マーヴァ・コリンズ ストーリー

マーヴァ・コリンズ ストーリーの画像・ジャケット写真
マーヴァ・コリンズ ストーリー / シシリー・タイソン
全体の平均評価点:
(5点満点)

6

  • DVD
ジャンル:

「マーヴァ・コリンズ ストーリー」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「マーヴァ・コリンズ ストーリー」 の作品情報

製作年: 1981年
製作国: アメリカ
原題: THE MARVA COLLINS STORY

「マーヴァ・コリンズ ストーリー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

マーヴァ・コリンズ ストーリーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/モノラル/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DLRY17280 2008年07月09日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
11枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

とっても古いモーガン様出演の感動作品。事実の物語です。ネタバレ

投稿日:2009/08/25 レビュアー:pokorou

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

モーガン様の旅、ぼっちら続けてますが、最も古いこの作品、
さすがにモーガン様、若いです!
お顔にもハリがあります!

モーガン様作品でありながら、この私が、モーガン様を忘れてしまうほど、モーガン様の奥様役の方の演技に心奪われてしまいました!

公立学校の教師であったマーヴァ・コリンズ(モーガン様の奥様役)は、学校のやり方が気に入らない。根強く残る人種差別、官僚主義や、懐疑的な教師や親にうんざりwそして、何より、やる気を失っている子供たち・・・そんな子供たちを見ていられない!

子供が3人、親子5人家族のコリンズ家は決して裕福でなく・・・
それでも自ら学校を立ち上げると奮闘するマーヴァ!
お役所の冷たい態度にも負けず、尻込みする親には熱く語り、説得し、なんとか数人の生徒が集まった。

その間、家族はお金の問題で苦しみますが、モーガンがこれまた憎いのです。愛する妻の為、子の為、一生懸命働くのです。

素晴らしいのは、マーヴァの教育の仕方です!
褒める!褒める!褒める!そして、愛情を持って叱る!
常に愛情を持って生徒と接します。
知的障害と言われていた子、やる気の無かった子、常にもじもじしていた子、みんな素晴らしい成績をとり、胸を張って生きられる人間に生まれ変わったのです!

質問すると、全員が手を挙げ、堂々と答える。
学校が好きでたまらない!先生が好きでたまらない!
そんな事が今の学校で聞いたことがありますか?

みんなの願いが通じ、なんと、自宅の一室の学校がビルになり、
生徒数200名、入学希望者800名!

レーガン大統領がマーヴァを教育長官に推薦したが、
「教員を続けたい」と言い、なんと、要請を辞退!

マーヴァの次の夢は高校設立で、
スラム街での大学設立が彼女の究極の夢。。。

なんて素晴らしい教師でしょう。
なんて素晴らしい女性でしょう。

観て頂ければ分かります。母性愛が強く、教育熱心。
こんな教師ばかりだと素敵だな、と思ってしまう。

暴力をふるう子には、「暴力を振るう事しかしらないのね、じゃ、私を殴りなさい、好きなだけ暴力をふるいなさい。それでも私はあなたが好きよ。」なんて言えますか?

感動で身震いしてしまった。

これは数々の困難を克服し、子供たちの未来の為に戦った一人の女性教師の姿を描いた事実の物語です。

モーガン様はあまり出てきませんが、妻を支える素敵な旦那様です。

モーガン様の旅に出て良かった〜。。。

本当にそう思える作品に出会えました。

みなさんも是非。




                        pokorou

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

なかなかの秀作

投稿日:2008/11/18 レビュアー:サッチャー

全く何の情報も得ずにタイトルとお勧め具合で見ましたが、なかなかよかった。
落ちこぼれの子たちが彼女の教えでどんどん変わっていく。
「何が一番大事か?”自分”何が一番必要か”今”」
この言葉にとても感動しました。
大人だけでなく子供にも見せたい作品です。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

素晴らしい、まったく素晴らしい!

