GUNSLINGER GIRL−IL TEATRINO−

GUNSLINGER GIRL−IL TEATRINO−の画像・ジャケット写真
GUNSLINGER GIRL−IL TEATRINO− / 三戸耕三
全体の平均評価点:
(5点満点)

40

  • DVD
ジャンル:

「GUNSLINGER GIRL−IL TEATRINO−」 の解説・あらすじ・ストーリー

相田裕原作によるTVアニメの続編シリーズ第7巻。クリスティアーノ失脚を防ぐため、実験橋爆破を目論むフランカとフランコ。だが爆弾を仕掛けているところをジョゼ・ヘンリエッタ組に見つかってしまう。第12話「戦う人形」と最終第13話を収録。

「GUNSLINGER GIRL−IL TEATRINO−」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: 日本

「GUNSLINGER GIRL−IL TEATRINO−」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

GUNSLINGER GIRL−IL TEATRINO−のシリーズ商品


1〜 7件 / 全7件

GUNSLINGER GIRL-IL TEATRINO- Vol.1

  • 旧作

相田裕原作によるTVアニメの続編シリーズ第1巻。義体のトリエラと五共和国派の天才暗殺者・ピノッキオ。戦うことでしか己の存在意義を見出せない合わせ鏡のようなふたりが、互いの存在を意識しながら戦いの渦に巻き込まれていく。第1話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
25分 1:リニアPCM/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ZMBZ4001R 2008年03月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
11枚 0人 0人

GUNSLINGER GIRL-IL TEATRINO- Vol.2

  • 旧作

相田裕原作によるTVアニメの続編シリーズ第2巻。天才的な殺しの才能を持つ少年・ピノッキオは、爆弾作りのスペシャリスト、フランカ・フランコと行動を共にするよう指示される。彼らはピノッキオの自宅で合流し…。第2話「ピノッキオ」と第3話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
50分 1:リニアPCM/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ZMBZ4002R 2008年04月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
11枚 0人 0人

GUNSLINGER GIRL-IL TEATRINO- Vol.3

  • 旧作

相田裕原作によるTVアニメの続編シリーズ第3巻。「条件付け」による依存症のため入院生活を余儀なくされていたアンジェリカは、治療の甲斐あって仕事への復帰を許され、担当官と共にミラノへ向かうが…。第4話「アンジェリカの復帰」と第5話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
50分 1:リニアPCM/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ZMBZ4003R 2008年05月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
9枚 0人 0人

GUNSLINGER GIRL-IL TEATRINO- Vol.4

  • 旧作

相田裕原作によるTVアニメの続編シリーズ第4巻。五共和国派グループのリーダー・ニノはメッシーナ海峡大橋開発公社の理事長誘拐を計画。その情報を聞き付けた公社は、ヘンリエッタらに護衛を担当させる。第6話「チベタンテリアの引退」と第7話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
50分 1:リニアPCM/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ZMBZ4004R 2008年06月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
10枚 0人 0人

GUNSLINGER GIRL-IL TEATRINO- Vol.5

  • 旧作

相田裕原作によるTVアニメの続編シリーズ第5巻。公社の敷地から出ることなく、義体技術改良の試験体となっていたクラエス。彼女はジャンが検査の一環で見せた夕暮れの映像に、複雑な感情を覚え…。第8話「クラエスの一日」と第9話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
50分 1:リニアPCM/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ZMBZ4005R 2008年07月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
11枚 0人 0人

GUNSLINGER GIRL-IL TEATRINO- Vol.6

  • 旧作

相田裕原作によるTVアニメの続編シリーズ第6巻。マリオ・ボッシの裁判中、彼の娘・ミミをヒルシャーとトリエラが護衛することに。トリエラはこの任務に不満を抱くが、明るいミミと触れ合ううちに心境が変化する。第10話「善意の花」と第11話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
50分 1:リニアPCM/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ZMBZ4006R 2008年08月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
11枚 0人 0人

