野良猫ロック・ワイルドジャンボ

野良猫ロック・ワイルドジャンボの画像・ジャケット写真
野良猫ロック・ワイルドジャンボ / 梶芽衣子
全体の平均評価点:
(5点満点)

3

  • DVD
ジャンル:

「野良猫ロック・ワイルドジャンボ」 の解説・あらすじ・ストーリー

孤独なアウトローたちの“破壊”と“破滅”を描き、海外でも圧倒的な人気を誇る「野良猫ロック」シリーズの第2弾。学会の寄付金を強奪するため、タキを筆頭とする非行集団が作戦を展開する。

「野良猫ロック・ワイルドジャンボ」 の作品情報

製作年: 1970年
製作国: 日本

「野良猫ロック・ワイルドジャンボ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

野良猫ロック ワイルド・ジャンボの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
85分 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
NKDN133 2007年11月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
7枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

徒 労

投稿日:2008/11/24 レビュアー:ムーン

藤田敏八監督の「野良猫ロック」。あと一つ「野良猫ロック 暴走集団’71 」を撮っています。

前回のような弾けた感じがなく、全てがフラットでトーンダウン。

役者はみんなピチピチと生きが良く、頑張っています。(何というか、別の分野で歴史に名を残した役者さんもいて、それが役柄とあまりにもマッチしていて、ある意味での歴史的資料になっています。)

ただねー 藤田監督って・・・ 
この方の作品を全部見たわけではありませんが、やる気があるのかないのか・・・
ドラマに山や谷が見当たらない。ストーリーはそう悪くない。でも、緊迫するはずのところでも、全然、手に汗握らない。だらだらとエピソードの羅列に終始しているとしか見えないのです。

他に見た作品でも、途中から「いつまで続くの」って感じるのは私だけでしょうか。
どこかから「やれやれ」といった声が聞こえてくるようです。この徒労感は何が要因なのでしょう?

「修羅雪姫」は二作品とも見ましたが、かろうじて面白いのは、原作がしっかりしているのと、明治時代という様式があるからでしょう。

青春ものを多く撮っている監督さんですが、本当は若者とか「青春」が嫌いなのでは?
それとも、これが時代の空気だったのでしょか。

この監督の作品では、何がお勧めでしょうか。

この「野良猫ロック」シリーズは、長谷部安春監督の次回作に期待します。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

おはようからおやすみまで暮らしを見つめる、となりの学会員

投稿日:2008/01/10 レビュアー:サカモトタクロー

遊びほうけの愚連隊が、ある団体から逃げてきた范文雀(アサ子)と出会ったことで始まるトレジャーハンティングストーリー。
当時の時代が覆っていたものを、皮肉たっぷりに見せるビンパチ節が炸裂。

この作品は男臭さ全開の内容で、梶芽衣子(C子)は珍しくお姫様役w貴重なビキニ姿も拝めます。
藤竜也(ガニ新)と地井武男(タキ)のツートップの魅力満載で、脇を固める前野霜一郎(デボ)と夏夕介(ジロー)も味わい深い存在感を出してます。
この回の和田アキ子は「歌うだけ」ですが、冒頭部分が前作「野良猫ロック」からの続きのような演出で芸が細かくて良いw

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

野良猫ロック ワイルドジャンボ

投稿日:2013/10/14 レビュアー:kotaki

野良猫ロックシリーズでは、敏八さんが
2本撮ってるうちの1本です。
懐かしいです。そして、ロマンポルノへゆく前の
裕次郎世代ではない。
当時の日活の躍動感が伝わる1本です。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 3件 / 全3件

野良猫ロック・ワイルドジャンボ

月額課金で借りる

都度課金で借りる