男はつらいよ 拝啓車寅次郎様 【第47作】

男はつらいよ 拝啓車寅次郎様 【第47作】の画像・ジャケット写真
男はつらいよ 拝啓車寅次郎様 【第47作】 / 渥美清
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

10

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「男はつらいよ 拝啓車寅次郎様 【第47作】」 の解説・あらすじ・ストーリー

国民的人気シリーズ「男はつらいよ」の第47弾がデジタルリマスター版で復活。就職して半年が過ぎた満男は大学の先輩の住む長浜を訪れ、そこで先輩の妹・奈穂と知り合う。ふたりは急速に打ち解け始め、またもや満男の恋心に火が点くことになるが…。

「男はつらいよ 拝啓車寅次郎様 【第47作】」 の作品情報

製作年: 1994年
製作国: 日本

「男はつらいよ 拝啓車寅次郎様 【第47作】」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

男はつらいよ 拝啓車寅次郎様 【第47作】のシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

男はつらいよ 拝啓 車寅次郎様

  • 旧作

人気シリーズ“男はつらいよ”の第47作。マドンナ役にかたせ梨乃、牧瀬里穂、小林幸子の3人を迎え、滋賀県長浜を舞台に寅次郎と満男、それぞれの恋を描く。寅の甥・満男は就職して半年が過ぎた頃、大学の先輩から誘われ、その先輩が家業を営んでいる長浜を訪れる。満男は先輩の妹・菜穂に町を案内してもらう。やがて菜穂と打ち解けていった満男は彼女に恋心を抱くようになる。一方、寅も長浜に来ていて、怪我をした典子という女性を助けたことで親しくなる。

収録時間: 字幕: 音声:
103分 日本語 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DA9547 2004年12月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
7枚 2人 0人

男はつらいよ 拝啓車寅次郎様 HDリマスター版 【第47作】

  • 旧作

国民的人気シリーズ「男はつらいよ」の第47弾がデジタルリマスター版で復活。就職して半年が過ぎた満男は大学の先輩の住む長浜を訪れ、そこで先輩の妹・奈穂と知り合う。ふたりは急速に打ち解け始め、またもや満男の恋心に火が点くことになるが…。

収録時間: 字幕: 音声:
103分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
2:ドルビーデジタル/モノラル/日(音声ガイド)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DB8547 2008年11月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
1枚 0人 0人

1〜 2件 / 全2件

関連作品

ユーザーレビュー:10件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全10件

満男が伯父にあてたラブコールに泪

投稿日:2006/02/14 レビュアー:KUBOCHIN

拝啓 車寅次郎様…、これまでシリーズのラストで寅次郎自身の便りやマドンナ達からの便りの文言が数々流れましたが、最終作品の前の第47作を迎えて、とうとう満男の寅さんに捧げる思いが副題の文言につづいて流れることになりました。シリーズのファンはここでカタルシスを得ることでしょう。
作品そのものはシリーズの基本パターンを踏襲し、平均点以上とは感じませんが、シリーズの1ファンとして渥美さんをはじめとする「くるまや」の人々の老い(人生)が自分の暮らしの思い出と重なって感情を刺激され、私には笑い以上に涙の作品になったりしています。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

第47作ネタバレ

投稿日:2007/12/20 レビュアー:ケチケチ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

前作から撮影が池谷秀行になり、フラットトーン重視に変わったと書きましたが、本作では元に戻っていますし、やはり前作のテーマを受けての撮影トーンだったんですね。本作は特にオープンはピーカンを意識していますし、室内もハイキーを強調した明るいトーン。寅のメイクも赤味を加え、人生の中で抱く夢や希望を明るいトーンで描きます。オープニングとエンディングに登場する小林幸子のエピソードは、寅の"人の情"を描きながらの、まさにベタ中のベタに笑いを求めるサクセス・ストーリーですが、本作のテーマはそのプロセスにあるんですよね。
寅の声にも張りが無くなり、笠智衆の最後のシーンのように痰が絡むような台詞回しもあったりで、もはや衰えを隠しようが無くなってきていますが、寅が積み重ねてきた年季が満男に対する説得力となって現れる作品でもあると思います。

