アバウト★シュミット

アバウト★シュミットの画像・ジャケット写真
アバウト★シュミット / ジャック・ニコルソン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

97

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「アバウト★シュミット」 の解説・あらすじ・ストーリー

アメリカ中西部オマハ。この日、勤め先の保険会社で定年退職の日を迎える66歳のウォーレン・シュミット。彼はこれまで妻ヘレンと今は離れて暮らす娘ジーニーと共に、平凡だが特に不満のない人生を送ってきた。そして次の日から新たな人生を歩むことになる。しかし、翌朝目覚めてみると、シュミットは会社中心の生活リズムが染みついていたせいか手持ち無沙汰になる日々が続いた。そんなある日、妻ヘレンが急死する。そして葬儀の準備に追われるシュミットのもとへ、愛娘ジーニーが婚約者ランドールを伴い戻ってくるのだった…。

「アバウト★シュミット」 の作品情報

製作年: 2002年
製作国: アメリカ
原題: ABOUT SCHMIDT
受賞記録: 2002年 ゴールデン・グローブ 男優賞(ドラマ)
2002年 LA批評家協会賞 作品賞

「アバウト★シュミット」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

アバウト・シュミットの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
125分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FMDC9052 2004年08月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
32枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:97件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全97件

老後は。。。

投稿日:2005/05/20 レビュアー:Tomopy

男の人が一人になるって大変なんだぁて思いました。
定年退職で、毎日何をして過したらいいか分からない。
何だか惨めだなぁて思いました。

長い人生の色々あるけど、老後に出来る趣味を持っていたほうが良いかも。男性もしっかり家事が出来る様になっていた方がいいかもて思った。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

中高年の男性にはつらいかも

投稿日:2004/08/30 レビュアー:パープルローズ

「恋愛適齢期」もそうでしたが、ジャック・ニコルソンってほんとにすごい俳優ですね〜。自分の今の年齢にふさわしい役を、コミカルなものもシリアスなものもこなしてしまう。この映画も、さえない中年の役をひょうひょうと演じていました。シュミットのちょっとしたつぶやきには、ニヤリとさせられました。でも、中高年の男性はちょっと観るのがつらいかも。こんなふうにならないように、奥さんや子供を大切にしてね。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ジャック・ニコルソンの演技とキャシー・ベイツの○○○!ネタバレ

投稿日:2004/08/28 レビュアー:しゃれこうべ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ブラックなネタと笑いを終始コンスタントに見ながら、
リアリティあふれるシュミット氏の人生の一部を覗くことができる秀作です。

シュミット氏の姿は、もしかすると自分の未来の姿と同じなのかもと考えると、ちょっとむなしい気分にさせられるような気もするけれど、
シュミット氏の喜怒哀楽に、自分も一緒に一喜一憂しておつきあいができる映画でした。

退職してから職場では用なしとみなされてしまい、
妻は突然別れも言わずにこの世を去り、
一人娘はバカなブ男とついに結婚してしまい、
そして、自分には何が残るのか。
仕事一筋に生きてきた人間で、趣味も特にない人ならば、それまでとは180度違う、ぽっかりと穴があいたような生活になるはず。

そんな喪失感を抱く初老の男性を、ジャック・ニコルソンは見事に演じていました!
特にラストの彼の涙! ジャック・ニコルソンほどアクの強い顔をした俳優ってなかなかいないと思うのですが、
いつから彼は泣き顔が似合う俳優さんになってしまったんだろう、と真剣に考え込んでしまうほど、すばらしいものでした。
彼の泣きの演技だけで、私も涙を誘われました。

さらに特筆すべきなのは、これまた怪優(!?)キャシー・ベイツが変人ママを完璧に演じていること!
しかも、彼女のオールヌードまで拝めてしまうんだから(絶句)!

リアルでホロリとさせられてしまうストーリーに、ジャック・ニコルソンの演技、そしてキャシー・ベイツの肢体。
三拍子そろったこの映画はすごすぎです! 絶賛!

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

仕事一筋おとーさんには他人事じゃなかったり・・・!?

投稿日:2011/06/08 レビュアー:みむさん

これは仕事一筋なおとーさん達には他人事じゃないかも?
って感じがしました。

保険会社を定年退職したシュミット。
ある日妻が急死。

仕事と妻を両方失った偏屈&毒舌オヤジ・・・・
喪失感は痛いほど伝わるけど
この偏屈っぷりのせいもあってあんまししんみりはしません。

しかも、急死した妻が浮気してたことを知っちゃうという・・・

こりゃ、ダメ押しなショックですな。

娘の結婚式手伝おうとして拒否られるし、もう
おとーさん悲惨です。

自分の居場所は?自分を必要としてくれる人は?
自分の存在意義は?
なんて思いながら悶々としている感じが
偏屈な性格に隠れながらもちょくちょく見えるので
なんか心苦しい気もします。

ハッピーハッピーな話ではないけれど、
最後に少しほっこりする部分があって
結果、よかったね、と言ってあげたくなる。

Jニコルソンはこういうクセのあるオヤジがピッタリはまりますね。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

無垢な心に、疲れた心が癒される体験ネタバレ

投稿日:2010/07/23 レビュアー:蒼生

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


定年退職した会社に寄り、あからさまにではないものの
煙たがられ帰宅し、『寄ってみてよかったよ』と見栄を張るウォーレン。
とっても哀しい。

老年期は喪失の時代と言われます。
ひとつひとつ失っていくことは止められず、押し寄せる無力感。
身近な人の死に悲しみながらも、
自分の死も近いのだということに直面させられる恐怖。

行動を疎ましく思っていた妻も
突然いなくなってみれば、ベッドの隣が果てしなく広い。
大体、もういないのについ左半分に寝てしまうのは習慣なのか。
それとも妻の枕を片づけて真ん中に寝る気にはなれなかったのか。
妻の昔の不貞を知ってなお、半分に寝てるので
やっぱり習慣なんでしょうね。
真ん中に寝るなんて思いつきもしないほど、
半分に寝るのが当たり前のことになっていたんですね。

6歳の少年にそんな愚痴っぽい、
人生を否定するような言葉を羅列した手紙を
書いていいのかと心配してしまいました。
少年が生きることに希望を感じられなくなるのではないかと
案じていた私への答えも、失意の旅を終え、
自分の人生は何だったのかという想いに苛まれる彼の元に
届いていました。

老年期は喪失の時代だけれど、
新しいものを得ることだってできるのだと。
彼の新しい息子が描いた、稚拙なその絵の、
しっかりと繋がれた手が
どうしようもなかった空しさを埋め
凍えた心を温かく包んだのでしょうか。

少年は、私が心配する必要などなく、
純粋さゆえに強く優しく、人間を信じて生きているのだと思いました。


このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全97件

アバウト★シュミット

月額課金で借りる

都度課金で借りる