オーシャンズ12

オーシャンズ12の画像・ジャケット写真
オーシャンズ12 / ジョージ・クルーニー
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

328

  • DVD
  • Blu-ray
  • シリーズ
ジャンル:

「オーシャンズ12」 の解説・あらすじ・ストーリー

ラスヴェガスのカジノから1億6000万ドルが盗まれて3年。カジノのオーナー、ベネディクトは事件がオーシャン一味の仕業によるものと知る。事件後、盗んだ金を山分けし、それぞれ犯罪から足を洗い、まっとうな人生を歩もうとしていたオーシャンとその仲間たち。ところが復讐を誓うベネディクトは彼らの居所を突き止め、一人ひとり訪ねて回り2週間以内に利子を付けて返済するよう脅迫するのだった。追い詰められたオーシャンたちは再び集結し対策を練る。結局彼らは返済のために再び大きなヤマに挑むべく、アムステルダムへと向かう…。

「オーシャンズ12」 の作品情報

製作年: 2004年
製作国: アメリカ
原題: OCEAN’S TWELVE

「オーシャンズ12」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

オーシャンズ12の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
125分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/サラウンド/英語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DLR38948 2005年07月01日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
128枚 6人 5人

【Blu-ray】 オーシャンズ12(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
125分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/サラウンド/英語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
WBRY16105*B 2008年03月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
29枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:328件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全328件

身内ネタばかり披露されても困るなぁ!

投稿日:2007/12/05 レビュアー:JUCE

 前回の『オーシャンズ11』を撮ってスタッフ、キャスト一同楽しかったので、また楽しく続編を作ろうよというノリだけで作ってしまったような作品です。与太話から生まれるアイデアをそのまま、無茶苦茶に詰め込んだたらこうなったのでしょうか。
 スタッフA:「今回キャサリン・ゼタ=ジョーンズ」の出演決まったからさ、何か彼女ネタで面白いアイデア無い?」。
 スタッフB:「そういえばヴァンサン・カッセルが身体やわらかいし、キャサリン主演の『エントラップメント』のパロってみるのどうだろう?あれも泥棒の話しだし。」
 スタッフA:「いいねぇ、そのアイデア、頂き!。あと、そうだ、役柄で本人がスターのそっくりさんというアイデアはどうだろう・・・」
 といった企画会議が目に浮かぶます。
 正直言ってこれだけくだらない映画を、よくもまあ大金をつぎ込んでつくったなぁと半ば呆れながらも感心してしてしまいます。まあ言ってみれば「オールスター新春かくし芸大会」といった趣の映画です。

 こうしたおバカさがシンプルで楽しければそれなりに爽快なんでしょうが、話自体はあの名作『スティング』からでもインスパイアを受けたかのようにチョッとした捻りが入っているのですが、編集がフリーズをかましたり小細工が多いグダグダで、時系列も跳んだりするのでとても分かりにくくなっています。しかもそこだけ前作を見ていないとピンと来ないと言うなんとも不親切な脚本です。

 出演陣のネームバリューの豪華さだけが取柄の映画。しかも出演者が多いだけで有機的に役柄が絡みあって無いし、冒頭では役柄をおさらいするためのシーンの連続でとても退屈。ということで脚本が全く酷い。これだけの人数を上手く使える脚本が出来ないのならばいっそ『オーシャンズ“3”』くらいにしておけばよいのに・・・。

このレビューは気に入りましたか? はい 22人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

柳の下にどじょうがいると思ったら、犬のウンチだった・・・ネタバレ

投稿日:2008/01/05 レビュアー:こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 オーシャンズ13を観る前にと、復習の意味でレンタルしたのですが、前回観たときに、
「つまらん。二度と金を出してこんな作品を観るものか」
と決意したことを思い出し、愕然としました(笑)

 「11」が、曲がりなりにもサスペンスとして楽しめる部分があったのですが(シナトラ・ファミリーのオリジナルの方が「かっこいい」し、「Cool」なんですけど)「12」はコメディ映画を作りたかったのか?と思わせる出来です。
 じゃあ、コメディとして面白いかというと、それも微妙・・・。シャレた会話がポンポン飛び出してきますけど、ほとんどハズしていて、ある意味失笑ものです。まぁ、軽いノリの犯罪映画を目指しているのかもしれませんけど、それがコメディとして昇華されないのは、演出力の欠如でしょうかねえ。ストーリーは退屈だし、オールスター・キャストなので、そのキャラを生かさざるを得ないので、人物描写もいい加減・・・(ある意味、料理で言うと素材勝負と言うところ。なのに、その素材が生煮えなんだ、これが!)

