男はつらいよ ぼくの伯父さん 【第42作】

男はつらいよ ぼくの伯父さん 【第42作】の画像・ジャケット写真
男はつらいよ ぼくの伯父さん 【第42作】 / 渥美清
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

8

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「男はつらいよ ぼくの伯父さん 【第42作】」 の解説・あらすじ・ストーリー

国民的人気シリーズ「男はつらいよ」の第42弾がデジタルリマスター版で復活。浪人生活を送る甥の満男はブラスバンド部の後輩・泉に想いを寄せていた。だが、彼女は両親の離婚で佐賀へ転校。そこで満男は寅と共にオートバイで彼女の下へ向かうが…。

「男はつらいよ ぼくの伯父さん 【第42作】」 の作品情報

製作年: 1989年
製作国: 日本

「男はつらいよ ぼくの伯父さん 【第42作】」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

男はつらいよ ぼくの伯父さん 【第42作】のシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

男はつらいよ ぼくの伯父さん

  • 旧作

浪人生活を送る満男はブラスバンド部の後輩、泉に思いを寄せていた。だが、彼女は両親の離婚で佐賀へ転校。そこで満男はオートバイで彼女のもとへ向かった。ところが、そこで寅次郎とバッタリ出会い…。 JAN:4988105941618

収録時間: 字幕: 音声:
108分 日本語 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DA9542 2004年12月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
9枚 0人 0人

男はつらいよ ぼくの伯父さん HDリマスター版 【第42作】

  • 旧作

国民的人気シリーズ「男はつらいよ」の第42弾がデジタルリマスター版で復活。浪人生活を送る甥の満男はブラスバンド部の後輩・泉に想いを寄せていた。だが、彼女は両親の離婚で佐賀へ転校。そこで満男は寅と共にオートバイで彼女の下へ向かうが…。

収録時間: 字幕: 音声:
108分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
2:ドルビーデジタル/モノラル/日(音声ガイド)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DB8542 2008年11月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
3枚 2人 0人

1〜 2件 / 全2件

関連作品

ユーザーレビュー:8件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全8件

第42作ネタバレ

投稿日:2007/12/12 レビュアー:ケチケチ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「少子化」の世相を受けて描かれる本作です。子供に対する過剰な干渉は、昔のように兄弟が多くないからでもあるんですよね。親からしてみれば子供に対する愛情ではありますが、満男が反発する気持ちも分からなくはありません。
また「少子化」と一対となる「高齢化社会」も本作は意識していて、オープニングからタイトルバックにかけては老人(イッセー尾形)を交えてのコントが展開されますし、本編中にも老人(今福将雄)を交えての一節が描かれます。
両方に共通する事柄は「思いやり」や「人の情」ですね。ラストシーンでポンシュウ(関敬六)がレンタルする杖が大繁盛する光景は何とも微笑ましいです。

またオープニングのナレーションで満男が寅を『魅力的だ』と語るように、満男の目を通した寅との対比が描かれる本作は、ダイナミックに変化を遂げた作品でもあります。
前半では、飲み屋でのこずえ(戸川純)を絡めて、寅が満男に人との関わりを教えますが、その関わりが自分にも「思いやり」として返って来るという一節ですね。些細な思いやりも人は時々忘れがちになってしまいます。後半では奥村(尾藤イサオ)になじられた満男は、つい怒りにまかせて泉(後藤久美子)が置かれている立場を忘れ、彼女に対する思いやりを無くします。一方寅は、奥村の言葉を感情を抑えて飲み込んだ後に、意を決したようにしっかりと『満男のことを誉めてやりたい』と断言するんですね。寅がこれまで歩んできた道のりで、彼が大切にしてきた「人の情」を感じさせる一節だと思いますし、満男が冒頭で語る『魅力的だ』という言葉を裏付けするシーンでもあると思います。

