あぶない刑事の画像・ジャケット写真

あぶない刑事 / 舘ひろし
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

12

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

シリーズ

旧作

ジャンル :

「あぶない刑事」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

シリーズ

旧作

解説・ストーリー

舘ひろし、柴田恭兵がコミカルでカッコイイ刑事を演じ大ヒットしたTVシリーズの劇場公開版。共演は、浅野温子と仲村トオル。ライバル関係にある製薬会社を襲い巨額の利益を手にした事件の黒幕を追って、タカとユージの型破りな捜査が展開する。ヨコハマ港署刑事鷹山敏樹と木下勇次は、中光製薬の研究所を襲って中野博士を殺し、制ガン剤の研究データを破壊した犯人を見つけ出すが、不手際から捕り逃してしまう。捜査から外された2人だったが、同僚刑事から中光製薬のライバル会社の株が急騰し、大株主の画商・鳴海総太郎が30億円もの巨額利益を得ていたことを知る…。

「あぶない刑事」 の作品情報

作品情報

製作年:

1987年

製作国:

日本

「あぶない刑事」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

野性の証明

メイシー ベッドにはいります

風の果て

僕の中のオトコの娘

ユーザーレビュー:12件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全12件

最高だと思います。

投稿日:2010/01/05 レビュアー:蒼生

日本の刑事ドラマの中で一番好きです。

その滅茶苦茶さ、ひとことで言うなら“痛快”です。

「ありえねーだろっ」ってツッコむ必要ないくらいありえないところが
もうほんと、いいです。

20年以上も前の作品なのに古く感じないのは私のひいき目でしょうか。
でもふたりのやりとりのおもしろさも、今観てもやっぱりおもしろいです。

ふたりでおちゃらけ、暴走しながら最後は事件を解決しちゃう。
でも課長には誉められない。それどころか始末書書かされる。または減俸。
ドラマも映画も毎回このパターンで、ワンパターンとも言えるのに、
ドラマも長く続いた上に映画も何作も作られてることが、
この作品のおもしろさ、人気の高さを物語っていると思います。

アドリブ大苦手の舘さんと、アドリブ大得意の恭兵さんが
組み合わさって出してる味もいいし
近藤課長もいい味です。
小林稔持さんには悪いですが、課長はやっぱり中条静夫さんでないと。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

カッコイイって、こういうこと

投稿日:2016/06/19 レビュアー:ビンス

今観ても断然オシャレ
とびっきり面白い
何が凄いって
何回観ても飽きないとこ
展開も知ってます
なんならセリフすら言えるほどです
それなのに
観る度に魅了される
虜になる
それが「あぶない刑事」
タカとユージの黄金コンビ
この作品以上の刑事ものに
未だ出会ったことがなく
故に、この作品以上に面白い刑事ものはない
と、断言したいシリーズ。
特に「もっとも〜」までの劇場版は
黄金時代です。
タカ以上にダンディーな刑事はなく
ユージ以上にセクシーな刑事もない
そんなの存在しない
粋で洒落てて男気あって
これで惚れないなんてあり得ない
男も女も惚れるでしょ♪
子どものころは断然、タカ派でしたが
大人になるにつれてわかる「ユージの魅力」
二人そろってあぶない刑事
二人の魅力がほとばしります
アドリブが多い柴田さん
この作品でボクが最もノックアウトされるシーン
そこの珠玉の名セリフもアドリブなんでしょうか?
課長に毎度のように怒られて
軽口叩くときにユージの口から飛び出す一言
「そんなのプ〜〜だよ」(おしり横に突き出しながら)
何度見ても爆笑です。
何度も巻き戻して観ます。
このセンスと絶妙なタイミング
あ〜恭さまのセンスに脱帽です。
もはや理解という範疇を超えた突然すぎるダンスも見どころ
お約束もたくさん
タカが車で逃走する犯人を追えば、そこにはバイクがある
とかね。
そういう安心感もステキ
そして脇を固める強力すぎる布陣
浅野にトオルに木の実ナナ
ここのリズム感とコンビネーションも最高です。
で、これだけじゃないのがあぶない刑事
課長・オブ・課長の中条さん
課長はあなたでなくてはいけません。
横浜のロケーションや街の息遣い
ステキすぎるほどにステキ
とどめのミュージック
恭さまのランニングショットに
ひろしの冷たい太陽
カッコイイって、こういうこと

