告白

告白の画像・ジャケット写真
告白 / ロバート・デ・ニーロ
全体の平均評価点:
(5点満点)

14

  • DVD
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「告白」 の解説・あらすじ・ストーリー

神父と刑事という全く別種の職に就いている兄弟。この二人がある殺人事件に巻き込まれたことにより、教会内部の驚くべき腐敗の実態が暴かれていく。デ・ニーロ、デュヴァルの顔合わせで描いた心理サスペンス。

「告白」 の作品情報

製作年: 1981年
製作国: アメリカ
原題: TRUE CONFESSIONS
受賞記録: 1981年 ヴェネチア国際映画祭 イタリア批評家賞(男優)

「告白」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

告白の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
108分 日本語 1:ドルビーデジタル/モノラル/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PIBR7514 2004年01月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
10枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:14件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全14件

Wロバートの演技バトルと「兄弟愛」で楽しみました

投稿日:2007/01/14 レビュアー:ひらり

1962年。
冒頭のメキシコ国境の砂漠教会シーンから、舞台がロスの懐古シーン(結婚式)に移る。
その切り替えが、あまりにも唐突で、しばらく?マーク。
(砂漠教会のWロバートの白髪に注意すべきだった…)

そこから殺人事件勃発。サスペンス?でもなく、しかし登場人物は結構多い。
しかも人名セリフは、愛称だったり、フルネームだったりで…。
誰が何?の置いてきぼりにならないことに必死。

テーマも、曖昧で感情移入に苦しみました。
多分、アイリッシュ・カソリック系の貧困生活や教会腐敗等の'60年代アメリカの社会的背景を描いていると思いますが、私には?わかりにくかった。

脚本、助けてよ映画なので、Wロバートの演技バトルと「兄弟愛」で楽しみました。
で、演技バトルの軍配は1981年ヴェネチア国際映画祭イタリア批評家賞(男優部門)受賞のロバート・デュヴァルの方が勝利。
デ・ニーロの無表情演技も良かったのですが、冒頭の結婚式シーンが『ゴッドファーザー』だっただけに、先入観じゃまで、どうしても教会服のデ・ニーロに違和感を持ってしまう…。
「兄弟愛」はネタバレになるので、改行後…。

もし、これから観る人は下記の名前を頭に入れておくと必死にならずに観れます(笑)
・兄で警部:トム・スペラシー(ロバート・デュヴァル)
・弟で教会の司祭:通称デズ=デズモンド(ロバート・デ・ニーロ)
・建設業界の大物:ジャック・アムステルダム(チャールズ・ダーニング)
・やり手弁護士:ダン(エド・フランダース)
・枢機卿ダナハー
・頑固な老司祭:シーマス(バージェス・メレディス)
・売春宿の女将:ブレンダ(ローズ・グレゴリオ)
・ロス郊外で2つ切られた若い女の惨殺死体:ファゼンダ
・ポルノ映画屋:スタンダード
・トムと相棒の刑事:クロティ(ケネス・マクミラン)

あと、無意味と思えるくらいリアルな殺人事件現場も話題の作品だったようです。





<ネタバレ>
感情移入に苦しみましたが、自分の立場では「兄弟愛」で感情移入。
高級レストランで弟の名前を言うまで席に着けなかったり、兄弟で立場の違う職業と社会的扱いの違いは、丁寧に描かれていたと思う。
母の見舞いシーンと、その帰り、兄に送ってもらう車中での弟の笑顔と、瞬間お互いの緊張した立場への葛藤シーンも良かった。

で、冒頭とラストシーンから、これは、兄の「懺悔 告白 映画」と判断。
腐敗しきった教会への怒り、その教会と手を組んでポン引き成り上がり者ジャックへの恨み。執念で追いかけていた殺人事件と元恋人だった売春宿の女将自殺の原因もジャック。弟の立場を無視し、ジャックを殺人の冤罪で逮捕。
正義?違う。自分の感情だけ。
兄は相棒刑事の搾取ワイロは見逃したりする偽善者。
ラスト。
弟の余命が少ないことを知り悲しみと懺悔の気持ちで、涙。
弟は左遷された砂漠教会で、同じく左遷された頑固な老司祭のもと、大切な真実を学んだ。(想像)
だから兄に言う「感謝している」し、「墓も用意している」自分の隣に…。

でもね、この映画の「兄」嫌いです。
弟が「教会の仕事も嫌気感じる」と相談した時「パイ食えよ」って言っていたのに…。
自分の怒りだけで、結果を出した。
時間をかけた別の解決方法が、きっとあったと思う。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

