シムソンズの画像・ジャケット写真

シムソンズ / 加藤ローサ

全体の平均評価点:(5点満点)

114

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「シムソンズ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

 “氷上のチェス”とも呼ばれ、98年の長野冬季オリンピックで正式種目となったカーリングをテーマにした青春スポーツ・ドラマ。2002年のソルトレークオリンピックに女子日本代表として挑んだチーム“シムソンズ”の4人の少女たちを感動の実話を基に映画化。北海道常呂町。地元の高校に通う平凡な女子高生・伊藤和子はある日、長野オリンピックに出場した憧れのカーリング選手、加賀真人に触発されてカーリング・チーム結成を決意する。こうして親友の史江、農場の娘・菜摘、そして唯一の経験者・美希の4人による即席チーム“シムソンズ”が誕生するのだが…。

「シムソンズ」 の作品情報

作品情報

製作年:

2006年

製作国:

日本

「シムソンズ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

第二警備隊

外交官 黒田康作

ヘアスタイル

トワイライト ささらさや

ユーザーレビュー:114件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全114件

カーリングやってみたくなりました。

投稿日:2006/08/06 レビュアー:はらぺこ

トリノで熱狂したカーリングがテーマ、北海道常呂町が舞台、北海道が生んだスター(笑)大泉洋がコーチ役で出演。
コレだけでとりあえず見ようと思ってました。

さて、ウォーターボーイズ、スウィングガールズのような、最近流行の「学芸会風青春ドラマ」か、と懸念してたんですが、どうしてどうして、結構ストーリーがしっかりしていて、楽しめました。

実際にバリバリの体育会系だった私には、ちょっと短絡過ぎて馴染めないジャンルか、と思ってましたが、この位の出来なら、映画自体の楽しさで、充分見られることが分かりました。

本作は、上記2作品に比べ、ノリは似てますが、初心者が競技にはまって行くプロセス、目的意識などは、こちらの方がハッキリと描かれており、好感が持てます。
まぁ、実話を元にしているのだから、当たり前なのかもしれませんが・・・
見ててカーリングやってみようかな?と思いました(笑)

しかし、こういう軽いスポ根みたいなのは、完全に最近の主流になりつつありますね。
「軽いスポ根」って何か矛盾した言葉ですが(笑)

思うに、「シコふんじゃった」あたりが走りなんでしょうかねぇ。
ただ、「シコ〜」については、本作、前述の2作品とは比べようがないほど作品の出来自体が良いです。
ストーリーの構成、テンポの良さ、あたりが秀逸で、こういった作品が特段好きな人でなくても楽しめることでしょう。
未見の人はぜひ。

このレビューは気に入りましたか? 14人の会員が気に入ったと投稿しています

北海道弁が心地よい。

投稿日:2007/04/24 レビュアー:MonPetit

カーリングを題材にした青春ドラマ。
加藤ローサってこんなに可愛かったんですね。
ちょっとびっくりです。

ありきたりのよくある脚本なのでしょうが
そういうことを映画の面白さとは関係ないもので
先入観は楽しむ心を見失っちゃいますね。
つまり、けっこう面白かったってこと。

大泉洋演じるコーチが非常にいいアクセントになってます。
彼が話す北海道弁は非常に心地よく(それは私が北海道人だから!?)、彼の過去の話も本質をついてます。

しかもこれ実話なんですもんね。
なかなか日本も捨てたもんじゃないです。
心が暖かくなる作品でした。
今は彼女達は何をやってるんだろう。。。

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

トリノ五輪の感動がよみがえります

投稿日:2006/11/22 レビュアー:ムーミンママ

トリノのメンバーとは関係ないようですが
カーリング、面白いです。
トリノまでは全然興味のなかった競技ですが
トリノでは完全にトリコになっていました、私・・・
で、この映画ですね。
カーリングの面白さも伝えつつ、
プラスアルファの良い出来だと思います。
大泉洋さん、いいですね。
加藤ローサほか、女の子たちもキュートだし。
スガスガしい気分になれる映画です。

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

カーリング、あまり馴染みのないスポーツですが

投稿日:2006/08/28 レビュアー:kazupon

ルールの説明もあり、カーリングの事がよくわかります。
「氷上のチェス」とも呼ばれるくらい、駆け引きなども重要なポイントで、思った以上に奥の深いスポーツです。
あのストーンも結構、高価らしいですよ。

さて、和子の呼びかけで「シムソンズ」がスタート。
それぞれの家庭の事情やカーリングに対する思いなど、擦った揉んだを繰り返しながら、先ずは「1点」を取る事から始めます。
北海道が生んだ、あの「大泉洋」がとてもいい味を出して、素人チームを率いるコーチ役を好演しています。
彼は、昔のチームメイトから「常呂の恥」と呼ばれ、カーリングから離れていましたが、その理由というのが恥どころか「誇り」でさえあるのです。
彼のいい加減な態度、風体とは違い、毅然とした信念の持ち主だったのでした。

女の子たちも可愛い子揃いで、菜摘役の子は眼鏡を外すととても可愛かった!

