男はつらいよ 寅次郎紅の花

男はつらいよ 寅次郎紅の花の画像・ジャケット写真
男はつらいよ 寅次郎紅の花 / 渥美清
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

12

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「男はつらいよ 寅次郎紅の花」 の解説・あらすじ・ストーリー

国民的人気シリーズ「男はつらいよ」の第48弾がデジタルリマスター版で復活。傷心の満男は奄美大島に旅立ち、そこである女性と知り合う。しかし彼女の家へ向うと、そこには呑気に寛ぐ寅次郎の姿が。その女性とは、寅のかつての恋人・リリーだった。

「男はつらいよ 寅次郎紅の花」 の作品情報

製作年: 1995年
製作国: 日本

「男はつらいよ 寅次郎紅の花」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

男はつらいよ 寅次郎紅の花のシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

男はつらいよ 寅次郎紅の花

  • 旧作

国民的人気シリーズの第48作。舞台は奄美大島。マドンナ役の浅丘ルリ子が4度目となるリリーを演じる。寅次郎はみんなの心配をよそに、神戸で震災後のボランティアをしていた。一方、寅の甥・満男は、以前から好きだった泉から縁談があったことを聞かされ、思わず祝福してしまう。やがて泉の結婚式で騒動を起こした満男は、傷心の旅で奄美大島に辿り着いた。金欠の満男は一人の美しい女性に助けられ、家に案内されたが、そこには寅がくつろいでいた。その女性が寅の元恋人リリーと知って間もなく、泉が満男を追って現われた。

収録時間: 字幕: 音声:
107分 日本語 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DA9548 2004年12月23日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
11枚 0人 2人

男はつらいよ 寅次郎紅の花 HDリマスター版

  • 旧作

国民的人気シリーズ「男はつらいよ」の第48弾がデジタルリマスター版で復活。傷心の満男は奄美大島に旅立ち、そこである女性と知り合う。しかし彼女の家へ向うと、そこには呑気に寛ぐ寅次郎の姿が。その女性とは、寅のかつての恋人・リリーだった。

収録時間: 字幕: 音声:
107分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
2:ドルビーデジタル/モノラル/日(音声ガイド)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DB8548 2008年11月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
10枚 1人 1人

1〜 2件 / 全2件

関連作品

ユーザーレビュー:12件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全12件

第48作ネタバレ

投稿日:2007/12/21 レビュアー:ケチケチ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

奄美大島でハブに噛まれて寅が死んでしまうのがテレビシリーズの最終回でしたが、折しもこの作品のロケ地は同じ奄美大島です。山田洋次にはこの作品で最後となる予感があったのかもしれませんね。物語も、寅の生き方を満男に投影することにより総決算してきた泉(後藤久美子)シリーズの続編でもあり、また寅の恋愛感覚に最も迫るストーリーを展開してきたリリー(浅丘ルリ子)がマドンナです。さらには、障害を乗り越え復旧していく人間の逞しさや、年老いても次の世代に受け継がれていく真の意味での伝統を描き出そうとしているんですよね。これだけ揃うと単に偶然とは考えにくくなります。

また今回は遂に寅も最後の一線を越えます。マドンナに惚れられようとも、必ず最後にはマドンナの幸せを願いつつ自ら身を引いてきた寅で、そのことが寅にとっての恋愛の美学でした。満男もまたその影響を多大に受けて育ち、泉の結婚の告白を聞いても彼女を奪い去ることが出来ませんが、土壇場で満男を突き動かした物はそんな美学として飾れる物ではない、「腹が減ったら食べる」というような彼の本能だったんじゃないでしょうかね。またそれは若い活力があるからこそ成し得ることでもあって、しがらみに捕らわれるような物じゃなく、震災後の神戸の町が復興していくエネルギーのような、人間の生きる活力だと思います。
奄美大島で寅が『男は引き際が肝心よ』と力説する言葉に、リリーは真っ向から反発しますが、寅が美学を押し通す一方で必ず傷ついてきた女性がいるんですね。映画のまとめ方としてはマドンナは別の男と結ばれハッピーエンドを作ってはいますが、そこまでの過程ではマドンナも寅の美学によって傷ついていたと思います。
そんなリリーの言葉に動かされるほど寅は甘くありませんが、今回は前作までとは逆に、寅は満男の影響を受けます。また最後に寅を突き動かすことになったのはさくらの言葉でしょうね。『お兄ちゃんとリリーさんが一緒に暮らしてるって聞いた時、どんなに嬉しかったか分からないのよ』という、涙ながらのさくらの願いを寅は聞いてみたくなったんじゃないですかね。『リリーさんしかいないのよ』というさくらの台詞は全てのマドンナを振り返り、今後が期待できないという残酷な言葉でもあるんじゃないですかね。
満男の若いエネルギーに影響を受け、さくらの言葉に促される仏心は、寅が年老いたことを意味するとも思います。この2階のシーンの寅を捕らえるカットが、渥美清生涯最後のカットだそうですが、偶然とは本当に恐ろしい物です。

