男はつらいよ 寅次郎の休日 【第43作】

男はつらいよ 寅次郎の休日 【第43作】の画像・ジャケット写真
男はつらいよ 寅次郎の休日 【第43作】 / 渥美清
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

10

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「男はつらいよ 寅次郎の休日 【第43作】」 の解説・あらすじ・ストーリー

国民的人気シリーズ「男はつらいよ」の第43弾がデジタルリマスター版で復活。寅次郎の甥・満男の憧れの少女である泉は、愛人と同棲している父親を探しに九州へと向かうが、そんな彼女を追って満男も旅立ってしまったことから予想外の騒動が起こる。

「男はつらいよ 寅次郎の休日 【第43作】」 の作品情報

製作年: 1990年
製作国: 日本

「男はつらいよ 寅次郎の休日 【第43作】」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

男はつらいよ 寅次郎の休日 【第43作】のシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

男はつらいよ 寅次郎の休日

  • 旧作

後藤久美子が、マドンナ役を前作に続いて連投した作品。寅の甥、満男の憧れの少女・泉が愛人と同棲しいている父親を探しに九州へ向かう。これに満男がついていったから”とらや”は大騒ぎに…。 JAN:4988105941625

収録時間: 字幕: 音声:
105分 日本語 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DA9543 2004年12月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
6枚 0人 0人

男はつらいよ 寅次郎の休日 HDリマスター版 【第43作】

  • 旧作

国民的人気シリーズ「男はつらいよ」の第43弾がデジタルリマスター版で復活。寅次郎の甥・満男の憧れの少女である泉は、愛人と同棲している父親を探しに九州へと向かうが、そんな彼女を追って満男も旅立ってしまったことから予想外の騒動が起こる。

収録時間: 字幕: 音声:
105分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
2:ドルビーデジタル/モノラル/日(音声ガイド)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DB8543 2008年11月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
4枚 1人 0人

1〜 2件 / 全2件

関連作品

ユーザーレビュー:10件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全10件

第43作ネタバレ

投稿日:2007/12/14 レビュアー:ケチケチ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

今回はこのシリーズとしては異色の作品ですね。物語的には前作同様に満男の成長を軸とはしていますが、満男・泉・寅・礼子(夏木マリ)のそれぞれのドラマが並列として扱われます。また物語の結びもこれまでの作品とは違って、「本当の幸せとは?」と問う結びなんですよね。いつもの作品のような開放感による収束を求める観客にとっては、肩すかしを食らうような終わり方じゃないかと思います。しかし、私は今回の作品はかなり出来が良いと思います。もっとも、4人による物語の拡散で、まとめるために満男の独白を長々と入れることには拒否反応がありますが、あやふやな形で表面化する"愛"とうものを通じて、満男の成長を描いていますし、またこのシリーズで毎回寅が見せてきた失恋も、"愛や幸せ"というものが断片的な一面で表せないが故の物ですから、本作が描いている物はシリーズを総括するような奥の深さを感じます。

軸となる満男の成長は寅に反映して描かれます。寅が何よりも優先する物は女性ですが、満男もまた女性を最優先するんですよね。コミカルな描写で描かれはしますが、これがこの物語のモチーフとしての軸だと思います。泉がさくらの家を訪れ、さくら夫妻が2階の二人を心配する一節も、満男が望むアパート暮らしが女性と切り離せない物であることを暗示しますし、さくらたちが心配する陰には寅の恋愛模様があります。
また、寅が女性の前で戸惑いを見せる以上に満男は女性に対して不器用です。泉が新幹線に乗る前に積み重ねられるシーンは、台詞も全くなく陰鬱な雰囲気だけが描写されます。満男は泉の苦しみを感じ取ってはいても、気の利いた言葉さえ掛けてやることは出来ないんですね。さらに父を取り返すことを諦め、泉が涙を見せるシーンでも満男はどうしてやることも出来ず戸惑うばかりです。
寅と満男に共通する不器用さは、寅と礼子(夏木マリ)のブルートレインの描写でも如実に表現されていて、極めつけは手と手が触れあうこのシーンのラストカットです。手だけを捉えてコミカルな味を含みつつも、寅の戸惑いを感じさせるショットは端的で秀逸だと思いますね。
また女性が困っていると助けずにはいられないという行動も、満男と寅は同様なんですね。優しい言葉さえ掛けられなかった満男ですが、父を捜すことを諦め切れない泉の気持ちを知ると、発車間際の新幹線に飛び乗ります。動き出す新幹線の車窓風景と何度もカットバックされる満男と泉の表情は感慨深い物があります。言葉が掛けられなくとも行動で表した満男の包容力でしょうし、泉にとっては嬉しくもあり満男の愛を感じることに対する戸惑いでもあったんじゃないでしょうかね。前作に引き続いてさらに一歩前進した、二人の愛に対する認識の進歩じゃないかと思います。

