男はつらいよ 寅次郎物語 【第39作】

男はつらいよ 寅次郎物語 【第39作】の画像・ジャケット写真
男はつらいよ 寅次郎物語 【第39作】 / 渥美清
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「男はつらいよ 寅次郎物語 【第39作】」 の解説・あらすじ・ストーリー

国民的人気シリーズ「男はつらいよ」の第39弾がデジタルリマスター版で復活。寅次郎の幼馴染みが急死し、彼の遺児がとらやを訪れる。訳ありの事情を抱えた息子のために、寅次郎は行方不明となってしまった彼の母親を探す旅に出掛けるが…。

「男はつらいよ 寅次郎物語 【第39作】」 の作品情報

製作年: 1987年
製作国: 日本

「男はつらいよ 寅次郎物語 【第39作】」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

男はつらいよ 寅次郎物語 【第39作】のシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

男はつらいよ 寅次郎物語

  • 旧作

寅次郎の香具師仲間の遺児が”とらや”を訪れ、寅は一緒に母親捜しの旅に出る。大阪から吉野に来て高熱を発した子供の看病をしてくれた同宿の女性に思いを寄せる寅。やがて伊勢・志摩に至って母と子は対面を果たす。 JAN:4988105941588

収録時間: 字幕: 音声:
101分 日本語 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DA9539 2004年12月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
9枚 0人 0人

男はつらいよ 寅次郎物語 HDリマスター版 【第39作】

  • 旧作

国民的人気シリーズ「男はつらいよ」の第39弾がデジタルリマスター版で復活。寅次郎の幼馴染みが急死し、彼の遺児がとらやを訪れる。訳ありの事情を抱えた息子のために、寅次郎は行方不明となってしまった彼の母親を探す旅に出掛けるが…。

収録時間: 字幕: 音声:
101分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
2:ドルビーデジタル/モノラル/日(音声ガイド)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DB8539 2008年11月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
6枚 2人 0人

1〜 2件 / 全2件

関連作品

ユーザーレビュー:8件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全8件

仏様に愛されている愚者ネタバレ

投稿日:2006/04/17 レビュアー:KUBOCHIN

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

本作ではタコ社長の娘あけみ(美保純さん)や満男(吉岡秀隆さん)のシーンにもウェイトがかけられているようです。満男君には進学に悩む姿が見られ、今後の最終作まで続く物語の伏線がはられています。
メインは寅さんが昔のテキヤ仲間の子供のために西日本まで駆け巡る「母を訪ねて・・・」のロードムービー調の物語となります。
父の死後柴又に訪ねてきた男の子秀吉。「日本の現状を把握しとらんのとちゃうか?あんた」と大阪の警察官にたしなめられるほど常識はずれの寅さんが和歌山県、和歌の浦、そして奈良の吉野と子連れ旅。
本作のみどころは、自分の事だけ考えているようでいて、やっぱり周りの人の幸せも考えて頑張る寅さんの姿。そして何より伊藤祐一郎君の演じる秀吉坊やのいじらしい事。渥美清さんの幼少の頃の姿がこの秀吉くんに二重写しになるような思いにとらわれます。また、五月みどりさん演じる母親おふでさんとの再会シーンも良くあるといえばよくある涙のシーンですが、母子の出会いを見届けるやすぐに旅立とうとする寅さん、「おじさんと一緒に行く…」とすがる秀吉を叱り付けて旅立つ寅さんとの港での別れはシリーズ屈指の涙のシーンです。子供と動物にはカナワナイとはよく言われることですが、このシーンでは本当にそう思いますね。「坊主、かあちゃん大事にしろよ。またいつか会おう」このシーンはシェーンを彷彿とさせますね。
そして終盤、柴又からまた旅立つ寅さんの姿、満男の「人間は何のために生きているのかな?」という問いに答える寅さんの台詞がいいです。ここには書きませんが、私もこんな風に言ってくれる伯父さんが欲しかったなぁ。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

第39作

投稿日:2005/08/17 レビュアー:

笑いと涙、出逢いと失恋。
ご存知、“フーテンの寅さん”の映画シリーズです。

マドンナ 秋吉久美子
ロケ地 伊勢志摩

*松村達雄(二代目おいちゃん)が医者の役で出演*  

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

父親気分の二人旅――たぶん 35.1km地点

投稿日:2013/04/02 レビュアー:みなさん

寅さん映画の第39作品目。フルマラソンに換算すると35.1km地点である。
本作品の寅さんは、恋愛モードではなく、一気に父親気分である。夫婦の姿を夢見たりする。それはそれで面白かったが、「まだ枯れるのは早いよ」と言ってあげたくなった。自戒の意味をこめて……。(笑)

