤクザ渡世の成れの果てを憂う第10作「寅次郎夢枕」からさらに16年が経過し、再び寅の生き方を見つめ直す本作ですね。しかし今回はフォーカスがあたるのは寅ばかりではありません。御前様も年老いた縁側での姿ですし、"地上げ"という時節ネタを絡めて社長は生涯かけた工場への想いを語ります。お馴染みの「とらや」も「くるま菓子舗」と名前を変えていますし、健康保険や雇用保険の一節があることから察すると、会社形式にでもなったのでしょうか。本編中では語られることがありませんし、このシリーズは居間に置かれたテレビなども時代に合わせているようで、行きつ戻りつしていていい加減ですので、このあたりのディティールを何処まで信じて良いのかも少々疑問なんですが、まあ時の流れを意識している作品に間違いはありませんね。満男の成長が描かれるのと相反して、全ての人が年老いていきます。タイトルバック、そしてラストシーンで登場する泥棒(笹野高史)の描写も笑ってばかりはいられず、全速力で走って逃げる泥棒稼業が出来るのも若さがあればこそなんですよね。

今回はマドンナ・真知子(三田佳子)も女としての自分自身の将来を憂います。また医者という職業が"人生の最後"を目の前の問題として突きつけるんですね。老婆の死は医者の立場での悩みをもたらすと同時に、彼女自身の末路を考えさせる問題であったと思います。

寅は真知子の仄かな恋心を知ると、いつものように身を引いてしまいますが、真知子にとって必要な人は、寅が思うように理論で解決できるような人ではないんですね。院長(すまけい)に説得される真知子ですが、彼女を突き動かす物は、苦しんでいる患者が彼女の目の前にいる現実だと思います。

人が思い悩む時、その道を決めさせるのは理路整然とした理屈では決して無く、周囲がもたらす環境じゃないでしょうか。理論は後から行動を正当化し、自分を納得させるために付けているに過ぎないんじゃないかと思います。
寅は満男との会話で『俺みたいに勉強してない奴は、振ったサイコロの出た目で決めるとか、その時の気分で決めるよりしょうがない』と自分を卑下しますが、『サラダがおいしい』と作った人に伝えられるその感覚こそが重要なんですよね。今回の失恋は寅の虚しさじゃなく、自分を卑下する寅に観客が虚しさを感じる失恋だと思います。寅が最初に老婆の家を訪れたのも、彼女の死を身内のように感じることも、理屈などは存在しないはずです。

本作は描くための要素は十分に満たされていると思います。ただその描き方が「サラダ記念日」という短歌集を意識してか、それとなく短い言葉で語るように、それぞれのエピソードを成り立たせているんですね。由紀(三田寛子)と茂(尾美としのり)の描写も、真知子と寅の関係を相反する形で表す描写ですし、真知子をはじめとした大人数がとらやに押しかけての帝釈天や江戸川の描写も、人の関わり合いを短歌で語るかのような短い表現です。そういった描き方も演出トーンの一つとして統一されていれば、その目線で私たちは無意識のうちに映画を見つめますが、"笑い"という要素や寅のキャラクターが立ちすぎる要素などが邪魔をして、演出トーンがまとまりの悪い物になっているんですね。
たとえば、お化け騒動にしても短歌調のトーンで語られる一つのエピソードにしか過ぎませんが、それが笑いのシーンとして目を剥いてしまいます。また、大学でのワット君にまつわる一節も、理論に勝る(寅の)経験という一つのエピソードですが、わざわざ第20作のワット君(中村雅俊)を持ち出し、寅を中心とした笑いのシーンを演出することで、表現しようとする以上の物が絡んでしまうんですね。
真知子という女性の心理を丁寧に追うドラマでもなく、詩的なエピソードを連ねて語ることに集中する映画でもなく、結局感覚として伝わる要素はどんどん減少して、頭で考えなければならない要素を観客が繋ぎ合わせるという作品になってしまいます。

これはこの映画が訴える物とも非常に相反する仕上げ方だと思います。『サラダがおいしい』と感じさせることがない作品なんですよね。
またこれはこのシリーズ全てに言えることですが、一見大衆向けで優しい表現の人情劇を作っているようで、実は引用であったり構成であったりというのは極めてインテリの臭いが漂う作品が並ぶシリーズです。このシリーズをここまで見てくると、なぜ大衆にこれほど指示されたか疑問に思うところが大きいです。そこには大衆の大きな勘違いがあったんじゃないでしょうかね。

いつものことながら、感覚として伝わらない、伝えようとしない映画は出来の悪い映画としか言えません。短歌も映画も考える物じゃなくて、感じ取る物だと思います。
30点。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

寅さんは背中で思いを語る・・・ネタバレ

投稿日:2006/02/23 レビュアー:KUBOCHIN

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

冒頭、寅さんが櫻へ語りかけるナレーション、その中を寅さんの乗る電車が走る。
山間、渓谷、電車の旅、寅さんの右側の車窓から見える景色が美しい。
小諸駅前 大手鹿島商店街のバス停で寅さんとお婆ちゃんが出会ったことから始まる今回の物語は、マドンナが寅さんに思いを寄せる貴重なパターンだけど、やっぱりいつものように寅さんは去ってゆく。
この作品での寅さんは早稲田大学に出かけたりして愉快です。
この第40作からは、柴又「くるまや」の店員役で三平ちゃん(北山雅康さん)が登場します。
また、オープニングとエンディングにバイをする寅さんの商品をくすねる泥棒役で笹野高史さんが登場。オープニングとエンディングで見せる見事な逃げっぷりにも注目!

