黒い家

黒い家の画像・ジャケット写真
黒い家 / キム・ソヒョン
全体の平均評価点:
(5点満点)

43

  • DVD
ジャンル:

「黒い家」 の解説・あらすじ・ストーリー

貴志祐介の同名ベストセラーを韓国で再映画化した戦慄ホラー。保険会社の査定員が、ひとつの案件に不審を抱いたことからサイコパスにつけ狙われ、底なしの恐怖に突き落とされていくさまを描く。保険会社で働くチョン・ジュノは、申請された保険金請求を審査する査定員。ある日彼は、面識のない男パク・チュンベから指名され、彼の自宅を訪問する。ジュノはそこで、チュンベの7歳になる義理の息子の自殺現場を目の当たりにしてしまう。チュンベに不審を抱いたジュノは、すぐさま保険金殺人を疑う。後日、チュンベから正式に保険金請求を受けたジュノは、殺人の可能性を捨てきれず、支払いの猶予を決断するが…。

「黒い家」 の作品情報

製作年: 2007年
製作国: 韓国
原題: BLACK HOUSE

「黒い家」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

黒い家 エンジビルの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
104分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 DABR0456 2008年09月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
25枚 1人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:43件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全43件

ひとりのり突っ込みの娘とご観賞。おたのしみください。

投稿日:2008/10/04 レビュアー:mitamita観た〜!!

「おかん、電気点けて。」と娘。
「ええぇ〜。この方が気分出るやん。」とおかん。
「何の気分やねん!はよしいや。」と娘。
「盛り上がらへんや。明るいと〜。」とおかん。
「盛り上がらんでええねん。はよ点けえや。目悪なるやろ!!」と娘。
ハイハイ点けましょうね。そうでしたね、お嬢さん。
苦手でしたね、ホラーも暗闇も。

思い起こせばあなたが2歳の頃・・・
あの頃流行のゾンビ映画。お昼寝中のあなたの横でおかんはかぶりつき。
「うわぁ〜ん。うえぇ〜ん。おばけ恐いよ〜〜。」とあなたの声。
寝てたんじゃないの?
あれからですね。おいたをすると「ゾンビがくるでえぇ〜。脳みそおくれぇ〜」ぴたっとやんでほんといいこでしたね。

この手の映画がどれくらい恐いかあなたを見てるとすぐ判ります。
電気、突っ込み、飲み物の量、無駄なおしゃべり、おかんとの距離。
今回全部クリアー。相当恐かったみたいですね。

さてさて本筋に戻りましょう。
大竹しのぶのほうは観賞済み。
怖いというより「暗い家」のきれた女のイメージしか残っていません。
忘れていたことも多く新鮮な気分で観れました。
韓国映画に花束を!のきぶんです。

「おかん、ありえへん!何で見せる?子供のこんな姿、見せへんやろ、普通。考えられへん。韓国映画、おっそろしい!!」と娘。たしかに。

「なにしてんねん、このおっさん。ほっといたらええやん。この女がきれいやからやろ。なんでおっさんはこうやねん。あほちゃう!」出ました。

「おかんやったらほっとかれるな。」大きなお世話や。
あんた知ってるか?みんなおかんによう似てるっていってんの。

「なんで裸足やねん。怪我せえへんのか。ええぇ。」

「おかん、あの刑事もあほやな。人がおる!ちゅうてんのに無視や。ここ伏せんやな。」

「ほら、やっぱりなあ。みえみえやん。お前はジェイソンか。」

「ええとししたおっさん、勝てへんか?なんでそこで消火器まくねん。殴らんかいな。そんなんまいてもなんもこわないやん。あほちゃう。」

「ああ〜。疲れた。おかん、まあまあやな。またつきおうたるわ。」

いやや〜。もうええぇ〜!!あんたの一人突っ込みがうるさくて集中でけへん!!一人で観る!!

「そこそこ恐かったやろ?」とおかん。

「そやな、こんなもんやろ」と娘。どんなもんやねん。

「おかん、一緒に風呂はいろか?」と娘。

恐かったんかい!!

