沈黙の報復

沈黙の報復の画像・ジャケット写真
沈黙の報復 / スティーブン・セガール
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

26

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「沈黙の報復」 の解説・あらすじ・ストーリー

 アクション・スター、スティーヴン・セガールが息子を殺され復讐に燃える父親を演じるリベンジ・アクション。共演に「アンダーカバー・ブラザー」のエディ・グリフィン、監督は「沈黙の傭兵」のドン・E・ファンルロイ。サイモンの一人息子で潜入捜査官のマックスが凶弾に倒れた。息子を殺害した犯人を探し出すため、ギャングが集まる危険なエリアに一人踏み込むサイモンだったが…。

「沈黙の報復」 の作品情報

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
原題: RENEGADE JUSTICE/URBAN JUSTICE

「沈黙の報復」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

沈黙の報復の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
96分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 RDD47300 2008年04月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
21枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:26件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全26件

新たな局面ネタバレ

投稿日:2008/03/31 レビュアー:masamune

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「オヤジの映画祭」3本連続公開の1つ。「沈黙のステルス」(レビュー済)→「沈黙の激突」(レビュー済)→「沈黙の報復」(本作)。本作を劇場公開したのはブラジルと日本のみ、米国を含む全ての国がDVDスルーの中で、第2の故郷「日本」の人気は特筆モノ。鮮烈なデビュー作「刑事ニコ/法の死角」から20年・・・何の進歩も無いが(笑)、彼の生き様も含め、これからも慈悲に近い愛情を込めて見守りたい。

「オヤジの映画祭」の大鳳を務めたのも納得で、一番面白いのは間違いない。「沈黙のステルス」は駄作、「沈黙の激突」は映画的に破綻(笑)。本作は他のアクション映画と比肩出来るレベルと言えるし、親爺自身のファイティング・シークエンスも久々で、意外と頑張る。ファンとしては製作を一年休んで構わんので、昔の体型を取り戻せばと(笑)。

今回は今までのエッセンスの集大成的な面白さも有る。痛快アクション活劇を取り戻した事で、昔の劇場公開作並みのレベルに戻った事は、ファンとしても素直に嬉しい。Hollywoodで少数派に追い込まれたアクション映画に「喝!」を入れる。そんな彼の作品がレンタル店で高回転なのも、私は大いに納得できる。

最大の見所はセガール親爺が始めて○○する点だ。これはネタバレと言えども書けないので、是非ご自身で見て欲しい。新境地開拓と言える本作、何時もなら皮肉の一つも言う私が、褒めたまま親爺のレビューを閉じるのは珍しい(笑)。
  

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ちょっとスケールダウン!?ネタバレ

投稿日:2008/05/29 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

久々のセガール作品です。いつものようにそれなりに観れるのですが本作は
ボーダーラインぎりぎり(笑)息子を殺されて報復にでるというストーリーだが、
敵対するギャングたちはガキばっかりで弱そうだし(セガールが強すぎるという
話もあるけど)、結局は悪徳警官の仕業で最後にはそいつを倒すんだけど、
あまりにも普通の展開。

そもそも昨今では沈黙シリーズでないものの邦題ではセガール=沈黙と決ま
っているようで、それもどうなのかなと。確かに沈黙とついたほうが観るのだろ
うけど。沈黙の報復という邦題。これまでで最低かも。日本語おかしいし(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

・・・・

投稿日:2010/02/06 レビュアー:エロエロ大魔神

さあ〜沈黙シリーズいつまで続くか数えてみよう〜
段々、飽きてきた
展開がみえみえ!
善人が悪党を倒すばっかりで・・・・
たまにはあんたも悪党をやってみれば

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

善意を持った悪人

投稿日:2011/04/11 レビュアー:裸足のラヴァース

として信頼されるのが「マチェーテ」のおっさんギャング 「マチェーテ」はところでつまらなかったねえ ときどき寝てたので書いたメモも見つからずレヴューできない 沈黙の報告だ おっさんは客演 そういや昨日再見した「DENGEKI」にはラッパーのDMXやエヴァ・メンデスが出ていて 親父の人脈は広いね そういやイーストウッドの「バード」に親父の名前がある え〜何処に出てたよ見直さないと

こちらは親父のプロデユース まだこつこつ自分で作ってるんだねえらいや しかもこれは息子の復讐談だから自警団シネマを早くも先取りしてるわけだ まだ07年作品

息子の警官の謀略死の復讐のためギャングが二分する荒廃の町に犯人を捜しに親父は家を借りる 捜すたってとにかく強すぎるので 片っ端から怪しいやつを合気道でボキボキにして口を割らせるし殺しちまう アパートローラー作戦みたいなもので後は野っぱら リーアム・ニーソンみたいな巧妙さは何も無し 思慮分別もないのです

なんせ殺した犯人だけが目標で 背景なんてどうでもいいので これでは報復のための報復あなたも犯人と同じとか説教されるんだけど 俺のがワルだ とか言って蛙のつらにションベン 大量殺戮はもちろん素手ではできないので機関銃ぶっぱなし血しぶきが椿三十郎並に飛び散ります 結局ようやく犯人の白人刑事をぶっ殺したところで 合理的に復讐は終わり 最後に残ったニガーの悪党は放免 さっそうと現場を去って あいつこそ真のギャングスターだと称賛されてお終い これはこれで突き抜けていていいでしょう 親父は駄作も出しながらけっこう頑張ってるね 三ツ星は常に維持だから 次回作も「沈黙の放射能」ってとこで時流に乗ってもらいたいね

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

セガール近年の佳作!!ネタバレ

投稿日:2008/10/04 レビュアー:東雲

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


 面白かったんだけど、この点数。セガール映画にしては面白かったってことだからね。


 前作、「沈黙の激突」では「こんなのもう、沈黙の終焉だぜ」なんて書いたけど、起死回生の一本だった。
 よくわかってるな製作会社は。


 「沈黙のステルス」「沈黙の激突」で呆然とさせたファンを「沈黙の報復」で取り戻し、次に繋げるという商魂溢れるリリース法でしたでがす。


 この映画の驚くべきことは
 @カットが繋がっている!変な話だけど、ちゃんとした映画になっている。たとえば、ドアが開く→男が顔を出す・・・という風にカットが繋がっているのだ!
 まぁ、カットが繋がっているだけで、驚くべきことってのがすごいな、ほんと。

 Aストーリーがわかりやすい! 「セガール映画に複雑な心理描写や背景などいらねぇんだよ!」と言わんばかりのわかりやすさ。この映画のストーリーは「息子が殺された→セガール怒る」のみ。セガールの家族を傷つけて、生き延びた人間などいません。

 Bアクションシーンがある! この映画のセガールは「ワル」! 悪人です。以前のような「環境を破壊するヤツはぶっ殺す!」という、行動自体がギャグな善人じゃなく、悪人。
 悪いヤツの耳を吹っ飛ばし、「俺を舐めるなよ!」と。すげえ。

 
 アクション映画らしく、セリフもかっこいい。「あなたはなんでこんなに強いの?」と聞かれ、セガールが「ビデオを見て家で練習したのさ」など返すなど。

 というわけで、沈黙の「ステルス」「激突」は絶対に借りてはいけませんが、この「報復」なら、間違って借りてしまっても損はないですよ。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全26件

沈黙の報復

月額課金で借りる

都度課金で借りる