私とワタシ

私とワタシの画像・ジャケット写真
私とワタシ / 蒼井優
全体の平均評価点:
(5点満点)

7

  • DVD
ジャンル:

「私とワタシ」 の解説・あらすじ・ストーリー

映画・TVドラマ・CMと多岐にわたる活躍を見せる蒼井優と松本まりかが初めて主演を務めた舞台「私とワタシ」の記者会見から舞台稽古、バックステージの模様にまで迫った映像集。心の中に住むもう1人の自分との奇妙な共同生活を描く。

「私とワタシ」 の作品情報

製作年: 2003年
製作国: 日本

「私とワタシ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

私とワタシの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
120分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DMSM5500 2004年01月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
3枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:7件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全7件

蒼井優ちゃんの名演!

投稿日:2007/03/12 レビュアー:かづしげ

 生の舞台演劇を収録したもので、付録のインタビューも長くて興味深い。
 テーマは人間心理の根源に迫り中々深いものがある。
 心の中のもう一人の自分を演じる優ちゃんの前半部における自由奔放さと、ラストでの怪演は目を見張る。やっぱ優ちゃんは凄い女優だ!

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

?/100点

投稿日:2005/03/02 レビュアー:Bon-san

気分的に見ないで返却
ちゃんと見れば面白いかも

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

私とワタシ

投稿日:2009/10/27 レビュアー:kohachan

舞台って面白いかも!!!
蒼井優ちゃん〜もう一回やって!

う〜ん。
多分、今の優ちゃんは大きな規模の舞台に
なっちゃうよね。
残念です。

蒼井優ちゃんと松本まりかさんの、二人の息が
ピッタリでした。
人なら誰しも、きっと感じたことのある気持ちとか
揺れる思いがまじまじと伝わってきて。
よかったです。

優ちゃんの演技って、本当に惹きつけられます。
どんな役でもこなしちゃうけど、今回は活発な優ちゃん。

舞台が好きな人。
舞台裏も好きな人。
優ちゃんファンさん。必見!

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

舞台を観たくなりました

投稿日:2005/09/26 レビュアー:delgesu

イントロダクションを読んで、舞台そのものではなく、稽古の様子などの周辺を撮り納めたメイキングものだと思っていました。
でも、実際には舞台をビデオに撮ったもので、普通に舞台を楽しむものでした。

内容は、割とオーソドックスだと思います。
自分の中の別の人格とどう向き合っていくのか。この手の話は好きですし、笑いも結構あって楽しめました。私は好きですよ。

映画はよく観る方だと思いますが、舞台は一度も見たことがありません。なので最初は、お客さんのすぐ近くで演じているのを見ててなんだか気恥ずかしかったのですが(なんで自分が?)、だんだんとその生のリアルな演技に引き込まれていって、その場で舞台を観ているような気になってきました。

可笑しな場面では、お客さんが笑っているのがそのまま撮られているんですよね。あれ、いいですね、生って感じで。役者さんも笑ってるような気がしてきます。
いい映画を借りてきて家で一人で観ていても、なんだか笑えないな、泣けないな、てことありませんか?映画館だと他のお客さんと同じ空気、同じ時間、同じ感情を共有しているからか、他の人につられて笑ったり泣いたり。でも一人だと、そうならないこともあって。でもこの作品は、他のお客さんと一緒です。

蒼井嬢、スゴイですね。こんなに叫んでいると言うか吼えていると言うか、怒鳴っているのは見たことない。新たな一面に接することができて良かったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

これはオススメ!

投稿日:2004/11/18 レビュアー:fermata

 舞台劇と知らずに見ましたが、映画やテレビドラマとは
一線を画す、独特の作りがとても新鮮です。
特に、演劇ならではのライブ感が良いです。
  
 松本まりかは、動きや話し方がとてもかわいく、
元気な主人公を好演してます。

 蒼井優は劇中では鬼と呼ばれる主人公の別人格を担当。
大声で主人公を叱咤激励します。

 最初は、二重人格者の共同生活を、微笑ましく描いていただけだったのですが、ある事をきっかけに、だんだん鬼の力が強くなり、主人公の性格が変わっていってしまいます。

 最後の展開も、なかなか凝っています。
結構長時間ですが、飽きずに最後まで見られました。

 また、音楽も良いので、サントラを入手したくなりました。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全7件

私とワタシ

月額課金で借りる

都度課金で借りる