投稿日:2014/12/23 レビュアー:趣味は洋画

これは素晴らしい作品です。まったく素晴らしい!
‘教育’というものの本質が描かれていて、共感できるシーンが数多く盛り込まれています。 劇場未公開の米TV映画ですが、実話だけに説得力があります。

マーヴァ・コリンズ(シシリー・タイソン)はアトランタのクラーク大学を卒業し、シカゴの公立学校で教師をしているのですが、その情熱的な指導ぶりが同僚教師の反感を買い、ひいては学校と対立してしまいます。
結局、マーヴァは学校を退職し、自ら理想の学校を創ることを思いつき、自宅の2階を改造して‘自分の学校’を造ります。これには夫クラレンス(モーガン・フリーマン)の献身的な支えがありました。
暴力的な子供、内向的で会話の出来ない子供、まったく文字が読めない、書けない子供...あらゆる問題を抱えた子供たちに対し、マーヴァは愛情をもって丁寧に根気よく指導していきます。
当初の生徒数はわずかで、授業料を払えない家庭もある中、マーヴァは家計をやりくりしながら、クラレンスの励ましを受け、何とか学校経営を続けていきます。
子供たちはマーヴァの厳しさと愛情に心を開きはじめ、勉強することの楽しさとその意味合いが徐々に分かってきます。
暴力的だった子供は更生し、文字の読めなかった子供はシェイクスピアやプラトンの伝記が読め、自分の意見を皆のまえで発表できるまでに成長します。
最初は‘掘立小屋のようだ!’と非難されていた学校も、徐々に生徒数が増え、遂には‘我が子もマーヴァ先生に教えてもらいたい’と願い出る保護者もでてきます。

マーヴァを演じたシシリー・タイソンは、1933年ニューヨーク・ハーレム生まれの黒人女優で、もともとファッション・モデルだったようですが、数々の舞台・テレビに出演するようになり、日本公開映画では67年「危険な旅路」や68年「愛すれど心さびしく」で知られるようになります。
その後、72年「サウンダー」でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされ、一躍トップ俳優の仲間入りを果たします。 79年「エアポート’80/コンコルド」や97年「奴らに深き眠りを」でも存在感を示し、近作では2011年「ヘルプ〜心がつなぐストーリー〜」で老メイドのコンスタンティン役で健在なところをみせています。
今では黒人女優がハリウッドを謳歌する時代となりましたが、C・タイソンはその先駆者的な役割を十二分に果たした名女優と言えます。

共演のモーガン・フリーマン、今や押しも押されもせぬ世界のトップスターですが、本作出演時の彼は、とにかく若い、そして細い...そういった印象が強いですね。

この「マーヴァ・コリンズ・ウエスト予備学校」は後に「マーヴァ・コリンズ学校」となり、マーヴァの娘シンシアがその経営を引き継いだと、某参考文献にあります。しかし、2008年6月に財政難で閉鎖となっているようです。
さらに、その1ヶ月後には、シンシアが39歳の若さでなくなっていると知り、ショックを隠せません。

製作総指揮はマリー・リースで、彼女は90年「デコレーション・デイ/30年目の勲章」というTV映画を製作しており、同作も観た印象では、‘心に染みる名画’という共通項が感じられ、小品でも大作を凌ぐ映画の力を実感しました。
尚、ナレーションは名優のエドワード・アズナーです。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

素晴らしいです

投稿日:2012/12/23 レビュアー:りんご姫

見終わったあと、清々しい気分になる後味のよい映画です。
情熱のある信の強い妻を、例え貧しくなっても夢を応援し、影で暖かく見守る夫(モーガンフリーマン)も素敵です。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

実在の高潔な人物の物語は、人を勇気づける

投稿日:2012/11/30 レビュアー:クグロフ

学校の講堂で授業の一環として見させられるような小品の映画。
主人公の映画の中の台詞が素晴らしい。途中で映画を止めてメモをしたいぐらい。
小学校でこの映画を観ていたら、私の人生も少し変わったかもしれないと思います。

直接会うことはできないけど、映画の中からでも出会えたことは、生活を前向きに考えようと勇気づけられました。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全6件

マーヴァ・コリンズ ストーリー

月額課金で借りる

都度課金で借りる