そんな寅もクライマックスでは寂しい旅の空です。満男の帰宅を祝って賑わうとらやの人々と対比して、無人駅の赤電話で電話する寅には木枯らしが吹きすさびます。肉親はあっても自分自身の「家族」がない寅の寂しさが漂うシーンです。そして寅=泉でもあり、「家族」がない寂しさは同じなんですよね。
本作の恋愛面の描写も、寅から満男へと、寅が抱くいつもの恋愛感情がそのままバトンタッチされています。泉の年が寅に近ければ、家族がない泉に対して、間違いなく寅には恋愛感情が生まれるでしょうし、それを変わって担うのが満男ですね。
また寅も寿子(檀ふみ)に対して仄かな恋愛感情を抱いてはいます。しかし彼女には夫があり「家庭」があるということで、それ以上は発展しないんですね。今回は寅の恋愛に大きな時間が割かれることはありませんが、満男の恋愛を受けてしっかりと描写はされています。「家庭」があることが寅にとっては羨ましい限りでしょうし、そのことが失恋に完結するという、仄かな想いだけではありますが二重の虚しさだと思いますね。

また本作はさりげないディティールの描写も上手いところが見受けられます。満男の家出を知って心配する博とさくらですが、二人で昼飯を食いに寿司屋に出かけるんですね。何気ない描写ですが、二人が積み重ねてきた揺るぎない間柄を感じさせますし、泉には存在しない両親の強い結びつきなんですよね。
泉の描写にも家庭の無い寂しさを感じさせる上手いところがあって、母の生家を訪れ無人であることを知った直後に、満男と腕を組む後ろ姿だけが描写されたりもします。

そんな良いところもいっぱいある本作なんですが、ストーリーの運びに少々強引なところも見受けられるんですね。満男の性的な欲望に対する戸惑いも、19歳という年齢ではいくらなんでも幼すぎます。また寅を伴って泉の家に出かけるというのも、ドラマ展開のためという魂胆が見えて強引さを感じますし、満男がバイクの旅の途中で経験する世間としての三橋(笹野高史)との一節もここだけ演出トーンが異質なんですよね。

まあ細かなことを言い出すときりがなく、少々荒削りの感はある作品ですが、この作品をシリーズを通して考えると感慨深いところもあるんですね。第1作では、寅の幼馴染みや故郷に対する失恋が描かれ、その失恋を打ち消すように、ラストシークエンスでは揺るぎない血縁が存在する故郷として、生まれたばかりの満男が描写されていました。その満男が20年の時を経て、シリーズの中では徐々に寅の影響も受け、本作では寅と肩を並べる存在として「故郷」や「家族」を表現する年齢になっているんですよね。そんな事を考えると、リアルタイムで流れる月日の偉大さと、素直にこのシリーズの長寿に拍手を送りたくなります。
ちょっと甘めの採点かもしれないけど。
60点。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

満男!ぶっさいくやな〜!

投稿日:2013/06/27 レビュアー:涼風マヨネーズ

久々にこの42作を観賞。作品自体は面白いんだが、久々に見た満男の不細工さには驚いた。

泉(後藤久美子)に恋心を抱くんだが、全くつり合いがとれない不細工さ。

おじさんの血筋で間抜けさをクローズアップしているんだろうが、不細工の度合いがあまりにも惨め。

この先の作品も満男の恋が続くんだけど、観ていてかわいそうになる。

最近の姿は見慣れてきたんだろうか違和感無しになってきたよね。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

電話口のエール――たぶん 37.8km地点

投稿日:2013/04/23 レビュアー:みなさん

満男くんを中心にした作品の1本目。寅さんの出番は少ない。ちょっと番外編のような趣きだが、寅さん映画の要素を盛り込みながら、若者の心情を伝えるために少しだけ今風のカットが用いられている。車載カメラとかサイドミラーに写った満男くんの顔とか――、バイク乗りの視線で撮られたカットは、これまでなら採用されなかったものだ。作品の幅を広げる一助にはなったが、少し寂しさも感じた。

