男はつらいよ 寅次郎の縁談 【第46作】

男はつらいよ 寅次郎の縁談 【第46作】の画像・ジャケット写真
男はつらいよ 寅次郎の縁談 【第46作】 / 渥美清
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

10

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「男はつらいよ 寅次郎の縁談 【第46作】」 の解説・あらすじ・ストーリー

国民的人気シリーズ「男はつらいよ」の第45弾がデジタルリマスター版で復活。就職が決まらない満男は思い悩んで家出。満男捜しを請け合った寅次郎は、瀬戸内海の小島で漁師をしている彼を発見。しかし当の満男は島の看護士・亜矢に惚れた様子で…。

「男はつらいよ 寅次郎の縁談 【第46作】」 の作品情報

製作年: 1993年
製作国: 日本

「男はつらいよ 寅次郎の縁談 【第46作】」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

男はつらいよ 寅次郎の縁談 【第46作】のシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

男はつらいよ 寅次郎の縁談

  • 旧作

「男はつらいよ」シリーズの第46作目。就職が決まらない満男は、思い悩んで家出。満男捜しを請け合った寅次郎は、瀬戸内海の小島・琴島で漁師をしている満男を発見。しかし、満男は島の看護婦・亜矢に惚れた様子で…。

収録時間: 字幕: 音声:
106分 日本語 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DA9546 2004年12月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
7枚 1人 0人

男はつらいよ 寅次郎の縁談 HDリマスター版 【第46作】

  • 旧作

国民的人気シリーズ「男はつらいよ」の第45弾がデジタルリマスター版で復活。就職が決まらない満男は思い悩んで家出。満男捜しを請け合った寅次郎は、瀬戸内海の小島で漁師をしている彼を発見。しかし当の満男は島の看護士・亜矢に惚れた様子で…。

収録時間: 字幕: 音声:
106分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
2:ドルビーデジタル/モノラル/日(音声ガイド)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DB8546 2008年11月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
3枚 3人 2人

1〜 2件 / 全2件

関連作品

ユーザーレビュー:10件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全10件

松坂慶子は今の方がいい?

投稿日:2013/06/20 レビュアー:涼風マヨネーズ

その昔、某地域のマクドナルド前でお会いしました松坂慶子さんは、写真撮っていいですか?の問いかけに、にっこり笑ってポーズをとってくれたサービス精神のある大女優だ。

その時のファンサービスを忘れない親しみある行動に好印象だったけど、役柄も年を重ねる毎に親しみ感旺盛になり個人的に若い頃より美しく見えるのはおかしいだろうか?

さて、この頃の作品から寅自体の恋だけでなく、光男の恋も始まり寅も貫禄が出て来て観ていて安心感を覚える。

パターンはこの先からは似てくるがその土地土地の景色や雰囲気が楽しみにもなる。

この作品が終盤近くの作品とは思えないほど古さを感じるのは自分が年をとったせいだろうか!?

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

第46作ネタバレ

投稿日:2007/12/19 レビュアー:ケチケチ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

親から子へと受け継がれていく血縁という強い絆、子が成長し自立していくことに相反して親は否が応でも年老いていきます。満男の就職試験の回数は寅の失恋の回数でもあるんじゃないでしょうかね。

今回は満男の就職を通じて彼の成長を描きますが、この作品単体では、容易に成し得ない就職に対する彼の心の底からの苦しみや、一時の逃避から復帰する動機などは弱い物に思える作品です。その背後には、前作までに描かれてきた泉(後藤久美子)との物語があります。看護婦・亜矢(城山美佳子)の想いを断ち切り、島を離れる時に流れる歌が前作と同様なのは、あの時の泉との新幹線の別れが満男の就職にとって大きな意味を持っている証だと思います。心揺れる満男に対して寅はキッパリとした言葉で諭しますが、寅と満男が重ねてきた人生経験の違いを感じさせる一幕だと思います。またそれは親と子の一幕でもあるんですよね。

