幻影師アイゼンハイムの画像・ジャケット写真

幻影師アイゼンハイム / エドワード・ノートン

全体の平均評価点: (5点満点)

172

幻影師アイゼンハイム /フィリップ・グラス

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「幻影師アイゼンハイム」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

ピュリッツァー賞受賞作家スティーヴン・ミルハウザーの同名短編小説を「レッド・ドラゴン」のエドワード・ノートン主演で映画化した幻想ミステリー・ロマンス。19世紀末のウィーンを舞台に、身分の差ゆえに一度は諦めた初恋の女性を巡って、一人の天才幻影師が自らの奇術を駆使して時の皇太子に果敢に立ち向かう姿を、妖しくも格調高く描き出す。監督は新鋭ニール・バーガー。イリュージョンが見せ物として隆盛を誇る中、天才と評され絶大な人気を集める幻影師、アイゼンハイム。ある日、評判を聞きつけた皇太子レオポルドが婚約者を伴い観覧に訪れる。その婚約者こそ、かつてアイゼンハイムが愛した女性ソフィだったのだが…。

「幻影師アイゼンハイム」 の作品情報

作品情報

製作年:

2006年

製作国:

アメリカ/チェコ

原題:

THE ILLUSIONIST

「幻影師アイゼンハイム」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

223,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ

ヴェラ・ドレイク

ジャックと天空の巨人

ハートレス−悪魔と契約した男−

思秋期

ユーザーレビュー:172件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全172件

虚実の綱引き

投稿日:2008/11/25 レビュアー:JUCE

このレビューは気に入りましたか? 28人の会員が気に入ったと投稿しています

幻影師の人生を懸けたイリュージョン ネタバレ

投稿日:2008/10/21 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

インデペント系の作品としては異例の全米で22週のロングランとなったヒット作。
19世紀末のウィーンを舞台に、イリュージョニストと公爵令嬢との身分違いの恋をミステリアスに綴っています。

二人が知り合ったのは、子供の頃で、やがて恋に落ち、駆け落ちしたものの見つかってしまい、身分違いということで引き裂かれ、すでにイリュージョンの不思議さを感じていたアイゼンハイム(エドワード・ノートン)に公爵令嬢ソフィ(ジェシカ・ビール)は「私をあなたの術で隠してほしい」と言ったことが後の伏線へと繋がっていきます。

ウール警部(ポール・ジアマッティ)がナレーションも務めていて、この映画の要となっています。
彼はソフィの婚約者の皇太子に仕えているように見えるウール警部が、危ない表情、只者ではない目つきといい、良い味を出しています。
皇太子を擁護しつつもその悪辣さを感知し、出世と個人的な情の板ばさみになりながら、アイゼンハイムにそれとなく同情を寄せつつ、自我を封印してやや冷たく接する。
アイゼンハイムと深く付き合うに連れ、徐々に正義に目覚め、敵から味方へと微妙に立場を変えて、いく様を描いていることで、単なるオチ狙いの映画にならずに深みが出ていたかな〜?と思います。

本作と似た作品に「プレステージ」というのがあります。
この作品は、トリックの種明かしをするというスッキリ感があったのに対して、本作は、種明かしなど一切ありません。
しかし、スチーブン・キングが絶賛したというラスト3分。
なかなか鮮やかで、爽快とまではいかないまでも警部と同じ表情になってしまいました。

19世紀のウィーンを舞台にしているので、当時の雰囲気が醸し出す美術や衣装が魅力的です。

このレビューは気に入りましたか? 19人の会員が気に入ったと投稿しています

(*−盆ー)ノ 絶対見るべし! ネタバレ無し!

