ドメスティック・フィアー

ドメスティック・フィアーの画像・ジャケット写真

ドメスティック・フィアー / ジョン・トラボルタ

全体の平均評価点:(5点満点)

21

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「ドメスティック・フィアー」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

ボートの設計技師フランクは数年前に妻と離婚、いまは11歳になる愛する息子ダニーとも離ればなれの生活を送っていた。このたび、元妻が裕福な工場経営者と再婚することになる。息子の幸せを願うフランクだったが、ダニーは短気な継父に馴染むことが出来ずにいた。そんなある日、ダニーはひょんなことから継父の殺人を目撃してしまう。あわてて警察に駆け込むダニーだったが、彼の話を誰もまともに取り合ってくれない。そんな中、ただ一人、彼の言葉を信じるフランクは、さっそく継父の身辺を独自に調べ始めるのだった……。

「ドメスティック・フィアー」 の作品情報

作品情報

製作年: 2001年
製作国: アメリカ
原題: DOMESTIC DISTURBANCE

「ドメスティック・フィアー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

閉ざされた森

ボルト

シー・オブ・ラブ

ミート・ザ・ペアレンツ 3

ユーザーレビュー:21件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全21件

オーソドックスだけれも役者の演技でソツ無し。

投稿日:2006/08/18 レビュアー:JUCE

ストーリーにはこれといって意外性も目新しさも無い。狼少年と実父の絆を描いた作品。日本でも離婚率が多くなり、離婚社会の中で子供が犠牲になっていることが問題になっているが、離婚先進国のアメリカでは結構現実味のある話なのではないだろうか。

何かと酷評が多いようだが、大きな破綻も無くそれなりに楽しめる小品。トラボルタの演技が自然で良い。結構父親役も似合うのは意外。スティーブ・ブシェミも存在感あり。本当に映画にピリリと薬味を聞かせてくれる俳優で大好だ。

この映画を楽しめるかどうかのポイントは家族の愛情、特に父と息子の絆の深さに感じ入るかどうかでしょう。

このレビューは気に入りましたか? 16人の会員が気に入ったと投稿しています

狼少年と酒びたりの父、事件を解決!?

投稿日:2013/07/19 レビュアー:MM3

トラボルタがちょいダメオヤジながら
息子と元妻を守ろうとする夫役を好演。

真新しさはないストーリーながら
最後まで楽しめる作品。

元妻の再婚相手になつかない息子ダニーは、
ちょっとしたウソをついてしまう子供。

そのダニーが父フランク(トラボルタ)に会いたいあまり
継父の運転する車に忍び込む。
父のいるほうへ向うと思ったから。

そこでダニーは思わぬ事件を目撃・・・・。

警察に駆け込むも、普段のウソが災いし信じてもらえないダニー
別れた妻の再婚相手を疑っているので、これまたとりあってもらえないフランク

事件の目撃者が嘘つき少年、
その少年を信じてるのが別れた父親だけ

はたして、事件の真相を警察に信じてもらえるのか


継父の豹変ぶり、
真実に気づいた母の機転
ベッタベタではあるが
このへんはハラハラする。

もう一山なんかあってもよかったかも!?
とか思ったりもしますが
これはこれで、
無難にまとまったストーリーでいいのかも。

むしろ、父と息子の絆、そのあたりに注目してみるのもいいかもです。

トラボルタが頼りない父親役っぽいと思いきや
きっちり家族を守るというところもポイント高いです♪

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

ブシェミが。。。

投稿日:2005/02/13 レビュアー:KEE

悪くないです。
役者も上手いし、ストーリーも良く出来ています。
いまいち、新聞雑誌の評価は良くないけど、私はわりと好きでした。
展開もいいし、やはり、子役に助けられたか、といった感じでMatthew O’learyが抜群に上手い。
トラボルタも、家族を守る父親を好演。
しかし、Buscemiは、あんな使われかたでいいのか????

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

ニモ的感動 ネタバレ

投稿日:2005/12/04 レビュアー:ベイトン

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

いいですねぇ、父親と息子の絆。まるで、ファインディング・ニモ、はたまた、デイ・アフター・トゥモローの様だ。

でも、父親が猪突猛進的に突き進むもんで、相手に手の内バレバレ。もっと陰で色々調べたり作戦練ったりしないと・・・。敵にいい様にあしらわれて、後半作戦変更。地道にモーテル調査などしたのは良いけれど、警察署の前で男と会った時に、またまた敵意剥き出し。嘘がつけない性格なんだろうね。お陰で相手の男が危機感を感じ、遂には男に殺されかけたりと散々。

母親の方がその辺は巧かったかな。夫の正体を見抜いた後もそれと気付かれない様にして子供を逃がすことに成功しかけたわけだから。義父にばれたのが、父親からの電話が原因とはこれまた皮肉な結果だ。

