ヒットマン

ヒットマンの画像・ジャケット写真
ヒットマン / ジェット・リー
全体の平均評価点:
(5点満点)

23

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ヒットマン」 の解説・あらすじ・ストーリー

世界で屈指の殺し屋たちが一同に介し10億ドルを巡って壮絶な闘いを繰り広げるバイオレンス・アクション。日中戦争で日本人の富豪に家族を殺された老人が、殺し屋を雇って復讐を遂げる。しかし、自分が殺されることを予想していた富豪は、10億ドルの金を用意して死後も逆襲ができるようにしておいたのだ。そのため、彼の大金を目当てに世界中から凄腕の殺し屋たちが集まり、お互いに死闘をはじめる。

「ヒットマン」 の作品情報

製作年: 1998年
製作国: 香港
原題: 殺手之王/HITMAN

「ヒットマン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ヒットマンの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
104分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/広東語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
OPSDR001 2002年10月01日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
12枚 2人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:23件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全23件

最強の仔犬!でもすんげーブ・・うがうぐネタバレ

投稿日:2008/07/21 レビュアー:夜子

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

長年の洋画漬けで主人公はイイ男と刷り込まれまくっていた私の脳が悲鳴をあげたのは何を隠そう「ダニー・ザ・ドッグ」でした。
本当にもうどうしていいかわからない、でも好きで好きでたまらんのだあああ!と言う絶叫とともにやってきた、アレは多分噂に聞くアイデンティティーの崩壊だと思います(笑)

今作は思い切って見ないで欲しいと書いてしまいたい気持ちもあるけどそこはそれいろいろ崩壊しているので、私は大好きなんですよね、コレ。

いきなり登場するのは往年の怪獣映画でお馴染み佐原健二。金満オヤジっぷり全開の日系企業のボスなんだけど、カッコいい黒覆面にあっという間に殺されちゃう。
そしてその葬式で登場するのはダメダメ日本語を流暢に操るその息子(笑)悔しがる彼が連発する「ほのおのてんしめー」は向こう1ヶ月くらい脳内でリフレインすること間違いなし。
つまり、炎の天使と呼ばれるフリーで報奨金も要求しない殺し屋が社長を暗殺したと、日系悪徳企業の2代目とその手下はすごく悔しがってる。

で、いよいよジェット・リーの登場なんだけど、それがまー貧乏を絵に書いたようなこ汚い雑居宿に住む「殺し屋」見習いのフウ。けれど心根の優しさから仕事は失敗続き、女は殴れない、ターゲットに同情して殺せない、稼いだ金は国で待つおふくろさんに仕送りする仲間内でも敬遠されている真面目くん。
そこに件の日系企業が出した殺し屋募集の情報が入りインド人のカレーくさーい背広を借りて出かけたところ、口先三寸で食い繋ぐチンケな詐欺師ノウ(エリック・ツァン)と、凄腕の刑事チャン(サイモン・ヤム)に出会う。

一攫千金を狙うノウとフウのでこぼこコンビは、とりあえず格好からと殺し屋臭い衣装を買い込んだり、その資金稼ぎにやっつけ仕事を請け負ったりもするんだけど、親方然としたノウになにかにつけてカモられてばかりのフウは、彼には婚約者がいる年頃の美しい娘キキ(ジジ・リョン)がいて、ケチな詐欺師を続けている父親を軽蔑し憎んですらいると気づくんだな。

とまーツカミはこんな具合で、父娘の人情話も絡めつつキキとフウのほんのり恋バナがあったり、ディープなジェットファンには他にもお宝映像も盛り沢山なわけだけど、見せ場はもちろんジェットのアクション。
今作のグレイウルフは超卑怯者で、目くらまし攻撃に一度は敗退したりもするところがなんともジェットがんばれ!な感じでもう。
しかもジェットのあまりのダメっぷりにもしかしてオチはすごいコトに!と思うがさにあらん(笑)しかしながら天晴れ度は満点なのでご心配なく。心置きなく笑ってほろりとしてください。

ちなみに吹き替えがデフォだった旧香港電影においてコレはジェット自身の吹き替えだそうで。最強の仔犬ジェットの裏バージョン、全ての思い込みを忘れて温かい気持ちでどうぞ。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ジェット・リーのアクションはやっぱり見ものです

投稿日:2003/01/15 レビュアー:レビュアー名未設定

ストーリーの内容はいまいち・・・でもアクションを見るんだって
割り切ってしまえばかなり面白いかも!

女には手を出せない、子を持つ親も殺せないヒットマン
ジェットリーらしい設定でした。
魅力的な主人公で、主演のジェットリーの事をますます好きになってしまいました!
日本人が登場するんだけどあれは違和感ありました。台詞の言い回し方とか不自然な気がしたんですが・・・

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

往時日活アクションを彷彿

投稿日:2010/12/02 レビュアー:まりこ

届いてから「何で予約してたんやろ。」……思案する事暫し。
あぁ「エリック・ツァン ジェット・リー サイモン・ヤム」、出演者で決めたんだと納得。

いきなり登場するヘンな日本人にヘンな日本語、ヘンな日本描写にひっくり返りそう。
最初はとても観るに耐えない展開で、駄目かなと諦めかけたところにサイモン・ヤム、エリック・ツァン登場でなんとか踏み留まる。
二人共当時から抜群の存在感で、映画は主役だけではもたない事を痛感。
何となく頼り無げなジェット・リーも、周囲に助けられて光ってますね。
朴訥な主人公がよく似合ってます。
さすがにアクションはスピーディーで圧巻、気持ちイイほど爽やかに躍動するジェット・リーに見惚れます。
「女性だから」「人の親だから」とターゲットに同情する「ほのぼの系殺し屋」なんて設定も、彼らしくて楽しい。
ご都合主義の大団円には呆れますが、「めでたしめでたし」のエンディングは往時日活アクション映画を彷彿させて微笑ましいですね。

芸者さんの襟の抜き加減に大笑い。
「孫」にお付きの和服女性、普通に着付けてればあんな動きは不可能です(笑)。
(他のトンデモな設定に比べれば些細な事ですが)小さな違和感に個人的には大ウケさせて貰いました。

ちょっと気になるのは、やはり日本人の捉え方。
過去の歴史を考えればこれも仕方が無いのでしょうが、悲しいですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

香港最後の作品にしては…

投稿日:2004/01/11 レビュアー:Blade

ジェット・リーの華麗な武術があまり活かされておらず、ストーリーはそれなりなものの、日本人役者の演技の下手さには閉口した。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

中途半端

投稿日:2003/11/22 レビュアー:パス

登場人物同士が全然絡んでいなくて・・・でも、そんなことは忘れてアクションを楽しんでくださいというほどのお馬鹿映画でもないし。
中途半端ですねえ。
リーのキャラクターもかっこ良いのか悪いのか判断に苦しむし。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全23件

ヒットマン

月額課金で借りる

都度課金で借りる