「サル」

「サル」の画像・ジャケット写真

「サル」 / 水橋研二

全体の平均評価点:(5点満点)

10

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「「サル」」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

 監督志望の青年・福家は自主製作映画の資金調達に頭を悩めていた。そんな時、新薬投与実験のバイトで短期間に高額な報酬が得られることを知った彼は、撮影仲間5人で実験に参加した。実験は、アルツハイマー型老人痴呆症のための治療薬の安全性を調べる目的で行われるという。でも、そんなことは彼らにはどうでもよかった。たった5泊6日の入院でけっこうなお金が貰えると浮かれ気味の彼らは、ついでとばかり秘かにビデオカメラも持ち込み、実験の過程を隠し撮りしていく。しかし、そんな彼らも実験が進むうち、何かがおかしいと気づき始めるが…。

「「サル」」 の作品情報

作品情報

製作年: 2003年
製作国: 日本

「「サル」」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

地下の中心で愛を叫ぶ!

君へ。

西遊記<TVドラマ版>

イマジネーションゲーム

ユーザーレビュー:10件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全10件

人間が実験用の猿に ネタバレ

投稿日:2010/02/12 レビュアー:ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

猿やネズミと違って言葉を喋る人間が実験対象。
製薬会社、カネ払ってこんな実験してんのかぁ・・

オモロい所は
男サルらは外出禁止ゆえに看護婦の水川あさみが代わりにお使いをするのだが
サルらが“俺タバコ”、“俺はジュース買って来て”
ドサクサに紛れて“俺はロリエ!”と言ってカラかう。
後に水川あさみは怒り顔で本当に“ロリエ”を買って来て
サルの顔面をめがけブン投げる!その場面だけ・・
他はチョーつまんない!借りて損したぁ〜

世の中には色んなアルバイトがあると。
液体一杯のプールに腐らないよう死体を漬ける所があるらしく
“浮いて来たら長い棒で沈ませる”の繰り返しでカネが貰える
が、死体の顔を見たらメシが食えなくなるとか・・
バイトも選びましょう。

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

はぁぁぁ……。

投稿日:2006/04/09 レビュアー:kkk

esとブレアウィッチを足して2で割って、1/100くらいに薄めた感じのものです。
この世の全ての映画を見終わった後に、それでも暇ならどうぞ。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

最低

投稿日:2006/04/01 レビュアー:ヒロチン

見ない方がいいと思います!

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

よく覚えてない作品

投稿日:2006/03/31 レビュアー:光の翼<

「ブレアウィッチ」風のドキュメンタリータッチで描かれている作品です。高額な新薬人体投与実験の治験アルバイトに参加した人達に次々に恐怖が襲い掛かる。
そういう内容だが、入院時の描写が修学旅行風だったり、ホラーシーンも迫力不足で、印象に残らなかった作品だった。
鳥羽潤や大森南朋など、B級作品には欠かせない配役で好感が持てるのだが、はっきりいって、見なくても良い作品かな。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

自分はハマりました

投稿日:2011/03/10 レビュアー:デジコン

昔の都市伝説ちっくな高額アルバイトで有名なのが、「大学病院での死体洗い」、そして薬剤メーカーが製造販売する前に実施する人体実験、いわゆる「治験」です。
この作品の題材ですが、なかなか興味深い内容です。死体洗いのバイトが本当にあるのかは不明ですが、この治験は普通に存在して公募もしてます。

出演者は、ちょっとココリコ遠藤に似てる二枚目の鳥羽さん、「殺し屋1」から龍馬伝の武市半平太へ出世した大森さん、活躍中の水川あさみさん、
ベストセラー本「面接の達人」で有名な著作者、中谷彰宏さんもチョイ役で出てます。

低予算で画面は薄っぺらいですが、当時流行りのビデオ撮影視点なども取り入れています。ですが格別スリリングな内容ではありません。
ちょっぴり怪しい部分や出来事はありますが、“薬剤の人体実験”という響きからイメージされる程の怖さはありません。
ですが、全編通してのこの作品の空気感がなぜか好きです。うまく説明はできませんが(苦笑)

この監督の他作品には、売れる前の貫地谷しほりさんも出演した「死霊波」、安田美沙子さん主演「ザ・コテージ」のホラー系、他に青春もの、
最近では大島渚監督を題材としたドキュメントタッチの作品をリリーズしましたが、イマイチですねぇ。。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全10件

「サル」

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:10件

人間が実験用の猿に

投稿日

2010/02/12

レビュアー

ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

猿やネズミと違って言葉を喋る人間が実験対象。
製薬会社、カネ払ってこんな実験してんのかぁ・・

オモロい所は
男サルらは外出禁止ゆえに看護婦の水川あさみが代わりにお使いをするのだが
サルらが“俺タバコ”、“俺はジュース買って来て”
ドサクサに紛れて“俺はロリエ!”と言ってカラかう。
後に水川あさみは怒り顔で本当に“ロリエ”を買って来て
サルの顔面をめがけブン投げる!その場面だけ・・
他はチョーつまんない!借りて損したぁ〜

世の中には色んなアルバイトがあると。
液体一杯のプールに腐らないよう死体を漬ける所があるらしく
“浮いて来たら長い棒で沈ませる”の繰り返しでカネが貰える
が、死体の顔を見たらメシが食えなくなるとか・・
バイトも選びましょう。

はぁぁぁ……。

投稿日

2006/04/09

レビュアー

kkk

esとブレアウィッチを足して2で割って、1/100くらいに薄めた感じのものです。
この世の全ての映画を見終わった後に、それでも暇ならどうぞ。

最低

投稿日

2006/04/01

レビュアー

ヒロチン

見ない方がいいと思います!

よく覚えてない作品

投稿日

2006/03/31

レビュアー

光の翼<

「ブレアウィッチ」風のドキュメンタリータッチで描かれている作品です。高額な新薬人体投与実験の治験アルバイトに参加した人達に次々に恐怖が襲い掛かる。
そういう内容だが、入院時の描写が修学旅行風だったり、ホラーシーンも迫力不足で、印象に残らなかった作品だった。
鳥羽潤や大森南朋など、B級作品には欠かせない配役で好感が持てるのだが、はっきりいって、見なくても良い作品かな。

自分はハマりました

投稿日

2011/03/10

レビュアー

デジコン

昔の都市伝説ちっくな高額アルバイトで有名なのが、「大学病院での死体洗い」、そして薬剤メーカーが製造販売する前に実施する人体実験、いわゆる「治験」です。
この作品の題材ですが、なかなか興味深い内容です。死体洗いのバイトが本当にあるのかは不明ですが、この治験は普通に存在して公募もしてます。

出演者は、ちょっとココリコ遠藤に似てる二枚目の鳥羽さん、「殺し屋1」から龍馬伝の武市半平太へ出世した大森さん、活躍中の水川あさみさん、
ベストセラー本「面接の達人」で有名な著作者、中谷彰宏さんもチョイ役で出てます。

低予算で画面は薄っぺらいですが、当時流行りのビデオ撮影視点なども取り入れています。ですが格別スリリングな内容ではありません。
ちょっぴり怪しい部分や出来事はありますが、“薬剤の人体実験”という響きからイメージされる程の怖さはありません。
ですが、全編通してのこの作品の空気感がなぜか好きです。うまく説明はできませんが(苦笑)

この監督の他作品には、売れる前の貫地谷しほりさんも出演した「死霊波」、安田美沙子さん主演「ザ・コテージ」のホラー系、他に青春もの、
最近では大島渚監督を題材としたドキュメントタッチの作品をリリーズしましたが、イマイチですねぇ。。

1〜 5件 / 全10件