プロジェクトBB

プロジェクトBBの画像・ジャケット写真
プロジェクトBB / ジャッキー・チェン
全体の平均評価点:
(5点満点)

79

  • DVD
ジャンル:

「プロジェクトBB」 の解説・あらすじ・ストーリー

 お人好しの泥棒3人組がひょんなことから赤ちゃんの面倒を見るハメになり、その元気な赤ちゃんに振り回されるジャッキー・チェン主演のアクション・コメディ。共演はマイケル・ホイと「エレクション」のルイス・クー。監督は「香港国際警察/NEW POLICE STORY」のベニー・チャン。サンダル、フリーパス、大家の3人は腕のいい泥棒チーム。そんな彼らのモットーは“盗みはすれど非道はせず”、強盗や誘拐には一切関わらないと固く誓ってきた。しかし問題山積の私生活がアダとなり、追いつめられた3人は、ついに信念を曲げて富豪の赤ちゃんを誘拐してしまうのだが…。

「プロジェクトBB」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: 香港
原題: ROB−B−HOOD

「プロジェクトBB」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

プロジェクトBB ディレクターズ・カットの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
135分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/広東語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNBR7780 2007年09月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
28枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:79件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全79件

涙、笑い、アクション満載の 久々の香港映画ネタバレ

投稿日:2007/09/28 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ジャッキー・チェンが、かつての盟友ユン・ビョウ、マイケル・ホイと久々に共演したアクション・コメディ。

久々の美味しいキャスティングに、ワクワクして観ました。
アクションシーンも、何気ない動作に見えるけれど、普通の人がやったらなら、絶対できないような、難しいことを、簡単にこなして、相変わらずの、体を張ったシーンに、思わず笑みがこぼれました。
まだまだ、ジャッキーのカンフーは健在ですね。
最近の、アクション映画といえば、激しい銃撃戦があったり、CGを駆使したド派手なアクションものが多い中、ワイヤーも使わず、エアコンの室外機の上を、ジャンプしていく姿には、驚いてしまいました。あのアクションは、誰にも真似ができません。
それが、彼の魅力ですね。
しかし、エンドロールで、アクションに失敗して、痛がる53歳のジャッキーを見て、流石に私の心も痛みを感じてしまいましたが・・・

アクションだけではなく、子を思う親の心情が様々な形で描かれていて、少々目がウルウルしてしまいましたが・・・
ジャッキーは、ギャンブルはするし、泥棒をするし、借金まみれで、父親からは、勘当同然。
しかし、ヒョンなことから、赤ちゃんを世話することになり、何かが変わったのでしょうね。きっと親の気持ちがほんのちょっと、分かったのでしょうか?
父親に心から「ごめん」と謝る。そのシーンには、グッときてしまいました。

そして、吹き替え版では、ジャッキー役の石丸博也さんと、マイケル・ホイ役の広川太一郎さんのアドリブが最高です。
残念ながら、吹き替え版は、時間がないので全部を観ることはできなかったのですが、広川さんのアドリブには、爆笑です。
もし、時間の許すなら是非吹き替え版もお試しを・・・


このレビューは気に入りましたか? はい 19人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

マチューの受難ネタバレ

投稿日:2007/08/28 レビュアー:裸足のラヴァース

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

今夏はあまりの暑さに 映画館に涼みに行くってかんじで けっこう映画は観てるんですが 感想はちょこっとメモにしてほっぽりだしてあって さっぱり中身を思い出しません それでももったいないから 少しずつ思い出しながら 簡単なレヴューで 秋に向けて頑張ろうと思います 少し投票してね涙

この映画はとても良いです 推薦します さすがに香港で作ってるシネマです「香港国際警察」のベニー・チャンだし ルイス・クーも マイケル・ホイも憎いキャスティング 何故強く推薦したかと言うと 今日観た「ラッシュ・アワー3」があまりにも ひどい出来なので ちょいショックを受けて アウェイではなく ホームでしっかり作ってある こちらでジャッキー映画を見捨てないで欲しいからです

これも「トモロー・ワールド」な赤ちゃんが出てくる シネマでまるで ジョン・フォードの「三人の名付け親」みたいな内容です 父と息子の物語であり 父が息子へ持つ妄執を描いていて なにやら不気味な背景を持っています 演出もアクションも過不足なく物語を盛り上げ ジャッキー映画の健在振りを充分味わえるのです

