犬とオオカミの時間の画像・ジャケット写真

犬とオオカミの時間 / イ・ジュンギ

全体の平均評価点: (5点満点)

88

犬とオオカミの時間 /キム・ジンミン

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

旧作

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「犬とオオカミの時間」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

『王の男』のイ・ジュンギが精悍でワイルドな役柄に挑んだTVシリーズ第6巻。ジウは別人と分かっていながらもケイにスヒョンの姿を重ねてしまう。一方、ケイの下には差出人不明のメールが届き…。第11話と第12話を収録。※一般告知解禁日:5月23日

「犬とオオカミの時間」 の作品情報

作品情報

製作年:

2007年

製作国:

韓国

原題:

TIME BETWEEN DOG AND WOLF

「犬とオオカミの時間」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

223,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

ディア・ブラッド〜私の守護天使

どうすりゃいいんだ 〜1979年の贈り物〜

悪魔は闇に蠢く

韓流テレビ映画傑作シリーズ ママはアイドルに夢中

ASIA TOUR 2014 JG NIGHT IN JAPAN

ユーザーレビュー:88件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全88件

最も“美しい男”イ・ジュンギが見事に変身

投稿日:2008/05/27 レビュアー:サランヘ

このレビューは気に入りましたか? 30人の会員が気に入ったと投稿しています

スヒョンとマオは 合わせ鏡? ネタバレ

投稿日:2008/08/04 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

単純な復讐劇かと思いきや、一筋縄ではいかない作品でしたね。
見終った後、虚脱感に襲われてしまいました。

主人公スヒョンとその敵マオという因縁の関係を軸に、
潜入捜査員ケイに成りすまし、潜入に成功したものの、記憶を失ってしまったスヒョンが記憶が戻る前後の苦悩は、見ていて辛いものがありました。

マオは、自分の父親と母親の仇であり、養父の仇でもあると同時に、愛するジウの実の父親でもあり、息子として受け入れてくれた父親的な存在だったのですからね・・・。
マオとスヒョンの対決は、迫力満点です。

ついに、宿敵と対決するスヒョン。
しかし、親の仇であるという因縁を上回る関係が判明。
忠実な部下という部分と、組織に歯向かうという両方の面を持つスヒョンとマオは、実は同じ様なタイプの裏と表を持つ合わせ鏡だったと・・・

父の形見の時計は、実は父の親友マオから貰ったプレゼントだったなんて・・・
マオの財布の中から出てきた大切にしている写真。ジウと一緒に写った家族の写真と、スヒョンの父親とマオが一緒に写った写真の二枚。
復讐ものの辛いところは、もう復讐は止めようと思った時は、手遅れで、止められない状況になっていることですね。

人間の善悪が、常に隣りあわせであるということを映し出し、憎き相手と同様の残酷な面も自分にも潜んでいるという事を、イ・ジュンギ君は、体現してくれたのだと思います。

ラストは、3人の、4人の?再出発が見れてほっとしました。

サンシクという人。いつもケイを目の敵にしている人がいましたよね。彼は、「あなたを忘れない」という映画で、主演のイ・テソンという俳優さん。素顔は可愛いですよ。
すぐに、カッとなり、憎らしいなんて思いながら見ていましたから、演技は上手なのかもしれませんね。







このレビューは気に入りましたか? 21人の会員が気に入ったと投稿しています

夕暮れ赤く染まった時、オオカミなのか犬なのか見分けられない時間 ネタバレ

投稿日:2008/06/27 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

殴られまくって、瞼腫れ上がって、人相変わっちゃているイ・ジュンギ君。ちょっと痛々しいけれども、そんな体張っての演技にすっかり魅せられてしまいました。

国家情報院と犯罪組織に身を置く男達の闘いを描いたドラマなのですが、タダのドンパチではなく、実はスヒョン(イ・ジュンギ)の母を殺したマオ(犯罪組織の幹部)は、幼馴染みで愛するジウ(ナム・サンミ)の実父という因縁絡みのドラマは、毎回手に汗を握るという緊張感で、迫力あります。

物語は、交通事故で死を偽装し、ブラック要員として生きる道を与えられたスヒョン。
しかし、韓ドラお得意の記憶喪失と・・・展開していくのですが、スヒョンとその敵マオとの因縁の関係を軸に進む物語は、2人が組織に忠実な「犬」である反面、飼い主に牙をむく「オオカミ」にもなり得るという意味でしょうか?