また年老いていくのは寅ばかりじゃなく、若いエネルギーが台頭する陰では必ず年老いていく姿があるんですよね。ラストシークエンスでは、いつも賑やかな場面が描かれてきたシリーズですが、博とさくらのお正月は二人きりです。話す電話の向こうには満男と泉の新しい生活が暗示され、さくら夫妻は正月映画に仲良く出かけていきます。想い思われの寅が理想とする夫婦生活を積み重ねながら年老いていく、さくら夫婦の姿じゃないでしょうか。
また寅の幸せも別の形で存在し、オープニングの風に吹かれる姿のままで年老いていくことだと思います。リリーはさくらに宛てた手紙の中で『またひょっこり帰ってきてくれるかもしれません』と書いていますが、「訪れる」ではなくて「帰る」なんですね。とらやと同様に、寅にとって帰る場所が新たに出来たという、遂に最後の一線を越えたという結びじゃないでしょうか。(もっとも、続きを作る余裕を残してはいますけどね。)

この作品、奄美の砂浜で寅がリリーの肩を抱こうとしたコミカルな瞬間に涙が出そうになったんだけど、これってシリーズを通して観ているからこそなんですよね。この作品単体で考えると、満男が泉の結婚の告白を聞いてあれほど戸惑う理由も、彼が花嫁行列を阻止するほどの衝動を起こす理由も、描写はされていないんですね。
またシリーズとして寅が結ばれない理由をあれこれと描写してきたがために、その理由を克服しているという説明が必要になって、リリーがとらやを訪れてのシーンなどは上手く笑いで誤魔化してはいるものの非常に説明的です。
さらには山田洋次らしい過剰すぎる安っぽい描写の説明があったりと、作品的には決して褒められたものじゃないと思います。彼はこのシリーズではこの過剰な説明と、肝心なところを殆ど気づかせずに描くということを自覚を持って行っているわけですが、字数もなくなってきたのでこの件はまた別のレビューででも。

本作単体として評価すれば、50点。
シリーズ全体として評価するならば、70点。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

最後とわかっていたのか?ふさわしいマドンナ、リリー!

投稿日:2013/07/05 レビュアー:涼風マヨネーズ

寅さんヨボヨボだね。悲しい。

出演者全員が世代交代の予感。

最終作からそんなに時は経っていないと思って観賞したが、阪神淡路大震災の時だったんだ。

首相は村山トンちゃん!これを見て遠い昔の話だと気づく。

これが寅さんの最終作となったが、最後にふさわしいのはやはりマドンナのリリーさんだ。

寅さんの相手は誰がなんと言おうがリリーさんをおいて他にはいない。

満男の恋は寅さんと通じる部分があるのかないのか?

なんとも印象に残る作品だ。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

有終の美を飾る最終作

投稿日:2013/04/08 レビュアー:さえぴょん

口数少なくやつれて動かない渥美清が逆説的に被写体としての凄みを身に纏い、南国奄美の風と海と陽光の生命力が年老いた出演陣と力強いコントラストを生む。
夜間シーンにおける照明もいつになく艶やか(撮影が高羽哲夫から長沼六男に交代した影響だろうか)。

岡山の狭い路地でのカーアクション、もしくは奄美大島海岸で吉岡秀隆に後藤久美子が詰め寄るシーン、または寅がリリーをタクシーで送る場面のクレーンショット。
山田洋次にしては頑張って演出しており、様々な偶然もみな良い方向に作用していて、シリーズでも最も映画性に満ちた一本と相成った。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