しかし恋愛に対する認識は、寅に比べればまだまだ満男は幼いんですね。家族を装ってはしゃぐ礼子と、それに調子を合わせることが彼女への慰めだと知っている寅が描かれた後に、寅たちが休む部屋に礼子の慟哭が聞こえてきます。「慰めに行ってやれ」と言う満男の言葉を受けても寅は動こうとはしませんが、安易に立ち入ることの出来ない礼子の心中を寅は察したんだと思いますね。またこれは礼子が無くした愛に対する悲しみの深さを寅がしみじみと感じ、その場ではどうしてやることも出来ない自分を実感した寅の失恋の一面じゃないかとも思います。

また泉も満男同様に愛に対しては幼く、父親の愛人に「別れて欲しい」と言うために父を捜しています。日田の描写では一男(寺尾聰)と幸枝(宮崎美子)の愛が直接的に描かれることはありませんが、この二人の柔和な表情と、祭りの活気にカットバックされる光景からは、この二人の間に存在する他者が立ち入ることが出来ない激しい愛のドラマを想像させます。このあたりの描写も観客に下駄を預けることで想像による膨らみが生まれますし、安易に描写しないのもこのシリーズとしては異色だと思いますね。泉が感じ取った既に手の届かない所にいる父親を観客も実感し、泉や満男が愛の激しく残酷な一面を経験として感じ取る秀逸な一幕じゃないかと思います。

ただこの作品、冒頭でも書いたように4人のドラマが並列に扱われているだけに収束に苦慮します。それぞれのドラマは各シーンに分散して決着が付けられますが、どれか一つでも物語の山場となる展開が欲しいですね。その盛り上げがないがために、またもしかしたらシリーズとしては異色な描き方をしているがために、説明的な満男の独白を入れざるを得なくなったんでしょうかね。最後の結びだけが惜しまれる本作です。
60点

(memo)
本作からさくらの家がまた変更

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

男はつらいよ!満男篇 第2作

投稿日:2013/07/10 レビュアー:涼風マヨネーズ

満男が寅さんと違うのは結構一途なところである。満男が後藤久美子(泉ちゃん)をマドンナにしての2作目?かな?ゴクミ(泉ちゃん)は全部で5作品出ているよね?

この辺りの作品は寅さんは脇役?だね?ゴクミ(泉ちゃん)に関連する人物にプチ恋愛って感じ。

満男は46・47作で他の女性に恋をするが結局最後にはゴクミ(泉ちゃん)だったね。

これは23年も前の作品になるんだね。当時の夏木マリの色っぽさも見どころの一つかな?

おいちゃんもおばちゃんも本当に年を重ねて貫禄といおうか本当の年寄りになってきたといおうか?寂しくなった。

寅さん自体が昭和15年生まれだっけ?今生きていれば73歳。この映画撮影時で50歳だもんね。仕方ないね。

42作辺りからは山田洋次監督も寅さん(渥美清さん)の健康状態が悪いことに気づいていたのか、吉岡秀隆(満男)を売り出そうとしていたのか?

やたら満男をクローズアップさせた内容ばかりで完結の48作まで行ったよね。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ぼやけた作品だ。ネタバレ

投稿日:2007/09/28 レビュアー:ホワイト

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

一流の監督と一流の登場人物なのに、この作品には?が沢山付く。

マドンナは夏木マリさんなのだろうが、余り深く関わらない。
清楚に登場してくる宮崎美子が愛くるしい。

どうしても鼻につくのが後藤久美子演じる泉の寅さんへの呼び方だ。
「おじちゃま」は無いだろう。
無理とそう呼ばせている感じが、突出していて違和感がある。
このシリーズ、以後後藤久美子が出てくるたびに、
「おじちゃま」が出てくる。演出意図が分からない。

