ミッション:インポッシブル

ミッション:インポッシブルの画像・ジャケット写真
ミッション:インポッシブル / トム・クルーズ
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

105

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「ミッション:インポッシブル」 の解説・あらすじ・ストーリー

往年の人気TVシリーズ「スパイ大作戦」の映画化。東欧で展開されたスパイ組織IMFの作戦は情報漏れのために失敗に終わる。多くの仲間を失ったイーサンは、これがIMF内の裏切者を見つけ出すための作戦だと言うことを知るが、その疑いは自分にかかっていた。真実を暴くために、死んだリーダー、ジム・フェルプスの妻クレアと連絡を取るイーサン。彼は、元CIAのクリーガーと天才ハッカーのルーサーを新たなメンバーに加え、大胆不敵にもCIA本部への潜入を試みる……。

「ミッション:インポッシブル」 の作品情報

製作年: 1996年
製作国: アメリカ
原題: MISSION: IMPOSSIBLE

「ミッション:インポッシブル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ミッション:インポッシブルの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
110分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル/サラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/サラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PDSV6 2004年11月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
107枚 3人 4人

【Blu-ray】ミッション:インポッシブル(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
110分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル/サラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/サラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PDBV104125*B 2008年08月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
77枚 2人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:105件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全105件

こんなの「スパイ大作戦」じゃ、ナイ!ネタバレ

投稿日:2006/11/01 レビュアー:masamune

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

私とTom Cruise(以下、彼)の共通点と言えば世代が同じ事だけですが(笑)。そんな彼が映画人として資金に余裕が出来た時に、子供の頃に熱狂した「スパイ大作戦」を自ら映画化しようと思う気持ち、私には「とても」良く分かる。originalは1966年〜1973年まで米国CBSで第7シーズンまで放送された全171話から成る人気TVシリーズで、私もスカパーを利用して全ての回をHDD録画した程のマニアです。ですから本作を彼が作る事を知った時には小躍りした。予告編で彼はローラン・ハンド(本家はMARTIN LANDAU!)役と知り、期待に胸を膨らませながら劇場へ。果たして結果は・・・期待を大きく裏切られた。 「スパイ大作戦」の良さとは任務開始から終了まで、作戦に関係無い会話や行動は一切しない。それはIMF(Impossible Mission Force)」メンバーの「キャラクター描写の欠如」と「ユーモアの排除(皮肉は有る)」が娯楽作としては異質で、更にリーダー(originalは初回のみSTEVEN HILL、以降はご存知PETER GRAVES!)と言えども、作戦の「歯車」の一つに過ぎず「指令」からも毎回「メンバーが例え殺されても当局は一切関知しない」と告げられる程にストイックな点が魅力なのだ。して本作はと言えば、originalを模写したのは変装等の小手先のガジェットのみで、只のアクション映画に成り下がった。originalは敵を拳銃で撃つ等の直接手を下す事は殆ど無く、心理戦を多用して敵を追い詰める緻密な脚本が毎回秀逸だった訳で、その意味でも本作は全然良さが分ってない。確かに娯楽作品として見る分には水準とは思うし、今更政治的な部分でスパイが活躍するってのも如何なものかと、言う意見はある程度説得力を持つ。故に本作は裏切りをテーマにしてる訳だが、それなら本作を制作する「意義」は有ったのか?、その点が大いに疑問だ。もっと言えばoriginalの原則から逸脱した「反則」場面が幾つも登場するし、原題の「仲間が一致協力して不可能を可能にする」と言う物語の根幹がスッパリ忘れ去られてる。私は本作を見てoriginalに対する敬意とか愛情と言ったものを感じる事は出来なかった。因みに似た生い立ちを持つ映画に、「チャーリーズ・エンジェル」が有る。これはDrew Barrymoreが子供の頃に好きだった作品を自ら資金を出し、出演も兼ねた本作と同じ経緯を持つ。違う点は原作と同じ様に3人のチーム・プレイに忠実である事で、彼女は黒子に徹してる点がプロデューサーとしての才覚を認められたと言われたが、本作の彼の場合は所詮「オレ様ムービー」しか作れなかった事が残念だ。まあoriginalに思い入れの無いBrian De Palma監督が純粋にサスペンスを撮った事に罪は無い、悪いのは「彼」なのだから。「映画なんて面白けりゃいいじゃん」的な意見は何時もなら聞き流せるが、本作では無理な注文だった。

