贅沢な骨

贅沢な骨の画像・ジャケット写真
贅沢な骨 / 麻生久美子
全体の平均評価点:
(5点満点)

49

  • DVD
ジャンル:

「贅沢な骨」 の解説・あらすじ・ストーリー

「カンゾー先生」の麻生久美子、「月光の囁き」のつぐみという二人の若手女優と永瀬正敏という新鮮な顔合わせで描く異色の恋愛ドラマ。ホテトル嬢ミヤコと、心に傷を持つ少女サキコ。二人はミヤコの仕事で得たお金だけでなんとか暮らしていた。ある日、いつものように仕事へ出掛けたミヤコが向かった先は、新谷という初めての客のもと。そこでミヤコは新谷という男に何か特別な感情を抱いてしまう。やがてミヤコはなぜか自分と新谷の間にサキコを巻き込み始めるのだった……。

「贅沢な骨」 の作品情報

製作年: 2001年
製作国: 日本
原題: TORCH SONG

「贅沢な骨」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

贅沢な骨の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
106分 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
KSRD24500 2003年04月14日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
8枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:49件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全49件

ダメダメネタバレ

投稿日:2006/01/06 レビュアー:parole

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

つまらん。画面をして語らしめようと言う意志、いや気分は感じられるのだが、その語り口が全くだめ。構図も、光や照明の使い方も、キャメラワークも全てが一見「それ風」だけど内実が伴っていないので空虚。要するに「それ風」のスタイルというか雰囲気を剽窃しているだけとしか感じない。一方画面に何らかの意味を持たせようとする心の奥底にある「真意」ははっきりと浮き出てしまうので、いわゆる意味深なシーンがあちこちで出現しげんなりすることしばしば。我慢してみていたけど結局最後まで見られなかった。

近作「春の雪」も酷い作品だったが、やっぱり行定勲って徹頭徹尾ダメだと思う。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

金魚のミックスじゅーす

投稿日:2007/11/29 レビュアー:veryblue

「 ぱくぱくと金魚のように喘ぎつつ 曇った窓を セーターで拭き 」

「 呑み込めず 吐き出すことも叶わない 喉に刺さった言葉のかけら 」

こういう気持ちの時 この作品を観たので とても辛かった
画が どうとか 私には よく分からないけど
訴えてくるものは確実にある

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

う〜ん・・・

投稿日:2004/12/30 レビュアー:neko

 綺麗でお洒落な感じではありましたが、何だか雰囲気持たせすぎの様な・・・。三人の心の葛藤についてもう少しだけ説明が欲しいです。あまり感情移入できなかったので。
 でも、つぐみさんっていいですね。この映画を見て、好きになりました。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

金魚鉢代わりにミキサー

投稿日:2013/07/17 レビュアー:kazupon

もっと劇的なことが起こるのかと思っていたら、意味もわからないうちに終わってしまった。
『贅沢な骨』というタイトルは、ミヤコ(麻生久美子)が、ウナギの骨が喉に刺さったと言うのを、サキコ(つぐみ)が「ウナギの骨だなんて贅沢な悩みだね」と笑ったから?
喉に違和感を覚えるミヤコが口をパクパクするのが、「まるで金魚みたいだ」と思っていたら、後のシーンで本物の金魚が出てきて、金魚鉢がないから、ミキサーで飼うことになる。
何だか嫌な予感がするのだが、実際恐れていたシーンが待っていて、一時、気持ちが落ち着かなくなってしまった。

ミヤコは、出張ヘルスで収入を得ていて、サキコは同居人。
ミヤコだけが売春の仕事をして二人の生計を立てているのだ。
そこに新谷という客が現れ、ミヤコは仕事(収入)抜きで新谷と個人的に付き合うようになり、やがて自分たちの部屋にも招きいれてしまう。
最後まで観ていくと、このミヤコとサキコは同性愛なのかな?と思う。
金魚とミキサーと新谷が、この二人の関係の象徴なのだろうか?
金魚のようにサキコはミヤコに養われ、新谷は金魚に与えられる餌のようだ。
そして、ミキサーのスイッチはミヤコ自身―つまり、金魚の運命はミヤコ次第ということ。
サキコの事情については、「再婚した父の家は、もう自分の居場所ではなくなった」という新谷との会話から想像がついたが、父と継母がサキコを汚れていると言った理由が分からなかった。(ミヤコとの関係を指すのか?)
ミヤコの事情については何も語られないし、ミヤコの死因についても私には意味不明だった。
客に首を絞められたのか、それまで幾度かあったように呼吸困難になったのか?
火葬場で、サキコが一人で骨を拾う姿が悲しく、最後に拾った骨が喉仏らしいのも意味深。
雰囲気だけは伝わってくるが、自分以外のひとに説明をするのが難しい作品だった。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

うん、、

投稿日:2007/05/01 レビュアー:tomio

この監督、他の作品も一通りみたけれど
映像やサントラにばっかり力を入れているみたいで
肝心なストーリーが今いち立ってこない。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全49件

贅沢な骨

月額課金で借りる

都度課金で借りる