イ・ジュンギは、時々これが本当の姿?ってくらいに、冷酷な悪の顔を垣間見せ、悪にも善にもなり得る人間の危うさを見事に演じています。

さらには、一緒に育ったミンギ、養父ジョンホ、マオ、情報屋のおっちゃんドンシクと男たちのドラマも見逃せません。

このレビューは気に入りましたか? 14人の会員が気に入ったと投稿しています

待てなかった・・・

投稿日:2008/07/29 レビュアー:ドラ

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

やっと視聴しました〜! ネタバレ

投稿日:2009/05/13 レビュアー:ken_ken

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

主役の2人が限りなく20才寄りに見える20代で、とっても初々しい男優です。そのせいか作品全体から感じ取れるのはフレッシュさ。このドラマを新しい感覚のものにしてるように思えました。

幼い時、目の前で母親を殺された過去を持つスヒョン(イ・ジュンギ)。
養父カン諜報員(イ・ギヨン)の実の息子であるミンギ(チョン・ギョンホ)と共に、同じ国家情報局員となる。

ある日、作戦中にかつて母親を殺害した相手を目撃する。怒りに我を忘れ殺そうとするが失敗。それは情報局員としてやってはならないことである。
情報局のチョン部長(キム・ガプス)はクビにする代わりに潜入捜査員となることを極秘裏に提案する。実は情報局ではアンダーカバーと呼ばれるこの作戦は禁止条項なのだ。
スヒョンの実父も、かつて、チョン部長によってタイの組織に潜入員として送り込まれ、正体を見破られ殺されていた。

組織の幹部であり、スヒョンの復讐のターゲット、マオ(チェ・ジェソン)の手下となったスヒョンは、ますますマオに気に入られていく・・オオカミとして放たれたスヒョンがマオの犬とならなければならない苦悩の日々・・
そして、マオの離れ離れの娘であり、スヒョンの恋人ジウ(ナム・サンミ)を命がけで助けた時、記憶喪失に陥ってしまう。雛が始めて見る生物体を親と認識するごとく、スヒョンもマオの忠実な犬として生まれ変わってしまうのだが・・

どっかで聞いたような展開だな・・確か主役も同じような・・但し、あちらは時代劇で幼い時に記憶喪失になり、性格が軟派路線に180度変わってしまう役柄・・まだ、3巻だから一概には言えないけど・・

しかし、見所は随所に有りーでした。
ド初っ端なから子役のスヒョンで泣けましたね。韓ドラって子役がうまいんだよね。確か、うさはなさんのレビューにも号泣したと書いてありました。皆さんそうかしら?

アンダーカバー作戦を知るカン諜報員のスヒョンを守ろうとする必死な親心は適役イ・ギヨン。

親子2代に渡ってアンダーカバーを命じるチョン部長ってヤツは、人間性のカケラもない冷たい男。このドラマで一番憎まれ役のキム・ガプス。思わず、死ね!死ね!

マフィアの幹部だが、部下を大事にするカリスマ的な存在のマオ。記憶喪失後スヒョンがそのマオに傾倒していくのかよく判る。

脇役としてはいつもいい味を出している、盗聴のスペシャリスト役ピョンを演じるソン・ジル。ミンギが“叔父さん!叔父さん!”と涙を流すシーンは一緒に泣きました。

ジウ役のナム・サンミはただ鬱陶しいだけ。いっつも、スヒョンとミンギのお邪魔虫で、悪いけど顔も見たくありません。スヒョン、そんな女とキスするな〜!と、ジェットコースターより絶叫しました(心の中で)。

兄弟として育てられ、おそらく、小さい頃にコイツには適わないな・・と悟ったようなところのあるミンギ。父親の愛情をスヒョンに奪われた所もあるのに、それでも決して屈折した性格でない。我が道を行くタイプで、明るく、要領がよいナンパな野郎だ。コイツもジウを愛しているのだが男は黙って引き下がります。韓ドラとしては憎っくきライバル役でなく、珍しく主役を彼女より大事にする男です。
演じるチョン・ギョンホに若い頃のイ・ドンゴンが重なってなりませんでした。どなたかのレビューで2番手をやらすとすごく上手いといわれるイ・ドンゴン同様チョン・ギョンホ、とっても良かったです。

