月夜の願い 新難兄難弟

月夜の願い 新難兄難弟の画像・ジャケット写真
月夜の願い 新難兄難弟 / トニー・レオン
全体の平均評価点:
(5点満点)

18

  • DVD
ジャンル:

「月夜の願い 新難兄難弟」 の解説・あらすじ・ストーリー

現実的なユンは、人情に流されやすい父のファンと衝突ばかりしていた。そんなある日、父が強盗に襲われて、重体になってしまう。父と母の過去を知りたくなったユンは、願いが叶うという穴に飛び込みヾ0年前へと旅立つのたが……。「君さえいれば/金枝玉葉」のピーター・チャン監督が贈る、情愛ファンタジー映画。

「月夜の願い 新難兄難弟」 の作品情報

製作年: 1993年
製作国: 香港
原題: 新難兄難弟/HE AIN‘T HEAVY, HE’S MY FATHER

「月夜の願い 新難兄難弟」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

月夜の願いの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
97分 日本語 1:ドルビーデジタル/モノラル/中国語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBG70491 2004年03月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
9枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:18件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全18件

トニーさんの素敵な歌声が聴けますよ。ネタバレ

投稿日:2009/12/10 レビュアー:まりこ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

親分肌でお人好し故に貧乏している父親ファンと、その父親に反発する息子ユン。
でも、若き日の父に触れ、周囲の人々の人情に触れ、息子は次第に父を理解し、心を開いていきます。
月並みですが、ほのぼのと心温まる下町人情物語です。

若き父母が、母の実家の豪邸で踊るダンス・パーティー。
ユン(トニーさん)の素敵な歌声は思いがけない嬉しい収穫。
続くファンの調子っ外れな歌声には、彼の素朴な人柄が滲みます。

若き父母が、街灯の下で踊るチーク・ダンス。
石段にもたれてニコニコ眺めるユン。
その穏やかな優しい眼差しに、こちらも思わず微笑んでしまいます。

オモチャの列車をくい入る様に見つめる3歳のユン。……あなたがオモチャみたいにカワイイ。
チャーさんにほっぺをプニプニ引っぱられる「ハンサム」なユン……トニーさんのほっぺのゴムの様に伸びる事、伸びる事。

ユン「30年後に後悔するよ」
若きローラ「私、3日後の事も考えてないワ」

ユン「ローラのどこに惚れたんだ?」
若きファン「胸のデカイところ。お前も好きだろ?」

ラストのオチに至る迄、随所にクスッと笑ってしまうシーンが満載で、楽しい作品でもありました。
まったり、ほのぼのしたい時にお薦めします。






このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ハートウォーミング&コテコテ

投稿日:2004/05/29 レビュアー:zuen

ピーター・チャン監督は個人的にタイプです(笑)。
「1:99電影行動」の映像特典でSARSについて語ったピーター・チャン監督の
コメントが入っていました。それを見てなんて心の温かい人なんだ!と思っていました。そんな監督の作る「月夜の願い」はやはり面白かった!!

よくこの映画のことを香港版 「バックトゥ・ザ・フューチャー」って言われますが
それよりずっと面白い。。日本映画で言えば寅さんぽいハートウォーミングなだけでなく、香港映画に付き物(憑き物?)の「お約束」ギャグも満載なんですから。

おまけにトニー・レオン&レオン・カーファイのお歌も楽しめますよ。
情感たっぷりにオールディーズぽい曲の冒頭を歌うトニー・レオン、惚れ直しました。
そのトニーのフレーズに続けてちょっとハズし気味に歌うカーファイの素直な歌声。いやあ、いいですね。飾り気の無い演技といい、彼はもっとビックになれるはずだと私は確信しています。。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

期待はずれ!!!

投稿日:2005/10/17 レビュアー:53285319

俳優は頑張ってます。でも、やっぱり台本でしょうか?のれません。途中で、すやすや。香港映画にして珍しい睡眠薬でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

トニー・レオンにやられます

投稿日:2005/05/26 レビュアー:たかりん

トニー・レオンのこと嫌いになる人なんているんでしょうか。
小さい頃親戚のうちに行ったらいた、かっこいいいとこ、若い叔父さん・・あの頃の憧れと喜びを、トニー・レオンを見ると思い出します。
この映画は最初嫌な奴なんだけど、父親に共感していくトニーがどんどんいい奴になって、ますます見ているほうはひかれていくという寸法です。
ラストシーンオチがあってアジア映画らしいです。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

展開に香港らしさを感じます

投稿日:2005/05/25 レビュアー:豆大福

若きトニー・レオンとカリーナ・ラウの美しさにうっとりしつつ、香港映画らしい台詞の応酬が楽しめます。
その応酬が時々、耳障りになることもあったのは、
ちょっとストーリーの進み具合にもったりした感じがあったから間延びしちゃったのかもしれません。
でも、人情を楽しめる映画でした。
オチが最高。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全18件

月夜の願い 新難兄難弟

月額課金で借りる

都度課金で借りる