ウェディング宣言

ウェディング宣言の画像・ジャケット写真
ウェディング宣言 / ジェーン・フォンダ
全体の平均評価点:
(5点満点)

94

  • DVD
ジャンル:

「ウェディング宣言」 の解説・あらすじ・ストーリー

 ベテラン女優ジェーン・フォンダが久々のスクリーン復帰を果たしたことでも話題のロマンティック・コメディ。ジェーン・フォンダ扮する女性が、息子の結婚を阻止しようと相手の婚約者と壮絶な嫁姑バトルを繰り広げるさまをコミカルに描く。共演は「Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス?」「ウェディング・プランナー」のジェニファー・ロペス。監督は「キューティ・ブロンド」のロバート・ルケティック。

「ウェディング宣言」 の作品情報

製作年: 2005年
製作国: アメリカ/ドイツ
原題: MONSTER−IN−LAW/DAS SCHWIEGERMONSTER

「ウェディング宣言」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ウェディング宣言 特別編の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR90002 2007年01月06日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
9枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:94件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全94件

ジェーン・フォンダのmonsterぶりがすごい。

投稿日:2007/01/07 レビュアー:パープルローズ

ジェーン・フォンダ、15年ぶりの映画出演です。さすが大女優の貫禄、mother-in-lawならぬmonster-in-lawぶりを発揮していました。久しぶりの映画がこれでよかったのかなとは思いましたが、ご本人は「シリアスな映画じゃなくてよかった。」と特典映像の中で言っていました。
J Loはこの映画でもラジー賞にノミネートされたようですが、けっこうかわいかったと私は思ったけど。彼女って相当な嫌われ者なのかしら?
秘書役のワンダ・サイクスもよかった。

息子を溺愛する母とその婚約者、ふたりの熾烈なバトルがなかなか楽しめました。
どんなカップルにも少なからずあるはずのin-lawsをめぐるトラブル、一歩下がって相手を思いやることが成功の秘訣ですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

嫁・姑問題は日本だけじゃない?

投稿日:2007/01/10 レビュアー:kazupon

私は三姉妹の母。したがって、嫁・姑問題に直面する心配はありません。もっとも、嫁に行った娘が、夫の親の愚痴をこぼす可能性はありますけれど。
しかし、最近では、夫の母親の方がお嫁さんに気を使って、我慢している事が多いのだとか・・・
「息子は婿に出したと思っているわ。」なんて話もよく聞きます。
嫁・姑の問題は永遠のテーマとも言われているし、この作品のように身体を張ってのバトルは、なかなか出来るものではありません。せいぜい、頭の中の空想で相手をやっつけるにとどめましょう。
のんきな事に、ケビンの母親役の女優さんを「きれいな人ねえ。」なんて見ていたら、ジェーン・フォンダじゃありませんか!?15年ぶりの復帰だそうですね。彼女がまさか、こんなコメディに・・・若い頃よりも美人になったと思います。
監督たちの言葉によると、彼女のユーモアのセンスは、かなりの物らしいです。
ジェニファー・ロペスは、あの体格のせいなのか、あまり可愛いと思った事はないのですが、今回はちょっとだけ「可愛いかも」と思っちゃいました。
付き人のルビーの辛らつな台詞、それでいて愛情あふれる会話がとても良かったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

あり得ないハチャメチャなコメディーですが、

投稿日:2007/02/04 レビュアー:飛べない魔女

面白かった!
嫁と姑の戦争勃発したら、そうそう簡単には終戦しませんぞ。
まあ、嫁・姑の関係は万国共通といったところでしょうか。

主役二人が魅力的。
今回のジェニファーはとってもキュート。
ジェーン・フォンダは年齢からはとても信じれらないぐらいスタイル抜群!
二人ともありふれた題材を、おもしろおかしく演じてくれました。
そして、何より光っていたのが脇役人たち。
チャーリーのゲイの友人やヴァイオラの付き人ルビー。(彼女には最後まで笑わせられましたよ、最高!)
最後はちょっぴりほろりとさせられるいいエンディングでした。
嫁の気持ちも母の気持ちもよーく判ります。ハイ。
あと、ケビンは35歳イケメン外科医という設定なのだけど、なぜか存在感が薄いんだよね、ケビン役の俳優さん。
気軽に肩のこらない映画を見たいとき、お勧めです。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

