男はつらいよ 幸福の青い鳥 【第37作】

男はつらいよ 幸福の青い鳥 【第37作】の画像・ジャケット写真
男はつらいよ 幸福の青い鳥 【第37作】 / 渥美清
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「男はつらいよ 幸福の青い鳥 【第37作】」 の解説・あらすじ・ストーリー

国民的人気シリーズ「男はつらいよ」の第37弾がデジタルリマスター版で復活。筑豊で昔馴染みの旅役者の娘・美保と知り合った寅次郎。その後、上京して来た彼女の就職を世話するなど優しく接するが、ある日美保に思いを寄せる画家志望の青年が現れて…。

「男はつらいよ 幸福の青い鳥 【第37作】」 の作品情報

製作年: 1986年
製作国: 日本

「男はつらいよ 幸福の青い鳥 【第37作】」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

男はつらいよ 幸福の青い鳥 【第37作】のシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

男はつらいよ 幸福の青い鳥

  • 旧作

「男はつらいよ」シリーズの第37作目。筑豊で昔馴染みの旅役者の娘・美保と知り合った寅次郎。上京した美保の就職を世話するなど、彼女に優しくする寅次郎だったが、美保に思いを寄せる画家志望の青年が現れて…。

収録時間: 字幕: 音声:
101分 日本語 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DA9537 2004年12月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
9枚 0人 0人

男はつらいよ 幸福の青い鳥 HDリマスター版 【第37作】

  • 旧作

国民的人気シリーズ「男はつらいよ」の第37弾がデジタルリマスター版で復活。筑豊で昔馴染みの旅役者の娘・美保と知り合った寅次郎。その後、上京して来た彼女の就職を世話するなど優しく接するが、ある日美保に思いを寄せる画家志望の青年が現れて…。

収録時間: 字幕: 音声:
101分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
2:ドルビーデジタル/モノラル/日(音声ガイド)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DB8537 2008年11月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
6枚 0人 0人

1〜 2件 / 全2件

関連作品

ユーザーレビュー:11件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全11件

第37作ネタバレ

投稿日:2007/12/09 レビュアー:ケチケチ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「余剰人員」という言葉が流行し、コンピューターに代表される技術革新で、機械が人間に取って代わることが多くなった時代です。寅のテキ屋仲間・ポンシュウ(関敬六)がバイをするのもコンピューター占いですし、何とも世知辛い世の中の移り変わりを感じます。しかしそんな世の中でも、人が人であることには変わりなく、全ての人が幸せを求め続けて生きているんですね。
また一方では「新人類」という言葉も生まれ、それまでの世代とは違った価値観を持つ世代が目立ち始めた時代でもあります。
この二つの一見相反する事柄が、この作品の核となる部分ではないでしょうか。

オープニングの夢で提示されるメーテルリンクの戯曲「青い鳥」を受けて、道に迷いながら幸せを探し求める人間の姿を連想させる様々な描写が行われます。夢から覚めた寅が行き先を変更するエピソード、キューシュー(不破万作)とのフェリー乗り場での擦れ違い、橋を途中で引き返す寅の姿など、このあたりの描写は映画的です。劇場の男(すまけい)も役者という夢を諦めたという話から、この物語の本題に入り、寅は贔屓にしていた一座の座長の訃報を知り、その娘である今回のマドンナ・美保(志穂美悦子)に巡り会います。彼女はシリーズで度々登場してきた旅回り一座の娘・大空小百合なんですね。岡本茉莉が演じてきたこの役を、今回はマドンナとして志穂美悦子が演じることになりますが、寅が美保との最初の出会いを回想するシーンは、第8作「寅次郎恋歌」で実際に描写されたものですし、このシリーズをリアルタイムに見てきた観客にとっては、15年の過去へ遡る回想が行われたことだろうと思います。またそれは紆余曲折して生きてきた美保と同様に、観客自身も幸せを探し求めてきた自分自身の15年を振り返ることでもあったんじゃないでしょうか。
志穂美悦子というキャスティングも、当時既に噂であった長渕剛との顔合わせで話題性を狙う面もあったのでしょうが、目鼻立ちのハッキリした美人で旅回り役者の泥臭さなどを引きずらない「新人類」としての描写の狙いがあったんだと思います。