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

あぶない刑事 ネタバレ

投稿日:2015/09/15 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 横浜港署のタカとユージが殺人事件を追いかけるうちに傭兵とかと戦う話。

 バブルな雰囲気いっぱいの作品で、お話というよりタカとユージのキャラクターで楽しむ作品でした。ドラマとかを見ていなくても、この港署の人たちの和気あいあい感は伝わってくるし、知っていたらもっと面白いしでマンネリズムの面白さだと思いました。

 とはいっても、映画としてはどうかと考えれば首をかしげてしまって。事件を追いかける面白さも特になくて、犯人を追いかけたいけど課長から事件から外されてしまって、痴漢の捜査したりするシークエンスとか話が止まってしまうし。かと思えば、簡単に事件に向かって転がったりするので、ぼーっと見てると何のこっちゃわからなくなりました。

 とはいえ、タカのバイクチェイスに柴田恭兵さんの【ランニングショット】が流れる中、ユージがダッシュするのが見られればそれだけで満足で息抜きになる楽しい1本だと思いました。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

やっぱりサイコーです

投稿日:2004/05/15 レビュアー:marky

タカとユージ型破りな刑事がハマで大暴れ。コミカルな演出とスタイリッシュなアクション。車もかっこイイ。西部警察の流れをうまく取り込んでる気がしますね。(笑いを加えて)
今見てもサイコーにかっこイイです。個人的には、亡くなられた中条静夫さんの課長役が好きでした。シリーズ前半でしかみれませんが、理想の上司の一人でしょう。
最近では、こういった作品も少ないので今の若い人にも見てほしいですね。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

TVドラマ版の方が完成度は高いですが

投稿日:2017/11/28 レビュアー:伝衛門

テレビドラマの人気ぶりから劇場版に発展したシリーズ作品の第1弾。

わざわざ映画にするほどのシナリオではなく、スペシャルドラマの域を超えてはいないのですが、
今となってはただただ懐かしい。

近藤課長の”そのツボ、絶対落とすなよ!”も大好きなセリフではありましたが、
少年課のアイドル・瞳ちゃんの制服姿だけでなく、私服姿が拝見できるだけでも鑑賞の価値あり!

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全12件

あぶない刑事

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:12件

最高だと思います。

投稿日

2010/01/05

レビュアー

蒼生

日本の刑事ドラマの中で一番好きです。

その滅茶苦茶さ、ひとことで言うなら“痛快”です。

「ありえねーだろっ」ってツッコむ必要ないくらいありえないところが
もうほんと、いいです。

20年以上も前の作品なのに古く感じないのは私のひいき目でしょうか。
でもふたりのやりとりのおもしろさも、今観てもやっぱりおもしろいです。

ふたりでおちゃらけ、暴走しながら最後は事件を解決しちゃう。
でも課長には誉められない。それどころか始末書書かされる。または減俸。
ドラマも映画も毎回このパターンで、ワンパターンとも言えるのに、
ドラマも長く続いた上に映画も何作も作られてることが、
この作品のおもしろさ、人気の高さを物語っていると思います。

アドリブ大苦手の舘さんと、アドリブ大得意の恭兵さんが
組み合わさって出してる味もいいし
近藤課長もいい味です。
小林稔持さんには悪いですが、課長はやっぱり中条静夫さんでないと。