 だいたい、オーシャンズはそれぞれが一流の盗みのプロの集まりであり、皆、自負を持っているはずですから、あんな仲良しクラブであるのがおかしいのです。ライナス(マット・デイモン)は、オーシャンズを組織として考えているから良いとして(まあ、彼は一流のプロという設定ではないし・・・だから、いじられキャラだし・・)ベネディクトに対するスタンスで、一応は共通の目的意識はあるにしても、
「あいつは、いつ裏切るかも知れない」
と思わせる雰囲気を、全員が持っている方がサスペンスタッチになるはずなのです。
 ソダーバーグは、何を考えて続編を作ったのだか、よくわからんです。ノリと勢いで作っちゃったんじゃないのと思われてもしょうがないでしょう。普通、同じ様なメンバーを起用して続編を作る場合は、前作をしのぐクォリティのものをと気合いを入れると思うのですが、確信犯的に力を抜いて、グレードダウンさせているんじゃないかと、穿った見方をしてしまいます。
 そのゆるゆる感というか、仲良しが集まって和気藹々と作って、自分たちだけが楽しんでいるというムードがそのまま「13」に引き継がれてしまったようです。「11」だけでやめときゃよかったのにと、多くの観客が思っているんじゃないでしょうか・・・。
 自分たちが楽しんでいれば、観客も楽しめるだろうと言う勘違い(それも、観客に楽しんでもらうための条件の一つではあるのですが・・・。製作者が嫌々作ったモノが、楽しめる作品であるはずは無いので・・)が甚だしいのでしょう。

 これを観ると、さほど良い出来とも思えない「オーシャンズ11」が名作とも思えてしまうのが不思議です(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 15人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

面白いけど難しい

投稿日:2006/09/20 レビュアー:ムーミンママ

前作もそうですが、前作を見た直後に見ても
分かりにくかったです。
決して面白くないわけではないんだけど、
1回見ただけでは、???な部分が。
前作から数年経っている設定のせいか
髪型とか変わったりしてて、ほんと
あなた誰?状態でした。
もう1回ゆっくり見てみようっと。

このレビューは気に入りましたか? はい 14人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

シリーズ最悪!?

投稿日:2005/09/25 レビュアー:はらぺこ

この俳優陣を見たときに、いやな予感がしました。
案の定、ただ、それぞれの俳優が、自分のかっこよさをアピールするだけの作品になってしまったようです。
ストーリーも単調だし、ひねりもない、オチも弱いですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

面白かったが一回ではちょっとネタバレ

投稿日:2005/10/13 レビュアー:iuiu

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

一回目は、前作を思い出すのに必死でいるうちにあれよあれよという間に終わってしまい、よくわからなかった感じ。
もう一回見て、ようやく前作の細部なども思い出され、しっくりと落ち着いた。
登場人物が多い作品は、ひとりひとりにスポットを当てるのが難しいが、そのバランスは前作のほうが格段に優れていたと思う。今回は、マット・デイモンが前作撮影時に比べてスターとしての格が上がっていたためか、割とスポットが当たっていて、その分他のキャラが割り食った印象。デイモンは、スポットは当たっているのだが、印象の薄いキャラをそれらしく演じ、(ネタバレになるので伏せるが)ラスト近くはヤラレタと思わせられる展開がある。にやりとさせられた。

ジュリア・ロバーツのエピソードはおふざけが過ぎた割に意外と面白くなかったような気がする。
ブルース・ウィリス登場にも驚いたが、さほどスパイスにもなっておらず…。あれって、友情出演ってやつ?

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全328件

オーシャンズ12