このレビューは気に入りましたか? はい 28人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

原作も邦画も知らない方が愉しめます。

投稿日:2008/09/08 レビュアー:JUCE

 エファさんと同じく原作→邦画→リメイクの順で観ました。だから私の中では完全にネタバレしているのですが、このリメイクではかなり「あっ」と驚かせるドンデン返しに力を入れているようで、ネタを知っている人間が見るとネタフリとミスリードの持って行き方にかなりあざとさを感じてしまいます。

森田監督の日本版のデフォルメされたシュールさとは異なり、かなりシリアスな雰囲気で制作しています。スプラッターな描写はなかなか良かったのではないでしょうか。ただし中途半端なヒューマンドラマ演出が入っていて、それが全体的にこじんまりとした映画という印象に繋がっています。オリジナルのコメディ感は全く無くなっています。私はオリジナルの少しキレタ雰囲気が好きでした。
 恐らくオリジナルが嫌いだった人にはこちらの方がウケが良いかもしれません。リメイクとしてはこうした路線変更もありかも知れませんね。だから両者の優劣を決めるというのはナンセンスかもしれません。好き嫌いの部分の方が大きいですね、私はオリジナル派ですが。
 
 優等生に作ってある分作品としてのオリジナリティが薄いように思うのですが、アクが少なくて誰が観ても楽しめる作品になったという気もします。

このレビューは気に入りましたか? はい 19人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

マジで怖い韓国ホラー 今晩思い出しそうよ〜ネタバレ

投稿日:2008/09/23 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

世のオバサマ達が、胸をときめかせても、何故か男性の集客力が乏しい韓国映画ですが、秀逸な韓国映画が沢山あるのに、見過ごされているかな〜と感じた1作です。
きゃ〜きゃ〜言われるイケメン映画が、評価が下がれば、韓国映画ももっと質が上がるかも知れませんね。
と言いながらも、イケメン映画を結構観続けてきた、私も反省です。

原作、オリジナルとも未見で、本作がお初です。
冒頭で見せる、主人公のトラウマとなった事件をモノクロで見せるのですが、主人公が十字架を背負っての出発です。

前半のあまりにリアルな、保険金の給付を執拗に迫る尋常客に、ぞっとしてしまいました。非常に不気味さを醸し出していて、じわじわ来るホラー感覚があります。
さらには、尋常客の妻である、もの静かで美人のイファ(ユソン)と、主人公のジュノ(ジョンミン)と共に境遇に同情するように描いていますよね。
ジュノは、イファに別れるか、保険を解約しろと手紙を送っている位です。

これによって、後半のコントラストが強く印象的に描くことに成功しているのだと思います。
ファン・ジョンミンは、役作りのために体重を落としたと聞いています。平凡ながらもちょっとひ弱そうな保険査定員を演じ、武器を持ちながらも、犯人と格闘するあたりが恐怖のあまり足がもつれたりたりと、弟を失ったトラウマを抱えながら、仕事では生死に関わるという内面の演技も見事です。
十字架を背負っているだけに、彼が心ある人間を望む想いはより強く、胸を打たれます。

この作品は、いかにもありそうで、逆に庶民的な演出が身近に起こりそうで怖かったです。
廃墟となったお風呂屋さんの黒い家の不気味さは、生理的な嫌悪感が漂ってきました。


このレビューは気に入りましたか? はい 17人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

意外な犯人ネタバレ

投稿日:2010/01/27 レビュアー:ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

韓国には5大 名字があります。

集まった100人に石コロを投げて必ず当たる名字は?
遠山の金さん

拳法家はジェット李さん

朴さん鄭さん

あとは・・・趙か張か康か・・・よく分かりません。

またくだらないことをかいてしまったあ・・・

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

金、金、金ネタバレ

投稿日:2008/11/05 レビュアー:ナナメ歩き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

最初に主人公、どうにかならないのか?華がなさすぎて観終わった直後でも顔が思い出せない!!
内容はよくある猟奇物に少しサスペンス風に味付け
背景があまり語られないので、夫は何故されるがままなのか?  妻は何故あそこまで金に執着するのか?分からない
ラスト、妻は某未来から来たロボットなのか?それとも続編への含みなのか?
見所はグロ表現くらい、かなり中途半端な作品。50点

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全43件

黒い家

月額課金で借りる

都度課金で借りる