スチームボーイ

スチームボーイの画像・ジャケット写真
スチームボーイ / 鈴木杏
全体の平均評価点:
(5点満点)

126

  • DVD
  • TSUTAYA TV
ジャンル:

「スチームボーイ」 の解説・あらすじ・ストーリー

世界初の万国博覧会を控えた19世紀半ばのイギリス。発明一家スチム家に生まれた13歳の少年レイは、研究でオハラ財団からアメリカに招かれている父エディと祖父ロイドの帰りを待ちわびながら、自らも大好きな発明に励む毎日。そんなある日、レイのもとにロイドから謎の金属ボールが届く。すると間もなく、オハラ財団の使者を名乗る者たちがそのボールを奪いにやって来た。とっさにボールを抱えて逃げるレイ。だが、結局その一味に捕まってしまう。そしてその時、レイはアメリカにいるはずの父と出会い、ボールの秘密を明かされる…。

「スチームボーイ」 の作品情報

製作年: 2003年
製作国: 日本
原題: STEAMBOY

「スチームボーイ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

スチームボーイの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
126分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BCDR0835 2005年03月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
35枚 3人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:126件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全126件

背景美術に圧倒されるも脚本にがっかり・・9年24億は何だったのか

投稿日:2005/03/29 レビュアー:RUSH


「製作期間9年、総製作費24億円、総作画枚数18万枚、世界が待っていた大友克洋最新作!」をうたい文句に公開され、大友ファンの私としても待ちこがれた作品でした。度重なる製作中断、伸びる製作期間、待っているファンとしては期待と不安が入り交じった9年間でした。

想像通りこの作品の背景美術は最高で「イノセンス」を越えているのではないか?と思わせる程の描き込みようがわかる出来映えでした。総作画枚数18万枚というのが何となくわかるような気がします。大友氏らしい細部まで微細に描き込む手法はさすがの一言でもう圧巻としか言いようがありません。この点は全く期待通り、いやそれ以上の出来映えでした。これを見るだけでも価値があるほどです。だからこそ脚本のしょぼさにガッカリしたのです。確かに楽しい作品でしたしワクワクドキドキもしました。

でも何かが足りない、そう僕は感じました。「製作期間9年、総製作費24億円」という言葉から来る期待感がそのまま失望感に繋がったのかもしれません。何かが足りない刺激がないそんな感じなのです。「科学とは一体何の為にあるのか?誰の為にあるのか?」をテーマに祖父、父、息子3代にわたる発明家と彼らを取り巻く金儲け第一の武器商人と似たもの同士のイギリス軍の万国博覧会を舞台にした大騒ぎを描いているのですが、科学の結晶であるスチーム城があんなしょぼい終わり方をするなんて納得出来ないというか期待はずれというか落としどころを間違えたのではないかというか・・全く腑に落ちませんでした。

キャラクターもいい味出していました。主人公レイ(僕は鈴木杏さんはミスキャストだと思う)や祖父ロイド(中村嘉葎雄氏の声は個人的に好き)、父エディ(津嘉山正種氏は相変わらずの渋さの極地)、サイモン(斉藤氏の演技は最高)、スカーレット(小西真奈美さんは予想以上にうまかった!彼女のお陰でこのキャラクターがとても引き立っていた)、スチーブンスン(児玉清氏は下手でした)、ディビット(沢村一樹氏がいい味出していました、さすがです)他にも色々(^^ゞ。スチーム城を見て「ラピュタ」を想像した人が多いと聞きましたが僕は「AKIRA」の「28号(AKIRA)が保管されている球体」を思い出してしまいました。やはり僕のこの失望感は「AKIRA」の存在があるからなのでしょうか?普通の人が見れば楽しめる作品だと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

蒸気の扱いには、お気をつけください。火傷する可能性があります!

投稿日:2006/07/06 レビュアー:素敵な声で抱きしめて

この物語の舞台は19世紀半ばのイギリス。
産業革命の担い手=蒸気機関の活躍が目覚しい中、祖父(ロイド)と父親(エディ)はアメリカの企業に認められ、主人公レイの住むマンチェスターから、研究者として渡米していました。
そして1851年、ロンドンのハイドパークで世界初の万国博覧会が開催されようとしていたときのこと…。

さて、本題。

作品全体は、スピード感もあるし、人と科学の過去と現在、そして未来にまで思いを馳せることが出来て、とても見応えがあると思います。

メカニック大好きなので、ボルトや歯車が出てくるだけで、も〜充分嬉しくなっちゃうんですが、なんとまぁ〜映像の緻密なこと。すごいわ!その緻密な部分観たさに、普段より画面の明るさを明るめに設定して観ちゃいました。