カッコイイって、こういうこと

投稿日

2016/06/19

レビュアー

ビンス

今観ても断然オシャレ
とびっきり面白い
何が凄いって
何回観ても飽きないとこ
展開も知ってます
なんならセリフすら言えるほどです
それなのに
観る度に魅了される
虜になる
それが「あぶない刑事」
タカとユージの黄金コンビ
この作品以上の刑事ものに
未だ出会ったことがなく
故に、この作品以上に面白い刑事ものはない
と、断言したいシリーズ。
特に「もっとも〜」までの劇場版は
黄金時代です。
タカ以上にダンディーな刑事はなく
ユージ以上にセクシーな刑事もない
そんなの存在しない
粋で洒落てて男気あって
これで惚れないなんてあり得ない
男も女も惚れるでしょ♪
子どものころは断然、タカ派でしたが
大人になるにつれてわかる「ユージの魅力」
二人そろってあぶない刑事
二人の魅力がほとばしります
アドリブが多い柴田さん
この作品でボクが最もノックアウトされるシーン
そこの珠玉の名セリフもアドリブなんでしょうか?
課長に毎度のように怒られて
軽口叩くときにユージの口から飛び出す一言
「そんなのプ〜〜だよ」(おしり横に突き出しながら)
何度見ても爆笑です。
何度も巻き戻して観ます。
このセンスと絶妙なタイミング
あ〜恭さまのセンスに脱帽です。
もはや理解という範疇を超えた突然すぎるダンスも見どころ
お約束もたくさん
タカが車で逃走する犯人を追えば、そこにはバイクがある
とかね。
そういう安心感もステキ
そして脇を固める強力すぎる布陣
浅野にトオルに木の実ナナ
ここのリズム感とコンビネーションも最高です。
で、これだけじゃないのがあぶない刑事
課長・オブ・課長の中条さん
課長はあなたでなくてはいけません。
横浜のロケーションや街の息遣い
ステキすぎるほどにステキ
とどめのミュージック
恭さまのランニングショットに
ひろしの冷たい太陽
カッコイイって、こういうこと

あぶない刑事

投稿日

2015/09/15

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 横浜港署のタカとユージが殺人事件を追いかけるうちに傭兵とかと戦う話。

 バブルな雰囲気いっぱいの作品で、お話というよりタカとユージのキャラクターで楽しむ作品でした。ドラマとかを見ていなくても、この港署の人たちの和気あいあい感は伝わってくるし、知っていたらもっと面白いしでマンネリズムの面白さだと思いました。

 とはいっても、映画としてはどうかと考えれば首をかしげてしまって。事件を追いかける面白さも特になくて、犯人を追いかけたいけど課長から事件から外されてしまって、痴漢の捜査したりするシークエンスとか話が止まってしまうし。かと思えば、簡単に事件に向かって転がったりするので、ぼーっと見てると何のこっちゃわからなくなりました。

 とはいえ、タカのバイクチェイスに柴田恭兵さんの【ランニングショット】が流れる中、ユージがダッシュするのが見られればそれだけで満足で息抜きになる楽しい1本だと思いました。

やっぱりサイコーです

投稿日

2004/05/15

レビュアー

marky

タカとユージ型破りな刑事がハマで大暴れ。コミカルな演出とスタイリッシュなアクション。車もかっこイイ。西部警察の流れをうまく取り込んでる気がしますね。(笑いを加えて)
今見てもサイコーにかっこイイです。個人的には、亡くなられた中条静夫さんの課長役が好きでした。シリーズ前半でしかみれませんが、理想の上司の一人でしょう。
最近では、こういった作品も少ないので今の若い人にも見てほしいですね。

TVドラマ版の方が完成度は高いですが

投稿日

2017/11/28

レビュアー

伝衛門

テレビドラマの人気ぶりから劇場版に発展したシリーズ作品の第1弾。

わざわざ映画にするほどのシナリオではなく、スペシャルドラマの域を超えてはいないのですが、
今となってはただただ懐かしい。

近藤課長の”そのツボ、絶対落とすなよ!”も大好きなセリフではありましたが、
少年課のアイドル・瞳ちゃんの制服姿だけでなく、私服姿が拝見できるだけでも鑑賞の価値あり!

1〜 5件 / 全12件