一方寅もまだまだ現役を引退していないとは言っても、マドンナとの間には一時の邁進するような恋愛は無くなってきています。葉子(松坂慶子)から『温泉にでも行く?』と男女の関係として結ばれることを前提とした誘いを受けても、以前のようにうろたえる様子もなく受け流す余裕を見せます。綺麗な女性に惚れることは惚れても、その先を寅自信が求めなくなってきています。それは寅の経験による成長でもあり、自分の生き様を噛みしめ納得した年を重ねる姿じゃないかと思います。

本作は子の成長と同時に親の衰えを描く作品でもあるんですよね。それが前向きなバトンタッチに感じさせることが演出の狙いとしてあるのだと思います。元外国船の船長であった善右衛門(島田正吾)の人生を感じさせ、タンゴを介して葉子(松坂慶子)との絆も表面化させています。またほんの遊びとしてカメオ出演する浜ちゃん(西田敏行)もシリーズのバトンタッチを意識してのことなのかもしれません。

しかし本来50対50でなければならない「衰えの寂しさ」と「成長の活気」が演出の狙い以上にバランスを崩し、衰えによる寂しさが目立ってしまう作品だと思います。
本作は撮影監督として高羽哲夫の名前を残していますが、実質的に絵のトーンが変わっていますし、撮影・池谷秀行による所が大きいのだと思います。いつもにも増してワイド系のレンズの使用が多く、そのためもあって暗部の面積が大きいんですよね。またフラットなトーンを好む撮影さんのようで、室内シーンはフラット狙いが多く、オープンでも真逆の光線から抑えで絵を作り出している箇所が多々あります。ワイドのフラットトーンがさくらの顔の皺などを印象づけますし、寅のメイクも前作ほど赤味を加えていません。マフラーなどという寅の小道具も第3作以来の物じゃないかと思います。
演出面の狙いから総合的に判断した"年齢を感じさせること"を考えた演出による結果だと思いますが、絵から感じ取れる衰えの寂しさが大きすぎて、満男や亜矢が奏でる活気の影が薄いんですね。
ラストシークエンスではとらやを訪れる葉子(松坂慶子)を描き、衰えることのない寅の魅力に惚れる女性から寅の恋愛を感じさせ、またラストシーンでは『満男、お前は振られたぞ。ザマァ見ろ!』と満男と寅の対等の関係を描いて印象づけはするのですが、そんな程度では補えきれない、演出の狙い以上の寂しい印象が全編から残ってしまいました。

出演者が年齢を重ねることで克服しきれない部分を上手く利用して狙いとする本作だと思います。御前様の娘・冬子(光本幸子)の久々の登場も、バトンタッチというテーマから亡き笠智衆を意識させる物でしょうし、撮影トーンの変化もテーマに則した物だと思います。しかし、山田洋次が考える以上に「衰えの寂しさ」が前面に出てしまった作品のように思えるんですね。
40点。

(memo)
本作から、またまたさくらの家が変更

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

瀬戸内の綺麗な景色が楽しめますネタバレ

投稿日:2006/02/23 レビュアー:KUBOCHIN

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

オープニングに現れる栃木県烏山町(現在では南那須町と烏山町が合併して那須烏山町になっています)の山あげ祭の風景から、農村の結婚風景、花嫁の門出のシーンがほのぼのさせてくれます。
連続する就職試験不採用の知らせに家出した満男の着いた先は瀬戸内海の小島「琴島(架空)」。
実際は丸亀近くの志々島や高見島で撮影されているようですが、その島や瀬戸内の風景がイイですね。
この物語でも寅さんはマドンナから好かれてアプローチされているのに、自分から距離を置こうとしたりして歯がゆい作品でもあります。
満男と看護婦さんの恋と、徳永英明さんのバラード「最後の言い訳」に乗せた二人の別離のシーンが泣かせます。でも最後に小豆島富丘八幡宮のバイのシーンに看護婦さんを登場させてちゃんとその後のフォローをしてくれるところが「男はつらいよ」のイイところですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