時々、そのお綺麗なお顔にドキッとさせられることもあるイ・ジュンギですが、やっぱ、「王の男」を見てなく「フライダディ」を見てるせいでしょうかね、どうしても男っぽく見えます。特にアクションシーン、あの回し蹴り(まさかスタントじゃないよね)は並みの俳優では真似できないくらいカッコイイ!
がっちりした下半身に比べ、上半身はスッキリしていて、黒のスーツ姿がとってもよく似合ってました。絵になる俳優ですよね。

しかしだなあ、私のお気に入りはそんなイ・ジュンギではありません!
マオことチェ・ジェソンです。悪なんだけど、何かある・・只の悪ではないと盛んに思わされ続けられました。
やっぱ、ラストでしたね。
ああ、残念だなぁ。もう少し、伏線ほしかったよね。それがあれば「復活」のように名作として残ったと勝手に思います。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全88件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:88件

最も“美しい男”イ・ジュンギが見事に変身

投稿日

2008/05/27

レビュアー

サランヘ

スヒョンとマオは 合わせ鏡?

投稿日

2008/08/04

レビュアー

ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

単純な復讐劇かと思いきや、一筋縄ではいかない作品でしたね。
見終った後、虚脱感に襲われてしまいました。

主人公スヒョンとその敵マオという因縁の関係を軸に、
潜入捜査員ケイに成りすまし、潜入に成功したものの、記憶を失ってしまったスヒョンが記憶が戻る前後の苦悩は、見ていて辛いものがありました。

マオは、自分の父親と母親の仇であり、養父の仇でもあると同時に、愛するジウの実の父親でもあり、息子として受け入れてくれた父親的な存在だったのですからね・・・。
マオとスヒョンの対決は、迫力満点です。

ついに、宿敵と対決するスヒョン。
しかし、親の仇であるという因縁を上回る関係が判明。
忠実な部下という部分と、組織に歯向かうという両方の面を持つスヒョンとマオは、実は同じ様なタイプの裏と表を持つ合わせ鏡だったと・・・

父の形見の時計は、実は父の親友マオから貰ったプレゼントだったなんて・・・
マオの財布の中から出てきた大切にしている写真。ジウと一緒に写った家族の写真と、スヒョンの父親とマオが一緒に写った写真の二枚。
復讐ものの辛いところは、もう復讐は止めようと思った時は、手遅れで、止められない状況になっていることですね。

人間の善悪が、常に隣りあわせであるということを映し出し、憎き相手と同様の残酷な面も自分にも潜んでいるという事を、イ・ジュンギ君は、体現してくれたのだと思います。

ラストは、3人の、4人の?再出発が見れてほっとしました。

サンシクという人。いつもケイを目の敵にしている人がいましたよね。彼は、「あなたを忘れない」という映画で、主演のイ・テソンという俳優さん。素顔は可愛いですよ。
すぐに、カッとなり、憎らしいなんて思いながら見ていましたから、演技は上手なのかもしれませんね。







夕暮れ赤く染まった時、オオカミなのか犬なのか見分けられない時間

投稿日

2008/06/27

レビュアー

ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

殴られまくって、瞼腫れ上がって、人相変わっちゃているイ・ジュンギ君。ちょっと痛々しいけれども、そんな体張っての演技にすっかり魅せられてしまいました。

国家情報院と犯罪組織に身を置く男達の闘いを描いたドラマなのですが、タダのドンパチではなく、実はスヒョン(イ・ジュンギ)の母を殺したマオ(犯罪組織の幹部)は、幼馴染みで愛するジウ(ナム・サンミ)の実父という因縁絡みのドラマは、毎回手に汗を握るという緊張感で、迫力あります。

物語は、交通事故で死を偽装し、ブラック要員として生きる道を与えられたスヒョン。
しかし、韓ドラお得意の記憶喪失と・・・展開していくのですが、スヒョンとその敵マオとの因縁の関係を軸に進む物語は、2人が組織に忠実な「犬」である反面、飼い主に牙をむく「オオカミ」にもなり得るという意味でしょうか?

イ・ジュンギは、時々これが本当の姿?ってくらいに、冷酷な悪の顔を垣間見せ、悪にも善にもなり得る人間の危うさを見事に演じています。

さらには、一緒に育ったミンギ、養父ジョンホ、マオ、情報屋のおっちゃんドンシクと男たちのドラマも見逃せません。

待てなかった・・・

投稿日

2008/07/29

レビュアー

ドラ

やっと視聴しました〜!