まあ、定番のサスペンスで、結末はきっと予想通りです。終盤の義父との間に繰り広げられる、子供・母親、そして父親の攻防をハラハラしながら楽しんでください。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

さすが トラボルタ

投稿日:2005/07/27 レビュアー:ワンダーキティ

トラボルタは腕の良い儲けを考えない職人で

離婚したが理解ある父親役よかったです。

アルマゲドンの最後まで恐さを表現して盛り上げていた

乗組員の人があっさり殺されちゃいましたね。

母親が本当のことに気付いてうまいこと気付いてないふりをして

逃げると所なんかドキドキで義父役の人が急に強暴になる所

が恐かったです。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全21件

ドメスティック・フィアー

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:21件

オーソドックスだけれも役者の演技でソツ無し。

投稿日

2006/08/18

レビュアー

JUCE

ストーリーにはこれといって意外性も目新しさも無い。狼少年と実父の絆を描いた作品。日本でも離婚率が多くなり、離婚社会の中で子供が犠牲になっていることが問題になっているが、離婚先進国のアメリカでは結構現実味のある話なのではないだろうか。

何かと酷評が多いようだが、大きな破綻も無くそれなりに楽しめる小品。トラボルタの演技が自然で良い。結構父親役も似合うのは意外。スティーブ・ブシェミも存在感あり。本当に映画にピリリと薬味を聞かせてくれる俳優で大好だ。

この映画を楽しめるかどうかのポイントは家族の愛情、特に父と息子の絆の深さに感じ入るかどうかでしょう。

狼少年と酒びたりの父、事件を解決!?

投稿日

2013/07/19

レビュアー

MM3

トラボルタがちょいダメオヤジながら
息子と元妻を守ろうとする夫役を好演。

真新しさはないストーリーながら
最後まで楽しめる作品。

元妻の再婚相手になつかない息子ダニーは、
ちょっとしたウソをついてしまう子供。

そのダニーが父フランク(トラボルタ)に会いたいあまり
継父の運転する車に忍び込む。
父のいるほうへ向うと思ったから。

そこでダニーは思わぬ事件を目撃・・・・。

警察に駆け込むも、普段のウソが災いし信じてもらえないダニー
別れた妻の再婚相手を疑っているので、これまたとりあってもらえないフランク

事件の目撃者が嘘つき少年、
その少年を信じてるのが別れた父親だけ

はたして、事件の真相を警察に信じてもらえるのか


継父の豹変ぶり、
真実に気づいた母の機転
ベッタベタではあるが
このへんはハラハラする。

もう一山なんかあってもよかったかも!?
とか思ったりもしますが
これはこれで、
無難にまとまったストーリーでいいのかも。

むしろ、父と息子の絆、そのあたりに注目してみるのもいいかもです。

トラボルタが頼りない父親役っぽいと思いきや
きっちり家族を守るというところもポイント高いです♪

ブシェミが。。。

投稿日

2005/02/13

レビュアー

KEE

悪くないです。
役者も上手いし、ストーリーも良く出来ています。
いまいち、新聞雑誌の評価は良くないけど、私はわりと好きでした。
展開もいいし、やはり、子役に助けられたか、といった感じでMatthew O’learyが抜群に上手い。
トラボルタも、家族を守る父親を好演。
しかし、Buscemiは、あんな使われかたでいいのか????

ニモ的感動

投稿日

2005/12/04

レビュアー

ベイトン

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

いいですねぇ、父親と息子の絆。まるで、ファインディング・ニモ、はたまた、デイ・アフター・トゥモローの様だ。

でも、父親が猪突猛進的に突き進むもんで、相手に手の内バレバレ。もっと陰で色々調べたり作戦練ったりしないと・・・。敵にいい様にあしらわれて、後半作戦変更。地道にモーテル調査などしたのは良いけれど、警察署の前で男と会った時に、またまた敵意剥き出し。嘘がつけない性格なんだろうね。お陰で相手の男が危機感を感じ、遂には男に殺されかけたりと散々。

母親の方がその辺は巧かったかな。夫の正体を見抜いた後もそれと気付かれない様にして子供を逃がすことに成功しかけたわけだから。義父にばれたのが、父親からの電話が原因とはこれまた皮肉な結果だ。

まあ、定番のサスペンスで、結末はきっと予想通りです。終盤の義父との間に繰り広げられる、子供・母親、そして父親の攻防をハラハラしながら楽しんでください。

さすが トラボルタ

投稿日

2005/07/27

レビュアー

ワンダーキティ

トラボルタは腕の良い儲けを考えない職人で

離婚したが理解ある父親役よかったです。

アルマゲドンの最後まで恐さを表現して盛り上げていた

乗組員の人があっさり殺されちゃいましたね。

母親が本当のことに気付いてうまいこと気付いてないふりをして

逃げると所なんかドキドキで義父役の人が急に強暴になる所

が恐かったです。

1〜 5件 / 全21件