そしてこの作品で目を引くのはクライマックスの描写です。とらやという古い世代の人情の舞台となってきた場所に健吾(長渕剛)が訪れます。彼の屈折した若者像がその場にいるだけで異物感を醸し出し新しい世代を強調するんですね。また彼が寅とツーショットになると、明らかに寅とは違った若い世代であることが映像から伝わってきます。寅の今回の失恋は彼が感じた年の差、世代の差だと思います。美保の結婚相手を探すことが、マドンナを助けたいと願ういつもの寅の行動ですが、それが寅にとっての恋心であることはシリーズを通じて一貫しています。それが儚くも破れる今回の失恋の瞬間は、映像が作り出す異物感によって表現しているわけですし、映画的で素晴らしい表現だと思います。

しかしそれまでの表現が全くなってないというのが本作です。
「新人類」としての描写を、満男に来た複数のラブレターなどの描写で間接的に表現はしていても、健吾(長渕剛)を直接描写することは皆無に等しいです。彼の生い立ちや現在の心境なども美保(志穂美悦子)との会話の中で安易に表現してしまいますし、彼の屈折した「新人類」の描写が全く成されていません。看板屋の今の生活に対する不満と夢との間に存在する葛藤を、観客が感覚として受け取るシーンとして提示していませんから、美保と結ばれる彼の描写も、頭で理解する共感としてしか伝わってこないんですね。
また美保も同様で、堅気の生活が持つ温かい家庭に対する憧れも、とらやのシーンで台詞で表現されるばかりですし、「新人類」としてのドライな一面と、それまでの世代と何ら変わることのない価値観を持つ彼女の両面性を全く表現できていません。
ラストシークエンスでは、健吾と美保の幸せに対する温度差も表し、結婚が青い鳥を探す終着点ではなく、これから二人が探し求める青い鳥を感じさせますが、そんな結びが感動に結びつくには程遠い理解で留まってしまいます。またそれを受けての『綺麗なお姉さんが側にいることが幸せ』という寅の台詞も、寅が年を取るにもかかわらず寅が探し求め続ける幸せは一貫していて、年を重ねる度に虚さが倍増しているわけですが、それを映像で支える本編中の表現が全く希薄なんですね。

山田洋次の言う「分かり易さ」というのが非常に疑問に思える本作です。台詞だけで片付けてしまいますから少しも印象として深く刻み込まれません。伝わらなければ単に表面だけのラブロマンスです。また伝えようとする物を台詞により理解できても、映像から感じ取る物で表現していませんから、感動などとは程遠い物になってしまいます。これが分かり易さなんでしょうかね。表面だけの分かり易さを取り繕うくだらない映画だと私には思えます。
20点。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

これが縁で結ばれたんですよね。ネタバレ

投稿日:2007/02/08 レビュアー:ホワイト

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

志保美悦子と長渕剛。これが縁で結ばれたんですよね。
ジュリーと田中裕子に続いて?(こっちのが先?)

シリーズ37作目。

少々、渥美清さんの体調も悪くなりつつある頃です。

寅さんの動きが余りなくなってきているのは、残念ですが、

酷い映画を見た後には、やっぱ、寅さんですね。

話は筑豊で昔馴染みの旅役者の娘・美保(志保美悦子)と知り合った寅次郎。今回も、寅さんはハッキリとは恋をしません。

まるで父親のように・・・。

上京した美保の就職を世話するなど、彼女に優しくする寅次郎だったが、美保に思いを寄せる画家志望の青年(長渕剛)が現れて、いつの間にか仲人に。

長渕剛が、何故かいつもハーモニカを吹いているのが胃になりますがw(画家志望なら違うだろう!)

平均点は必ず取ってくれるシリーズです。美保純が相変わらず、かわいらしさを振りまいてます。良い女優になりましたね。

最後に有森也美がちょこっと出ているのはサービスでしょうか?

寅さんが恋をしなかったぶんだけ減点。

70点。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

寅さんのこころは親心

投稿日:2006/05/08 レビュアー:KUBOCHIN

1986年(昭和61年)公開のこの第37作は、シリーズ中で初めて1年間に一本の映画制作ペースになった作品です。前々作の「寅次郎恋愛塾」でもマドンナに恋する男性の指導を買って出てた寅さんでしたが、本作ではより明確にマドンナ美保(志穂美悦子さん)と青年の恋の裏方になろうと努めます。
86年当時の現実世界での渥美清さんの体力、体調を気遣ってか、山田監督の配慮がこの作品あたりから物語の中に仄かにうかがえる気がします。
私の年代(40代)にとって志穂美さんといえば真田広之さん同様JAC出身でアクション派というイメージが強い女優さんでしたが、本作ではかっての旅役者大空小百合の健気さと芯の強さを上手く演じられていると感じました。
4年前の第30作「花も嵐も寅次郎」における沢田研二さんと田中裕子さんのカップル誕生と同様に長渕・志穂美のカップルを誕生させたという点でもシリーズ中の異色作かもしれません。
あと、ラストに本作と同年の山田監督作品「キネマの天地」で渥美さんと共演、ヒロインを演じた有森也実さんが寅さんのバイのシーンにカラミで顔を見せてくれます。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

エドはるみ・出川哲郎どこに出てた?

