バルティック・ストーム

バルティック・ストームの画像・ジャケット写真

バルティック・ストーム / グレタ・スカッキ

全体の平均評価点:(5点満点)

4

全体の平均評価点:

DVD

旧作

ジャンル :

「バルティック・ストーム」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

大ヒットシリーズ「ER」や『ピースメーカー』を手掛けたミミ・レダーが製作総指揮を務めた、実際に起こった客船・エストニア号沈没事件を題材にしたパニックサスペンス大作。『レッド・バイオリン』のグレタ・スカッキやドナルド・サザーランドが出演。

「バルティック・ストーム」 の作品情報

作品情報

製作年:

2003年

製作国:

ドイツ/イギリス

原題:

BALTIC STORM

「バルティック・ストーム」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

合衆国崩壊の日

クロッシング・ライン シーズン2

カニング・キラー 殺戮の沼

地獄のライト・スタッフ 完全版

ユーザーレビュー:4件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

完見度:これから船が出ようとするところまで

投稿日:2005/04/23 レビュアー:aiai

そのシーンを越えることができず眠りに入る。3回繰り返したが、寝てしまう。テクニカルノックアウトですわ。
なんかごちゃごちゃしていて、それでいてさほど緊迫感がないため、船の期待感がでてこないという感じでした。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

ハズレです。

投稿日:2005/01/28 レビュアー:ススム

 タイトルからパーフェクトストームを連想して借りた
のですが、正直言って期待を裏切られました。
 エストニア号沈没の謎を解き明かしていくことがメイ
ンですが、沈没のシーンがあまりにも描写が少ないので
迫力が全くありません。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

重みのない映画 ネタバレ

投稿日:2007/08/02 レビュアー:れっど

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

この物語は、実際に1994年に起きた「エストニア号」沈没事件を題材にしたサスペンスドラマ。はじめにベルリンの壁の崩壊など冷戦終結の当時の映像が流されていかにも史実にそったかのようなドキュメンタリータッチなのだが、本編に入る前に「事実とは異なります」というお触れが出てくるので一気に興ざめしました。

実際は不運な事故によって852人の尊い命を失ったわけだが、このような政治暗躍的な物語をフィクションでも追加することに被害者に対して失礼な行為だと思わなかったのだろうか??とコンプライアンスに疑問が残る映画でした。どうせなら名前などを変えたりしてフィクションにすべき所なのに。(日本に例えて言うなら日航機ジャンボ墜落事故がテロリストによるものだったと言っているような物です。)

 とりあえず、そういう被害者感情は抜きにして見ようと思っても、緊張感のまるでない映画でした。それに事件全貌が分からなかった。何度も途中で睡魔に襲われました。一番大事であろう沈没のシーンはあまり描かれていないし、特に音楽が最低。内容にそぐわないほど軽いタッチのB級映画でも使わないようなリズム。暗躍している政治家達の電話のシーンなんかは聞くに堪えない。なんでこんな映画にしちゃったんだろう??って思う。ドナルドサザーランドもコミカルな演技しているし。。。

 ただ、すごく些細な場所はしっかり描いているんです。カメラに音声ピンを入れる部分なんかはどの映画でも見たこと無いし、携帯電話の番号を押す動作をゆっくり見せている映画なんてあまりない。これは監督のこだわりなんだろうかね?


 総括して、あまりオススメできる映画じゃありません

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

バルティック・ストーム

投稿日:2005/07/26 レビュアー:レビュアー名未設定

今の世の中、何処でどんな事が画策されているか分かりません。この映画も、自分の身の回りに起こっていることが、闇に葬られようとしていることに気づいた人々が敢然として権力に立ち向かっていく話です。ひとつの警告的な映画ですね。見てみて下さい。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 4件 / 全4件

バルティック・ストーム

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:4件

完見度:これから船が出ようとするところまで

投稿日

2005/04/23

レビュアー

aiai

そのシーンを越えることができず眠りに入る。3回繰り返したが、寝てしまう。テクニカルノックアウトですわ。
なんかごちゃごちゃしていて、それでいてさほど緊迫感がないため、船の期待感がでてこないという感じでした。

ハズレです。

投稿日

2005/01/28

レビュアー

ススム

 タイトルからパーフェクトストームを連想して借りた
のですが、正直言って期待を裏切られました。
 エストニア号沈没の謎を解き明かしていくことがメイ
ンですが、沈没のシーンがあまりにも描写が少ないので
迫力が全くありません。

重みのない映画

投稿日

2007/08/02

レビュアー

れっど

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

この物語は、実際に1994年に起きた「エストニア号」沈没事件を題材にしたサスペンスドラマ。はじめにベルリンの壁の崩壊など冷戦終結の当時の映像が流されていかにも史実にそったかのようなドキュメンタリータッチなのだが、本編に入る前に「事実とは異なります」というお触れが出てくるので一気に興ざめしました。

実際は不運な事故によって852人の尊い命を失ったわけだが、このような政治暗躍的な物語をフィクションでも追加することに被害者に対して失礼な行為だと思わなかったのだろうか??とコンプライアンスに疑問が残る映画でした。どうせなら名前などを変えたりしてフィクションにすべき所なのに。(日本に例えて言うなら日航機ジャンボ墜落事故がテロリストによるものだったと言っているような物です。)

 とりあえず、そういう被害者感情は抜きにして見ようと思っても、緊張感のまるでない映画でした。それに事件全貌が分からなかった。何度も途中で睡魔に襲われました。一番大事であろう沈没のシーンはあまり描かれていないし、特に音楽が最低。内容にそぐわないほど軽いタッチのB級映画でも使わないようなリズム。暗躍している政治家達の電話のシーンなんかは聞くに堪えない。なんでこんな映画にしちゃったんだろう??って思う。ドナルドサザーランドもコミカルな演技しているし。。。

 ただ、すごく些細な場所はしっかり描いているんです。カメラに音声ピンを入れる部分なんかはどの映画でも見たこと無いし、携帯電話の番号を押す動作をゆっくり見せている映画なんてあまりない。これは監督のこだわりなんだろうかね?


 総括して、あまりオススメできる映画じゃありません

バルティック・ストーム

投稿日

2005/07/26

レビュアー

レビュアー名未設定

今の世の中、何処でどんな事が画策されているか分かりません。この映画も、自分の身の回りに起こっていることが、闇に葬られようとしていることに気づいた人々が敢然として権力に立ち向かっていく話です。ひとつの警告的な映画ですね。見てみて下さい。

1〜 4件 / 全4件