第46作

投稿日:2005/09/06 レビュアー:

笑いと涙、出逢いと失恋。
ご存知、“フーテンの寅さん”の映画シリーズです。

マドンナ  松坂慶子
ロケ地   香川県
       栃木県
*釣りバカ日誌のハマちゃん(西田敏行)登場*  

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

高齢化社会の縮図――たぶん 41.4km地点

投稿日:2013/05/23 レビュアー:みなさん

あまり誰々が老いたとか書きたくないのだが、本作品は殊の外、それを感じた。勿論、それは作品の出来映えとは別な話しで、単なる映画スズメの戯言である。

考えてみれば、レギュラ陣は皆、いいお年のはずだ。第1作目から数十年。タコ社長は、既にタコと呼べないくらいに痩せて、皮がたるんでいる。
さくらもおばあちゃんの顔つきになってしまった。(何故か博は、あまり変わっていない気がする)
おいちゃん、おばちゃんには、すっかり活力が見られなくなった。お店は三平くんが切り盛りし、本作品では女友達を“くるまや菓子舗”に紹介している。即日採用で働き始めているから、よほど人手が足りなかったのだろう。
何より、御前様だ。前作ではセリフも聞き取れないくらい弱っていた。とうとう本作品では姿を見せず、娘から消息を聞くカタチだった。この年、1993年に笠智衆さんが亡くなっている。役者人生を全うされた。
ちなみに御前様の娘は、1作目のマドンナ。光本幸子さん。
元気で変わらないのは、源公だけ。(笑)

物語は、就職試験に落ちてばかりの満男が、打ちひしがれて一人旅に飛び出したところから始まる。彼が行き着いたのは、瀬戸内海に浮かぶ小さな島、琴島だった。
ちょうど柴又に帰って来た寅さんは、さくらたちに頼まれて、満男を連れ戻しに琴島へ。
しかし、それが間違いの始まり。寅さんは、療養で島に来ていた妙齢の女性と出会うことになる。
……というお話し。
マドンナ役の松坂慶子さんが、可愛らしい女性を演じている。色気とも違う、何か男を引き寄せるオーラのようなものを身に纏っている。不思議な方だ。

満男は島の看護士さんと仲良くなってイチャイチャ。泉のことなどおくびにも出さない。(笑) この看護士さんを城山美佳子さんが演じている。力強い生命力を感じるのは、若さ故か。愛嬌のある顔立ちをしており、泉(後藤久美子さん)なんかよりも何倍もステキな女性だ。他の作品を観てみたいと思った。

島には三十数戸しかなく、老人ばかり暮らしている、と言う。島にはたくさんの空き家があるようだ。そういうセリフがある。気にしなければ、どうということもないのだが、よくよく考えると切なくなって来る。
おそらく、瀬戸大橋が幾度となく映し出されるのも、偶然ではあるまい。瀬戸内の小さな島々は、やがてゴーストタウンになる運命であることを暗示している。駐在さんや和尚さんたちの楽しい姿も、やがて島から消えて行くのだろう。そうして、古き良き日本の姿が失われて行くのかも知れない。

渥美清さんも辛そうだった。骨と皮ばかりになった顔から厳しい表情が消えない。それでも、本作品ではキチンと主演を務めている。出番もセリフも多い。寅さんファンとしては、一抹の不安を抱きながらも安堵したことだろう。
でも、いまにして思うと、もっと休ませてあげたかったなぁ。

年1本になったせいか、これまで以上にキャストの老いを感じさせる作品だった。
寅さん映画シリーズ第46作品目。フルマラソンに換算すると、だいたい41.4km地点。あと少し!
オススメ!

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全10件

男はつらいよ 寅次郎の縁談 【第46作】

月額課金で借りる

都度課金で借りる

同シリーズ作品を借りる