地獄の変異

地獄の変異の画像・ジャケット写真
地獄の変異 / パイパー・ペラーボ
全体の平均評価点:
(5点満点)

78

  • DVD
ジャンル:

「地獄の変異」 の解説・あらすじ・ストーリー

 巨大な洞窟を舞台に繰り広げられるモンスター・ホラー。新たに発見された洞窟の調査を開始した探検隊一行が、恐るべき謎の生物と遭遇する。主演は「コヨーテ・アグリー」のパイパー・ペラーボ。ルーマニア・カルパチア山脈の奥深くで、長きにわたり封印されてきた巨大洞窟が発見される。そこは、テンプル騎士団を滅ぼした翼を持った悪魔が住むという伝説の洞窟。調査に当たるニコライ博士は、メキシコ・ユカタン半島で活動中だったケイブダイブの精鋭チームを呼び寄せる。さっそく調査を開始した一行だったが、やがて隊員の一人が突然姿を消してしまう…。

「地獄の変異」 の作品情報

製作年: 2005年
製作国: アメリカ
原題: THE CAVE

「地獄の変異」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

地獄の変異の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
97分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RDD37304 2007年02月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
23枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:78件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全78件

ケーブダイビング、それはもっとも危険なダイビング。

投稿日:2007/06/04 レビュアー:JUCE

水中撮影班の稼働時間は3500時間という水中映像はとても美しく見応え十分。このケーブダイビング(洞窟潜水)は様々な要因からもっとも危険なダイビングと言われています。潜水後に次の潜水地点まで歩行が必要なサンプダイビングの場合には潜水技術は勿論の事、高いケービングの能力が必要なのです。

この映画はこうした実際に起こりそうな危険を取り入れているにも関わらず、そうしたリアリティーのある緊迫感がいまひとつ足りないのがちょっと残念です。中途半端なクリーチャーを前面に押し出すよりも、未知のウィルスに感染した隊長ととケーブダイビングの恐怖だけでパニック映画として十分に作品は成立するし、そのほうが緊迫が出たんじゃないでしょうか。

とは言いつつスピーディーな展開や神秘的で美しい洞窟の風景、暗闇の恐怖などなかなか楽しめました。

この映画をホラーと思ってみると肩透かしをくらいますよ。まあSFもので強いて言うならば「SFモンスターパニックアドベンチャー」といったような映画です。

このレビューは気に入りましたか? はい 24人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

洞穴版「リヴァイアサン」ネタバレ

投稿日:2007/02/26 レビュアー:masamune

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

子供の頃に「アビス」と言う海洋パニックとホラー(ファンタジー)をミックスしたJames Cameron監督の映画が大ヒットした。コレに呼応するかの様に「リフト」「ザ・デプス」「リヴァイアサン」と同系列の作品が相次いで公開され。私のクラスでも「自分は○○派」とか言って盛り上がった時代がありました。私は以前にレビューした「リヴァイアサン派」ですが、最近はソレを髣髴とさせる「洞穴」ブームの到来?的な作品が散見されます。以前レビューした同じ洞穴モノの「ディセント」と、似たタイトルの「ザ・ケイヴ」と比較した場合、私の評価は@「ディセント」A「本作」ランク外「ザ・ケイヴ」の順。特に「ザ・ケイヴ」は原題が「WIthIN」で在るのに対し、本作は「地獄の変異」で原題が「THE CAVE」なのだから、ややこしい・・・。因みに「ザ・ケイヴ」の方はレビューに値しない酷い出来、レンタルを迷われてる方には時間の無駄とお伝えしたい(笑)。レビューに戻ると「ディセント」が新感覚ホラーとして一定の評価を得て、一連の「洞穴」モノの本家の様な顔をしてるが、実は制作も公開も本作が先なので念の為。しかし、このタイトルはどうよ(笑)この昭和テイストな邦題に喝采するか憤慨するか、私も微妙だなぁ・・・。本作は初めから「テンプル騎士団を滅ぼした翼を持った悪魔を封印した」と冒頭で語る通り、クリーチャーをカミングアウトして始める清さを私は褒めたい。「ディセント」は英国制作らしいドライなタッチが新鮮だったが、本作はハリウッドとドイツの合作。なので、残酷描写がエグイと思いがちだが、実際はむしろ抑制された感じのテイストだ。なので、どちらかと言えばホラー好きよりも、アドベンチャー好きの方が楽しめる展開が用意されてる本作は、ヴィジュアル的にも悪くなく、展開も凡骨だが安心して見られる要素は持ち合わせてる。残念なのは、アクションの描写にキレが無く、カメラ・ワークが拙い印象は拭えない、これはメジャー初監督のBruce Huntの力不足に尽きる。それでも出演してる俳優陣も悪くないし、世界観もトータルで考えれば「B級」としては十分合格点は付けられると思う(褒めてます)。残念ながら「ディセント」ほど音響効果は良くないが、部屋を真っ暗にして密閉ヘッドホンで見ると更に楽しめると思う。序に殆ど暗いシーンなので、モニターの実力も試される、かも。