このレビューは気に入りましたか? はい 14人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

泣ける3人ネタバレ

投稿日:2007/08/29 レビュアー:勝王

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ジャッキー・チェンにユン・ピョウにマイケル・ホイ。それだけでもう泣けてしまうのは私だけじゃないと思います。
 ジャッキーとマイケル・ホイが本格的に競演したのは「キャノンボール」とか特別出演みたいなのを除けば初めてでしょう。2人が同じ画面に入っているだけで幸せです。それに、エンドロールではやっぱりNG集があって、その中でジャッキーがマンションの室外機をピョーン、ピョーンと飛びながら下に下りてきてユン・ピョウと絡むという驚異的な長回しの場面があり、ユン・ピョウがセリフをとちってジャッキーが「もう、下に降りてくるの怖いんだからトチルなよ!」と切れるのですが、それを見たときは感慨深いものがありました。京劇で鍛えられた五福星時代から香港映画の様々な歴史を生き延びて、年老いてなおアクションに挑む2人。デビューのころからずっと同時代で見てきたので、ちょっと心を打たれました。ジャッキー演じるサンダルと父親の話なんかも、「失われた龍の系譜」なんかを思い出してしまって。
 マンションの室外機を降りていくところは、ジェット・リーの「ブラック・ダイヤモンド」を思い出してしまいました。アレに対抗しているんじゃないですかね。こっちの方がカット割ってないですし、途中からはたぶんネットも張ってないと思います(最近はCGで消したりするから油断できませんが)。
 話は「スリーメン・アンド・ベイビー」なんですけど、見事にジャッキー映画になってました。赤ん坊の乗った乳母車が自動車に引っ張っていかれて、それをジャッキーたちが追っていく場面が凄かったです。この場面だけで満足。バスター・キートンばりのアクションと、赤ん坊を軸にした吉本新喜劇みたいな人情喜劇がうまくマッチしていて、「プロジェクトA」路線と「ミラクル」路線の二つの流れがちゃんとここで合流しております。
 敵ボスの屋敷でのアクションも今までのジャッキー映画のレベルを下回っておりません。いつまでこんなアクションやるんでしょうか。アクションに込めたアイデアも素晴らしいです。いつ見ても新しいアクションを見せてくれます。
 マイケル・ホイは相当老けてしまいました。でもいい顔していたなあ。「大家」という役柄に合っておりました。
 敵も味方もいろんな理由で一つの場所に集まってしまって、それぞれの立場をごまかして、という香港映画伝統のお笑いもあって、いろんなものがこの映画にはあります。赤ん坊の大便が顔にべったりとか、えーっと思うような汚い場面も。ベタベタの芝居も。ラストは「プロデューサーズ」みたいになって、とても幸せな気持ちでした。
 ジャッキー映画の集大成のような映画ですが、あくまでもジャッキー映画なので、それ以上のものは求めても何にもありません。
また、ジャッキー映画のいろんなものがある、ということは、良いものもあればダサイ?ものもあるわけで、人によっては耐えられないくらいベタなやり取りもあります(赤ん坊絡みのお笑いとか)。そのあたりはきついなーと思いながらも、基本的には好きなんです。もう慣れた、というのもあります。
 とやかく言ってもいい映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

やっぱりジャッキーには香港は似合う!。。。。がっ!?ネタバレ

投稿日:2007/10/18 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

香港以外を舞台にしたジャッキーの作品はやはりどこか違和感があるのは否め
ない。これはジャッキーファンならずとも異論のないとこだと思います。
しかもこの作品にはかってのゴールデンコンビであるユン・ピョウが競演。これは
あきらかに昔のファンを狙った作品ということに他ならないでしょう。
しかもその年代を考えれば赤ちゃんネタは感動にもつながるとの計算も含め、
忘れてはならない、ジャッキーアクションも炸裂。
スタッフ一同でここまでの狙いをこめたのでしょうね。

がっ!どれもこれも中途半端でした。残念ながら。。。
ユン・ピョウを見れたことは嬉しかったけどね。昔に戻るコンセプトがちょっといき
すぎててジャッキー全盛よりも少し前のテイストまで盛り込んじゃってるとしか思
えない。つまりはちょっとやりすぎだと。策におぼれましたかね。
結局、平凡な作品になってしまいました。
ジャッキーの面白い作品って理屈抜きで「ジャッキーチェンは面白い」って気持ち
にさせてくれるのが凄さだから。今回はその域までには。。。

とは言ったものの香港を舞台していきいきとしているジャッキーは一見のファンな
らずとも見て損はないというのも実感した作品でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ベイビーの可愛さににんまり♪

投稿日:2007/11/11 レビュアー:ゆかっくま

赤ん坊を誘拐するものの、慣れない育児にてんやわんやする場面はなかなか微笑ましくみれました。
それにしてもとにかくベイビーがかわいい♪
パパ、ママって呼ぶところなんてもう抱きしめたくなっちゃいます!
遊園地での赤ん坊争奪バトルもパパママの愛を感じました。笑

ま、赤ん坊に助けられた部分も多くあるとは思いますが、それなりに楽しめると思います。
ただし、ちょっと長すぎるような気が・・・。


このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全79件

プロジェクトBB

月額課金で借りる

都度課金で借りる