投稿日

2009/05/13

レビュアー

ken_ken

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

主役の2人が限りなく20才寄りに見える20代で、とっても初々しい男優です。そのせいか作品全体から感じ取れるのはフレッシュさ。このドラマを新しい感覚のものにしてるように思えました。

幼い時、目の前で母親を殺された過去を持つスヒョン(イ・ジュンギ)。
養父カン諜報員(イ・ギヨン)の実の息子であるミンギ(チョン・ギョンホ)と共に、同じ国家情報局員となる。

ある日、作戦中にかつて母親を殺害した相手を目撃する。怒りに我を忘れ殺そうとするが失敗。それは情報局員としてやってはならないことである。
情報局のチョン部長(キム・ガプス)はクビにする代わりに潜入捜査員となることを極秘裏に提案する。実は情報局ではアンダーカバーと呼ばれるこの作戦は禁止条項なのだ。
スヒョンの実父も、かつて、チョン部長によってタイの組織に潜入員として送り込まれ、正体を見破られ殺されていた。

組織の幹部であり、スヒョンの復讐のターゲット、マオ(チェ・ジェソン)の手下となったスヒョンは、ますますマオに気に入られていく・・オオカミとして放たれたスヒョンがマオの犬とならなければならない苦悩の日々・・
そして、マオの離れ離れの娘であり、スヒョンの恋人ジウ(ナム・サンミ)を命がけで助けた時、記憶喪失に陥ってしまう。雛が始めて見る生物体を親と認識するごとく、スヒョンもマオの忠実な犬として生まれ変わってしまうのだが・・

どっかで聞いたような展開だな・・確か主役も同じような・・但し、あちらは時代劇で幼い時に記憶喪失になり、性格が軟派路線に180度変わってしまう役柄・・まだ、3巻だから一概には言えないけど・・

しかし、見所は随所に有りーでした。
ド初っ端なから子役のスヒョンで泣けましたね。韓ドラって子役がうまいんだよね。確か、うさはなさんのレビューにも号泣したと書いてありました。皆さんそうかしら?

アンダーカバー作戦を知るカン諜報員のスヒョンを守ろうとする必死な親心は適役イ・ギヨン。

親子2代に渡ってアンダーカバーを命じるチョン部長ってヤツは、人間性のカケラもない冷たい男。このドラマで一番憎まれ役のキム・ガプス。思わず、死ね!死ね!

マフィアの幹部だが、部下を大事にするカリスマ的な存在のマオ。記憶喪失後スヒョンがそのマオに傾倒していくのかよく判る。

脇役としてはいつもいい味を出している、盗聴のスペシャリスト役ピョンを演じるソン・ジル。ミンギが“叔父さん!叔父さん!”と涙を流すシーンは一緒に泣きました。

ジウ役のナム・サンミはただ鬱陶しいだけ。いっつも、スヒョンとミンギのお邪魔虫で、悪いけど顔も見たくありません。スヒョン、そんな女とキスするな〜!と、ジェットコースターより絶叫しました(心の中で)。

兄弟として育てられ、おそらく、小さい頃にコイツには適わないな・・と悟ったようなところのあるミンギ。父親の愛情をスヒョンに奪われた所もあるのに、それでも決して屈折した性格でない。我が道を行くタイプで、明るく、要領がよいナンパな野郎だ。コイツもジウを愛しているのだが男は黙って引き下がります。韓ドラとしては憎っくきライバル役でなく、珍しく主役を彼女より大事にする男です。
演じるチョン・ギョンホに若い頃のイ・ドンゴンが重なってなりませんでした。どなたかのレビューで2番手をやらすとすごく上手いといわれるイ・ドンゴン同様チョン・ギョンホ、とっても良かったです。

時々、そのお綺麗なお顔にドキッとさせられることもあるイ・ジュンギですが、やっぱ、「王の男」を見てなく「フライダディ」を見てるせいでしょうかね、どうしても男っぽく見えます。特にアクションシーン、あの回し蹴り(まさかスタントじゃないよね)は並みの俳優では真似できないくらいカッコイイ!
がっちりした下半身に比べ、上半身はスッキリしていて、黒のスーツ姿がとってもよく似合ってました。絵になる俳優ですよね。

しかしだなあ、私のお気に入りはそんなイ・ジュンギではありません!
マオことチェ・ジェソンです。悪なんだけど、何かある・・只の悪ではないと盛んに思わされ続けられました。
やっぱ、ラストでしたね。
ああ、残念だなぁ。もう少し、伏線ほしかったよね。それがあれば「復活」のように名作として残ったと勝手に思います。

1〜 5件 / 全88件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

犬とオオカミの時間