これじゃぁ、あのLalo Schifrinの素晴らしいテーマ曲が泣いてるよ。以下、「M:I-2 ミッション:インポッシブル2」に続く。

このレビューは気に入りましたか? はい 27人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

(再掲載)こんなの「スパイ大作戦」じゃ、ナイ!ネタバレ

投稿日:2006/11/02 レビュアー:masamune

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

M:IVの登録で、こりゃ旧作も一言物申したいと思ってレビューを書いても表示されない。変だなぁーと思ってよく見れば同じタイトルが2つ登録されてる事に気が付いた、なんで?。新譜対策なら在庫を増やせば良いだけなのに・・・まあ、凡人の私にはよく分からないので一先ず再掲載させて頂きます。(因みにM:IUも同様)。

私とTom Cruise(以下、彼)の共通点と言えば世代が同じ事だけですが(笑)。そんな彼が映画人として資金に余裕が出来た時に、子供の頃に熱狂した「スパイ大作戦」を自ら映画化しようと思う気持ち、私には「とても」良く分かる。originalは1966年〜1973年まで米国CBSで第7シーズンまで放送された全171話から成る人気TVシリーズで、私もスカパーを利用して全ての回をHDD録画した程のマニアです。ですから本作を彼が作る事を知った時には小躍りした。予告編で彼はローラン・ハンド(本家はMARTIN LANDAU!)役と知り、期待に胸を膨らませながら劇場へ。果たして結果は・・・期待を大きく裏切られた。 「スパイ大作戦」の良さとは任務開始から終了まで、作戦に関係無い会話や行動は一切しない。それはIMF(Impossible Mission Force)」メンバーの「キャラクター描写の欠如」と「ユーモアの排除(皮肉は有る)」が娯楽作としては異質で、更にリーダー(originalは初回のみSTEVEN HILL、以降はご存知PETER GRAVES!)と言えども、作戦の「歯車」の一つに過ぎず「指令」からも毎回「メンバーが例え殺されても当局は一切関知しない」と告げられる程にストイックな点が魅力なのだ。して本作はと言えば、originalを模写したのは変装等の小手先のガジェットのみで、只のアクション映画に成り下がった。originalは敵を拳銃で撃つ等の直接手を下す事は殆ど無く、心理戦を多用して敵を追い詰める緻密な脚本が毎回秀逸だった訳で、その意味でも本作は全然良さが分ってない。確かに娯楽作品として見る分には水準とは思うし、今更政治的な部分でスパイが活躍するってのも如何なものかと、言う意見はある程度説得力を持つ。故に本作は裏切りをテーマにしてる訳だが、それなら本作を制作する「意義」は有ったのか?、その点が大いに疑問だ。もっと言えばoriginalの原則から逸脱した「反則」場面が幾つも登場するし、原題の「仲間が一致協力して不可能を可能にする」と言う物語の根幹がスッパリ忘れ去られてる。私は本作を見てoriginalに対する敬意とか愛情と言ったものを感じる事は出来なかった。因みに似た生い立ちを持つ映画に、「チャーリーズ・エンジェル」が有る。これはDrew Barrymoreが子供の頃に好きだった作品を自ら資金を出し、出演も兼ねた本作と同じ経緯を持つ。違う点は原作と同じ様に3人のチーム・プレイに忠実である事で、彼女は黒子に徹してる点がプロデューサーとしての才覚を認められたと言われたが、本作の彼の場合は所詮「オレ様ムービー」しか作れなかった事が残念だ。まあoriginalに思い入れの無いBrian De Palma監督が純粋にサスペンスを撮った事に罪は無い、悪いのは「彼」なのだから。「映画なんて面白けりゃいいじゃん」的な意見は何時もなら聞き流せるが、本作では無理な注文だった。

これじゃぁ、あのLalo Schifrinの素晴らしいテーマ曲が泣いてるよ。以下、「M:I-2 ミッション:インポッシブル2」に続く。

このレビューは気に入りましたか? はい 23人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

オリジナルと違っていいんだよ。これも面白いからネタバレ

投稿日:2006/11/07 レビュアー:よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 とりあえず頑固煎餅さんに一票(映画○○ってのはたぶん僕のことではないと思うので)。