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

短歌と映画と時間の流れ――たぶん 36.0km地点

投稿日:2013/04/09 レビュアー:みなさん

俵万智さんの“サラダ記念日”が爆発的に売れた頃、私は毒にも薬にもならない原稿を書いて糊口をしのいでいた。仕事はしていたが、安月給の独り暮らし、給与は何に使ったのか、いつの間にか消えてしまう生活をしていた。実は、給与のほとんどをダイビングに費やしていたことは、潜ると忘れてしまうので、ここでは捨て置く。(笑)

一瞬の情景と心情を切り取る短歌は、映画とよく似ている。カメラが切り取る一瞬は、まさに登場人物や脚本家や監督が意図する心情を表現している。だから、劇中に短歌が詠まれても違和感がない。親和性が高いのだ。正直、寅さん映画としてはキワモノのような本作品も、そういう観点でみると非常に興味深い。
むしろ、山田洋次監督は、“サラダ記念日”に挑んでいるかのように執拗に“時間”を描く。つれあいに先立たれたおばあさんの独り暮らしの年月、そして死。若いカップルの過ごす時間や窓から見える山々の景色の移ろい……。短歌と映画の違いを明らかにしようとしているかのようだ。それは、見事に作品の完成度を上げている。
些細なことかも知れないが、単なるコラボレーションではなく、“サラダ記念日”に対する山田監督なりの敬意であるように思える。

寅さん映画の第40作品目。フルマラソンに換算すると36km地点だ。完走まで、あと 6.2km。しっかりと観なければ。(笑)

旅先で知り合ったおばあさんの家で一夜を明かす寅さん。お酒を呑んで陽気に歌い楽しんだが、翌朝、病院から訪ねて来た女医の説明で、おばあさんが入院しなければならないことを知る。家で死にたいと言うおばあさんを宥めて、寅さんも一緒に病院に行くことになる。
……というお話し。
勿論、この後、物語は大きく展開するのだが、そこは書かぬが華だろう。楽しみが殺がれてしまう。何故なら、本作品は久しぶりに寅さんが寅さんらしい姿を見せるからだ。

マドンナの女医さん役に、三田佳子さん。好きなタイプの女優さんではないが、ハマり役だった。とはいえ、この方のお芝居は、どうもハナにつく。あざといとでも言ったら良いのだろうか、もう少しナチュラルな方が、私は好みだ。

女医さんの姪役に三田寛子さん。美人ではないが、妙な雰囲気をまとった方だ。アイドルだったような気もするが、よく覚えていない。この子のナチュラルさが三田佳子さんにあったら良いのに、と思う。お芝居なのか“地”なのか判然としないところが魅力的だ。
この姪が、俵万智さんの役というわけだ。

寅さんがきっかけでその姪と知り合い、付き合うようになる大学生に尾見としのりさん。この方もナチュラルなお芝居をされる。ただ、時折りだが、「これは演技ではないのではないか?」と思うことがある。メソッド演技と言えなくもないが、何かを表現する力に欠けているような気がするからだ。彼が一枚看板の俳優になれなかったのは、その辺りに原因があるような気がしてならない。

雑文を書き散らしていた頃、俵万智さんの“サラダ記念日”について書いてくれと頼まれたことがある。いい加減、話題になっていたから読んでいたし、原稿料も悪くなかった。ゴーストライターと言えば聞こえはいいが、放送原稿の下請けの身には、すぎた金額だった。でも、書けなかった。「私が女性じゃないから」というのが、断った理由だった。プロになるつもりもなかったし、ダイビング旅行の小遣いが稼げれば良かったから、何の躊躇いもなかった。

一瞬の情景と心情を切り取る感性は天賦のものだし、それを短歌で表現する技術と才能は女性ならではだ。それを男が何をか言うのは、おこがましいと思っていた。けれど、本作品を観て、こんな風に敬意を表す方法があるのだなと納得した次第。勉強になりました。

やっぱり寅さんは恋愛をしないと、ね。(笑) オススメ!

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

三田佳子はマドンナ向き

投稿日:2010/08/30 レビュアー:哲郎

この作品はシリーズ終盤の中ではよい出来だろう。
なんといってもマドンナに三田佳子を起用したのが大きい。シリーズ初期の頃のマドンナのイメージがあって、「男はつらいよ」向きだ。この人がなぜ今作まで出演しなかったのか妙な感じさえする。
ストーリーも原点回帰傾向でなかなかいい。この話では、社会問題になってきていた地方の高齢者の一人暮らしが下地に使われているのだが、自然な形で社会問題を話に織り込むこういう脚本こそ、このシリーズの真骨頂だ。
話の終盤、柴又駅のホームで真知子先生(三田佳子)からさりげなく気持ちを打ち明けられる寅さん。しかし寅さんはいつものように、その気持ちを受け止めることは出来ず、恋は成就しない。
「いいじゃないか、女医とフーテンだって。寅さん、結婚して専業主夫やんなよ」などと私は思うが、寅さんに言わせりゃ、「そこが渡世人のつれえところよ」なんでしょうねえ。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

寅さんシリーズでは一番好きです。ネタバレ

投稿日:2006/08/24 レビュアー:ホワイト

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

リマスター版を含めると49作ある「男はつらいよ」の中でも、
この作品が一番好きです。
オープニングも「夢落ち」にはなっておらず、信州の美しい風景から始まります。ドラマのそこかしこに、「サラダ記念日」の短歌らしきものが散りばめられていて、ドラマを引き締めます。
「サラダ記念日」を買ってみたくなる作品です。
マドンナは三田佳子。三田寛子もマドンナかな?
いつものように、結ばれそうで逃げていってしまう寅さんですが、当時脂ののった女優の三田佳子の控えめな演技が珠玉です。
普段は好きな女優ではないのですが・・・。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全10件

男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日 【第40作】

月額課金で借りる

都度課金で借りる

同シリーズ作品を借りる