家族みんなで楽しめる作品です。
北海道の広大な風景も一緒にどうぞ。

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

ベタ&下手

投稿日:2006/08/10 レビュアー:ケチケチ

相も変わらず「ウォーターボーイズ」なのね、という映画ですね。
いい加減こういうのはテレビに任せておけばいいと思いますが。。。映画にするならもっと付加価値が欲しいです。主人公の描写にもっと存在感があるとか、思い切ったコメディーにするとか。。。個人的には、四人の徹底したアイドル映画にして欲しいかなぁ。

せめて脚本だけでももっと頑張りましょうよ。
反骨心いっぱいの異分子を一人混ぜ合わせるのもお決まりの設定。その異分子が同化されていく動機も弱すぎます。上辺だけは反発し続ける方がまだストーリーも膨らむのでは。

もうちょっと上手ければ、これはこの味の映画かとも思いますが、5段階評価は2。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全114件

シムソンズ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:114件

カーリングやってみたくなりました。

投稿日

2006/08/06

レビュアー

はらぺこ

トリノで熱狂したカーリングがテーマ、北海道常呂町が舞台、北海道が生んだスター(笑)大泉洋がコーチ役で出演。
コレだけでとりあえず見ようと思ってました。

さて、ウォーターボーイズ、スウィングガールズのような、最近流行の「学芸会風青春ドラマ」か、と懸念してたんですが、どうしてどうして、結構ストーリーがしっかりしていて、楽しめました。

実際にバリバリの体育会系だった私には、ちょっと短絡過ぎて馴染めないジャンルか、と思ってましたが、この位の出来なら、映画自体の楽しさで、充分見られることが分かりました。

本作は、上記2作品に比べ、ノリは似てますが、初心者が競技にはまって行くプロセス、目的意識などは、こちらの方がハッキリと描かれており、好感が持てます。
まぁ、実話を元にしているのだから、当たり前なのかもしれませんが・・・
見ててカーリングやってみようかな?と思いました(笑)

しかし、こういう軽いスポ根みたいなのは、完全に最近の主流になりつつありますね。
「軽いスポ根」って何か矛盾した言葉ですが(笑)

思うに、「シコふんじゃった」あたりが走りなんでしょうかねぇ。
ただ、「シコ〜」については、本作、前述の2作品とは比べようがないほど作品の出来自体が良いです。
ストーリーの構成、テンポの良さ、あたりが秀逸で、こういった作品が特段好きな人でなくても楽しめることでしょう。
未見の人はぜひ。

北海道弁が心地よい。

投稿日

2007/04/24

レビュアー

MonPetit

カーリングを題材にした青春ドラマ。
加藤ローサってこんなに可愛かったんですね。
ちょっとびっくりです。

ありきたりのよくある脚本なのでしょうが
そういうことを映画の面白さとは関係ないもので
先入観は楽しむ心を見失っちゃいますね。
つまり、けっこう面白かったってこと。

大泉洋演じるコーチが非常にいいアクセントになってます。
彼が話す北海道弁は非常に心地よく(それは私が北海道人だから!?)、彼の過去の話も本質をついてます。

しかもこれ実話なんですもんね。
なかなか日本も捨てたもんじゃないです。
心が暖かくなる作品でした。
今は彼女達は何をやってるんだろう。。。

トリノ五輪の感動がよみがえります

投稿日

2006/11/22

レビュアー

ムーミンママ

トリノのメンバーとは関係ないようですが
カーリング、面白いです。
トリノまでは全然興味のなかった競技ですが
トリノでは完全にトリコになっていました、私・・・
で、この映画ですね。
カーリングの面白さも伝えつつ、
プラスアルファの良い出来だと思います。
大泉洋さん、いいですね。
加藤ローサほか、女の子たちもキュートだし。
スガスガしい気分になれる映画です。

カーリング、あまり馴染みのないスポーツですが

投稿日

2006/08/28

レビュアー

kazupon

ルールの説明もあり、カーリングの事がよくわかります。
「氷上のチェス」とも呼ばれるくらい、駆け引きなども重要なポイントで、思った以上に奥の深いスポーツです。
あのストーンも結構、高価らしいですよ。

さて、和子の呼びかけで「シムソンズ」がスタート。
それぞれの家庭の事情やカーリングに対する思いなど、擦った揉んだを繰り返しながら、先ずは「1点」を取る事から始めます。
北海道が生んだ、あの「大泉洋」がとてもいい味を出して、素人チームを率いるコーチ役を好演しています。
彼は、昔のチームメイトから「常呂の恥」と呼ばれ、カーリングから離れていましたが、その理由というのが恥どころか「誇り」でさえあるのです。
彼のいい加減な態度、風体とは違い、毅然とした信念の持ち主だったのでした。

女の子たちも可愛い子揃いで、菜摘役の子は眼鏡を外すととても可愛かった!

家族みんなで楽しめる作品です。
北海道の広大な風景も一緒にどうぞ。

ベタ&下手

投稿日

2006/08/10

レビュアー

ケチケチ

相も変わらず「ウォーターボーイズ」なのね、という映画ですね。
いい加減こういうのはテレビに任せておけばいいと思いますが。。。映画にするならもっと付加価値が欲しいです。主人公の描写にもっと存在感があるとか、思い切ったコメディーにするとか。。。個人的には、四人の徹底したアイドル映画にして欲しいかなぁ。

せめて脚本だけでももっと頑張りましょうよ。
反骨心いっぱいの異分子を一人混ぜ合わせるのもお決まりの設定。その異分子が同化されていく動機も弱すぎます。上辺だけは反発し続ける方がまだストーリーも膨らむのでは。

もうちょっと上手ければ、これはこの味の映画かとも思いますが、5段階評価は2。

1〜 5件 / 全114件