寅さんを訪ねて、少年が郡山から柴又にやって来る。名前は、秀吉。まだ小学校の低学年だが、亡くなった父親の「寅さんを頼れ」という言葉を守り、施設から抜け出して来たのだ。
秀吉の父親は、寅さんのテキヤ仲間で、ヤクザものだった。寅さんは、逃げた母親を探し出して秀吉に会わせようと、子連れの旅をすることになる。
……というお話し。
寅さんが子供の頃を振り返る独り語りのプレオープニングは、寅さんの子供の頃と秀吉を重ね合わせる一助になっている。名付け親ということもあるが、寅さんが何故、秀吉を連れて旅をするのか疑いを抱かせないようになっている。あまりワザとらしくなく、いい構成の脚本だった。

本作品が優れているのは、山田洋次監督の演出が冴えていることもあるが、何よりも秀吉を演じた子役が素晴らしい。よくもこれだけピッタリの子が見つけて来たものである。言葉少なに眉間に皺を寄せてジッと大人を見ている姿は、ヤクザな父親との生活を思わせる。この子がいなかったら、本作品の企画はあり得なかっただろう。

旅の途中、寅さんと知り合いになる化粧品の販売員を演じるのは、秋吉久美子さん。深夜、病気になった秀吉の看病をかって出て、いつしか寅さんと「とうさん」「かあさん」と呼び合う仲になる。まぁ、こういうのは勢いみたいなものだが、もともと夫婦の間柄なんて勢いみたいなものだもんね。(笑)
秋吉さんが、本作品のマドンナだが、正直なところ、そんな感じがしない。一瞬だけ、寅さんも心をときめかしたりもするのだが、基本的に秀吉の“母を訪ねて三千里”が物語の中心だから、どうしても影が薄い。何だか勿体ないような気がした。

最後は、秀吉を母親のもとに送り届け、すぐに旅立って行く。秀吉に情が移る前に、秀吉がカタギの世界で暮らせるように、寅さんは旅立つ。チャランポランやってるくせに、こういうところは妙に男で妙に大人だ。寅さんいわく「そこが渡世人のツライところ」なのかも知れない。

久しぶりに寅さんが頑張った印象の一本だった。
オススメ!

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

第39作ネタバレ

投稿日:2007/12/11 レビュアー:ケチケチ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

2本と出来の良い作品が続かないですねぇ。本作はまるで素人が書いたような脚本。ベタベタのメロドラマが好きな方以外には決してお奨めできません。

物語は寅と秀吉(伊藤祐一郎)のロードムービーの体を成しますが、秀吉の人格が希薄ですからドラマにならないんですね。もし秀吉の設定が、寅の手に余るようなやんちゃ坊主の設定であれば、オープニングの夢を受けて秀吉=寅という構図も浮かび上がり、ヤクザな生き方の虚しさも強調されたと思いますね。また、やたらと大人びて機転が利くというような設定であれば、彼が背負ってきた苦労も感じられますし、母に巡り会った瞬間の子供に戻る秀吉も感動的だったと思います。そういった秀吉の人格が描写されていれば、母子が抱き合って涙する必要など全くなく、母の元に走る秀吉のロングショット一発で十分語れたはずです。冒頭付近で描き出される満男の親離れも、秀吉の描写が皆無ですから意味を成してきません。

また今回のマドンナ・隆子(秋吉久美子)と寅の描写も同様です。『大切な人生を粗末にしてきた』だとか『子供を堕ろしたことがある』だとか、台詞で一気に吐かせてしまいますから、寅と隆子の夫婦を気取ったママゴト遊びも掘り下げられないままです。彼女が台詞で語る言葉は、本来秀吉を含めた三人の旅の中で、それぞれの思いが交錯することによって明らかになってくる物だと思います。そういった描写がありませんから、満男が寅に問いかける『人間は何のために生きているんだろう』という疑問も上滑りするだけです。

よくもまあこんな脚本で映画にしますね。お口直しに「ペーパー・ムーン」(ピーター・ボグダノヴィッチ、1973年)でもどうぞ。
10点。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

秋吉久美子がマドンナなのに何だか勿体ない

投稿日:2013/04/08 レビュアー:さえぴょん

疑似夫婦形成ネタだけで一本撮ってほしい、というのはシリーズ物に対して酷か。これだけでは中途半端で物足りない。
マドンナが天下の秋吉久美子さんですからね、非常に勿体なく感じるんですよ。

同じ疑似夫婦ネタということでキアロスタミ「トスカーナの贋作」を観て溜飲を下げる。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全8件

男はつらいよ 寅次郎物語 【第39作】

月額課金で借りる

都度課金で借りる

同シリーズ作品を借りる