「鉛筆のセールストーク」は、このシリーズらしい馬鹿馬鹿しい笑いが込められた一幕ですが、重要なファクターが描かれたシーンだと思います。寅が売っている物は「鉛筆のノスタルジー」なんですよね。買う側もその虚構性を薄々感づいてはいても買ってしまうのは、夢を求める人の心理だと思います。1年働いて1週間の撮影旅行を楽しむ今回のマドンナ・典子(かたせ梨乃)もそんな夢を求める旅人だったと思います。
また寅のようなセールストークが一朝一夕に出来る物じゃなく、彼が生きてきた上で最も大事にしてきた"人の情"の裏付けがあればこそ成し得る技なんですよね。

それはまた恋愛にも置き換えられ、困っている女性に情けを掛けずにはいられないのが寅の恋愛です。極端に言ってしまえば女性が既婚でも未婚でも寅には関係のないことで、その女性が幸せになってくれればいいと願うのが寅の恋であり、結果的に自分と結ばれなくともかまわないんですね。当然寅も人間ですから失恋による虚しさが付きまといますが、寅が重要視するのは女性が幸せになるプロセスだと思います。
想い思われ相手を気遣うのが寅の理想で、寅が描く結婚とはその延長にある一つの形でしかないんだと思います。『恋人はいるの?』と菜穂(牧瀬里穂)に問う満男に対して、『いたっていいじゃないか。奪い取るんだよ』と一言だけ言い残して消える寅の言葉の裏には、結果など重要でなく、菜穂を思う心と行動こそ重要という寅の価値観があるんじゃないでしょうか。渋柿でも恋しい人が剥いてくれることに価値があるんですよね。
寅と満男の別れ際のホームでは、『恋をするのはくたびれる』と呟く満男を寅は叱咤激励します。恋も、そして満男が思い悩んでいる仕事についても実は全く同じ事で、精根尽きるまで心底思いやって打ち込むことこそ価値があるという事じゃないでしょうか。寅が重ねてきた彼の価値観による恋愛や本作の「鉛筆のセールストーク」が、その言葉の重みを形作る作品だと思います。

しかし本作は芯となる部分に共感はあっても、脚本もキャスティングも余り良いとは思えないんですよね。
マドンナ・典子(かたせ梨乃)が感じさせるのは、1週間だけ夢に浸る喜びであったり、裏に隠されている冷え切った夫婦生活であったりするはずなんですが、そういう表面的な"はしゃぎ"から裏に隠された暗部を感じさせるような演技の質じゃないのが、かたせ梨乃の演技だと思いますね。もっと本音が露呈する中で、さらに深い部分を感じさせるというのが彼女の持ち味じゃないかと思います。そのためにこのシリーズのマドンナとしては異質ですし、彼女が演じる主婦の人間的な深みが感じられずステレオタイプに見えてしまうんですね。
また信夫(山田雅人)なども、如何にもの軽薄な結果だけを重んじるという設定で、彼の取って付けたようなテレビタレントとしての演技がその設定に拍車を掛けてしまいます。
さらに脚本の運びも強引で、満男と菜穂(牧瀬里穂)が打ち解けるまでの運びはちょっと恥ずかしいですよ。また寅が「満男の会社の社長に挨拶したい」というエピソードをさくらの電話だけで語らせ、寅が柴又を離れる動機としているのもかなり強引です。おそらくこれは、第1作のさくらの会社に挨拶に訪れる寅の描写を意識して、20数年経っても変わることのない寅の"人の情"の上滑りを可笑しく描くエピソードだと思いますが、思い入れがあり過ぎじゃないかと思います。
またラストシークエンスに入ってからも長い長い。満男と菜穂の再会というドラマまで用意するんですね。ハッピーエンドに持って行きつつ説明を加えておきたいのでしょうが、そこまでねちっこく説明しつつ満男の青春を感じさせる必要など全くないと思うんですけどね。「ここで泣け」「ここで笑え」という演出箇所だけは必要以上に誇張する、如何にもの山田洋次らしさと彼の拘りだと思います。
40点。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

