変人村

変人村の画像・ジャケット写真
変人村 / ヴァンサン・カッセル
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

6

  • DVD
ジャンル:

「変人村」 の解説・あらすじ・ストーリー

仏映画の革命児、キム・シャピロン監督が、ヴァンサン・カッセル主演で贈るサタンスリラー。クリスマス前日、バート、ラジ、タイはヤスミンとイヴという女性をクラブでナンパする。そして、5人は1台の車に乗り込み、イヴの実家に向かうのだが…。

「変人村」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: フランス
原題: SHEITAN

「変人村」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

変人村の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
87分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/フランス語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/フランス語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
KIBR606 2007年12月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
13枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

たしかに怪演だがネタバレ

投稿日:2008/11/25 レビュアー:ナナメ歩き

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

あの小粋でちょいワルなヴァンサン・カッセルが、ハイテンション髭もじゃのメタボおやじを演じている、キャストを見ていなければ気付かないかもしれない
が、それだけの作品です、いくら監督と知り合いだからと言っても、よく引き受けたものだ。

物語は男性3人が女性をナンパするところから始まる、郊外にある女性の家へ誘われ着いて行くと、そこは悪魔崇拝者達の村だったという話である
かなり脚本に不満が残る、ヴァンサン・カッセル演じるジョセフはもとより、村人達もかなりアクが強くいいキャラばかりなのに、一体何がしたいのか分からない、ジョセフは目的があるのだが、村人達は協力しているとも思えないし、かっと言って生贄が来たことに喜んでいる様子もない
そして一番の不満は、序盤から伏線が張ってありラストに繋がるのだが、「えっ?それだけのために?」近親相姦以外悪魔崇拝は関係ないのでは?って感じで、尻すぼみにも程がある
映像的にはいいものがあるのに勿体無い限りである

ヴァンサン・カッセルのファンの方は、観ないほうがいいかもしれない、それ以外の方もジョセフのアップにうなされるかも。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

お勧めできないですね

投稿日:2008/06/09 レビュアー:みなみ

若者達が立ち寄った村には、異常な人々がいた…という、使い古されたストーリー。
でもどんな映画でも見所はあるもので、
1、ヴァンサン・カッセルが出ている。野卑な男を嬉々として演じていた。かなりノリノリ。
2、オチがある意味すごい。やられた〜ではなくあきれるけれど、インパクトはある。めったに見られないものを見た。
…というわけで、ヴァンサン・カッセルのファン以外には、お勧めできないですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

カッセル楽しんでいるような。。(笑)

投稿日:2010/05/20 レビュアー:元レンタルビデオ店長

ヴァンサン・カッセルが陽気な変態おじさんです。キモ怖いです。ちなみに原題は「サタン」で、悪魔崇拝の変なおじさんです。でもね、「身も心もサタンに捧げる〜」なんて事は言ってないから、よく分からん陽気な変なおじさんです。モニカ・ベルッチも出演しているらしいけど、分かりません。この映画、ポコティンもおぱーいも見えます。はい。

カッセルおじさんは、若手の育成に熱心のようで、低予算映画にもたくさん出演しているみたいです。ホントは優しいおじさん。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

まぁまぁネタバレ

投稿日:2008/04/16 レビュアー:おいでよらっきょの森

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

の出来です。でも、少しスリリングではありました。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ヴァンサン・カッセルの気合は買うけど少々半端な怪奇譚ネタバレ

投稿日:2007/12/22 レビュアー:Tsugu

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ヴァンサン・カッセルが主演、製作とエラク気合を入れてる風の作品なんですが、終盤まではかなり退屈なんだな。

ナンパしたネェちゃん達(ヤスミン&イヴ)としけ込もうと一晩かけて辺境の村に住むイブの家へ向う若者達。只ならぬ雰囲気の村並みや屋敷の雰囲気に戸惑いながらも使用人ジョセフの歓待を受けてご満悦、しかしこの使用人かなり危ない男だった...

まぁ、スケベ心が身の破滅を呼ぶって話なんだけど、ヴァンサン・カッセルの気合十分の役作りとは裏腹に舞台設定の演出が中途半端で使用人ジョセフを取り巻く人々や村自体の雰囲気に異様さが余り感じられないんですね。ここらへんに突き抜けた部分が見れれば興味津々でのめり込めたんだろうけど。

終盤になってギヤチェンジ、やっとテンション上がってきます。バイオレンス度大幅アップで血生臭さを維持しながらエンディングへ、ここでも肝心の伏線をオーラスの前にあっさり見せちゃうと言う詰めの甘さが感じられてもったいな無いな。

犬の股間をまさぐり欲情させる変態娘とか立ったまま破水し出産!なんて余り見ないようなシーンが散りばめられて結構、奇奇怪怪な作品では有りました。それにしてもモニカ・ベルッチ、ホントに出てるらしいんだけど分かんなかった、もう一回見る気力ネエし・・・、でも気になる(笑)。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全6件

変人村

月額課金で借りる

都度課金で借りる