映画ドラえもん のび太の創世日記

映画ドラえもん のび太の創世日記の画像・ジャケット写真

映画ドラえもん のび太の創世日記 / 大山のぶ代

全体の平均評価点:(5点満点)

3

全体の平均評価点:

DVD

シリーズ

ジャンル :

「映画ドラえもん のび太の創世日記」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

シリーズ

解説・ストーリー

「ドラえもん」の劇場版第16弾。自由研究のために“創世セット”で地球を作ったのび太は、誤って高い知能を持った昆虫人間を生み出してしまい、彼らから本物の地球を守るための冒険に出る。

「映画ドラえもん のび太の創世日記」 の作品情報

作品情報

製作年: 1995年
製作国: 日本

「映画ドラえもん のび太の創世日記」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

ちびまる子ちゃん「まる子、大工さんに憧れる」の巻

ちびまる子ちゃん「まる子、ボウリングに行く」の巻

ちびまる子ちゃん 「料理を作ろう」の巻

ちびまる子ちゃん さくらももこ脚本特集「まる子、ハワイに憧れる」の巻

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

今までのドラえもん作品とは趣が異なる。

投稿日:2019/08/15 レビュアー:oyoyo

昭和54年に発表された、藤子不二雄の短編読み切り漫画「創世日記」のアイデアを
ドラえもんに取り入れた作品。

のび太が作った夏休みの自由研究であるミニ地球を舞台に、
ドラえもんとその仲間たちの活躍を描いた作品

今までのドラえもん作品とは趣が異なる。

生命の起源と進化、文明の発展、
そして宗教の妄信で過ちを繰り返す歴史など、
ドラえもんとしては珍しい難解な題材を扱う。

映画ドラえもんでは、のび太達が力を合わせて敵に立ち向かうという話が多い中、
今作は悪役不在というのも珍しい。

しかし、創世セットは最初は面白かったのに、徐々に日本昔話の世界になってしまい、
面白さが薄れる。

5歳の娘にとっては旧ドラえもん初見だったが、すんなり入れたようだ。
声優さんが違っても、ドラえもん以外のキャラの声は皆、似ているから。
そして娘が今まで観た「ドラえもん」の中で
2番目に面白かったらしい。
(難解な設定が理解出来なかったらしいのに)

独特な世界観は他作品の追随を許さない。
変わったストーリーのドラえもんが観たいならオススメ。

80点 

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

うめずかずおの14才。

投稿日:2006/12/13 レビュアー:頑固煎餅

ドラえもんとか、アニメの類はいつも録画してみてるので、ケロロの後にドラちゃん見てるのですが、いつもそのハザマで苦しんでいます。あぁ。何故でしょう。もうこの声に慣れてしまう自分が怖いです。
まるで、おじいちゃんがいなくなったとしても、来年の今ごろには、それが普通になって紅白見てるような、そんなことが怖いようなそんなのと似てるんでしょうか。いや!違うの違うの!ドラえもん好きだし・・(と、よくわからない狭間の苦しみ)

と、近況は後にして、創世日記。
これが、意外に面白い。
概念的なというよりオチが面白かったです。個人的に。
オチのことをよくよく考えると怖いことです。もしそうなら、今居るここは?
未来の道具ってホント怖いなぁ・・・(驚)
後は、タイムパトロール隊の意外な一面が見られる。
「いつもそうやって、そこをいききしてたの?!凄いジャンプ力だ!!」
などなど。
あぁ、そういえば、2006年映画まだ見てないなぁ。まだ借りられないなぁ・・・・

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

おいおい!のび太!

投稿日:2007/05/16 レビュアー:Shohei


おいおい!のび太!

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

映画ドラえもん のび太の創世日記

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:3件

今までのドラえもん作品とは趣が異なる。

投稿日

2019/08/15

レビュアー

oyoyo

昭和54年に発表された、藤子不二雄の短編読み切り漫画「創世日記」のアイデアを
ドラえもんに取り入れた作品。

のび太が作った夏休みの自由研究であるミニ地球を舞台に、
ドラえもんとその仲間たちの活躍を描いた作品

今までのドラえもん作品とは趣が異なる。

生命の起源と進化、文明の発展、
そして宗教の妄信で過ちを繰り返す歴史など、
ドラえもんとしては珍しい難解な題材を扱う。

映画ドラえもんでは、のび太達が力を合わせて敵に立ち向かうという話が多い中、
今作は悪役不在というのも珍しい。

しかし、創世セットは最初は面白かったのに、徐々に日本昔話の世界になってしまい、
面白さが薄れる。

5歳の娘にとっては旧ドラえもん初見だったが、すんなり入れたようだ。
声優さんが違っても、ドラえもん以外のキャラの声は皆、似ているから。
そして娘が今まで観た「ドラえもん」の中で
2番目に面白かったらしい。
(難解な設定が理解出来なかったらしいのに)

独特な世界観は他作品の追随を許さない。
変わったストーリーのドラえもんが観たいならオススメ。

80点 

うめずかずおの14才。

投稿日

2006/12/13

レビュアー

頑固煎餅

ドラえもんとか、アニメの類はいつも録画してみてるので、ケロロの後にドラちゃん見てるのですが、いつもそのハザマで苦しんでいます。あぁ。何故でしょう。もうこの声に慣れてしまう自分が怖いです。
まるで、おじいちゃんがいなくなったとしても、来年の今ごろには、それが普通になって紅白見てるような、そんなことが怖いようなそんなのと似てるんでしょうか。いや!違うの違うの!ドラえもん好きだし・・(と、よくわからない狭間の苦しみ)

と、近況は後にして、創世日記。
これが、意外に面白い。
概念的なというよりオチが面白かったです。個人的に。
オチのことをよくよく考えると怖いことです。もしそうなら、今居るここは?
未来の道具ってホント怖いなぁ・・・(驚)
後は、タイムパトロール隊の意外な一面が見られる。
「いつもそうやって、そこをいききしてたの?!凄いジャンプ力だ!!」
などなど。
あぁ、そういえば、2006年映画まだ見てないなぁ。まだ借りられないなぁ・・・・

おいおい!のび太!

投稿日

2007/05/16

レビュアー

Shohei


おいおい!のび太!

1〜 3件 / 全3件

同シリーズ作品を借りる