WWE サマースラム2008

WWE サマースラム2008の画像・ジャケット写真
WWE サマースラム2008 / WWE
全体の平均評価点:
(5点満点)

1

  • DVD
  • シリーズ
ジャンル:

「WWE サマースラム2008」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「WWE サマースラム2008」 の作品情報

作品情報は、ただいま準備中です。

「WWE サマースラム2008」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

出演: WWE

WWE サマースラム2008の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
160分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
JSBR1072 2008年11月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
6枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

埋葬ネタバレ

投稿日:2009/02/06 レビュアー:ビンス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「ジェフ・ハーディvsMVP」
・タイトルマッチではないただのシングルマッチですが、初っ端にジェフが登場すると観客の興奮度が増すと思います。
華麗な空中技を駆使し、命知らずのダイヴを繰り返すジェフはオープニングの火付け役にはもってこい。残念ながら試合はMVPの勝利でしたが、とりあえず掴みはオッケー。

「ミッキー・ジェームズ&コフィ・キングストンvsベスフェニックス&サンティーノ・マレラ」IC&WWE女子ダブルタイトル戦
・勝ったほうが、ベルト二つを奪うことが出来る特殊ルールでの対戦。
アホのサンティーノの、らしさ爆発の試合は楽しいです。
それに何故か惚れてるベス。ヘタレと美獣のコンビ。
そんな二人の勢いのままに新チャンピオン誕生。
ベス(グラマゾンが渾名)とマレラで「グラマゾン」。
暫くこの二人が楽しませてくれそうだ。


・HBKがリングに登場。妻も同伴。眼の負傷で引退するとファンに告げているところにジェリコ登場。
なんやかんやと挑発&侮辱してラストにパンチ!
HBKはそのパンチを避けたけど、パンチのゴールは妻の顔!
妻を殴られワナワナと闘志を燃やすHBK。
逃げるジェリコ・・・この二人、まだまだ行きます。


「マット・ハーディvsマーク・ヘンリー」ECWヘビー級タイトル戦
・開始すぐにマットが必殺のツイスト・オブ・フェイト!
フォール勝ち!と思ったらセコンドのトニー・アトラスが妨害。
あっけなく反則裁定で防衛。
マットは損な役回り。

「CMパンクvsJBL」世界ヘビー級タイトル戦
・裏読みすればパンクがクリーンにフォール勝ちするには、バティスタ、シナ、だとまだまだ早いし、HBKはジェリコと抗争中。
残る上位陣はJBLぐらい。
ということでJBLの挑戦となったわけですが、試合内容はまあまあより少し下。後頭部から流血というアクシデントにもめげすにパンクがGTSでフォール勝ち。

「HHHvsグレート・カリ」WWEヘビー級タイトル戦
・タイトルマッチの威厳を重んじるWWEなのに、2大タイトルがトリではないという状況。
このあと2試合あります。
それは何故か?試合内容に不安があるからです。
いかにHHHでもカリ相手にグレートマッチでPPVを締めるにはいささか不安がある。繰り広げられた試合も、まさにその通りで、どうにかHHHが試合を成立させていました。
お疲れHHH!な防衛でしたね。

「バティスタvsジョン・シナ」
・これも「レッスルマニア」級の高カード。
タイトルマッチを差し置いての、この位置での試合は期待の表れ。
どちらも基本的には大味なレスリングなのですが、それをダイナミックという変換でアクティブさを保ち、中々の試合に。
ハイライトはコーナー上からダイビングギロチンを狙ったシナをバティスタがそのまま捕らえて、バティスタボムを投下した場面。
そのあとのダメ押しの正調バティスタボムでフィニッシュ。
以外にもバティスタの勝利。
次を期待させるには充分な内容だったと思います。
そして、コーナー上からダイビングギロチンを狙ったシナをバティスタがそのまま捕らえて、バティスタボムを投下した場面が、その後重大な意味をもつようになるのです。

「エッジvsジ・アンダーテイカー」ヘル・イン・ア・セル戦
・ヘル・イン・ア・セルとは頭上にもどこにも逃げ場がない金網に囲まれての試合です。
何故?追放されたテイカーがいるのか?
それは浮気されて裏切られたビッキーが逆上し、テイカーを呼び戻してエッジとの試合を組んだため。
女の力でのし上がり、女の力で窮地に立たされる。まさにR指定のスター・エッジの面目躍如。
試合は「エッジvsテイカー」なんだから面白くないわけがない。
手に汗握る攻防の終盤はテイカーの独断場。
机にエッジを投げ落とし、テレビカメラを奪ってエッジを殴打、さらには一人コンチェアト(イスの上にエッジの頭を乗せて、それを上からイスでぶっ叩く!)ラストは鐘の音が聴こえそうなツームストーンパイルドライバーでピンフォール。
さらにテイカーの怒りは収まらず、ラダーの上まで連れてきて、そこからチョークスラム!
そしたらリングが陥没してエッジが埋没。
直後に火柱ボワアァア!!!!
衝撃のラストで真夏の祭典は青紫幕(テイカーのイメージカラーは青紫、勝つと会場の照明がその色に染まる)
これにてエッジ埋葬。(しばらく欠場)

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 1件 / 全1件

WWE サマースラム2008