沈黙のステルス

沈黙のステルスの画像・ジャケット写真
沈黙のステルス / スティーブン・セガール
全体の平均評価点:
(5点満点)

25

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「沈黙のステルス」 の解説・あらすじ・ストーリー

 「沈黙の戦艦」のスティーヴン・セガール主演のサスペンス・アクション。米軍が誇る最新鋭ステルス戦闘機が訓練中に盗まれた。国家最強の兵器がテロリストに渡るのを阻止するため、スティーヴン・セガール扮する最強パイロット、ジョン・サンズに過酷なミッションが課せられるのだったが…。監督は「沈黙の奪還」のミヒャエル・ケウシュ。

「沈黙のステルス」 の作品情報

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
原題: FLIGHT OF FURY

「沈黙のステルス」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

沈黙のステルスの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
98分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RDD44967 2008年02月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
6枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:25件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全25件

果たされたリベンジネタバレ

投稿日:2008/01/25 レビュアー:masamune

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「オヤジの映画祭」で3本連続公開された内の1つ。「沈黙のステルス」」(本作)→「沈黙の激突」→「沈黙の報復」。もう沈黙と付くだけで分る親切さに、何の違和感も無い。寧ろRutger Hauer主演「沈黙のテロリスト」の様に錯覚の懸念すら有る。
米国はDVDスルーも、第2の故郷「日本」の人気は特筆に価する。

Steven Seagalとステルス機と言えば「エグゼクティブ・デシジョン」は忘れられない。Kurt Russellと「両雄並び立たず」の格言通りの展開に、ファンは苦渋を飲んだ。
今回は最新鋭ステルス爆撃機X−77が盗まれ、親爺が奪還。積年の溜飲が下がる思いをファンも、そしてSeagal本人も感じてるだろう。その証拠に本作では脚本も書いてる。
因縁のF-117を始め、ファンも納得の面子も登場。本気で作れば、アクション大作に成る事は間違い無い。

しかし実際は低予算な作劇に終始。戦闘機も大半がアーカイブで迫力が無い。スタントWで、カット割りで誤魔化す何時ものパターンで、ファイティング・シークエンスも迫力が無い。「刑事ニコ/法の死角」のキレは何処へ(笑)。
ストーリーの脱線振りもは酷い。親爺の作品には寛容だけど、これはアカンやろ(笑)。未見の方の為に詳しい記述は割愛しますが、テロの目的とステルス爆撃機が、全く噛み合ってない。

まあ、Seagal作品に整合性を求める方が間違ってるのは百も承知。ご利用の際は、分った上でお楽しみ下さい(笑)。

このレビューは気に入りましたか? はい 21人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

完全に消えました

投稿日:2008/03/19 レビュアー:裸足のラヴァース

冒頭やばい 親父が記憶を消去されそうに陥っています ここはどこでしょう そこにいる看護婦みたいなお姉さんがすでに親父の手のもの 外の廊下を掃除してるお兄さんも 仲間です どこどこ人を殺して なんなく脱出 お兄さんのトラックの下にもぐりこむシーンのあと 検問所で車の下探知機械で入念に調べられるのですが 無事スルー 建物の外に出ると 親父がトラックの幌の上にへばりついています 爆笑そのいち 誰も上から見てないんかい こら〜〜!

なんと すくりーんぷれい ばい セガール親父 これはもう自分の台詞を削りまくる魂胆 「そこに飛行機がある」とか「おまえは黙ってろ 話したくない」とか抑揚なく片言にしちゃいます トラックの下から上によじ登るシーンは省いてますから 体を動かさないのも重要な脚本作りのこつ 機関銃も水鉄砲みたいにいいかげんに撃ちまくります これはいいんですよ お年寄りですからね 「ニコ」なんかはかっこいいでしょ若い頃の貯金効果はありますからなるべく体力使わず 年をとったら楽を目指していいんですよ ボクなど大いに共感します姿勢です

話はいいからかんで 難しい軍事事情はもう一人の脚本家に任せぱなしなんでしょうね このブリキの固まりみたいなステルスはほんとに 消えちゃうんですね ステルスって要するに 低空で飛んで音も少ないので レーダーに捕まらないとかが 沈黙の意味なんでしょうがそれを誤解してるのでなく 電磁波パルスとかで消えてしまうんですと 科学的に必死に説明してるわけで どうなんじゃろか マサやんも言ってますが 大局的な状況とテロリストとの基地での戦いが まったくかみ合わずに話は 最後の劣化版の「ファイアー・フォックス」な戦いに これがなんのらしき演出もなく しらないうちに終ってしまって 思わず巻き戻してしまいました サーヴィスにテロリストのお姉さんが レズの気があったりしての意味不明なシーンなどあります 
ほんまかいなそうかい(爽快)な シネマです 

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

まんねり?

投稿日:2008/02/12 レビュアー:エロエロ大魔神

おいおいマンネリ化してきてないですか?
沈黙シリーズは全て制覇していますが、ネタ不足としかいいようのない展開と内容です!セガールが飛ぶちは思わなかった!今までは格闘系だったのに・・・・少し失望した!

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

この映像はあり得ないな。興醒め。。。ネタバレ

投稿日:2008/09/13 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

スティーブン・セガールのいつものやつです(笑)今回は最新鋭のステルスを奪わ
れたということでセガールがアフガンに奪回に乗り込む。結果はもちろん成功。

セガール作品はある程度のことには目をつぶりますが今回はちょっと酷かったな。
F−16やステルスは本物の撮影などは軍の許可がおりるわけなどないが、CG
ではなくインフォメーションビデオかなにかの映像をつなぎ合わせてる。異様にそ
こだけ画質が悪いし興醒めだ。CGつくる予算なかったんだろうね。
それに潜入があまりにも無茶。いくらシールズといえども敵のど真ん中にたった6
人で乗り込めばそりゃあ全滅するでしょ。それに比べてセガール達の強いこと強
いこと。それでも仲間2人は死んでセガールとジェシカだけが生還。

空軍、海軍の司令部がでるがそこでのやりとりがまたお粗末。アメリカンジョーク
なのだろうが、笑えないし、粋でもない。翻訳も冴えない。

沈黙シリーズ(実際はもうずいぶん前から沈黙シリーズではないのだけれど)の
中では下から数えた方がいいかもしれない。これを舞台にするのならある程度の
予算とってからにしましょ。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

うまくゆきすぎ

投稿日:2009/01/05 レビュアー:こうさま

評価71点(100点満点)
おなじみセガールおやじの沈黙シリーズ。今回はパイロット役で盗まれた最新型ステルス機をテロリストから奪回する役どころ。少し以前に比べると動きが重たいセガールおやじだが、やはり最強のおやじ、ガンアクション、ナイフアクション、おまけに戦闘機アクションまで見せてくれる。ストーリーはいたって単純、ややこしい裏切りもなく、素直に楽しめるところがよい。ちよっとおまけのお色気シーンもある。いくらなんでもうまくゆきすぎという感じはするが、あまり深く詮索せずに見ればよい。
SR−71ブラック・バード、F−16ファイティング・ファルコン、C−130ハーキュリーなんかの実機が登場するので、航空機マニアの方は必見かも。規模の大きい今回の「沈黙作品」でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全25件

沈黙のステルス

月額課金で借りる

都度課金で借りる