Wロバート、もったいない。

投稿日:2004/02/24 レビュアー:レビュアー名未設定

Wロバートに引かれ見てみましたが、この盛り上がりに欠ける終わり方は何なんでしょう?話の大筋は分かります、でも最終的にはどういう経緯で、何の為に、誰が、どうして殺人を犯したのかがハッキリしないので、教会内部の腐敗といっても地味な感じで、見ていて全くスッキリしません。

それプラス兄弟愛みたいなのも入れようとしたんだと思いますが、この二人の関係も最初から曖昧なので、最後のシーンでも全く感動しません。

と言うことで、Wロバートに興味がある方は見てもいいかもしれませんが、興味のない方は他の彼らの作品を見ることをお勧めします。

Wロバートを使ってもっと違う作品がつくれたんじゃない?って思うことでしょう。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

、、、、、、

投稿日:2011/08/11 レビュアー:エロエロ大魔神

聖職者たるのも・・・・・・


喝!

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

全裸バラバラ殺人と教会の暗部 (重大なネタバレあり)ネタバレ

投稿日:2009/07/26 レビュアー:よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ウール・グロスバードは、もともと演劇畑の人ではなかったですかね(うろ覚え)。この作品より前の、ダスティン・ホフマン主演の『ストレート・タイム』という地味目のクライム・アクションが結構好きで、『告白』も期待していたんです。
 小さめの公開で、結局地元では観ることができず、遠出して名画座に追いかけました。当時の印象は、「雰囲気はなかなかいいが……面白くはない」というもの。そんな作品をどうして見直す気になったかというと、少し前に『アンダーカヴァー』という刑事もの面白い作品があって、兄が刑事、弟がチンピラなんです。父親役が本作にも出ているロバート・デュバルのせいもあるかもしれませんが、昔こあいう立場の違う兄弟が葛藤する犯罪ものを観たなあ……と思いだしたわけです。

 第二次大戦終了間もなくの頃。兄は清濁併せのむベテラン刑事(デュバル)、弟は野心に燃える教会の司祭。今は教会の大スポンサーとなっていて、裏社会とも深くかかわる実業家ジャック(チャールズ・ダーニング)をいつか逮捕しようと狙う兄。教会の投資担当として開発プロジェクトに携わる弟は、ジャックとの付き合いも深い。兄弟に緊張が走る中、女優志望の若い女性のバラバラ全裸死体が発見されて……。
 今回分かったのですが、この殺人事件は例のブラック・ダリア事件にそっくりです。痛いが全裸で、胴のところで真っ二つにされているという犯行の態様、女優を夢見て田舎から出てきた娘が食い物にされ、ブルーフィルムに出るまでに堕ちていたという物語。かの事件を下敷きにしていることは間違いないでしょう。
 この猟奇事件を巡る犯罪サスペンスに、腐敗した教会の内部抗争をも含んだ重厚なドラマ……面白そうですよね。でもそれほど面白くならないんです(笑)。
 ひとつには、序盤から人物関係や設定についての説明がぶっきらぼうで、細部がとてもつかみにくいので、あまり気持ちが入らないということがあります。先に少し物語を書きましたが、実は想像も少し入っています。たとえば、教会が進めている開発プロジェクトがどういうものなのか、墓地? 宅地?ということすらよく分からない。これは字幕の出来の悪さもあるのかもしれませんが……。
 最大の問題は、猟奇殺人事件の顛末の検証がすっきりしないうえ、物語の本筋にあまり関係がないと思えてしまうところです。真犯人も真相も、中心的な登場人物にかかわりがとても薄い。だから、ドラマとしてのうねりがないんですね。
 デュバルが犯行現場に入っていく時のサスペンスとか、時代を再現したノワールなムードであるとか、随所に面白いところはあります。デュバル、デ・ニーロ、ダーニング、バージェス・メレディスの演技合戦も見もの。グロスバードの演出はそれほど悪くないので、詰め込み過ぎの脚本が実にもったいないところです。40点。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

これは一体なんの映画??

投稿日:2004/02/27 レビュアー:うさぎ

観た人教えてください。結局何が言いたかったのでしょう?聖職者も裏では何やってるかわからないって、悪な部分を見せたかったのでしょうか。あまり印象に残らない映画であることは間違いないかも??

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全14件

告白

月額課金で借りる

都度課金で借りる