アパートの鍵貸します

アパートの鍵貸しますの画像・ジャケット写真
アパートの鍵貸します / ジャック・レモン
全体の平均評価点:
(5点満点)

118

  • DVD
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「アパートの鍵貸します」 の解説・あらすじ・ストーリー

ビリー・ワイルダー監督・脚本による都会派コメディの代表作。出世の足掛かりにと、上役の情事のためにせっせと自分のアパートを貸している会社員バド(レモン)。だが、人事部長のシェルドレイク(マクマレイ)が連れ込んで来たエレベーターガールのフラン(マクレーン)は、バドの意中の人だった……。

「アパートの鍵貸します」 の作品情報

製作年: 1960年
製作国: アメリカ
原題: THE APARTMENT
受賞記録: 1960年 アカデミー賞 作品賞
1960年 ヴェネチア国際映画祭 女優賞
1960年 ゴールデン・グローブ 作品賞(コメディ)
1960年 NY批評家協会賞 作品賞

「アパートの鍵貸します」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

アパートの鍵貸しますの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
125分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/モノラル/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GXBR16066 2002年12月09日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
51枚 5人 8人

関連作品

ユーザーレビュー:118件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全118件

ラケットのスパゲッティ

投稿日:2013/04/17 レビュアー:ミルクチョコ

保険会社のバド(ジャック・レモン)は、上司たちの情事用に自らのアパートの部屋を提供し、見返りに昇進をもくろむしがないサラリーマン。
しかし、上司の不倫相手と、本物の恋に落ちて、人生を見つめ直すという笑いとほろ苦い涙の物語です。

この映画は、ただ笑えるだけのコメディに終わらず、哀愁漂うコメディなんですよね。
イギリス映画でよく感じる“悲哀とユーモアのバランス”、この映画はアメリカ映画ですが、ヨーロッパテイストを感じます。
その悲哀を見事に見せてくれたのは、ジャック・レモンの極上の演技。終始軽妙な演技で観客を笑わせます。
可笑しさと哀しさをこうも両立させられる俳優は他にいないような気がします。
時にユーモラスであり、周りから振り回される姿は哀れであり、彼はその都度表情を変えて見せます。
仕事中に、上司たちに次々と電話をかけ、日程を調整するシーンは思わず笑ってしまいました。
そして、割れたコンパクトの鏡でバドがすべてを悟るシーンは本当にに上手いと思います。
極めつけは、テニスラケットの上に残った1本のスパゲッティ。
テニスラケットの上のスパゲッティがこれほどの哀愁を漂わせるなど、考えられません。

対するシャーリー・マクレーンの飛びきりの可愛さ!
当時20代の彼女のあまりの可愛らしさに驚いてしまいました。

このレビューは気に入りましたか? はい 15人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

音楽もいいです。古典的ラブコメ、心が温かくなる

投稿日:2006/03/15 レビュアー:吟遊旅人

 「アパートの鍵貸します」とはなかなかいい邦題をつけたものだ。「アパート」っていう原題じゃなんとも色気がない。物語は、せっせと会社の上司に自分の部屋をラブホテル代わりに貸している男バクスターの、おかしくもはかなくも切なくも心温まるラブストーリー。

 1960年当時の都会生活がとても興味深い。映画の本筋とは関係ないところでもワイルダー監督はきっちりディテールまで意味を持たせて描くから、風俗を知る上でもそそられる映画だ。タイプライターを打つ場面、社内エレベーターにまでエレベーターガールが乗っていた時代、その時代風景がとても興味深い。アメリカの都市生活者は1960年、まだまだ日本が貧しかった時代に電子レンジ(オーブントースターかな?)だのリモコンつき(線もついてる)テレビだのを持っているんだから、驚きだ。

 脚本は完璧だ。なんでこんなに女心も男の見栄ややさしさも見事に描けるんだろう。そして、さして美人でもないシャーリー・マクレーンをかくも魅力的に映すカメラにも拍手喝采。やはり昔の映画のライティングはモノクロ画面で女優を美しく撮るのにぴったり。

 ラブコメとしては実によくできた、古典的名作の一つといえよう。やっぱりテイストは古いけど、心躍らせるものがある。会話がおしゃれで機知に富んでいるし、キャラの立った人物たちのシャキシャキした動きも見ていて気持ちいい。

このレビューは気に入りましたか? はい 14人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

今見ても全然イケてる! 未見の方は是非♪ネタバレ

投稿日:2009/08/27 レビュアー:pokorou

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

1960年の作品、白黒、だけど、全く違和感無く見れた!