投稿日:2008/12/25 レビュアー:pokorou

このレビューは気に入りましたか? 17人の会員が気に入ったと投稿しています

なかなか見事なイリュージョン ネタバレ

投稿日:2008/12/15 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

想像していた仕掛けよりもそのひとまわり外側で行われていたイリュージョン。
なかなか見事でした。エドワード・ノートンとこの幻影師とうのはピンとこなかった
のだが、そこはエドワードノートンだけあって見事に演じきっていた。好き嫌いは
別にして演技の上手さではかなりの上位に入る役者ではないだろうか。

時代背景からして、この駆け落ちはあまりにもリスキーでソフィの台詞にあった
ように生きている限り命を狙われる。そこでの大イリュージョンなのだろうが、不
可思議なことも多々。イリュージョンなのだから相手を欺ければそれでOKなのだ
と言ってしまえば終わりなので突っ込みは無用かもしれない。しかしこれだけは
どうしても気になってしまう。ソフィの死体(実際は仮死状態)をどうやって回収し
たのかということ。ここだけはどうしても無理がある。それとも私が何か見逃して
ますかね。。。。この疑問だけは残るものの全体的な出来としてはなかなかの
秀作。全てにおいてバランスのよい作品だったように思う。ただ、こういう風にう
まくまとまった作品って観た直後はよかったと思うけど、結構忘れちゃいますけどね。

ジェシカ・ビールは先日見た「チャックとラリー おかしな偽装結婚!?」の方が
断然綺麗。現代のほうが合ってると思う。

このレビューは気に入りましたか? 13人の会員が気に入ったと投稿しています

美しい映像とロマンチックな恋愛 ネタバレ

投稿日:2009/01/09 レビュアー:みなみ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

(※)ネタバレあります

「THE ILLUSIONIST」という原題から、「あなたは絶対騙される!」 系の「プレステージ」のような作品かと思ったら、その要素は少なく、むしろロマンチックな恋愛ものでした。
そして映像がとても美しく、アカデミー撮影賞にノミネートされるのも納得。

ソフィがアイゼンハイムの小屋を訪ねてきたシーンの二人の会話から、これから起こることは容易に想像できてしまいます。
最後、警部が「やられた〜!」という感じで気持ちよさそうに笑い、文字通り「脱帽」するけど、見てる私達には実際どうやってるのかをしっかり見せてくれているので、意外な結末を狙った作品ではないと思う。

警部はそこそこの手腕を持った人のようで、こんなにやすやすと騙されるかなあと思ったけれど、アイゼンハイムと同じく身分の低い立場である彼は、アイゼンハイムに好感を持っていた。
気づいていたけど、疑いの目を無意識のうちにおさえこんでいたのかもしれない。

配役はエドワード・ノートン、ポール・ジアマッティはもちろんいいのですが、皇太子役のルーファス・シーウェルが、これまた憎々しい感じでうまいんですよね。
暴君をギャフンと言わせるのはスカッとします。
証拠捏造は悪いことだけど、この時代の理不尽さに対抗するにはこれしかなかったんですね。

身分違いでかなわぬ恋…。
幻影師ならではのこんな計画で駆け落ちするなんて、とてもロマンチック。
まさに運命の出会い。人を騙すのが上手な彼も、自分の心をごまかすことはできなかったのですね。

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全172件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:172件

虚実の綱引き

投稿日

2008/11/25

レビュアー

JUCE

幻影師の人生を懸けたイリュージョン

投稿日

2008/10/21

レビュアー

ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

インデペント系の作品としては異例の全米で22週のロングランとなったヒット作。
19世紀末のウィーンを舞台に、イリュージョニストと公爵令嬢との身分違いの恋をミステリアスに綴っています。

二人が知り合ったのは、子供の頃で、やがて恋に落ち、駆け落ちしたものの見つかってしまい、身分違いということで引き裂かれ、すでにイリュージョンの不思議さを感じていたアイゼンハイム(エドワード・ノートン)に公爵令嬢ソフィ(ジェシカ・ビール)は「私をあなたの術で隠してほしい」と言ったことが後の伏線へと繋がっていきます。

ウール警部(ポール・ジアマッティ)がナレーションも務めていて、この映画の要となっています。
彼はソフィの婚約者の皇太子に仕えているように見えるウール警部が、危ない表情、只者ではない目つきといい、良い味を出しています。
皇太子を擁護しつつもその悪辣さを感知し、出世と個人的な情の板ばさみになりながら、アイゼンハイムにそれとなく同情を寄せつつ、自我を封印してやや冷たく接する。
アイゼンハイムと深く付き合うに連れ、徐々に正義に目覚め、敵から味方へと微妙に立場を変えて、いく様を描いていることで、単なるオチ狙いの映画にならずに深みが出ていたかな〜?と思います。

