裸の大将〜放浪の虫が動き出したので〜

裸の大将〜放浪の虫が動き出したので〜の画像・ジャケット写真
裸の大将〜放浪の虫が動き出したので〜 / 塚地武雅
全体の平均評価点:
(5点満点)

3

  • DVD
ジャンル:

「裸の大将〜放浪の虫が動き出したので〜」 の解説・あらすじ・ストーリー

80年の放映開始以来長きにわたり愛され続けた人情ドラマを、ドランクドラゴンの塚地武雅を主役に起用しスペシャルドラマ化。展覧会を抜け出し、再び放浪の旅に出た清。そんな折、勝沼の家から“金の布袋さん”が盗まれ…。

「裸の大将〜放浪の虫が動き出したので〜」 の作品情報

製作年: 2007年
製作国: 日本

「裸の大将〜放浪の虫が動き出したので〜」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

裸の大将〜放浪の虫が動き出したので〜の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
120分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBC71368 2008年05月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
16枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

塚地さんにしかできない新しい「山下清」像ネタバレ

投稿日:2012/12/24 レビュアー:弾切れの二丁拳銃

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

あちこちで塚地さんの演じる「山下清」についての、酷評が多いですが、実際に観てみると、思っていたほど悪くなかったです。
塚地さんの本来持っている人柄の良さというか、優しくて温厚な感じが、「山下清」の純粋で優しいイメージに合致していて、良い雰囲気が出ていたと思います。
さすが、もともとお笑いでコントを通して、憑依芸人としていろいろなキャラクターを演じてこられた実績があるので、「役になりきる」ということに関しては、塚地さんはすごい力を持った芸人さんです。
今回、芦屋さんがかつて演じていた「山下清」を引き継ぐというプレッシャーのある中で、塚地さんなりに頑張っていらっしゃったと思います。

「山下清」は、サヴァン症候群だと言われていますが、そうした細かい部分までも演技力で再現するには、さすがに経験や天性のものでは芦屋さんにかなわないかもしれませんが、(その点で星一つ減らさせていただきますが、個人的には、満点をあげていいと思います。)その代わりに、周りの人たちとのほのぼのしたドタバタ劇を、ドランクドラゴンとしてコントをされていたときのように、塚地さんなりに、面白く演じられていたと思います。
他のお笑い芸人さんや、俳優さんでは、「山下清」のイメージにふさわしい人はいないと思います!

観ている側も、芦屋さんの後を追ったり、芦屋さんの再現を狙うのではなく、塚地さんなりの持ち味を生かした新しい「山下清」のキャラクターを模索するのも乙なものではないでしょうか?

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

裸の大将の面白さがよく出ていました

投稿日:2012/09/07 レビュアー:toshi

裸の大将の物言いの仕方が、ほほえましくて良いですね。氷川あさみちゃんも可愛くて良かったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

癒されました。

投稿日:2013/07/22 レビュアー:ゆきぃちゃん

塚地はさておき、ストーリーとしてはとても心温まるものでした。
水川あさみさんは演技がとても上手!

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 3件 / 全3件

裸の大将〜放浪の虫が動き出したので〜

月額課金で借りる

都度課金で借りる