アレックス・ライダー

アレックス・ライダーの画像・ジャケット写真
アレックス・ライダー / アレックス・ペティファー
全体の平均評価点:
(5点満点)

58

  • DVD
ジャンル:

「アレックス・ライダー」 の解説・あらすじ・ストーリー

 アンソニー・ホロヴィッツの世界的ベストセラー小説を映画化した冒険スパイ・アクション。MI6にスカウトされた少年スパイ、アレックス・ライダーの活躍を軽快なアクションとスパイ小道具満載で描く。ティーンエイジャーのアレックス・ライダーは、一緒に暮らしていた叔父イアンが謎の死を遂げたのをきっかけに、イアンが英国諜報機関MI6の諜報員だったことを知る。幼い頃から、スパイに必要な能力を本人も気づかぬうちに仕込まれていたアレックスは、MI6にスカウトされる。さっそく、IT事業の成功者ダリル・セイルを標的とする潜入捜査という初ミッションにとりかかるアレックスだったが…。

「アレックス・ライダー」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: ドイツ/アメリカ/イギリス
原題: STORMBREAKER

「アレックス・ライダー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

アレックス・ライダーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
93分 日本語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CKDR10104 2008年02月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
21枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:58件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全58件

お!ユアン・マグレガー・・・え?ええ〜・・・?ネタバレ

投稿日:2008/04/25 レビュアー:こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 主演のアレックス・ペティファーは多数参加のオーディションを勝ち抜いたと言うイケメンで、まるで若い頃の私を見ているような錯覚を・・・(こら!そこ。その感想が錯覚だなんて、笑ってるんじゃありません)

 荒唐無稽っちゃあ、そうなんですが、アレックスがいきなりMI6にスカウトされて、
「僕はそんなことできない」
と言いつつ、見事な身体能力を見せます。
 MI6の工作員だった叔父に、幼い頃から仕込まれて、本人も知らないうちにスパイとしての資質を充分持ち合わせていたと言う設定は、荒唐無稽なプロットに意外な説得力を持たせてますね。

 CGも使ってますが、それに頼り切っているわけではない作り方は好感が持てます。アクションシーンもロープを使ったりして、なかなかのクォリティです。
 まあ、主人公が14歳という設定なのでカーチェイスはありませんけど、自転車や馬で上手に補ってますね。

 「ストームブレイカー」とウィルスを街にばらまこうとする事の関係性がよくわかりませんし、ストーリーはなんてことないっていうか、ある意味破綻してるんですが、面白いからまあいっか。
 昔、似ていると言われたミッキー・ロークが、なかなかいけ好かない嫌なオヤジをうまく演じてますね。「ナインハーフ」の頃の危険な色気は薄れましたけど、相変わらず危ないオヤジ健在です。

 続編があるんだろうなって終わり方をしますけど、シリーズ化されるみたいですね。「007」と「スパイ・キッズ」の中間の年齢層を狙っているんでしょうが、そう言う意図がハッキリしているって言うのはいいんじゃないでしょうか。

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

親子でどうぞ♪ネタバレ

投稿日:2008/01/25 レビュアー:エファ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

主人公であるアレックス・ライダーには、16歳のアレックス・ペティファー。なかなかのイケ面君ですよ。
誰かに似てるなぁ〜と思っていたら、『ハンニバル・ライジング』に出ていたギャスパー・ウリエルに少し似てるかも。

ただ、主人公だけど新人だからかエンドロールのクレジットは八番目。

要するに『スパイキッズ』等のスパイものなんですが、だからと言って『007』と比べちゃダメですよ。こちらは、多少年齢層は若いですから。

主人公が14歳の設定なので、カーチェイスとかの盛り上がりはありません(序盤に少しありますが)。武器もヨーヨーとかペン、そしてニンテンドーDSです(笑)
このDSの絡みなのか、なぜか日本テイストも入ってるんです。変な日本語が出てきますよ〜。

悪役のダリウスですが、なんと私の大好きなミッキー・ローク。しかしこの役で出ている風体は、ダリウスではなくミッキー・ローク本人が本人を演じているナリしています(笑)

アレックスの叔父イアンは、ユアン・マクレガー。出番は少ししかありませんが、序盤で素晴らしい盛り上がりを見せてくれています。

私が1番驚いたのは、マーシャル・アーツ指導でドニー・イェンが加わっている事です!
最初の方で、アレックスが数人の男ども相手に暴れるシーンがあるんですが、長いロープを巧みに操るんです。この技、ドニーが『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ天地大乱』で本人が見せた技です。思い出して再び痺れました♪