これが最後の・・・

投稿日:2006/10/25 レビュアー:レビュアー名未設定

何だか、面白い場面でも涙が出てきてしまいました。
寅さんの元気さは相変わらずですが、やっぱりお年を取られた感じが
しました。リリーさんも・・・。
どちらかと言えば、ここ何作かは、
吉岡君演じる満男の恋物語が主体であり、
こうしてバトンタッチされて行く、世代の移り変わりを感じました。
ここで、48作全部見させていただきました。
人生観変わる作品でした。なかなか借りに行けない体の状態でしたが、
TSUTAYAさんにもありがとう。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

皆さん、本当にご苦労様でした――たぶんインタビュー

投稿日:2013/06/08 レビュアー:みなさん

寅さん映画第48作品目。渥美清さんの長いマラソンは、前作で終わったのだと思う。本作品は、完走後のインタビューのようなものだ。既に評価は定まり、寅さんと周囲の人たちがどのような人生を送るのか、それを伝えるためだけの一本だと思う。なかには「蛇足だ」とか「辻褄合わせだ」とか言う人もいるだろう。しかし、48作品も続いたシリーズだ、それなりの着地の仕方があって然るべきだ。そういう意味では、非常に優れた作品だと思う。

或る日、泉が柴又にやって来る。喜ぶ満男だったが、彼女がこの夏に見合いをしたこと、結婚しようと思っていることなどを相談されて、一気に落ち込む。結局、満男は自分の気持ちを伝えられないまま、泉は帰ってしまう。仕事に追われて日々は過ぎて行くが、満男の胸中は泉のことばかり。やがて、泉の結婚式の日が訪れる。思いつめた満男は、ある行動に出る。
……というお話し。
相変わらず満男は泉に振り回され、思いつめた挙げ句、暴挙に出るわけだが、その前に「腹を決めて告白れよ」と思ってしまった。(笑) 傷心の彼は、流れ流れて奄美に辿り着く。そこでリリーと寅さんに再会することになる。

寅さんがリリーと再会するくだりは端折られている。飲まず食わずで島に着いたと説明セリフはあるが、大胆に場面をカットしたものである。事情を知らなければ、驚いたことだろう。
渥美清さんは声が出なくなっていた。それは「満男!」のひと言で分かった。売り口上でみせてくれた声の張りは微塵もない。正直、ドキッとした。何だか、動くのも億劫そうだった。相当、体調が悪かったに違いない。身じろぎしない場面が幾つもあった。

渥美さんと山田洋次監督は、そうまでして本作品を撮り上げた。然も、エンディングは、阪神・淡路大震災から一年後の神戸。復興に向けて確かな一歩を踏み出した人たちに、寅さんは「皆さん、本当にご苦労様でした」と声を掛ける。それは、寅さんというより渥美さんの心の声だ。神戸の人たちへ、寅さん映画を愛してくれたファンへの別れの言葉だった。

満男は泉と交際するようになり、結婚をにおわせるセリフもあって、諏訪家としては大団円。“くるまや菓子舗”は、おいちゃんとおばちゃんが引退間近、しっかり者の三平に店を譲ろうかと考えている。タコ社長は相変わらずの日常を送って行くのだろう。
マドンナのリリーと一緒になるかと思われた寅さんだったが……。やはり、寅さんも相変わらずの旅の日々を送って行くのだろう。寂しい反面、ちょっとホッとした気分。(笑)

でも、本作品で寅さんは商いをしない。「テキ屋殺すに刃物は要らぬ。雨の3日も降ればいい」と寅さんが嘆いたこともあったが、梅雨の長雨がたたって奄美のリリーを頼ったわけでもあるまい。いまの時代、旅まわりのテキ屋が生きて行くのが難しくなったのは、明らかだ。
浅草にしても柴又にしても、お祭りの露店は、組織立った約束事に基づいてキレイに分配され、フリーターのあんちゃんやおねぇちゃんがクレープやタコ焼きを作っている。寅さんのような人たちが入る余地がない。地方もそうなのだろうか。干支にちなんだぬいぐるみやCDを売っているオッサンの姿は滅多に見なくなった。いずれ寅さんのような方たちが生きていけない時代になるのは確かだ。やっぱり、ちょっと寂しい。(泣)

超オススメ!

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全12件

男はつらいよ 寅次郎紅の花

月額課金で借りる

都度課金で借りる

同シリーズ作品を借りる