ずっと観たかったけど、なんとなく後回しになってしまっていたこの作品。もっと早く見とけば良かったよ!

面白いじゃないの〜〜〜♪

アパートを上司の逢引(←古い?)場所として提供し、
その間残業したり、暇をつぶしたり・・・
そして、その見返りとして、昇給昇格♪
それでも不満は無いバド。

しかし、部長の彼女、フランに恋をしてしまう。。。
部長はいつも「離婚をするから」と言っては次から次へと女遊びをする。部長の以前の彼女から、真相を聞き、自殺未遂をするフラン。なんと、バドの家で!

熱心に看病し、彼女を勇気づけるバド・・・
なんて優しい男なの・・・フランの事が大好きなのね。。。


一方・・・
フランは以前の彼女から真相を聞いたと知り、
その女性を解雇する部長。
女性は怒り、部長の奥様へ電話!チクってしまうwww

そして妻に捨てられた部長は独身になり、フランと付き合うと言う。フランと一緒なら、もう部屋は貸さないとバドは会社も辞め、引っ越しを決意。

もう、フランと部長を観ていられないのね・・・
フランの事が大好きだから。。。

部長と飲んでいたフランだったが、突然姿を消した。
行先はフランのアパート。
引っ越しの準備をしていたバドだったが、フランの訪問が
嬉しくて仕方ない。


このお話、最初はどうなるのか?と不思議に思っていた。
隣人には誤解されっぱなし、上司には良いように使われっぱなし、
好きになった女性は部長の彼女w

が、なんとも言えないハッピーエンド♪

粋なタイトルに、味のあるストーリー♪

気に入ったぞよ♪


未見の方は是非♪





                       pokorou

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

粋な台詞がいっぱいネタバレ

投稿日:2007/07/15 レビュアー:よふかし

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ということでキュートなシャーリー・マクレーンといえばのこの映画。なんとレビューが50件以上もあるじゃないですか。うんうん(にっこり)の素敵な三幕ものコメディの傑作です80点。


 で終わってもよいのですがやっぱりショートカットのマクレーンはとても可愛かったし、「不倫の恋に××は不要だったわ」(うろおぼえ)とか、ラストを締めくくる粋な台詞も印象的です。でも不倫体質(といえばよいのか)で起伏が激しく睡眠薬を飲んでしまうような彼女ですから、現実に目の前にいたら引いてしまうかもしれない。
 ・・・この映画はジャック・レモンですね。女性や上司に気の弱い中年男(つまり僕)の琴線をビシビシと突いてくるようなレモンのお芝居と、ワイルダーの脚本・演出に心奪われます。レモンは流れに逆らってまで行動しない男、ラストなんてどうしてマクレーンがやってきたのかさっぱり分からなくて、戸惑っている。いまの映画なら最後にきちんと告白して涙のキスにでもなるとこでしょうが、そうしないところがワイルダーの粋。
 フレッド・マクマレイのイヤらしさ、割れたコンパクトなど小道具使い、広大なオフィスや狭いアパートなど美術も素敵な名作です。

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ちょい長い、そしてワイルダーは教科書になりすぎたш(`∇´*)ш

投稿日:2010/06/12 レビュアー:KASPAR

【劇場鑑賞】

『午前十時の映画祭』で『アパートの鍵貸します』を観てきました♪

やっぱビリー・ワイルダー作品は、何時見ても間違いのない面白さがあるっすねー♪今観ても十分楽しめました(°∀°)b

□■□■□

魅力のあるキャラに心躍る設定♪小粋なセリフに洒落た小道具♪なんてことないんやけどハッとさせられるストーリー♪

軽快なリズムでさらっと描きながらも、キチンと観客の心に残って、前向きに元気になれる・・・これぞラブコメ!ハリウッド映画!!!

そんなこんなで素晴らしいビリー・ワイルダー作品は、当然ながら後発組におもいっきり真似されるし・・・映画の勉強するならまずはビリー・ワイルダーを観とけ!!!っつーぐらいになる訳でして・・・

そーなってくると、"今"の観客からすると、どこにでもあるような映画やん!なんでこれがそんなに評価されるのん?ってなってまうのは、しゃーないっすよねー(´・ω・`)

だからこそ名作であり、だからこそ名監督やもんねー♪

□■□■□

っつーことで、個人的には少し長すぎるような気もするけど、今観ても誰が見ても十分楽しい名作です♪

個人的満足度 74点! オススメ度 75点!

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全118件

アパートの鍵貸します

月額課金で借りる

都度課金で借りる