無花果の顔

無花果の顔の画像・ジャケット写真
無花果の顔 / 山田花子
全体の平均評価点:
(5点満点)

11

  • DVD
ジャンル:

「無花果の顔」 の解説・あらすじ・ストーリー

女優・桃井かおりが自ら脚本も手がけ映画初監督に挑んだファンタジー・テイストの家族ドラマ。ごく普通の家族が平凡に見える日常の背後でドラマチックな人生を送る姿を独創的なスタイルで綴る。主演はお笑いタレントの山田花子。庭に花の咲かない無花果の木がある門脇家は、母、父、姉、弟の4人家族。ある日、工務店に勤める父は、朝帰りをしたあげく家を出ていってしまう。平静を装いながらも苛立つ母。実は、職人気質の父は、他人の手抜き仕事の後始末を徹夜でするため、ウィークリーマンションで寝起きしていたのだ。ようやく帰宅した父に安堵する母だったが…。

「無花果の顔」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: 日本

「無花果の顔」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

無花果の顔の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
94分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
YRBR00182 2007年08月29日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
12枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:11件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全11件

桃井ワールド炸裂!

投稿日:2010/06/27 レビュアー:Kavi

ストーリーは、ほぼここのイントロダクションに書かれているんですけど、
色彩とか、演出とか、桃井さんらしい不思議ワールド。
主演に山田花子をキャスティングしたところが、いい。
だいぶん可愛く見えるし、演技下手なりに、いい味出てます。

思わぬメッケモンでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

女の映画だった

投稿日:2007/09/05 レビュアー:T♪

ある家族の日常で始まり、この抽象的な物語はどう落ち着くのだろう?と少し心配だった。
だけど、途中からどんどん引き込まれた。
女の映画だったなー。
山田花子演じる長女は、どこか現実から逃げてて、私は理解できないタイプ。
桃井かおり演じる母は、あそこまで極端じゃないにせよ、ストレスに影響されやすい私の母さんに似てる部分もあって、不安をおぼえたよ。
この2人みたいな日本人、たくさんいそう。

もしかすると、この映画は苦手って感じる人の方が多いかもしれない。
男の人や若い女の人は、特に。
でも、両親の将来なんかを考えたことのある人には、何か感じるものがありそう。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

こういう映画嫌いじゃないなぁ〜、いいかも。。

投稿日:2013/01/27 レビュアー:ナコちゃん

レビュウー評価が低いので・・・桃井ファンとしてはちょっとざんねんだなぁ〜ww。ワタシ的にはこの映画好きなので・・・変わり者?でしょうか?(笑)
桃井さんの脚本もいいと思うし、キャスティングも花ちゃんの素朴さが生かされてたし、素敵な映画でしたよん。
庭の無花果がこのお話に〈不思議感〉をトッピングしていますね。一番の見どころは「美術」かな。衣装もこだわってるし、小道具なんかもとっても素敵です❤ 参考にしたいくらいでした!
桃井ワールドは存分に楽しめるんじゃないかなぁ〜(^O^) ストーリーの緻密さより雰囲気そのものを味わっていただきたい、そんな作品です。何度となく見たくなりますね・・・また、借りようかなぁ・・

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

くだらん

投稿日:2009/02/26 レビュアー:ぶー子

DVDの顔に大きく「桃井かおり第1回監督作品」と印刷されています。

桃井監督が、
オシャレっぽい色彩で
オシャレっぽいセットで
オシャレっぽいカメラワークで
オシャレっぽい俳優人による
オシャレっぽいシュールな映画を目指してみました、といったかんじ。

カメラは不思議ちゃん家族それぞれの生活を追います。あっそう、不思議だね〜?と心で突っ込みながら観ること30分、その後は流しぱなしで雑用を黙々と。後悔はなし。

邦画のシュール流行はとっくに終わっており、桃井の感覚は古いと思った。同じ家族ドラマならサザエさん観てるほうがマシだ。

退屈な仏映画を物知り顔で語る人なんかにはひょっとして受けるかも、だけど、それもきついかも。


古臭い、この一言に尽きる
ついでに「シュール」も死語だな。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

うーん・・・。

投稿日:2007/11/15 レビュアー:black leaf

色彩はきれいだったけど、音声が聞き取りづらくて、それが映画をわかりづらくさせていたと思います。
ストーリーを追いかけず、画像として楽しむ映画と割り切ればそれなりに楽しめます。それもありかと・・・。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全11件

無花果の顔

月額課金で借りる

都度課金で借りる