ストーリーも、“父と息子”物のダブル(じいちゃんとお父さん、お父さんと息子)ですから、どっぷりハマりましたし、声フェチの方も、エディの津嘉山さんとアルフレッドの寺島進さんで、たっぷり頂きました。

そうそう、津嘉山さんといえば、ケビン・コスナー、ロバート・デ・ニーロ、リーアム・ニーソンなど、洋画の吹替えでも活躍している俳優さんですが、先日、尊敬する野沢那智さんが昼間の某トーク番組で、
「吹替えの仕事も最近やりづらくなりました。昔はアドリブなんかも許されたんですけど、今じゃありえないですね。配役を決めるのにも声紋検査から始まって、セリフのトーンや抑揚まで、あちらのプロデューサーが大きく介入してくる。もう、演技もヘッタクレもあったもんじゃありません。こないだなんか津嘉山が、あんまりにも変な抑揚つけさせられて、『やってられるか』って台本叩きつけてました。」
って話してたのを思い出しました。男気!
吹替版聞くのは日本人なのに、妙な話ですよね〜。

☆キャスト☆

ジェームス・レイ・スチム…鈴木杏
スカーレット・オハラ・セントジョーンズ…小西真奈美
ジェームス・ロイド・スチム…中村嘉葎雄
ジェームス・エドワード・スチム(エディ)…津嘉山正種(つかやま まさね)
ロバート・スチーブンスン…児玉清
デイビッド…沢村一樹
アーチボルド・サイモン…斉藤暁(さいとう ぎょう)
アルフレッド・スミス…寺島進
ジェイソン…稲田徹(いなだ てつ)
レイの母親…相沢恵子
エマ…小林沙苗
トーマス…日比愛子

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

65pts/100ptsネタバレ

投稿日:2008/04/23 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

産業革命移行の科学偏重主義を、
批判した内容。
メトロポリスと、よく似た内容だし、
使い古されたテーマで、それを特に掘り起こしたりはしていない。

むしろ、映像の美しさで、魅せるだけの作品。

その辺り、この古いだけのテーマで、
今、映画を作ってしまっている点が、
微妙感を出しているのかなと思うけど、
私は、これだけ作り込んでいれば、有りかなと思う。

ただ、声優に、
ただの俳優を使う微妙感もあるかな。
小西真奈美は、そこそこ、使えるとは思ったし、
そのほかも、違和感のない人も結構いたけど、
数人、ん。。。
って思わせる人がいると、
そっちに耳が言っちゃうからね。
降板も含めて、大胆な決定が必要だったのかなと思う。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

これまた、超期待していたのですが・・・

投稿日:2005/03/31 レビュアー:オタエドン

『AKIRA』や『MEMORIES』の‘大砲の街’などで鮮烈なる印象を受けた監督作だけに、期待度大でしたが、残念なことに、あまり面白くなかった。機械の精巧さや、科学への夢など感心しながらも、機械音痴の私めには、話に乗っていけない部分が多かった様です。大砲の街を作る時、構想を膨らませて行ったとか・・・インパクトさは、短いけれど、大砲の街の方が私には強烈でした。これまた、人それぞれでしょうが。ただロイド博士のキャラには、笑えた!!又、途中何と、キャーとか、ワ〜とか、感嘆詞、叫びの多いこと。続編が作られるとか、今度は、もう少し面白い内容に期待したい。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

スチームボーイネタバレ

投稿日:2017/08/03 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 産業革命のイギリスの博覧会中にスチーム城が現れて暴れるので、スチームボーイが阻止する話。

 みんなが欲しがるスチームボールをいいもんと悪いもんが巡っての産業革命中のイギリスでいろんなレトロな発明が出てきて映像も綺麗で面白くて冒険活劇になりそうですが、見ていて心躍る内容ではないのが残念なアニメーションでした。

 発明家の親子三代の問題を軸に科学とは? を描いていますが、全部が全部説明台詞で自分の気持ちや今の状況やこれから何をしようとしているのかを話し始めるので120分が長く感じられました、クライマックスの万国博覧会でのスチーム城の暴走もクライマックスにしては早く始まって、延々と大騒ぎしているので構成的にもおかしく感じてしまいました。
 主人公が成長している感も少なくて、たまたま目の前にあったものをつかってスチームボーイに変身している感じで、元からあった才能でなっているだけなので、最初から特殊な才能の持ち主だから危機を突破できたんだという風にしかみえなかったです。

 ヒロインも「サイモーン」と言いながら歩き回るだけで状況の深刻さをわかっていない空気の読めないお嬢様という役割ですが、ただ単にイライラさせるだけのキャラクターでした。

 大友克洋監督作品と思ってしまうと悲しいアニメーションでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全126件

スチームボーイ

月額課金で借りる

都度課金で借りる