GUNSLINGER GIRL-IL TEATRINO- Vol.7

  • 旧作

相田裕原作によるTVアニメの続編シリーズ第7巻。クリスティアーノ失脚を防ぐため、実験橋爆破を目論むフランカとフランコ。だが爆弾を仕掛けているところをジョゼ・ヘンリエッタ組に見つかってしまう。第12話「戦う人形」と最終第13話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
50分 1:リニアPCM/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ZMBZ4007R 2008年09月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
11枚 1人 0人

1〜 7件 / 全7件

関連作品

ユーザーレビュー:40件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全40件

昔からのファンとしては裏切りとしか思えない最低の作品でした。

投稿日:2008/09/08 レビュアー:ひら

前作から4年、今回の第2シリーズは、原作者自らが、総監修、シリーズ構成、脚本を手がけたということで、非常に期待しながら視聴しましたが・・・、そのあまりにも無惨な出来映えに大きなショックを受けてしまいました。

多分、第1期の見事な世界観と重厚な物語に深い感銘を受けた方は、皆、裏切られたような思いが強いのではないでしょうか・・・。

けっして、この第2期が「見るに値しない駄作」というわけではありません。少女たちのキャラクターデザインもかわいかったし、このシリーズから初めて見る視聴者にも作品自体の背景がわかるように工夫されていましたし、また、全13話で一つの連続した物語となるように再構成されていて、十分に楽しめる作品になっていたかと思います。

けれど、第1期を見てしまった人間にとっては、不備と欠点ばかりが目についてしまう作品でした。

まず、作画と演出が最低のデキで、全編紙芝居を見ているような感じだったことに加え、アクションシーンがほとんど動かない、緊迫感も全く伝わって来ないという最低レベルの演出の数々で、本当にがっくりしてしまいました。

製作会社の力量の差(第1期マッドハウス>第2期アートランド)というものをここまではっきりと見せつけられてしまったシリーズは、あまりないように思います。

あと、今シリーズでは、担当官とそれに従う少女たちの結びつきや深い想い、そして、義体化によって数年しか生きられないという彼女たちの置かれた状況などが、ほとんど描かれなかった(画面から伝わって来なかった)ことが大きな不満要因で、その結果として、少女が銃を持って戦うだけの軽薄な物語になってしまったように思います。

また、莫大な費用と犠牲により作られた義体(強化サイボーグ)であるにもかかわらず、普通の人間であるテロリストに簡単に気絶させられたり、何重にも張った包囲網を突破されたりと、あまりにも弱すぎた点も、過去のエピソードとの整合性の面で大きな矛盾(その場しのぎのご都合主義)を感じてしまいました。

ピノッキオをはじめとする五共和国派(テロ組織)の描き方についても、革命を起こさざるを得ない社会情勢とその正当性とか、過去の悲惨な境遇とか、固く結ばれた親子愛・師弟愛とか、幼き少女を殺した自分を悔いる描写とか、ある面で、数十人、数百人の言われ無き人々を無差別に殺してきた殺人者たちを擁護する(視聴者に共感させようとする)ような色合いがあって、製作スタッフたちは、この作品で何を描きたかったのか、理解に苦しむような場面が多く見られました。

ということで、この作品が初見の方にとっては、気軽な気持ちでそこそこ楽しめる「少女たちとテロリストとのガンアクション活劇」かと思いますが、この作品の根源的なテーマである絶望と希望の行き着く先を見てみたいと思っていた昔からのファンにとっては、失望感しか見いだせない最低の作品だったように思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

“復讐”の連鎖・・・ネタバレ

投稿日:2009/08/14 レビュアー:黒猫と白猫

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

OPの映像が変わりました。個人的には少し良くなったように思います。ただ、やっぱり“静止画”が多いのが気になってしまいますが(苦笑)。


家族を・・・

愛する人を・・・

殺された者の、“恨み” “悲しみ” “怒り”