あと、MI6のボスとしてビリー・ナイが出ています。

ダリウスの秘書のような女性が出てくるんですが、顔がギャグです。
どう見ても研ナオコ。どこで見付けて来たんだか・・。

監督はジェフリー・サックス。この原作本は、現在六作ほど出ているという事なので、恐らく映画としての続編も出そうな気がします。

主人公であるアレックスがスパイとしての第一歩となった作品という事だけあって、とってもイライラします(笑)
訓練と称して軍隊へ入隊させられたりもするんですが、そこでの物語りはかなり小さくまとめてあって、ちょっともったいなかったです。

ロマンスも14歳なみに、少しあります。
音楽がちょっとうるさかったかなぁ〜。

でも、スパイものがお好きな方なら楽しめるかと思いますよ♪

ラストのアレックスの微笑みで終わらすシーン、とっても良かったです。アレックス君の魅力を、十二分に引き出したと思いました。

お勧めします。

ちなみにこの作品の小説の表紙は、漫画家の荒木飛呂彦さんが書かれてらっしゃいます★

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

主役の子のPV作品

投稿日:2008/11/29 レビュアー:ナナメ歩き

おそらくアレックス役の子は、これから業界挙げて押していくのだろうが、作品自体はごくごくありふれたものである
ベストセラー小説の映画化だそうでだが、メインのスパイグッズもそれなりで、アレックスの身体能力の方が目立つのがおしい気がする
娯楽作品なので、深いところまで煮詰めず、派手な演出に重点を置いたのだろうが、それがかえって平凡な作品にしてしまっている

ジャニーズ好きの女性には手放しでオススメする、他の方も頭をあまり使いたくない時にでもどうぞ。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

U18ジェームスボンド?MI6ユース?

投稿日:2011/04/02 レビュアー:みむさん

これも事前なし鑑賞。後で知ったけど、原作がヒットしたようですね〜。

主人公アレックスの叔父が謎の死を遂げ、
後々叔父がMI6の諜報員だったことを知る。

その復讐のためといううたい文句でMI6にスカウトされ
最年少スパイとなるべく訓練をつんでいきます。

が、叔父に知らず知らずのうちにスパイのいろはを仕込まれていたため
訓練もやりとげ、デビュー戦に挑む!

つうお話で、
初ミッションの潜入先の会社社長が
ミッキーロークで(笑
パッと見からして極悪人間です(爆
フツーにしてたって、なんかやらかしてそうな風貌です。
しかも、アイシャドー入れてる・・・・・・(汗

悪玉社長の陰謀をつきとめ阻止するっていう
まあ、よくあるスパイ映画のストーリーですが、
MI6ユース(勝手にそう呼ばせてもらう)にしては
デキる子ですよねえ。
スパイグッズに任天堂DSとかヨーヨー改造版とか
カーチェイスではなく、チャリンコチェイスだったり、
ユース世代ならではの小物やシーンがちらほら。

ユアンマクレガー(叔父役:冒頭で退散)、ミッキーローク、ビルナイ
なんかが脇を固めてました。

期待してなかった分、見終わった後は「意外に楽しめた」という感じでした♪

主役の男の子、スゲー顔がキレイ。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

若くても死ぬネタバレ

投稿日:2010/05/02 レビュアー:裸足のラヴァース

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

大人の真似はしても成長したくないガキの映画「スカイクロラ」に対して 同じガキが主人公でもこちらのがずっと素晴らしい活劇映画だ! ボクはこちらを断固として推薦するよ ガキ共に

アレックスは子供の感性をまったく失ってない14歳だけど とてもクールですでに大人の知性と判断力を培っているガキ そんな主人公に心理的葛藤などを演じさせづに90分台のスパイ映画をでっちあげる つまりこの映画自体が大人の映画なのだね アメリカ資本が一番入ってるのだろうが 独英合作の英国映画の気品があるんだねえこれが

撮影良し 美術優秀 簡潔な本 キャラも良し ロング・ショットを贅沢に一瞬だけ決めたりするのもお見事 つなぎも思わずにやりとなるハリウッド的なてきぱきしたもの 子供が鑑賞するレベルにはもったいないよ 007映画の予算は使えなくてもまったく絵の力が負けてないね 主人公アレックス君の役の子を顔で演技させないとこなんかは唸るねえ

しかしなによりも英国もどきハリウッド映画になってしまっている昨今の「アリス」「ウルフマン」「ホームズ」よりも 抑制のスキルとユーモアの美学においてよっぽど英国映画的であるのが好ましいなんせラストは馬とローバーミニで決めてくれるんだから 冴えてますこの演出家はね

ちょっとあれまと思ったんだけど 適役の殺し屋が最後に出張って来るんだけど重要な役柄で この人はどうしたって死んだことになってるユアン・マクレガーが変装してるって設定だとばかり思ってたんだけど 違うんだねえこれが つまり父超えのテーマを次回作で展開するような結末なのかしらね それにしてはもう4年も前の作品 続編はないのかな 同じキャストスタッフで見てみたいけどねえ  

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全58件

アレックス・ライダー

月額課金で借りる

都度課金で借りる