残念なのは「リヴァイアサン」と同じく、クリーチャーの出来が・・・。着ぐるみも頑張ってくれてるが、大概がC.Gなので迫力と言う点では今一つ(二つ)。またしても歴史は繰り返し(笑)。

このレビューは気に入りましたか? はい 20人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

B級60点(あと1歩)ネタバレ

投稿日:2010/06/02 レビュアー:ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ルーマニアの深い洞窟や海中に未発見生物がいた。羽の付いた化け物が噛んだり傷つけたりして人間に寄生するようだが、説明しづらい・・

全然意味が分からぬ。まず、闘いが無い!襲われたら死ぬか寄生されるが、寄生された人間が変身したり狂暴になる訳でもなく、全てが謎のまま終了。ただ洞窟から脱出しようとするだけで中身が無い。

演出はA級だっただけに、非常に本当に勿体ない作品。もし続編が出ればそっちの方が断然オモロそうですが・・。もう洞窟物で「ディセント」を越えられる作品は後10年は出ません!(この予想はハズレて欲しいが・・)

このレビューは気に入りましたか? はい 16人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

安心して見れますネタバレ

投稿日:2007/04/17 レビュアー:こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 いろんな意味で期待を裏切らないので、安心して鑑賞
できますね。

 B級良作発掘職人のYの3乗さんのレビューを見て、借りて
みました。結構、辛口レビューも多かったので、覚悟して見た
せいか、なかなか楽しめましたよ。

 皆さんおっしゃっているように「エイリアン」のテイストを
持った作品で、それと比べてしまえば明らかにクオリティは
下ですが、ホラーと言っても、グロテスクでもないし、スプ
ラッターでもない。子供にも見せられるし、まあ良いんじゃ
ないでしょうか?
 「エイリアン」と同じように出るぞ、出るぞと思わせておいて
なかなか変異君(Yの3乗さん曰く)の全貌を見せない。
これって、この手の作品の王道ですよね。グエムルのように
あっけなく出現させて、白日の下にさらすのは、ハラハラ・
ドキドキ感に欠けると思うのですよ。
 (あ、そう言えば、この作品のクリーチャーの動きって、
なんかグエムルの怪物に似てませんか?)
 話を元に戻すと、なかなか全貌を見せないのは良いのです。
で、素早いカメラワークでテンポの良さ、スピード感を出そう
としているのでしょうが、(その結果、変異君もチラっとしか
見えない)ちょいと見てて疲れます。
 ケイブダイバーたちも、まあ、プロですからこれくらいの
アクシデントは何とかするだろうと言う安心感も有りますし、
展開として、こうなるだろうなと思うとおりに進むので、
ある意味、安心して見られるのです。ただ、切迫感や得体の
しれない恐怖が感じられないので、
「あ、ケイブダイビングっておもしろそう。やってみようかな」
なんて、映画に関係ないことを思ったりしちゃいました。
 とはいえ、そんなにハズレではないと思いました。
 ところで寄生された(?)ジャックは結局どうなったん
でしょう?続編のための布石ですか?

 皆さん、「ディセント」と比較されていますね。私、見た
はずなんですが、よく覚えていないので、もう一度借りて
見ようかな。

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

地下のアマゾン川

投稿日:2007/03/02 レビュアー:裸足のラヴァース

そうら地下に でっかい川があるよ 勝王さんWW 
30年前のルーマニア ここにみなさんが言ってるように テンプル騎士団に教会で封印された洞窟が 「デーモンズ3」じゃん 暗い撮影もそそるし まずまず その呪いの場所にはお宝があるらしい さて場面変わってメキシコの陽光そそぐ海へと そこでダイバーが招集されるわけです この展開はお宝探しといい スピルバーグ的「インディー・ジョーンズ」だね 地下の水の中の懐中電灯の青い光もそんな雰囲気出してるね

「インディー・ジョーンズ」から30年もたつと カルパチア山脈で不気味な過去の罪障を背負った 怪物に襲われるといった 陰惨な展開になってしまう またも9・11以降映画かいがどうなるかとちょっぴり期待はしたんだけど 地下のアクション演出になると すべてそういった思わせぶりがまさに水の泡 早送りしてもしても さっぱり新たな展開はみられません 残念でした

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全78件

地獄の変異

月額課金で借りる

都度課金で借りる