Monster-In-Lawとはよく言ったもんだ(笑)大女優の壊れっぷり必見。

投稿日:2011/04/17 レビュアー:MM3

嫁、姑のえげつない戦争をコミカルに描いた映画。
嫁ジェニファーロペスvs姑ジェーンフォンダのバトル・・・
ほんとえげつないけど笑えます。

派遣社員のチャーリーが一日3回も出くわした男前ケヴィンに運命を感じ
結婚しよう!!!となるわけですが
ケヴィンの母はくせ者で・・・・(笑

義理の母とモンスターママをミックスした
原題「Monster-In-Law」っていうのが、またイイです♪
小ジャレてます♪

ケヴィンの母はフリーのベテランジャーナリストで
世代交代の波がやってきたせいでイライラ気味。
結婚も4回失敗している。
でも、息子ケヴィンが生きがいだった。

そんな溺愛した息子が結婚!
しかも相手は自分の理想の息子嫁とはかけ離れており・・・
息子の前では笑顔で祝福するも
はらわた煮えくり返ってる(笑

結婚を妨害しようと
嫌がらせに走るのですが
まー、子供のいたずらみたいで笑っちゃいます(笑
それを大女優が演じてるんだから余計におかしくて。
血管ムキ出んばかりに「キーッ!!!」ってなって
じたばたする大女優が拝めます(爆

ジェニファーロペスはなんかとても自然体な感じだし楽しそう♪

ケヴィン役のマイケルヴァルタン、久々に観た〜!!!
ちょっと線が細いけど、やっぱ男前だわー。
役的には「エイリアス」のヴォーンのほうが頼りになる男でよかったけど、
こういうボンボン役も悪くない♪

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

大女優の、肩の力の抜けた演技を楽しむ

投稿日:2008/03/10 レビュアー:ポッシュ

 たまに、こういう“箸休め”的な作品を観たくなります。コッテリした作品が続いたりするとサッパリしたものがつまみたくなる。大して栄養にはなんないけど、イイんです。

 嫁姑問題というのは古今東西、普遍的なものなんざんすね。先日「マーティ」(55)という古い作品を観てたら、やっぱりそんなシーンが。なかなか結婚できない息子を母親はずっと心配していたのに、いざガールフレンドを連れて来たら不機嫌になって反対する。相手がイイ娘だと分かっていても・・・。んな訳で、この作品も特に目新しい要素もなく、セオリー通りのコメディとなっている。

 個人的にマンガみたいなキャットファイトはちっとも笑えない質で、それは子供の頃からで、「トムとジェリー」なんて何が面白いのか分からなかった。ゆえに、2大新旧女優のドタバタ対決も、映画作品としてはちっとも可笑しくはなく、スーパースターのジェニロペと大御所ジェーン・フォンダが体張ってる、という意味付けがあって初めて「面白い」と思えた。これね、例えば日本で、岩下志麻みたいな貫禄の大女優が若い女優にビンタ張られて「キィ〜ッッ!」とかやったらウケるぅ・・・って、たぶんそういうノリなんじゃないかと。だから日本では未公開になっちゃったんでしょうかね。若い人はジェーン・フォンダなんて知らないでしょう。そういう仕掛けがこの映画の「面白さ」の根幹なのでコメディとしては弱い。でも、たぶん「それでいいのだ」って作品。

 ジェーン・フォンダは反戦運動とか政治活動にのめりこんで、アメリカ国内ではけっこう批判されちゃった人。15年ぶりの復帰ということで、70歳近いのにあの美貌とスタイル!なんとも、かっこいい!もう、それだけで十分。一方のジェニロペは笑うとケイト・ハドソンみたいにキュートになっちまってズルイ。アンタはそういう人じゃないハズだ、絶対。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全94件

ウェディング宣言

月額課金で借りる

都度課金で借りる