金瓶梅

金瓶梅の画像・ジャケット写真
金瓶梅 / ヤン・チュン
全体の平均評価点:
(5点満点)

10

  • DVD
ジャンル:

「金瓶梅」 の解説・あらすじ・ストーリー

中国四大奇書のひとつで、中国エロス文学の古典とされる「金瓶梅」を映画化した香港エロティック映画の原点。地方の豪族・西門慶は人妻の潘金蓮を見初め、強引に関係を結ぶ。快楽を知った彼女は性的不具者の夫を殺し、西門慶の第五夫人として嫁ぐが…。

「金瓶梅」 の作品情報

製作年: 1974年
製作国: 香港
原題: 金瓶隻艶/GOLDEN LOTUS

「金瓶梅」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

金瓶梅の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
111分 日本語 1:ドルビーデジタル/モノラル/北京語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
D*KIBR5106 2005年04月16日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
18枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:10件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全10件

淫夫の物語です。ネタバレ

投稿日:2004/11/24 レビュアー:maki

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

女と金に溺れた男の生々しいお話です。不能の夫を殺して5人目の婦人を娶り、友人を陥れて6人目の婦人を手に入れ、最後は淫婦が飲ませた媚薬の飲みすぎで死んでしまいます。とても空しく、一方でエロスをうまく描いております。映画として面白いかどうかは何とも言えませんが中国古典の劇としてみると雑学の足しとなると思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「金」蓮、「瓶」児、春「梅」とボンボンの明代えろちっく話

投稿日:2005/07/07 レビュアー:ランラン翔子

 
 女性でも「四大奇書だから!」と言い訳しつつ観れます。
 あの、果物を当てられる遊び(?)はイヤですが・・・

 西門慶もぴったりですし、ジャッキー・チェンも出てるし
 (確かディーン・セキも)、セットなんかも絢爛です。

 西門慶が纏足を嗅ぐシーンは、オリエンタル・エロス爆発!!
 やっぱり、パゾリーニとかより東洋もののほうが
 シッポリしてて、よろしおす。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

あの大スターがネタバレ

投稿日:2008/05/08 レビュアー:ヨシリン

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

驚いたことに原作は1968年に日本でも映画化されています。それほどポピュラーだったのですねえ。主演は伊丹十三でした。
まあ、ポルノとしては物足りないですが、男としてすることをすべてし尽くしたお大尽の一代記としてみれば、それなりに面白いかなあ。ただ、主演のヤン・チュンは線が細すぎてチトイメージが違うかな。驚いたのはジャッキー・チェンが出ていたこと。物売りの役ですぐ殺されますが、これはジャッキーファンにとっては必見でしょう。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

稀代の絶倫男

投稿日:2007/12/09 レビュアー:ジャッキー映画好き♪

ジャッキー・チェンの出演作であるがクンフー映画ではない。

若い頃のジャッキーの顔がわからないとジャッキーだというのがパッとわからないと思う。

ジャッキーは一介の梨売りの役で映画の途中でなんと・・・ということになってしまう。

クンフーは全く出てこないのでクンフーシーンを期待しないように。

映画の内容は、中国の清時代の絶倫男の物語。
実在した人物ということだが・・・。
にしても、正妻がいて妾が何人もいるのに更に金と権力にモノを言わせて他人の妻を奪ったり、召使には手を出したり、で全くもって「ありえな〜い」という内容。

エロス映画とあるが本当にそのとおり。

塗れ場の描写もいたるところにあり、しかも一人の女性だけでなく何人も・・・。

女優さんたちはみんな美人だし・・・。

当時の香港でこれが上映されたとは信じられない作品。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

文芸作品ものは難しい!

投稿日:2005/05/18 レビュアー:すてご

エロは「中国ものだから」とあまり期待していなかったのですが、
原作同様「シュチュエーション」は豊富で想像たくましくすると
なかなか凄い作品です。
映像得点(?)の日本語版予告が一番「煽り」が強いような気が
するのですが(笑)

全体的にいろいろはしょったところが多いので「金瓶梅」のダイジェスト的な作品として楽しむのが良いのかもしれません。
この映画に限らず色々なジャンルで金瓶梅を扱った作品が多いのですが、現代人にここまで創作欲を書き立たせる「エロティックな古典」。改めて原作者の創作力に脱帽です。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全10件

金瓶梅

月額課金で借りる

都度課金で借りる