そして・・・“憎しみ”・・・

繰り返される“復讐”の連鎖。



この巻では様々な人々の心情が描かれているように思っています。

五共和国派(パダーニャ)への復讐に燃える兄弟
『テロが何を以って勝ったと言えるのか』とテロの虚しさを問うテロリスト
愛する家族を国家権力によって奪われてテロリストになった女
テロ行為で、愛する人を傷つけられ自らも傷ついた恨みに駆られた男



もちろんテロ行為は許されないと思います。自分の言い分が通らないから、暴力に訴える。あまつさえ、一般市民を犠牲にしてまで。それは、駄々っ子のようであり、あまりにも幼稚で未熟な発想でしかないのではないでしょうか。

しかし、失い奪われた者の“憎しみ”にはそんな理屈は通じないのかも知れません。

もし、自分の愛する家族が、理不尽な事件に巻き込まれ失われたら・・・。正直、私は犯人を憎むだろうし、復讐しないとは言い切れないように思います。


「復讐の連鎖」を断ち切ることの難しさと、「復讐の連鎖」の虚しさを、この2つの物語は語っているように個人的には感じています。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

やっと、視聴を終えました…。            【黒猫】

投稿日:2009/09/28 レビュアー:黒猫と白猫

オリジナルな部分も追加していましたが、ほぼ原作に忠実なストーリー展開だった『GUNSLINGER GIRL -IL TEATRINO-』もラストを迎えます…。



個人的な感想を言いますと、ストーリーは良かったと思います。しかし、作画・脚本・演出・BGMについては大変不満が多かった作品でした。

第1期のあまりにも“重厚”で“寂寥感”漂う雰囲気に魅了された者としては、今回のシリーズは本当に残念でしたね。

と言うことで、第1期に魂を持って行かれた方は観ない方が良いかもしれません。でも、たぶんファンの人はそれでも視聴されるんだと思います(苦笑)。だって、それだけの魅力がこの『GUNSLINGER GIRL』という作品自体にあると思っていますから…。


最後に、ひと言だけ…、

      「マッドハウス」カムバック!!!!!

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ストーリーは良いのに…。ネタバレ

投稿日:2009/09/06 レビュアー:黒猫と白猫

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

『善意の花』では「トリエラ」の過去が語られます。

この話では、「春爛漫」さんが書かれているように、二つの物語が同時進行しています。しかも、描き方が“詰め込み過ぎ”になってしまい、せっかくの物語が非常に分かりにくく、且つ、内容的にも原作に比べ薄くなってしまっています。

個人的には、『もう少し演出・脚本を上手くまとめて、できれば2話分ぐらいで作ってもらえれば、とても心に残る話だったのに』と、思わずにはいられませんでした。



『夢で…、お母さんに会ったんです…。』



…。「トリエラ」の哀し過ぎる“生い立ち”に心が痛みます。




そして、「ピノッキオ」の過去も明らかに。

哀しい過去を持つ者たちの物語も、いよいよ大詰めを迎えます。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

哀し過ぎる“人形”たちネタバレ

投稿日:2009/08/29 レビュアー:黒猫と白猫

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

【クラエスの1日】

「クラエス」とその担当官だった「ラバロ」との過去、そしてその後の「クラエス」のある日の日常を描いています。

第1期で語れていますが、「クラエス」は「ラバロ」の死後、記憶の書き換えを行われ、実験用の義体として様々なテストを受けることが今の彼女の仕事になっています。



「ラバロ」の記憶は、すでに…。

でも、彼女の中には

今も残っているのです。

書き換え可能な命令じゃなく、

血の通った約束が…。



「ラバロ」の言葉が胸に残ります(哀)。


【賢い蛇 純真な鳩】

混沌とした現実の中、

街には暴力と復讐が溢れ、

血を流さないことには

物事を解決できない…。

“憎しみ”が生まれ、

そして、新たな

“憎しみ”を生み続ける…。




なにも見ていない瞳のまま、殴り続ける「リコ」

今よりもっと大事にされたいと願う「ヘンリエッタ」



道具として生きる“人形”の姿が痛々しい…。





このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全40件

GUNSLINGER GIRL−IL TEATRINO−

月額課金で借りる

都度課金で借りる