男はつらいよ 拝啓 車寅次郎様

投稿日:2005/06/16 レビュアー:mt

映画の終盤に、満男に諭す言葉は、寅次郎の人情もの映画を代表する言葉ではないかと思います。男はつらいよは、笑いの中に日本人の心を伝えます。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

寅さんと満男くんのセールス勝負――たぶん 42.195km地点

投稿日:2013/06/02 レビュアー:みなさん

やっぱり、ちょっと哀しい作品だった。
渥美清さんの体調が思わしくなかったのだろう。出演場面を減らし、カットを減らし、台詞を減らし、それでも辛うじて立っているように見え、正直なところ胸がいっぱいで、あまり物語に集中出来なかった。これは、渥美さんが亡くなったこと、病をおして出演していたことを知っていたからではない。客観的に見ても、渥美さんの体が尋常でないことは明らかだった。

靴の卸会社に就職した満男は、サラリーマン生活に悩んでいた。そんな時、大学時代の先輩から「相談がある」との葉書を受け取り、気分転換に琵琶湖の畔へと出掛ける。
その頃、寅さんは旅先で、人妻と出会っていた。彼女は、趣味のカメラを片手にひとり旅をしているところだった。
……というお話し。
満男は先輩の妹と出会い、寅さんはひとり旅の女性の典子の寂しい心に寄り添う。もう少し描き込んで欲しかった気もするが、仕方あるまい。贅沢は言えない。

マドンナの典子役にかたせ梨乃さん。グラビアから出た方なので、ちょっとエロティックな生命力を見せてくれる。青少年がドキドキするタイプの女性だが、どこかガラッパチな感じがして、コミカルなお芝居が似合いそうだ。『極道の妻たち』よりも、その方が幅が広がると思うんだけどなぁ。もっとも、日本の映画界はコメディづくりがヘタだから、彼女の選択は正しいのかも知れない。

満男が恋心を抱く菜穂役は、牧瀬里穂さん。つかこうへいさんの舞台『幕末純情伝』の沖田総司役が鮮やかで、映像作品ではパッとしなかった印象がある。痩せ過ぎで神経質そうなところがマイナスだよなぁ。(笑)

前作あたりから高羽哲夫さんは撮影監督としてクレジットされている。現場から一歩退いたようで、別のカメラマンの名が並んでいる。確かに、クローズUPをロングで撮ったり、大きなセットで育まれた米国風のスキルが用いられるようになった。新旧交代の風が吹いていたことが推測できる。
“ステディカムオペレーター”なんてのもある。たぶん、博のジョギングシーンだけだろうなぁ。(笑)
新しい技術は、小道具にも現れていて、携帯電話やハンディカム、廉価版一眼レフがスクリーンに登場している。いろいろなものが普及しつつあった時代だと思う。

本作品で一番哀しかったことは、寅さんを映すカットで、顔を隠すような配慮がなされていることである。後ろ姿が多いし、帽子で顔が見えなかったり、肩越しだったり、もしかしたら本人がカメラの前に立てずにスタンドインを使ったのではないかと思える。本当のところは知らない。ただ、幾つかのカットで、不必要に背筋を伸ばした寅さんの後ろ姿は、別人のように見えたのは確かだ。役者であること、“寅さん”であることに生涯をかけた方だから、誰かに代替えを頼んだとは思えないのだが……。

そんな寅さんが鉛筆の販売を満男と競う場面がある。苦もなく満男に勝利した寅さんは、「のっぴきならないところから生まれた智恵だ」と自嘲気味に語る。それは、浅草で下積み生活を送って来た渥美さんの本音のようにも思え、シリーズの中でも深い印象を残す場面となっている。

寅さん映画第47作目。フルマラソンなら完走と同じところまで来ている。オススメ!

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

第47作

投稿日:2005/09/08 レビュアー:

笑いと涙、出逢いと失恋。
ご存知、“フーテンの寅さん”の映画シリーズです。

マドンナ  かたせ梨乃
ロケ地   滋賀県・長浜
       新潟県・上越

*小林幸子が地方営業中の歌手役で登場*  

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全10件

男はつらいよ 拝啓車寅次郎様 【第47作】

月額課金で借りる

都度課金で借りる

同シリーズ作品を借りる