東京大学物語

東京大学物語の画像・ジャケット写真
東京大学物語 / 三津谷葉子
全体の平均評価点:
(5点満点)

16

  • DVD
ジャンル:

「東京大学物語」 の解説・あらすじ・ストーリー

 人気漫画家・江川達也が自身の代表作を自ら初メガフォンをとり実写映画化した青春エロティック・ラブ・コメディ。東大入試に挑む高校生カップルの瑞々しくて切ない恋愛模様を綴る。函館向陽高校に通う、明るく元気な17歳の女子高生、水野遥。ある時彼女は学校一の天才、村上直樹から突然の愛の告白を受ける。驚きつつも、“この人こそ運命の人”と確信する遥。直樹と付き合い始めた遥は、彼の志望校である東大を目指して一緒に猛勉強を開始する。直樹の指導のおかげで遥の成績は急上昇、2人揃って東大でのバラ色の学園生活を夢みてシアワセに浸る遥だったが…。

「東京大学物語」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: 日本

「東京大学物語」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

東京大学物語の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
105分 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 RSTYO001 2006年10月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
10枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:16件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全16件

Mプランの自分

投稿日:2007/10/20 レビュアー:休会中

在庫増やしてください。ダイハード4は4000枚なのに・・・・。お願いします。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

面白かった

投稿日:2006/10/31 レビュアー:お〜の〜

マンが読んだこともなく 江川達也ファンでもないんだけど
エロティック・ラブ・コメディということで
観たのですが 男性必見、内容もよくとても楽しめる作品だと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

満を持して江川監督ネタバレ

投稿日:2006/10/27 レビュアー:高いモノが何もない

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

DVD購入して鑑賞しました。レンタルしないで・・・
AV作品の監督を経験して、漫画家自ら監督。
AV作品と聞いた時から、「やる気あり」と思ってました。
漫画と違いは、主役が村上直樹君ではなく、
水野遥さんである事。
オソロシイ妄想の世界。見てオモシロかったです。
☆☆☆田中圭君はクォン・サンウ君に顔が似ているのですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

面白いと思いましたがラストが。。。ネタバレ

投稿日:2009/01/11 レビュアー:BB

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

原作のマンガもドラマも見ず、何も知らずに見ました。
予想以上に良かったですよ。三津谷葉子は水野遥の天然系キャラがよくはまってましたね。(『紀子の食卓』のみかんちゃんと同じキャラだと思いましたが)
原作が、「夢オチ」といわれる終わり方なので、映画もそういう終わらせ方をしてしまいましたね。すべては水野遥の創作であり、そのマンガ化を江川達也に依頼する、みたいな終わらせ方。私は夢オチは踏襲せず、べつの終わらせ方を工夫したほうが良かったと思いましたね。
キャラもストーリーも途中まではいいと思うのでもったいないと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ビバ!ソフト・オン・デマンド

投稿日:2009/04/02 レビュアー:アマギン

まず。ソフト・オン・デマンドの時点で期待します。笑
東京大学物語だけに、更に期待は高まります。ニヤケ

原作はストーリーも面白く読み応えがありました。
読破はしていないですが。ただこれだけは記憶しています。
ドラゴンボールでいう“一瞬にしてめくることができるページ”を、
この漫画では一瞬でめくろうとはせず、最大の時間を要して楽しみます。

とまぁ、ここまではどうでもよいことを残してしまいました。

一昔前。稲垣吾郎さんと瀬戸朝香さん主演でTV放映されてた頃を懐かしみながら、江川さんがソフト・オン・デマンドと組んだ魅力あるタッグを、脚本以前に描写に期待して鑑賞しました。

一言。

エンディングが超くせものです。

前述のまわりくどいお話でお察しの通り、ようはエロ描写にしか興味のなかった私でしたが、いやはやエンディングを見せられたしまいには、そのような描写はどうでもよくなり、とにかくとんでもなエンディングは巻き戻してもう一度観てしまいました。
もうこのようなエンディングは二度と他の作品では見られない予感がしたので、本能が私に巻き戻しボタンを押させたといっても過言ではありません。

江川氏((原作者)がメガホンをとったからこそ撮れたとんでもない結末を迎えます。

決して秀作を意図とするコメントではありません。
しかしながら、そこらへんの衝撃結末とは一味も二味も違うことを江川監督がしらっとやってのけていることには間違いないです。

まさしく。原作とのフュージョンです。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全16件

東京大学物語

月額課金で借りる

都度課金で借りる