高校の後輩の及川泉に恋をした満男は、勉強が手につかない。彼女が転校して行ってからは、特にそうだ。思うはいつも彼女のことばかり。そんな有り様だから、浪人中の身ということもあって、親とも折り合いが悪くなっている。
そんな時、寅さんが柴又に帰って来る。満男に手を焼いていたさくらと博は、寅さんに満男の悩みを聞いて欲しいとお願いする。しかし、それが間違いの始まりだった。
……という流れで、物語の中心は満男くんに移って行く。

翌日、満男くんは、泉に会いに柴又から名古屋、佐賀へとバイクを駆って旅に出る。途中、事故ったり、オカマのライダーにせまられたりしての珍道中。面白おかしく描かれるが、どうも釈然としない。寅さんの何に触発されたのか定かでないからだ。柴又から金町に会いに行くのとはワケが違う。何百キロのツーリングだ。若者の衝動だから理屈は要らないのかも知れないが、もう少し描き込むべきだっただろう。何故なら、満男くんに熱い情動が感じられなかったからである。彼のキャラクタと物語が一致していない、ということだろう。

満男くんが中心の物語だから、やはりマドンナは“及川泉”役の後藤久美子さんということになるのだろうか……。
当時、彼女は“国民的美少女”と言われていたが、私にはどうもピンと来ない。ひとの好みは様々だが、顎の線はふんわり丸いか、すっきりしていた方が、いい。(笑) そもそも、彼女は役者さんというよりタレントさんなのだから、寅さん映画でマドンナをつとめる器量ではないと思う。“国民的映画”に“国民的美少女”とシャレたつもりなんだろうなぁ。

一方、泉が身を寄せる叔母さん役に、壇ふみさんが出演している。以前、マドンナ役で出演されていたが、相変わらずキレイだった。聡明で慎ましい妻の姿を見せておいて、夫のことを「心の狭い人」とサラリと言ってみせる。それも笑顔で……。高校教師で厳格そうな夫を、手のひらでコロコロしている。それが何ともユーモアで、出番は少ないながら良い印象を残している。

満男くんは柴又に帰り、泉は学校生活に戻る。すべてが終わり、旅先から“くるま菓子舗”に電話を入れる寅さん。電話口でお馴染みの面々が声を掛ける。それは、渥美清さんが亡くなった今にしてみると、まるで病と闘っている渥美さんにエールを送っているかのようだった。思わず、涙が流れた。

寅さん映画シリーズ第42作品目。フルマラソンならば、37.8km地点。新たな展開を始めた寅さん映画だが、誰が物語の中心にいようとも、観客が望むのは寅さんの笑顔であることを再確認させられた次第。

オススメ!

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

第42作

投稿日:2005/08/29 レビュアー:

笑いと涙、出逢いと失恋。
ご存知、“フーテンの寅さん”の映画シリーズです。

マドンナ 檀ふみ
ロケ地  佐賀県・吉野ヶ里、古場温泉
      名古屋

*満男(吉岡秀隆)の恋人役で後藤久美子が出演スタート*  

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

純くん、じゃねえ、満男の青春だ〜!ネタバレ

投稿日:2006/05/20 レビュアー:レビュアー名未設定

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

寅さんが、満男に恋愛指南。そういう歳になったんですね。
このあたりから、満男君とのからみが多くなります。
好きな人が出来て、青春だな〜、の満男。

ついつい純くん(北の国から)とかぶって観てしまいますが、こちらは、かなりまじめで、純情で、ほんわかとして、ユーモラスであり。
バイクのメットかぶったままキスしようとして、泉ちゃんのおでこにぶつけるあたり、ばかだな〜っと思いつつ、でも青春。と思いました。
アカデミー賞の受賞の時、吉岡君が、渥美さんのことを
言っていたけれど、心が通じているのが、わかる気がする、
そんな作品でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全8件

男はつらいよ ぼくの伯父さん 【第42作】

月額課金で借りる

都度課金で借りる

同シリーズ作品を借りる