投稿日:2013/06/20 レビュアー:涼風マヨネーズ

志穂美悦ちゃん映画ラスト作!?

アクションモノでない志穂美悦ちゃんはめずらしいんだけれど、純愛作のこれがきっかけ?で結婚!なんだ。

この作品の寅さんは自分の恋愛ではなく恋愛の後押しをする大役だったんだね。

それにしても志穂美悦ちゃんは綺麗だったイメージだけれど角度によっては島崎和歌子似だよね?違うかな?

この作品には役者志望だったエドはるみや出川哲郎も出ているらしいが、気がつかなかった・・・。

今度はじっくり観てみよう。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

旅芸人が生きて行けない時代――たぶん 33.3km地点

投稿日:2013/03/07 レビュアー:みなさん

本作品のマドンナは、旅芸人の看板女優だった大空小百合。検証はしていないが、これまでにも幾度となく出演して来た坂東一座のことだろう。以前は、岡本茉莉さんが演じていたが、本作品ではマドンナとして、志穂美悦子さんが演じている。岡本茉莉さんのファンとしては、何か納得できない気もするが、まぁ仕方あるまい。(笑)

旅先の九州で、知り合いの旅芸人の座長が亡くなったことを知った寅さん。お線香を上げに行くと、そこで娘の美穂と再会する。彼女は、かつて一座の花形、大空小百合として舞台に立っていた。ひととき、楽しい思い出話しに花が咲く。彼女が独りになったことが気になった寅さんは、何かあったら柴又の“とらや”を訪ねるように言い置いて旅の空に戻る。……というのが導入部分である。
ふらりと芝居小屋を訪ねた寅さんが、歌舞伎の話しをする短い一幕が秀逸。寂れた小屋、閑散とした客席と舞台を掃除する老人。それは、炭坑町の衰退とともに、旅役者が生きて行けない時代になってしまったことを物語っていた。TVがなかった頃、一般大衆にとっては、ラジオや映画に並んでお芝居が娯楽の中心だった。それが、いまやTVの一人勝ち。演劇の世界は、既に一般大衆のものでなくなってしまった。一部の好事家によって支えられている。新しい歌舞伎座は知らないが、以前の歌舞伎座は良い席だと15,000円はとった。異常である。梨園などとおだてられているが、もともとは河原乞食だ。むしろ、旅役者が演じる『勧進帳』の方が、よほど本来の歌舞伎に近いはずだ。その旅役者が生きていけない時代を、山田洋次監督は哀しんでいるように思う。

東京に出て来た美穂は、“とらや”に電話を入れるが、寅さんが不在で路頭に迷う。体調も思わしくない。上野駅のガード下でチンピラに絡まれているところを助けたのが、ジンマくん。ジンマシンが出るので渾名がジンマ。彼は、映画館の看板書きで糊口をしのぎながら画家を目指していた。
思えば、この看板書きも衰退していた職業だった。印刷技術の発達で、大判印刷をしたポスターをペタペタ貼って済ます時代が、すぐそこに来ていた。シネコン全盛の今は、大きな看板すら少なくなってしまった。手書きの看板を飽かずに眺めていた子供の頃が懐かしい。

廃れゆく文化の末裔の2人が出会い、恋におちて結ばれて行く。寅さんは脇役である。ジンマを演じる長渕剛さんの生命力が、作品に輝きを持たせている。何だか、寅さん映画そのものが廃れゆく文化だと言われているようで、少しばかりフラストレーションのたまる作品だった。
寅さん映画も37作品目。フルマラソンに換算して33.3km地点。本作品は不本意だが、シリーズとしては、いよいよ終盤の佳境である。ちょっとだけオススメ!

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全11件

男はつらいよ 幸福の青い鳥 【第37作】

月額課金で借りる

都度課金で借りる

同シリーズ作品を借りる