唯一よかったのは寺尾聰にしっかりと演技をさせている点だ。
流石、山田洋次。
もはや誰も寺尾聰に演じることを求めないのに、ちゃんと演技をさせている。(ヘタだが)
寺尾聰はこのシリーズに数度登場する。

ある時はおまわりさん。またあるときは公務員。

今回は後藤久美子のお父さん役だ。

キャメラマンの高羽さんのドリー移動が何回も出てきて違和感。
(カメラをレールに載せて移動する)

その他、最後の幸福論は「北の国から」風に満夫に語らせるので、杉田成道監督のパクリか?と思われてもしょうがないだろう。

この後、シリーズの最後で泉と満男は結婚するのだが、その序曲の作品といえる。
ぼやけた脚本に、少々がっかりです。
60点

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

第43作

投稿日:2005/08/29 レビュアー:

笑いと涙、出逢いと失恋。
ご存知、“フーテンの寅さん”の映画シリーズです。

マドンナ 夏木マリ
ロケ地  大分県・日田市
 

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ハワイの休日――たぶん 38.7km地点

投稿日:2013/05/01 レビュアー:みなさん

大学生になった満男は、独り暮らしがしたくて仕方ない。「お前は恵まれているんだ」と諭す両親とも諍いが絶えない。そんな或る日、泉が突然、柴又にやって来る。父親に会いに名古屋から出て来たという。その夜、泉は諏訪家に泊まることになって、満男はすっかり有頂天。
しかし、翌日、泉の父親が既に会社を辞めて九州に引っ越しをしていたことが分かる。落ち込む泉を励まそうとする満男だったが、どうしたらいいのか分からない。そんな満男に、名古屋に帰る泉が見せた新幹線の切符は“博多行き”だった。
……というお話し。寅さんは、このあと出て来る。(笑)

前作もそうだったが、満男くんは泉ちゃん(後藤久美子)に振り回されっぱなしだ。もしかしたら、泉ちゃんは“悪女”じゃないの? 澄ました顔で純朴な青年を手玉にとっている、と言ったらファンに怒られるだろうか。(笑) 彼女が意識していようといまいと、結果として、彼女に惚れる男は皆、振り回されてしまうような気がする。悪意のないトコが怖いと思う。

寅さんは、泉を迎えに来た母親(夏木マリ)とバッタリ“くるま菓子司”で出会い、2人で満男たちを追うことになる。
……という展開。
新幹線に乗れなかった寅さんたちは、寝台列車で追いかけることになる。特段の思い出があるわけではないのだが、何やら懐かしい光景だ。寝台でも帽子をかぶっている寅さんがおかしい。(笑)

泉の父親役で寺尾聰が出演、その内縁の妻が宮崎美子さんという配役。この時代らしい配役だと思う。
満男くんと泉ちゃんは目的地に辿り着くが、父親には何も言えないまま当地をあとにすることになる。妻と娘を捨てて行った父親、その父親と一緒に暮らす内縁の妻、そこに実の娘が訪ねて来るわけだから、もっと生臭いヒリヒリするような緊張感があってもいいはずなのだが、本作品からは何も感じられなかった。私がニブイだけなのかも知れないが、役者さんの演技や監督の演出が甘いと思う。薬屋の2階での一幕、本来なら本作品の一番の見せ場のはず。それが、あれでは……。あの時、板の上にはホンモノの役者さんが1人もいなかったってことだろうなぁ。(嘆息)

満男くんたちは、運良く寅さんたちと出会う。その夜、旅館で夕食の膳を囲んだ4人は、あたかも家族のようだった。世話をしてくれる仲居さんに「僕が忙しかったから(旅行に行けなかった)……。そうだ、今度、みんなで飛行機に乗ってハワイに行こう」と言う寅さん。その軽口は4人の願望だが、決して実現するはずのない夢だ。それが分かっているだけに、笑いの中に切ないものが残るはずなんだけどなぁ。
おそらく、タイトルの“休日”は、この場面からきてるんだろう。

満男を中心にした作品の2作品目。更に締まりがなくなった印象だった。
シリーズ第43作目だからフルマラソンに換算して38.7km。やはり、寅さんが中心にいないと、作品の出来映えはイマイチだなぁ。ザンネン。ほんのちょっとだけオススメにしておきましょう!

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全10件

男はつらいよ 寅次郎の休日 【第43作】

月額課金で借りる

都度課金で借りる

同シリーズ作品を借りる