オー・ブラザー!

オー・ブラザー!の画像・ジャケット写真
オー・ブラザー! / ジョージ・クルーニー
全体の平均評価点:
(5点満点)

68

  • DVD
  • Blu-ray
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「オー・ブラザー!」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「オー・ブラザー!」 の作品情報

製作年: 2000年
原題: O BROTHER, WHERE ART THOU?
受賞記録: 2000年 ゴールデン・グローブ 男優賞(コメディ/ミュージカル)

「オー・ブラザー!」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

オー・ブラザー! デラックス版の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
108分 日本語・日本語吹替え用・音楽用字幕* 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PIBR7300 2002年12月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
11枚 0人 0人

【Blu-ray】オー・ブラザー! HDマスター版(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
108分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BORR0002 2013年12月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
5枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:68件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全68件

スピード感のないコメディ

投稿日:2006/04/29 レビュアー:吟遊旅人

 大不況の1930年代アメリカ南部の雰囲気がとてもよく伝わってくる、ハートウォーミングなコメディ。って言いたいけど、あんまりハートが温かくもならないし、かと言って退屈なわけでもないし、でもスピード感なんて全然なくてのんべんだらりとした泥棒三バカ物語。最後はけっこう哲学的オチがついている。

 カントリー音楽はなかなかよかった。この映画の雰囲気にはぴったりだったし、迷信と蒙昧の30年代って感じもよく出ていたし、KKKの儀式は怖かったし(笑ったけど)、伏線はわかりやすいし、ばかばかしい話だけど、マス・メディアを使った選挙運動の戦略を練るところなんて時代を感じさせるし、金に目がくらんで仲間を簡単に裏切るのも「不況だから」って。

 爆笑するようなところはどこにもなくて、でもなんとなく可笑しい。おもわずくすり! ストーリーは逸脱しそうでしなくって、笑いも狙っているわりにはおもしろくなくて、なんだか危うくて「コーエンさんたち、どうしたの」ってファンをハラハラドキドキさせる妙な作品。

 コーエン兄弟のファン以外は見なくてもよさそう。「ファーゴ」でファンになった人なら、こういう作品をつくってしまう監督にも愛情を感じなきゃ。アイロンがけしながら見るにはぴったりの楽しい映画。でもこれ、激しく評価が分かれそう。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

コーエン兄弟の毒気と音楽を掛け合わせると。。ネタバレ

投稿日:2009/02/09 レビュアー:MonPetit

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

コーエン兄弟らしくない作品でもあり、ならではの作品でもあった。カントリーミュージ
ック満載の作品で、歌詞の意味もひとりの役者のようだ。もちろん音楽としても堪能
できるしそのリズムのお陰で毒気も、批判めいたメッセージは緩和され違和感を残
さない。軽いタッチの脚本はドタバタ劇やロードムービーなどのいろんな要素をとり
入れてそれを音楽でつなぎ、主人公達をスターにしてまうという荒業でまとめてしま
っているのだから流石だ。ジョージ・クルーニーというこの役には絶対合ってないと
思わせるキャスティングさえコーエン兄弟のお得意な絶妙なアンバランスさで納得
させられてしまった。謎の3姉妹や宗教結社のリンチ処刑シーンなど、途中にはさ
まれているシーンはかなりの毒っぽいのだがさらっと演出されては不快になる暇も
ない。真剣にヒキガエルになったと悲しまれては3姉妹のことなど忘れてしまう(笑

「ずぶ濡れボーイズ」が大歓声を浴び、知事の思惑とはいえ恩赦をうけるシーンはコ
ーエン兄弟の作品にしてはかなり珍しい爽快感で包まれるが、普通の監督ならこれ
でハッピーエンドで終わるところだろうが、そこはコーエン兄弟。もうひとひねりあるか
ら気が抜けない。ダム予定地に金を隠していると騙して一緒に脱獄させたわけだが
結局はそのダム予定地の放水で命が助かり自由を手に入れたわけだからお宝は
やっぱりここにあったということなのかもしれない。

他のコーエン兄弟の作品ほどアクが強くはない印象を受けるのだが、音楽で緩和
されたのは間違いなく、やはりコーエン兄弟らしいことに違いはない。主役はジョー
ジ・クルーニーなのだが、他にどんな候補がいたのか非常に気になるところだ。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

セミ・ミュージカル映画

投稿日:2002/12/15 レビュアー:usibey

ミュージカル映画ではないけれども、要所要所に登場人物達がカントリー系、ブラック系、アイリッシュ系(?)の歌を歌うシーンが入っています。いずれの歌もノンビリした古きアメリカを象徴しているような歌で作品の味つけに貢献しているように思えます。ストーリーもどこか牧歌的です。忙しい人が見るとホッとできるかもしれません。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

やっぱ、ずぶ濡れボーイズですよね!!

投稿日:2007/02/02 レビュアー:キョン

まずは音がいいですよね。素敵です。
で、とても面白くてわたしは好きです。
コーエン兄弟の作品に出てくる人たちはみんな変なこだわりとか変なとこあるじゃないですか。そこがすきなんです。
そんな変な人をみてるのが楽しいんです。
まあ、コーエン兄弟びいきなので・・・
ジョージクルーニーもとっても素敵です。
ジョンタトゥーロもいいですよね。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

私は大好きです。

投稿日:2005/02/13 レビュアー:KEE

久々のコーエン兄弟の映画。
脚本もすばらしく、ヨーロッパ的な笑いもぎっしり。

エンターテイメントWeekly Magagineに散々な酷評を受けてたけど、観客のコメントはどれも、大満足のもの。
George Cloonyが劇中見事に歌い上げる、カントリーソングは実は吹き替え。
「自分は歌う気満々だったが、周囲に吹き替えを薦められ、自分で歌ったTapeを聞き直しても、あれは、ほんとうにひどかった。
二度とききたくないよ。」
と、TVのトークショーでかたっていた。

いい映画にしかでないと、私が密かに思っている、John Turturroもさることながら、Delmer役のTim Blake Nelsonも、すばらしい。

ラストも好きだった。おすすめ。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全68件

オー・ブラザー!

月額課金で借りる

都度課金で借りる