卑劣な街

卑劣な街の画像・ジャケット写真
卑劣な街 / ナムグン・ミン
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

16

  • DVD
ジャンル:

「卑劣な街」 の解説・あらすじ・ストーリー

『マルチュク青春通り』のユ・ハ監督と『バリでの出来事』のチョ・インソンがタッグを組んで贈るノワールアクション。野心に燃える三流ヤクザが、生きるか死ぬかの“卑劣な世界”で欲望に翻弄される様を、暴力描写満載で描く。PG-12作品。

「卑劣な街」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: 韓国
原題: DIRTY CARNIVAL

「卑劣な街」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

卑劣な街の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
140分 日本語 韓国語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 GNBR1590 2008年02月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
17枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:16件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全16件

“悪人”といわれる“善人”,“善人” といわれる“悪人”

投稿日:2008/03/18 レビュアー:サランヘ

さえない暴力団のナンバー2であるビョンドゥ(チョ・インソン)は,野心はあるが這い上がれず,組の若手の面倒を見るので精一杯の毎日を送っています。
ボスにはいいように使われ,組織内ですることといえば,踏み倒された借金を回収して回る程度のことで,やっと手にしたゲームセンターの経営権も,営業をめぐる他の組とのトラブルで後輩に奪われてしまいます。
そんなビョンドゥに,組織の後見人であるファン会長(チョン・ホジン)が「未来を保障してやるから,自分を困らせる部長検事を処理してくれ。」と要請してきます。
苦悩の末に,ボスには内緒で組の若手・チョンス(チン・グ)と手を組み,危険な賭けを選択し,見事に会長の要望に応えたビョンドゥは,会長の信頼と後ろ盾を得て,新しい事務所も手に入れ,苦労をかけてきた病弱な母親にも楽をさせることができ,何もかもうまくいっているように見えます。
そんなある日,映画監督になった友人・ミノ(ナムグン・ミン)と再会します。
やくざのビョンドゥにも変わらぬ態度で接し,同窓会に誘ってくれるミノ。さらに初恋の相手ヒョンジュ(イ・ボヨン)とも再会し,自分とは異なる世界に暮らす旧友たちと接することで,ビョンドゥはつかの間の安らぎを覚えます。
一方,映画監督としてなかなか芽が出ないミノは,“やくざ映画と撮りたい”と考えており,友人として心を許していたビョンドゥは,彼を苦しめ続けてきた秘密をミノに話すことから,ドラマは一気に核心に入っていきます。

主役のチョ・インソンは,これまでの貴公子的なイメージを捨て,さえない極道者を好演していますが,どうしても“いい人”に見えてしまいます。
外観は,刺青に短髪の野暮ったい格好でも,もともとスマートなハンサムボーイですから,過激な暴力シーンもスタイルのよさが邪魔をして,本当に格好良くみえてしまいます。そんな,インソン君を見ているだけで十分満足という方も多いと思いますよ。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

まさしく3K

投稿日:2009/08/03 レビュアー:エロエロ大魔神

まさしく3K!「危険・汚い・気持ち良い」???

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ヤクザなチョ・インソン

投稿日:2009/06/01 レビュアー:rosemama

現在、兵役中のチョ・インソン君。
兵役前に撮った、主演映画「霜花店」(サンファジョム)は、日本では、秋公開予定だそうです。
今から、楽しみです。

2004年「バリでの出来事」での、インソン君の御曹司役の貴公子ぶりには、目を見張るものがありました。
そんな、イメージから思いっ切り抜け出し、挑戦したのがこの、ヤクザ役です。
さえない三流暴力団のナンバー2を演じています。
脅し、恐喝、嫌がらせ、組のため、兄貴のためなら、なんでもやるビョンドゥ
「ある人を処理してくれ」と言われれば、自ら手を汚していきます。
病弱の母親のため、家族を養うために・・・・
そして、次第にヤクザの抗争の深みにはまっていきます。
明日はわが身、とも知らずに・・・

生きるか、死ぬか、やるか、やられるかの世界
こんな「卑劣な街」でのインソン君ですが、何気に「人の良さ」というか、ヤクザになりきれない感じが、見え隠れしています。
顔立ちのせいかもしれませんが、三流ということで、なりきれなくてもいいのかも

この映画で、大韓民国映画大賞主演男優賞を受賞しています。
授賞式には、「胃が痛くなり、吐きそうになった」なんて、可愛いエピソードが残ってます。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

また違ったチョ・インソンの世界です。ネタバレ

投稿日:2008/03/17 レビュアー:ドラ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

今回のチョ・インソンは財閥の御曹司でもなく、情熱的な年下男でもなく、いつもおちゃめなインソン君ではありません。
三流組織暴力団のナンバー2の役です。
病気がちな母と妹や弟の学費のために成功しようと殺人まで犯してしまうヤクザです。
アクションシーンも盛りだくさん。
「ピアノ」でも裏社会に足を踏み入れてしまう少年を演じていましたが、あれから5年でしょうか…大人の魅力を存分に振りまいてくれました。
また、ファンにはうれしい愛する女性への一途な思いも見れます(少ないですが)

共演者も名脇役チョン・ホジン、いつも渋いおじさまです。
「ある素敵な日」のナムグン・ミン、
特にチョ・インソンの弟分役のチン・グなんかは、主役をくってるんじゃないかと思うぐらい印象的でした。

こういう世界じゃなくてもどの世界にも多少あるであろう裏切りや足の引っぱりあい、一度犯した大きな過ちにより破滅への道を突き進んで行くビョンドゥ(チョ・インソン)の姿はとても悲しく空しい気分にさせられた。
この映画は、そんな切ない男の生き様を見事に表現できてたのではないでしょうか!?

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

一体、どうしてこんな人生になってしまったんだろう??ネタバレ

投稿日:2008/07/28 レビュアー:ひよママ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 中間管理職の苦しい「ヤクザの人生」をチョ・インソンが大熱演。「刺青にパンツ一丁」なんて姿も披露し、本当に頑張っています。

 彼は「後ろ盾も何にもないヤクザ」として、「生き残る」ため「危ない橋」を次々渡ることになるのだが、久しぶりに会った初恋の人から「どうしてこんな仕事をしているの?」と尋ねられ、答えに困ります。

 「一体、どうしてこんな人生になってしまったんだろう?」
貧しい境遇から彼なりに考えた上で「ヤクザの世界」に入ったものの、「義理を守る」だけでは生き残れない。
みんなを食わしていかれない。
甘い恋にひたることも出来そうもない。
逆境にいても逃げも隠れも出来ない。
そんな「苦々しさ」が、画面からヒシヒシと伝わってきます。

 完成した幼馴染の映画を見るところから、映画は急展開。
テンポよくラストまで一気に進みますが、見終わった誰もが、主人公の「泥臭い人生」を決して「無意味」とは感じないと思いますよ。
暗くて長い映画だけれど、心に訴えるものがあるなあと。

 ヒロインはドラマ「ソドンヨ」のイ・ボヨン。
幼馴染の「映画監督」を、ドラマ「ある素敵な日」で水族館のボスだったナムグン・ミン。
「一番の子分」をドラマ「オールイン」でイ・ビョンホンの子役だったチン・グ。(この役は彼しかない!!)
それぞれが、好演しています。
 余談ですが、日本版を作るなら、あの「映画監督」は「堺雅人」がピッタリだと思うのは私だけでしょうか??





 

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全16件

卑劣な街

月額課金で借りる

都度課金で借りる