ガンシャイの画像・ジャケット写真

ガンシャイ / リーアム・ニーソン

全体の平均評価点:(5点満点)

4

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「ガンシャイ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

おとり捜査官の過酷な日々を描いた異色コメディ。「スピード」のサンドラ・ブロックが主演に加えて製作も兼ねている。共演は「シンドラーのリスト」のリーアム・ニーソン。18年間おとり捜査一筋にやってきた、伝説の覆面捜査官チャーリー。が、先ごろのおとり捜査で、彼はなぜか正体がバレてしまい、まさに殺される寸前の恐怖の体験をしてしまう。それで自信をなくしたチャーリーは引退を申し出るが認められず、新たなおとり捜査のため一人ニューヨークへと送られてしまった……。

「ガンシャイ」 の作品情報

作品情報

製作年:

2000年

製作国:

アメリカ

原題:

GUN SHY

「ガンシャイ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

メン・イン・ブラック:インターナショナル

キャシーのbig C−いま私にできること−

アイス・ハーヴェスト 氷の収穫

シンドラーのリスト

ユーザーレビュー:4件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

暇つぶしにはいいかも

投稿日:2009/09/04 レビュアー:腐女子

展開がいまひとつ納得いきませんが、まあまあ楽しめるかな?暇つぶしにはいいかな、と思います。リーアム・ニーソンがお茶目な役で可愛いです。サンドラ・ブロックは好きな役者さんだけど、不思議な役でなんだか、あなたはこの映画に必要か?と疑問。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

コメディとしての切れは主人公の胃腸並に相当ゆるい。

投稿日:2017/08/18 レビュアー:伝衛門

ビビり屋”を意味する”GUN SHY”とは気づかず、リーアム・ニーソンにサンドラ・ブロックが出演しているおとり捜査官の作品ということで手にした次第。
作品冒頭のゆるゆるの展開にDISCASイントロを見直し、
コメディ作品であることを再認識しながらの鑑賞となりました。

鑑賞開始段階では、コメディ作品としてみるとネタ的要素での面白みはくみ取れず苦戦していましたが、
18年間おとり捜査一筋にやってきた、リーアム・ニーソンさん演じる
麻薬取締局(DEA)の伝説の覆面捜査官が、
正体がバレてしまい殺される寸前の恐怖体験を味わいトラウマと化した役を好演しており、
サンドラ・ブロックさんも浣腸の女王という微妙な役どころとはいえ、制作に関わっただけあり、
彼女の好感度を上げるのに十分な演出が差し込まれており、ゆるゆるな展開の中ではありますが、
嫌な気分にはなりませんでした。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

★★★

投稿日:2013/09/10 レビュアー:ローズ

潜入捜査を長年しているストレスが多く、グループセラピーでいろいろ話す中、新しい自分と友人ができて世界が変わる。というような内容です。
リーアムニーソンのおちゃめな役は、めずらしいですが、やはり上手なので、それなりに楽しめました。サンドラブロックのユニークさは、板についていますね。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

結構 いけますよ

投稿日:2009/09/04 レビュアー:pino4

リーアムが大好きだから、まあ 楽しめます。
片眉だけあげる表情とか、俳優さんはどうやってできるようになるの?
って素朴に疑問。

リーアムはとにかく素敵。
あんな人がそばにいたら、みんな癒されるね。

トマトコンプレックスのマフィアもかわいい。
あの後
トマト作りを教えてあげるんだろうな。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 4件 / 全4件

ガンシャイ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:4件

暇つぶしにはいいかも

投稿日

2009/09/04

レビュアー

腐女子

展開がいまひとつ納得いきませんが、まあまあ楽しめるかな?暇つぶしにはいいかな、と思います。リーアム・ニーソンがお茶目な役で可愛いです。サンドラ・ブロックは好きな役者さんだけど、不思議な役でなんだか、あなたはこの映画に必要か?と疑問。

コメディとしての切れは主人公の胃腸並に相当ゆるい。

投稿日

2017/08/18

レビュアー

伝衛門

ビビり屋”を意味する”GUN SHY”とは気づかず、リーアム・ニーソンにサンドラ・ブロックが出演しているおとり捜査官の作品ということで手にした次第。
作品冒頭のゆるゆるの展開にDISCASイントロを見直し、
コメディ作品であることを再認識しながらの鑑賞となりました。

鑑賞開始段階では、コメディ作品としてみるとネタ的要素での面白みはくみ取れず苦戦していましたが、
18年間おとり捜査一筋にやってきた、リーアム・ニーソンさん演じる
麻薬取締局(DEA)の伝説の覆面捜査官が、
正体がバレてしまい殺される寸前の恐怖体験を味わいトラウマと化した役を好演しており、
サンドラ・ブロックさんも浣腸の女王という微妙な役どころとはいえ、制作に関わっただけあり、
彼女の好感度を上げるのに十分な演出が差し込まれており、ゆるゆるな展開の中ではありますが、
嫌な気分にはなりませんでした。

★★★

投稿日

2013/09/10

レビュアー

ローズ

潜入捜査を長年しているストレスが多く、グループセラピーでいろいろ話す中、新しい自分と友人ができて世界が変わる。というような内容です。
リーアムニーソンのおちゃめな役は、めずらしいですが、やはり上手なので、それなりに楽しめました。サンドラブロックのユニークさは、板についていますね。

結構 いけますよ

投稿日

2009/09/04

レビュアー

pino4

リーアムが大好きだから、まあ 楽しめます。
片眉だけあげる表情とか、俳優さんはどうやってできるようになるの?
って素朴に疑問。

リーアムはとにかく素敵。
あんな人がそばにいたら、みんな癒されるね。

トマトコンプレックスのマフィアもかわいい。
あの後
トマト作りを教えてあげるんだろうな。

1〜 4件 / 全4件