本作と似た作品に「プレステージ」というのがあります。
この作品は、トリックの種明かしをするというスッキリ感があったのに対して、本作は、種明かしなど一切ありません。
しかし、スチーブン・キングが絶賛したというラスト3分。
なかなか鮮やかで、爽快とまではいかないまでも警部と同じ表情になってしまいました。

19世紀のウィーンを舞台にしているので、当時の雰囲気が醸し出す美術や衣装が魅力的です。

(*−盆ー)ノ 絶対見るべし! ネタバレ無し!

投稿日

2008/12/25

レビュアー

pokorou

なかなか見事なイリュージョン

投稿日

2008/12/15

レビュアー

MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

想像していた仕掛けよりもそのひとまわり外側で行われていたイリュージョン。
なかなか見事でした。エドワード・ノートンとこの幻影師とうのはピンとこなかった
のだが、そこはエドワードノートンだけあって見事に演じきっていた。好き嫌いは
別にして演技の上手さではかなりの上位に入る役者ではないだろうか。

時代背景からして、この駆け落ちはあまりにもリスキーでソフィの台詞にあった
ように生きている限り命を狙われる。そこでの大イリュージョンなのだろうが、不
可思議なことも多々。イリュージョンなのだから相手を欺ければそれでOKなのだ
と言ってしまえば終わりなので突っ込みは無用かもしれない。しかしこれだけは
どうしても気になってしまう。ソフィの死体(実際は仮死状態)をどうやって回収し
たのかということ。ここだけはどうしても無理がある。それとも私が何か見逃して
ますかね。。。。この疑問だけは残るものの全体的な出来としてはなかなかの
秀作。全てにおいてバランスのよい作品だったように思う。ただ、こういう風にう
まくまとまった作品って観た直後はよかったと思うけど、結構忘れちゃいますけどね。

ジェシカ・ビールは先日見た「チャックとラリー おかしな偽装結婚!?」の方が
断然綺麗。現代のほうが合ってると思う。

美しい映像とロマンチックな恋愛

投稿日

2009/01/09

レビュアー

みなみ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

(※)ネタバレあります

「THE ILLUSIONIST」という原題から、「あなたは絶対騙される!」 系の「プレステージ」のような作品かと思ったら、その要素は少なく、むしろロマンチックな恋愛ものでした。
そして映像がとても美しく、アカデミー撮影賞にノミネートされるのも納得。

ソフィがアイゼンハイムの小屋を訪ねてきたシーンの二人の会話から、これから起こることは容易に想像できてしまいます。
最後、警部が「やられた〜!」という感じで気持ちよさそうに笑い、文字通り「脱帽」するけど、見てる私達には実際どうやってるのかをしっかり見せてくれているので、意外な結末を狙った作品ではないと思う。

警部はそこそこの手腕を持った人のようで、こんなにやすやすと騙されるかなあと思ったけれど、アイゼンハイムと同じく身分の低い立場である彼は、アイゼンハイムに好感を持っていた。
気づいていたけど、疑いの目を無意識のうちにおさえこんでいたのかもしれない。

配役はエドワード・ノートン、ポール・ジアマッティはもちろんいいのですが、皇太子役のルーファス・シーウェルが、これまた憎々しい感じでうまいんですよね。
暴君をギャフンと言わせるのはスカッとします。
証拠捏造は悪いことだけど、この時代の理不尽さに対抗するにはこれしかなかったんですね。

身分違いでかなわぬ恋…。
幻影師ならではのこんな計画で駆け落ちするなんて、とてもロマンチック。
まさに運命の出会い。人を騙すのが上手な彼も、自分の心をごまかすことはできなかったのですね。

1〜 5件 / 全172件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

幻影師アイゼンハイム