 僕はテレビシリーズも好きですけど、本作も初見のとき、違うけど面白いと思っていたので、すっごい言われように思わず見直してみました。
 製作10年前かー、やっぱり面白いじゃないですか。デ・パルマらしさはあんまりありませんが、序盤の「チーム壊滅」の複雑な展開を手際よく紹介するとことか、うまいです。中盤のラングレーに潜入してのデータ奪取劇は、いまでもやっぱり手に汗握るサスペンスです。薄くコメディ風味になっているのは確かに意見の分かれるところでしょうが、終盤でトム・クルーズがジョン・ボイドを前に真相に気づくあたりは、デ・パルマテイスト出てると思いますよ。エマニュエル・ベアールもいいし、ジャン・レノはいまいちですが。また最後のトンネルでのヘリの大アクションなんて、いまとなっては特撮っぽさが露わですが、使い方がうまいので悪くない。
 こういう面白い映画を、オリジナルとの差異だけでこっぴどくやっつけてしまうのは、実にもったいないと思います。

 オリジナルと違うテイストであるというのは、トム・クルーズ(僕は別にファンでも応援してもいませんが、このシリーズやアクションものの彼は割と好きですね)をはじめとしたオール・スター映画であるというところで、最初から納得してました。というか、冷戦が終わって敵がいなくなっちゃって数年、これを大作映画にするなら、こういうスパイアクションになるのはむしろ自然な流れでしょう。確かに理念や意義はほとんど感じられませんが、それは映画に必須ではないでしょう。理念や意義や主張が何もなくても傑作になるのが、映画の面白いところです。

 一部のマニアなオリジナルファンは別として、これ大ヒットした作品でしょう? 勝てば官軍のハリウッドで、そんな身内の批判を浴びたとはとても思えないんですよね。当方が知らないだけかもしれませんが、ゴシップめいた話の信憑性が分からないので出典を教えてほしいところです。また事実としても、作品の質との関連が薄いような気がしてならないですね。少なくとも、この第一作については、「オレ様ムービー」という感じではないです。十分、いま観ても面白い作品です。60点。

このレビューは気に入りましたか? はい 17人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

お気に入りへ登録

投稿日:2006/06/22 レビュアー:裸足のラヴァース

あれ「ミションインポ」レヴューしてなかった ちょうどいい借りちゃおう いやねこのレヴュアー欄の突然の充実 でもこれってえ プレッシャーあるよねえ 俺ってたったの13人だよ登録されたの いや多いともいえるよねこれからのこと考えると 取り敢えずオタエドン入れてみたけど これでオタエドンよりとかメールに来るとちょっとどきどきするよねえ いずれ直接コンタクトできてチャットが出来るようになるとかお願いします(俺できないけど) それで俺の嫌いなやつが俺に登録してしばらくして削除してショックをあたえるとかねもありー? そいで登録するほうも何だよ登録だけで投票なしかよとか思われるんじゃないかと 罪の意識を持ったりして俺なんかそうだから投票しまくったりして あそれからCDレヴューも見れるのは便利だね aiaiちゃんダントツ 俺一枚みなほとんどやってないよレッツゴーてか そんなとこ

「Mインポ」だけど 横浜のママさん夜のプラハがきれいって それ皮肉でいいです これはその程度の映画だけど 三作目は映画秘宝もアベちゃん(和重)も絶賛 俺が前二作はミションインポではないと書いてるけど トム様クルーズな内容をこの新人監督 正しくグループ活劇に変えたらしい えらいえらいこれだろうよやんなきゃいけないのは よって皆の衆映画館に駆けつけよう7月8日は! 

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

単なるスパイ映画じゃない、色んな要素満載の大ヒット作!

投稿日:2004/12/04 レビュアー:しゃれこうべ

実はこの映画を観るまではトム・クルーズ苦手でした。
でも、かなり体を鍛えあげたトム・クルーズはイーサン・ハント役にハマりにハマっていて、アクションにも体当たりでのぞんだことがよく分かり、すごく好印象を受けたなぁ…。
ジャン・レノがちょっとバカな用心棒(?)を演じてたことは若干ショックでしたが(『レオン』のイメージが強かったので、ギャップが…)。

ストーリーも巧妙に紡がれていて、単なるスパイ映画に終わらず、ロマンスあり、ドッキリあり(?)、そしてもちろんアクションありで、最初から最後まで楽しめました。
イーサンの仲間のスパイ達も、TVドラマと同様、それぞれが得意とする分野をもっており、それも面白かった。
ただアクションに関していえばちょっとやりすぎ感もあって(でも2作目ほどじゃないけど)、TGVの上ででんぐり返りをするイーサンには拍手しながら笑ってしまったけれど(笑)。
でも、私としては、終盤のジョン・ヴォイトが一番笑えます。

普通に面白い楽しめる映画です。
あの有名なテーマ曲が現代風にアレンジされたのもすごく新鮮に感じました。そして、どうしてもあのテーマ曲を聴くと、今でも胸がドキドキしちゃいます♪

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全105件

ミッション:インポッシブル